製薬業界の採用担当者に好印象を与える志望動機は難しいと感じる方もいらっしゃるかもしれません。

健康や命に関わる仕事ですので企業が欲しい人材であるというアピールも必要になるでしょう。

この記事では製薬業界の志望動機の書き方を解説していきます。

書き方の注意点や好印象を与えるコツを例文も交えて紹介しますので参考にしてください。

Contents

製薬業界の志望動機の書き方を解説

ナース

製薬業界を知ることで具体的な志望動機を考えることができます。

志望動機を書く際にはメーカーの分類や製薬業界の職種の種類を理解しておきましょう。

医薬品の製造販売に関わる業務を行う製薬業界のメーカーは以下の2種類に分けることができます。

  • 新薬メーカー
  • ジェネリック医薬品メーカー

薬を研究して開発し製造販売を行うのが新薬メーカーです。

ジェネリック医薬品メーカーは新薬の特許が切れた医薬品を同じ成分で製造販売を行います。

製薬業界の職種には以下のようなものが挙げられるでしょう。

  • MR職
  • 研究職
  • 臨床開発職
  • 生産・製造技術職

営業職にあたるのがMR・新薬の研究開発をする専門的な職種が研究職です。

実際に薬を投与した際の臨床実験を行う臨床開発職などがあります。

志望動機を書く前のポイント

看護師

いきなり志望動機を書き始めても上手くいかないと感じている方もいらっしゃるかもしれません。

志望動機を書く際には事前準備も重要です。

自分の強み応募先の企業が求める人材を把握することで志望動機の書き方も見えてくるでしょう。

書く前のポイントを確認して自薦準備を行ってください。

自身の強み・弱みを把握しよう

メモ

志望動機では自分の能力や強みを仕事にどのように活かせるかをアピールします。

そのため事前に自分の強みや弱みを把握しておくことは重要です。

志望動機を書き始める前に自己分析を行い自分の経歴を書き出してみましょう。

経歴の書き出しができたら「なぜそうしたのか」「頑張ったことは何か」なども付け加えていきます。

そうすることで自分がどう考えて仕事に向き合ったのか・自分が頑張れる条件は何かを見つけることができるでしょう。

応募先企業が求めている人材像を把握しよう

女性

いくら製薬業界で活かせるような強みやスキルがあったとしても応募先の企業がそれを求めていなければ意味がありません。

採用担当者は採用後も企業で活躍してくれる人材がほしいと考えています。

そのため応募先の企業が求めている人物像に応えることができるスキルや能力をアピールする必要があるでしょう。

志望動機を書く前には応募先の企業について企業研究を行います。

企業研究を行うことにより応募先の企業が求めている人材を推測することができるでしょう。

 

ワンポイント
志望動機を書く前には自己分析や企業研究を行おう。

製薬業界の志望動機を書く際のポイント

女性

製薬業界の志望動機を書く際のポイントについて紹介します。

製薬業界を選んだ理由や職種を選んだ理由・応募先を選んだ理由を明確に記述しましょう。

採用担当者が明確に読み取れるように具合的なエピソードを添えて伝えることができれば印象も良くなります。

なぜ製薬業界なのか明確にしよう

女性

なぜ製薬業界を選んだのかを明確にしておきましょう。

薬や医療に関わる職業・業界は他にも多くあります。その中から製薬業界を選んだ理由を具体的にしてください。

きっかけやエピソード・自分がやりたいと思っていることなどを書き出してみましょう。

なぜその職種なのか明確にしよう

女性

製薬業界には多くの職種があります。

営業職にあたるのがMRと薬を研究開発する専門的な研究職では志望動機に違いがあるかもしれません。

自分がどのような条件で頑張ることができる性質なのかを考えるのも良いでしょう。

選んだ職種で自分が持っているスキルや強みをどのように活かせるかをアピールするという方法もあります。

なぜ応募先企業なのか明確にしよう

女性

数ある製薬会社から応募先の企業を選んだ理由も重要です。

採用担当者は採用後も長く活躍してくれる人材を求めている場合が多いでしょう。

応募先企業でなければならない理由を提示しなければ「同じ条件の他社へすぐに転職してしまう人かもしれない」という印象を与えかねません。

なぜ応募先の企業なのかを明確に伝えることで「他でもないこの企業に入社したい」という気持ちを表すことができるでしょう。

志望動機で好印象を与えるコツ

女性

志望動機では自分のスキルをアピールするだけではなく、好印象を与えることも必要です。

企業が求める人材であるということとともに「一緒に働きたい」と思わせるような印象を考えていきましょう。

採用担当者に好印象を与えるような志望動機を目指してください。

入社後どのように貢献できるか明確にしよう

女性

入社後に企業にどのように貢献できるかを伝えることは重要です。

「入社後挑戦したいこと」や「業務に活かせる強み」を伝えてアピールしてください。

自分の強みの中でも「企業が求める人物像」を考えながら活かせるスキルや能力を伝えます。

具体的にどのように貢献できるかを伝えることにより「やる気」をアピールできるでしょう。

採用担当者が採用後に一緒に働けるイメージを持ちやすくなることもあります。

応募先企業で実現させたいことを明確にしよう

女性

応募先の企業で実現させたいことを明確にすることも大切です。

採用担当者は応募者の意志が感じられる志望動機に好印象を抱きます。

応募先の企業で実現したいことを明確に伝えることで自分の意志をはっきりとアピールしてください。

自分ならではの志望動機を見せることで良い印象を与えることができるでしょう。

 

ワンポイント
志望動機では将来のビジョンを明確化しよう。

志望動機を書く際の注意点

女性

志望動機を書く際には以下のようなことに注意してください。

  • テンプレートを丸写ししない
  • 応募先の企業に迎合しない
  • 他社や他職業でも通用するものは避ける

志望動機は自分自身の意志をアピールします。テンプレート文章を丸写しするのではなく自分ならではの志望動機を書きましょう。

応募先の「企業の理念に共感しました」としてしまうことがよくあります。

その際に具体的なエピソードや自分だけの理由があるのであれば問題ないでしょう。

しかし単に理念に共感したというだけでは薄っぺらな印象を与えてしまいかねません。

また志望動機は応募先の企業でなければならない理由を伝えるようにしましょう。

他社や他職業でも適用する志望動機は良い印象を与えません。

 

ワンポイント
志望動機は自分ならではのものにしよう。

製薬業界の志望動機の例文

女性

製薬業界の志望動機の例文を紹介します。

例文①自分の経験をアピールする

「私は貴社で研究を行うことで、病気で苦しむ方を助け医療の発展に貢献したいと思っております。

学生の頃祖母が病気になり苦しむ姿を見て、医療に関わる仕事がしたいと強く考えるようになりました。

特に人の健康に関わる医薬品の開発は社会的貢献性が高いと考えています。

医薬品の開発を通じて社会的な貢献ができることにやりがいを感じ、業務に集中できると考えました」

製薬業界を目指すきっかけを具体的に記述しています。

これに加えて「応募先の企業でなければならない理由」があればなお良いでしょう。

例文②MRの志望動機

女性

「貴社のMRとして医薬品開発という社会的な貢献ができる仕事に携わりたいと考え志望しました。

MRは医師をサポートする業務です。そのため医師とのコミュニケーションが欠かせないと考えています。

前職の医療事務での経験を活かして医師とコミュニケーションが取れると考えました。

医師をサポートして有用性の高い新薬の情報提供を行っていきたいです」

MRの志望動機です。前職の経験を活かせるアピールができています。

例文③研究職の志望理由

「国内トップクラスの新薬開発体制が整う貴社で、研究職として医療品を生み出す一助になりたいと考え志望します。

私が風邪を引いた時には貴社の風邪薬を飲むように家族から言われて育ちました。

私にとっても家族にとっても貴社の薬は常に身近にあり命をつないでくれていたと考えております。

前職でも医薬品開発に関わってきました。その中でも多くの家庭で頼りにされている医薬品開発に興味を持ち貴社を志望しました。

家族にずっと寄り添うような医薬品の開発に注力していきたいと思います」

同業種からの転職では、なぜ応募先の企業なのかを十分にアピールしてください。

 

ワンポイント
志望動機には具体的なエピソードを盛り込もう。

製薬業界の志望動機のNG例文

バツ

志望動機のNG例を紹介します。

具体的な理由がないものやどの企業でも通じるような志望動機は良い印象を与えません。

例文①具体的な動機が伝えられていない

「私は医療関係の仕事をしたいと考え貴社を志望しました。

医薬品を開発することで、多くの命を救えるように頑張りたいと思います。

世間的に名の知れた貴社なら、安心して業務に取り組めると考えました。

多くの病気から人々の命を守るために活躍していきたいです」

医療関係の仕事をしたいという意気込みは感じられますが志望動機に具体性がなくNGです。

例文②自己PRになっている

女性

「私は製薬会社で活躍したいと思い貴社を志望しました。

大学卒業後から社会人サッカーチームのキーパーとしてチームを支えています。

チームの柱として皆を気遣う力を養っていると考えてきました。

サッカーチームは地区大会で準優勝するなどの成績をおさめています。

サッカーで培ってきたガッツで貴社でも活躍したいと考えました」

企業に貢献したい気持ちは伝わってきますが、企業でどのように活躍できるかを具体的に伝えていません。

自己PRに終わってしまっているので印象は良くないでしょう。

NG例にならないためには

女性

NG例では具体性に欠ける志望動機になり、うまくアピールができていませんでした。

製薬業界の志望動機では以下のようなことを明確に伝えるようにしましょう。

  • なぜ製薬業界を選んだのか
  • なぜその応募企業なのか
  • なぜその職種なのか

自分ならではの志望動機にするために具体的なエピソードを盛り込むことも覚えておいてください。

その際には企業が求める人物像を考慮しつつアピールするスキルや能力を選んでおきましょう。

もし志望動機がNGにならないかどうか不安がありましたら、転職エージェントを活用するのもひとつの手です。

転職のプロに相談することで自分では気づけなかった点の改善をすることができるかもしれません。

製薬業界の面接対策

面接

製薬会社の面接ではよく聞かれる質問がありますので面接の対策に覚えておきましょう。

特に以下のような質問に注目して解説していきます。

  • 入社後どのような働きがしたいのか?
  • 研究室や前職での立ち位置と評価は?
  • なぜ製薬業界を選んだのか?
  • なぜ応募先の企業なのか?

よくある質問の中には志望動機を問われるものも多くあるのが分かります。

入社後のビジョンや製薬業界を選んだ理由・応募先の企業を選んだ理由は志望動機を記述するのと同じ考え方になるでしょう。

自分ならではの志望動機を伝えることで、面接官に好印象を与えることができます。

特に就職後の明確なビジョンを描けているかどうかはポイントになるでしょう。

履歴書で提出した志望動機と齟齬が出ないように気をつけて具体的なビジョンを伝えてください。

製薬業界の志望動機に困ったら転職エージェントに相談しよう

エージェント

製薬業界の志望動機を作成する際にはいくつかの注意点がありました。

自分ならではの志望動機であることや具体的なビジョンが伝わるものが好印象を与えます。

もし自分の考えた志望動機が明確に伝わるものかどうか不安がありましたら転職エージェントにご相談ください。

ひとりで志望動機を校正しても上手くいかないときもあるでしょう。

転職のプロからの的確なアドバイスがあれば、疑問や不安をすぐに解消できるかもしれません。

ひとりで悩まずに転職のプロと一緒に志望動機を書き上げて転職を成功させましょう。

まとめ

ガッツポーズ

「なぜ製薬業界を選んだのか」「なぜ応募先の企業なのか」を明確にするのが志望動機のポイントです。

そのために志望動機を書き始める前には自己分析を行って自分のスキルや能力を知っておきましょう。

応募先の企業が求める人材を知ることも大切です。

もし志望動機の書き方に不安がある場合や企業の情報分析が難しい場合は転職エージェントにご相談ください。

転職のプロの的確なアドバイスとサポートを活用して転職を成功させましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら