日本が抱える大きな社会問題の1つである「待機児童問題」。

これは保育施設の利用申請を行っても、保育施設や保育士が不足している背景があり利用できない状況にあるという問題です。

首都圏に多い問題であり、子供を保育施設に預けられないことで女性が職場復帰できない原因にもなっています。

この問題を解消するべく、大手企業を中心に設置される動きが活発になっているのが企業内保育所の施設です。

今回はこの企業内保育所への転職を考えた時に必要となる情報についてご紹介します。

通常の保育所とは違った特徴のある職種となるので、この方面の職業に興味がある方はぜひ参考にしてみてください。

Contents

企業内保育所で働くメリットを転職エージェントが解説

ポイント 女性

企業内保育所は、企業が小さな子供を持つ従業員の生活をバックアップするために企業内に設置した保育所のことです。

業務内容は、ほぼ通常の保育所と同じように子供のお世話を中心に行います。

大きな違いとしては、保育所が独立した施設ではなく企業内の施設の一部となっていることでしょう。

そのため保育所の開園・閉園も企業の就業時間に合わせられることが多く、土日が休みになるケースも多いようです。

また、保育所の職員も企業の従業員の一員となるため給与面や福利厚生などの待遇も通常の保育所よりも手厚くなります。

施設の規模も小さな保育所が多く、保育士にかかる業務負担が通常の保育所よりも少ないケースも多く見られるようです。

 

ワンポイント
・企業内の施設の一部として作られ比較的小さな施設が多い
・保育所の開園時間は企業の就業時間に合わせられていて土日休みのケースも多い
・企業の一般従業員と同様の福利厚生等の待遇を受けられる

企業内保育所は何のためにあるのか?

保育所

企業内保育所はどういった目的があり設置されているのでしょうか。

代表的な例を2つご紹介します。

働く女性の活躍を支援するため

近年、女性の社会進出を企業がバックアップする動きが多く見られます。

企業内保育所もその一環であり、企業内に保育所を設置することで子供を送り迎えにかかる時間を軽減することができるのです。

また、子供に何かトラブルが起きた時でもすぐに駆け付けることができるので預ける従業員も安心して働くことができます。

こうした設備を企業が設置することで、小さな子供を持つ女性でも負担が少なく働くことができるでしょう。

企業のイメージアップにも繋がる

企業内保育所を設置すると、働く従業員にメリットがあるだけでなく設置する企業のイメージアップにもつながります。

小さな子供を持つ女性が転職を考えた際に、保育所を企業内に整備しているとその企業を選択する可能性が上がるでしょう。

また、未婚の女性であっても将来結婚を視野に入れた時にこうした施設があれば安心して働くことができます。

そして、何よりも従業員のことを考え働きやすい環境を整備することは、その企業のクリーンなイメージにつながるのです。

人材についての価値の重要性が叫ばれている昨今では、労働環境の整備は企業のブランド力の向上に大いに役立つでしょう。

 

ワンポイント
・企業内に保育所を設置することで小さな子供を持つ女性の負担を軽減することができる
・従業員の労働環境を整備することで企業のブランド力向上につながる

企業内保育所の特徴をチェック

保育士 女性

企業内保育所は通常の保育所とは違った特徴がいくつかあります。

  • 給与や福利厚生の待遇
  • 小さな施設が多い
  • アットホームな環境が多い

まず一つ目は給与面の待遇の違いです。

所属する企業によっても差はありますが平均給与は約22~25万円となり、通常の保育士の平均よりも高くなる傾向があります。

そして、ボーナスも所属企業の従業員同様に月給の数か月分が年に2~3回支給されることもあるようです。

また、福利厚生も通常の従業員同様に受けられるので企業によっては旅行やレストランでの割引や家賃補助などを受けられます。

他にも、通常の保育所と違い設備の規模が小さいことも特徴の1つです。

企業内に設置されているものなので、基本的には小さな施設が多くホールや園庭などはほとんどありません。

そのため、大きなイベントが行われることが少なく通常の保育業務に専念することができるでしょう。

また、保育所の規模が大きいと働く保育士の人数も増えて人間関係が難しくなることもあるようです。

子供の数も増えるので、必然的に接する保護者の方も多くなりいろいろなことに神経を使う必要が出てきます。

その点、企業内保育所は小規模であるがゆえに比較的アットホームな環境になりやすい傾向があるようです。

企業内保育所で働くメリットは?

指さしする女性

企業内保育所で働くメリットはどういったものがあるのでしょうか。

代表的な3つの例についてご紹介します。

土日祝日が休み

紅茶を入れる女性

通常の保育所の開園日は基本的には月~土曜日となっています。

企業内保育所の場合は、企業の就業日に合わせて開園されるので土日休みになることが多くなるのです。

週に休みが2日確保できて、祝祭日もしっかりと休むことができるのでプライベートも充実させやすくなるでしょう。

また、開園・閉園時間も企業の就業時間に合わせられているので夜間保育などの負担は少なくなります。

低年齢児童が多い

赤ちゃんと遊ぶ女性

設置する保育所の形態によっても変わりますが、認可保育所の場合保育対象は0~3歳未満に設定されています。

乳幼児に特化して預かることで保育の方針も立てやすく、活動量の多い大きな子供を平行して看ることがありません。

低年齢児童は小さな変化も見落とせず大変な面もありますが、そこへ専念できる環境というのはやりやすくもあるでしょう。

認可保育所では預かる子供の数も19人以下の規定があるため、一人の子供をじっくりと看ることができます。

イベントが少ない

風船飛ばし

企業内保育所は通常の保育園のように園庭ホールがほとんどの場合設置されていません。

そのため、運動会やお遊戯会といった大きなイベントを実施することが少ないのです。

イベント準備で残業するケースも少なくなり、通常の業務に専念することができます。

企業内保育所には種類がある

積み木遊び

一口に企業内保育所といっても施設によって運営形態は異なります。

それぞれの特徴についてご紹介しましょう。

認可保育所

認可保育所は国が定めた基準をクリアして自治体から認可を受けている施設です。

特徴としては、預かる子供の人数が19人以下に抑えられている小規模施設で保育年齢も0~3歳児未満に規定されています。

また、国からの認可を受けているため自治体から助成金を受けられることも大きな特徴です。

企業主導型保育所

企業主導型保育所は、待機児童問題を解決するために内閣府が定めた「企業主導型保育事業」の対象となる施設です。

認可外保育所の一種であり自治体の認可がおりてなくても国から助成金が受けられる特徴があります。

また、認可保育所よりも自由な運営形態で保育所ごとに運営方針を決めることができるというメリットもあるのです。

従業員の働き方に合わせた運営が可能で、場合によっては企業内だけでなく地域の子供を受け入れているケースもあります。

保育所ごとの裁量権を多く確保しながらも、国からの助成金が受けられるので近年大手企業が多く採用する運営方法です。

認可外保育所

認可外保育所は国の基準を満たしていない保育所全般を指します。

最近増えている夜間の受け入れも行う「ベビーホテル」や、企業内保育所と同様に病院内で預かる「院内保育」もその一部です。

国からの助成金が受け取れない代わりに運営形態の自由度が高いため、さまざまな需要に合わせた保育所があります。

また、申請なども認可保育所に比べて緩やかなので立ち上げやすいという特徴もあるようです。

企業内保育所を導入している企業の例

幼児用のいす

企業内託児所は最近では多くの大手企業でも採用されています。

その事例についてご紹介しましょう。

システム開発企業の例

IT企業大手で主にシステム開発サービスを行う企業の事例です。

この企業は女性のライフイベントのサポートに力を入れており、産休育児休暇なども積極的に導入しています。

育児休暇取得後の早期復帰を促し、幼い子供を持つ女性が安心して働ける環境を作るのに企業内保育所を活用しているのです。

理想的な環境を整備するためにこの企業では保育士だけでなく看護師や栄養士も自社社員として登用しています。

そのため万が一の急病の時にも対応が可能で、栄養士が作る昼食を親子一緒に食べることができる試みも行われているようです。

医療機器メーカーの例

臨床検査機器や試薬などを販売する医療機器メーカーの事例です。

女性の管理職登用を積極的に行っており、育休後の復帰率でも非常に高い数値を挙げています。

ここでは常時保育だけでなく、急な用事などでの一時的な利用にも対応しているのが特徴的です。

子育てサポート企業として国の認定を受けた証である「くるみんマーク」も取得しています。

情報通信企業の例

IT技術を使って情報サービス事業を展開する企業の事例です。

産休・育休後の社員が予定通り復職できる環境を整え、キャリア継続のサポートを行うために企業内託児所を設立しています。

この企業も「くるみんマーク」を取得しており、首都圏における待機児童問題を解消する活動に意欲的です。

きっかけは待機児童問題に危機意識を持つ社員からの提案であり、約3年の検討の後に託児サービスが開始されました。

企業内保育所に向いている人の特徴

エプロン姿の女性

企業内保育所の勤務にはどういった人が向いているでしょうか。

向いている人の特徴について3つご紹介します。

ワークライフバランスを保ちたい人

保育所勤務は子供の世話を行う仕事で穏やかなイメージがありますが、実際の業務内容はハードであることも少なくありません。

日中は子供のお世話をして子供が帰った後には日誌をつけるなどの報告業務を行います。

それに加えて大きなイベントの前にはその準備もしなければならないので、見た目以上に時間に追われる仕事なのです。

企業内保育所はイベントが少なく、土日休みが確保されているところも多いので自身の生活バランスも整えやすくなります。

プライベートも充実させたい人などは、時間の融通が利く企業を選んで志望すると良いでしょう。

小規模な保育所で働きたい人

一般的な保育所は施設の規模も大きいため、預かる園児の数や働く先生の数も多くなります。

保育士の退職理由の中でも「人間関係」は多数の人が挙げる、悩みの種となりやすい要因のようです。

規模の大きな保育所では人間関係の幅が広がるため、いろいろなところに気を使う必要があります。

企業内保育所の場合は比較的小規模な施設が多く、預かる子供の数や働く先生の数も少ないです。

そのため、比較的アットホームな雰囲気で働けることが多い傾向があります。

子供と向き合える環境が好き

小規模施設のもう1つの特徴として、子供と向き合う時間をしっかり取れることが挙げられます。

預かる子供の人数が少ないため、1人に使うことのできる時間が必然的に多くなるのです。

担当する子供が多くなってしまうと抱える問題も増え、対応に追われてしまうことも多くなってしまいます。

じっくりと子供と向き合いお世話をすることが好きな人にとっては良い環境といえるでしょう。

 

ワンポイント
・イベントが少なく土日休みも多いのでプライベートを充実させやすい
・小規模施設のためアットホームな環境が多い
・預かる子供が少ないのでじっくりと向き合う時間を作れる

メリットが多い企業内保育所に転職するために

エプロン姿の女性

企業内保育所は通常の保育所とは違い、さまざまな点でメリットがあります。

では、企業内保育所にはどうすれば転職できるのでしょうか。

転職活動に必要な情報についてご紹介します。

求人倍率は高め

企業内保育所は比較的給与水準が高いこともあり、注目度も高く人気の職場となっています。

基本的に保育士の業界は人手が不足しており、保育士資格を持っていれば就職すること自体は難しくありません。

しかし、企業内保育所は人気が高く特に大手企業の保育所は待遇面が非常に良いため入社ハードルも相応に高くなっています。

資格を持っていたとしても書類選考で落とされてしまうことも覚悟する必要があるでしょう。

未経験可で募集をかけているところであっても、応募数が多いとやはり資格保有者が有利となります。

そのため、人気のある企業内保育所を目指す場合には保育士資格は必須条件となるでしょう。

根気強く探していく

企業内保育所は注目度が高いため、求人をかけるとすぐに応募が集まり締め切られてしまうことも多々あります。

また、応募できたとしても選考の段階で落とされてしまう可能性も通常の保育所よりも高くなるでしょう。

どうしても企業内保育所で働きたい場合には、根気強く求人情報を調べ何度でも応募する気持ちが必要となります。

しかし、簡単に転職できない職場なため目指す場合には時間的余裕を持って転職活動が行える環境を整えることも必要でしょう。

転職エージェントを利用する

転職情報をインターネットなどで自分で集めるにも限界があります。

また、インターネットに公開されている情報は他の志望者も多く見ているため求人倍率も高くなりがちです。

求人情報を集める場合には、転職エージェントを活用するのも有効な方法の1つでしょう。

転職エージェントはさまざまな業界に精通しており、独自のルートで情報を集めることができます。

そのため、一般には公開されていない情報を持っている場合もあるのです。

 

ワンポイント
・求人倍率が高いため保育士資格が必須条件となることが多い
・時間的余裕を持って根気強く応募する必要がある
・より多くの情報を集めるために転職エージェントを活用すると効果的

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

白いスーツの女性

企業内保育所は多くのメリットがある反面、転職には大きなハードルがある職場です。

自身の能力で転職を成功させられるか不安になることや、もっと多くの求人情報を集めたい場合などもあると思います。

そういった悩みがあるときは、一度転職エージェントに相談してみましょう。

転職エージェントは幅広い業界の知識を持ち、個人で調べられる以上の情報量を持っています。

また、求人情報だけでは分からない企業の実情についても把握していることがあり企業選びに役立たせることができるでしょう。

相談費用もすべて無料となっているので安心して相談することができます。

まとめ

子供を抱っこする女性

企業内保育所は保育士の職業の中でも、給与面や待遇面などでさまざまなメリットがある人気の職場です。

そのため、求人倍率も高く転職のハードルは他の保育士の職場よりも高い傾向があります。

企業内保育所への転職を成功させるには、多くの求人情報企業の情報を集めることが重要となるでしょう。

それにはより多くの情報を集めるためにも、転職の専門家である転職エージェントに相談することをおすすめします。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら