医療の世界で働きたいけれど、「看護師の資格を持っていないから無理だ」と悩む方は多いです。

かといって、働きながら看護師の資格を取得するのも簡単ではありません。

看護助手なら、資格を必要とせず働くことができるのをご存知でしょうか。

本記事では、看護助手の仕事の内容を解説しています。

資格を保有していないけど、医療の世界で働きたいと考えている人は必見です。

看護助手の仕事内容を解説

微笑む医療従事者

まず、看護助手の仕事内容を解説していきます。

簡単にいうと、看護助手の仕事内容というのは看護師の補助という役割です。

看護師と行動を共にし、あらゆる仕事のサポートを行います。

看護師と大きく違う点は「医療行為が出来ないこと」です。

資格を持っていないわけですから、当然医療行為はできません。

あくまでも、医療行為を行ったり、患者様のお世話をする看護師のサポートをしたりするのが看護助手の役割です。

 

ワンポイント

看護助手は、医療行為を行うことはできません。

看護師のサポートをすることが看護助手の仕事です。

看護助手の業務内容

考える看護師

では、具体的に看護助手はどんな仕事をするのでしょうか。

漠然と看護師のサポートといってもイメージがわきにくいでしょう。

実は、看護助手の仕事は多岐に渡り、かなり忙しい仕事です。

そんな看護助手の主な仕事をまとめて紹介していきます。

患者様の身の回りのお世話

第一の仕事は、患者様の身の回りのお世話をすることです。

入院している患者様のごはんの配膳から解除、下膳も行います。

そのほか、必要な患者様には排泄のお世話やおむつの取り換えなども仕事の一部です。

入浴の介助なども含まれ、こういった点については介護士の仕事と似ているといえるでしょう。

入院患者様は、病院で日々を過ごしているので日常のすべてのことを病院で行います。

そのため、歯磨きや昼間の過ごし方など、あらゆるサポートが必要です。

こういった身の回りのお世話を行うのが看護助手の仕事です。

環境整備

次に、環境整備の仕事も看護助手の仕事です。

退院された部屋や、週に1回などのシーツ交換など入院患者様の身の回りの衛生面の整備などが挙げられます。

そのほか、医療機器の消毒や動産管理など入院患者様とは別の場所でも環境整備の仕事が必要です。

簡単な事務業務

事務仕事をする看護師

看護補助は、簡単な事務作業も行います。

その日の患者様の様子の引継ぎや電話の取次ぎなど、簡単な事務業務を頼まれることがあります。

既に紹介した身の回りのお世話や、環境整備に加えて、こういった事務業務も合間に行わないといけません。

看護師のサポート

最後に、看護師のサポートが挙げられます。

看護師のサポートは、あらゆる看護師の仕事のサポートが必要です。

そのため、担当する看護師の業務をしっかり把握しなければなりません。

医療行為こそは行わないものの、そのサポートとして前準備を行うなど相応の知識を必要とします。

もちろん、看護師からきちんと指示をもらって動くので看護師と同じほどの知識を持てというわけではありません。

ただ、看護師が次に何をするのか、それを知ることで先回りのサポートができます。

看護師は日によって一人で3~4人の患者様を担当するなど忙しい業務の為、いかにスムーズにサポートできるかが見られます。

看護助手と介護士の違いは?

食事の援助をする介護士

看護助手と介護士の仕事は、時に「似ている」「違いが分からない」といわれることがあります。

圧倒的に違うのは、やはり看護師のサポートを行うことです。

そのほか身の回りのお世話などや環境整備などは介護士も行います。

ただ、介護士が働くのは基本的に介護施設などであり、医療施設ではありません。

看護助手は看護師のサポートとして働くわけですから、そこに大きな違いがあります。

医療行為を行う看護師のサポートというのは、間違えは許されません。

時には、患者様の命にもかかわるため、緊張感と責任感を持って行う必要があります。

 

ワンポイント

看護助手は、医療行為を行う看護師のサポートをする仕事です。

そのため「医療従事者」という扱いになります。

 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


看護助手のやりがい

グーサインの看護師

ここまで紹介してきたところで「看護助手の仕事って大変だな…」と思う人が多いでしょう。

確かに、看護助手の仕事はとても大変な仕事です。

体力だけでなく神経も使いますし、患者様や看護師とのコミュニケーションなど人間関係も大切にしなければなりません。

ですが、その分大きなやりがいも感じられる仕事です。

ここからは、看護助手の仕事のやりがいについて紹介していきます。

患者様・ご家族様から感謝される

まずは、患者様やご家族様から感謝されることが一番でしょう。

医療の世界に立ちたいという方は、ほとんどの人が「人の役に立ちたい」「人を助けたい」という思いでいます。

そんな中で、患者様やそのご家族様から「いつもありがとう」という言葉をかけてもらえるととても嬉しいものです。

特に、看護助手の場合は朝昼晩の食事や入浴の準備や介助等、患者様と触れ合う時間が多くあります。

入院患者様は、中には長い入院生活でうんざりして、看護師や看護助手との話を楽しみにしている人も多くいます。

看護助手としてそういった方々とコミュニケーションを取っていくことは、患者様の入院生活の支えともなり得るのです。

資格がなくても看護チームの一員として働ける

看護師や医師は大変な資格を取らなければ働くことはできません。

また、「看護師になりたい」と思ったときには既に年齢や金銭面的に学校に通いなおすのが難しい方もいるでしょう。

資格がなくても看護チームの一員として働くことができるというのは、看護助手という仕事の大きな強みです。

看護助手の仕事も、患者様を支えるとても大切な仕事です。

患者様にとっても、なくてはならない存在となっています。

そんな存在として働くことができる看護助手の仕事は非常に魅力が高いといえます。

 

無料転職相談をして看護助手として活躍しよう

 

看護助手に向いている女性の特徴

ポイント

では、ここまで看護助手の仕事について紹介してきましたが、どんな女性が看護助手に向いているのでしょうか。

看護助手に向いている女性の特徴についても詳しく解説していきます。

人の役に立ちたい人

「人の役に立ちたい」と強く思っている人は、看護助手の仕事に向いているといえます。

看護助手の仕事は本当に多岐に渡り、大変な仕事ではありますが、すべてが人の役に立つものです。

どんな仕事も、人のお世話につながっています。

「人の役に立ちたい」と思っている人は、そんな看護助手の仕事で例えば雑務一つとってもやりがいを持つことが出来るでしょう。

「人の笑顔が好き」「人の役に立ちたい」という信念を持っている方は、看護助手の仕事に向いています。

コミュニケーション力がある人

ハートを持つ二人の看護師

次に、コミュニケーション力が高い人も、看護助手に向いている女性の特徴として挙げられます。

紹介してきた通り、看護助手はたくさんの人とコミュニケーションを取らなければなりません。

患者様、患者様のご家族様、看護師、医師などさまざまな立場の人とコミュニケーションをとる必要があります。

自分の業務をこなしながら、多岐に渡る人々とコミュニケーションをとることが求められます。

看護助手の仕事は、業務をこなすだけでも大変な仕事です。

それに加えてコミュニケーションもしっかり取っていかないといけません。

そのため、もともとコミュニケーション力が高い人は、看護助手の仕事に向いているといえます。

世話をするのが好きな人

人の世話をするのが好きな人も、看護助手の仕事に向いています。

入院中の患者様はあらゆることを看護助手の方にお願いしてきます。

紹介してきた通り、食事の介助から排せつや入浴のお世話まで幅広く対応しなければなりません。

時には、「話し相手になって」なんてお願いもあります。

もちろん業務との兼ね合いでどこまで対応するか判断をするため、いつでも話し相手になるわけではありません。。

ただ、こういった仕事をするにはもともと人のお世話をするのが好きな人の方が、ストレスが少ない傾向にあります。

そのため、人の世話をするのが好きな人は看護助手の仕事に向いているといえるでしょう。

責任感がある人

看護助手の仕事には、責任感がとても大切です。

時には人の命にも係わる仕事ですから、責任感を持ってすべての業務を行わなければなりません。

逆にいうと、責任感をもって仕事をこなすことができる人でないと、看護助手の仕事は務まりません。

それほどとても大切な仕事を任されているといっても過言ではないのです。

 

ワンポイント

看護助手の仕事に向いている女性の特徴は4つです。

  • 人の役に立ちたい人
  • コミュニケーション力がある人
  • 世話をするのが好きな人
  • 責任感がある人

看護助手の平均年収は?

考える看護師

ここまで紹介してきた看護助手の仕事ですが、平均年収はどれくらいなのでしょうか。

厚生労働省の2019年度の統計を見ると、「看護補助者」として結果が出ています。

病院の規模によって少し変動がありますが、月給(きまって支給する現金給与額)は約21万円~22万円でした。

ボーナスの有無は勤務先によって異なるため一概にはいえません。

ただ、平均月収から考えると、平均的な年収は約250万円~260万円ほどとなっています。

平均年収だけ見ると現職より下がってしまうという方が多いかもしれません。

ただ、これに加えてさまざまな手当やボーナス、残業代などが入ってくることも覚えておいてください。

看護助手のキャリアパスは?

女性

看護助手として働き続けるのもいいですが、そのあとのキャリアパスも気になることでしょう。

ここからは、看護助手のキャリアパスについて紹介します。

看護師

看護助手が次に目指す職業として多いのが、看護師です。

助手として様々なサポートを常にしているわけですから、看護師の仕事のイメージはつきやすいでしょう。

ただし、正看護師になるには全日制の学校に通う必要があるため、働きながらだと難しいです。

看護師を目指す場合には、一旦退職し看護師になるためのカリキュラムを経て正看護師になります。

その後、医療現場に戻るパターンが多いです。

その場合、就職活動の時にはアピールポイントがたくさんあります。

看護助手としての経験があり、さらに看護師の資格を取っているわけですから、幅広い角度から自己PRすることができます。

准看護師

准看護師になるための学校には、半日制の学校が多く存在します。

そのため、正看護師と違って働きながら通うことが可能です。

一旦退職して看護学校に通うということが難しい場合には、准看護師を目指すというのも一つの手です。

介護士

介護をする女性

紹介してきた内容では、介護士の仕事と重複するところがあると思ったのではないでしょうか。

実際、患者様の身の回りの世話などにおいては、介護士の仕事と重複する部分があります。

そのため、看護補助の仕事から、介護の現場へ転職するという人も少なくありません。

介護の現場であれば、働きながらケアマネージャーなどの資格を取るということも可能です。

そうなれば更なるキャリアアップが可能ですから、看護補助から介護の現場へ転職する人も少なくありません。

 

ワンポイント

看護補助のキャリアパス例は以下の3つです。

  • 看護師
  • 准看護師
  • 介護士
 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


未経験から看護助手になるためには

女性

看護助手は、未経験からでもなれる職業です。

ただし、未経験でも誰でもなれるというわけではありません。

紹介してきた通り、看護助手の仕事は多岐に渡り、覚えることもすることも沢山あります。

完全な未経験から働きたいのであれば、まずは小さなクリニックなどから経験を積んでいくのがおすすめです。

市民病院などの大きな病院となると、入院している人の数だけ病名があり、それだけ薬品やケアの仕方など覚えることが多いです。

まずは規模の小さな病院から経験を積んで、ゆくゆくは大きな病院にチャレンジするという手もあります。

 

無料転職相談をして看護助手の仕事を探そう

 

看護助手への転職に困ったら転職エージェントに相談しよう

面談中

医療の世界で働きたいと考えている女性は多いことでしょう。

ただ、いざ転職しようと思っても、何から始めたらいいのか分からないと思います。

そんなときはまず、転職エージェントに相談してみましょう。

転職エージェントなら、あなたの仕事に対する希望を全般的にお伺いし、それにあった求人を紹介してくれます。

勤務形態や勤務時間、勤務先の規模や雰囲気などさまざまな観点から相談に乗ってくれるのが転職エージェントです。

そのほか、履歴書・職務経歴書の作成サポートも受けることができます。

特に、現職がありながら転職活動をする場合、転職活動に割く時間がないという方も多いです。

転職エージェントに相談して、効率よく転職活動に励みましょう。

 

無料転職相談をして看護助手の仕事に就こう

 

まとめ

打ち合わせをする二人の看護師

医療現場で働きたいと思っても、現職がある中で看護師の資格を取ることはかなり大変なことです。

資格なしでも看護師と同じように医療の現場で活躍でき、患者様のお世話をすることができるのが看護助手です。

ぜひ、そんな素敵な看護助手への転職をかなえてください。

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために以下のサポートを全て無料で実施いたします。

  • 非公開求人紹介
  • 職務経歴書のフルオーダー作成
  • 応募企業への推薦
  • 面接のフィードバック
  • 模擬面接の実施
  • 内定後の労働条件確認

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!

 

非公開求人紹介

転職エージェントに相談すると、一般に公開されていない非公開求人への紹介が可能です。

非公開求人には大手企業優良企業が多いと言われています。

条件が良い仕事だったり募集人数が少ない場合があるので、一般募集で応募が殺到しないように非公開としているのです。

この非公開求人はエージェントの紹介でしか応募することが出来ません。

キャリアアドバイザーによるヒアリングであなたにピッタリの求人をご紹介いたします。

職務経歴書のフルオーダー作成

応募したい企業が見つかったら先方に提出する職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい職務経歴書の作成を目指しています。

応募企業への推薦

フルオーダーの職務経歴書とともに応募企業への推薦状を作成いたします。

応募推薦状はエージェントに相談した人にしか受けられないサポートです。

模擬面接の実施

コールセンター

ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。

面接のフィードバック

面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

また内定した場合でもフィードバックいたしますので自分がどこを評価されたのかが分かり、入社後のモチベーションにも繋がります。

内定後の労働条件確認

事務

 

企業内定後には労働条件の確認給与の交渉をさせていただきます。

内定承諾書を提出する前に確認しておきたい雇用形態の調整を代わりに行います。

納得して仕事を始めていただけるように最後まで徹底サポートさせていただきます。

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!