医療の仕事に就きたいけれど、資格や免許がないから諦めているという方もいるでしょう。

看護助手は特別な資格を必須としない、看護師の補助をする仕事です。

看護の仕事はもちろんのこと、患者さんの症状・体調・性格はそれぞれあるためとても難しい仕事といえます。

ですが、患者さんのうれしそうな顔を見たりお礼をいってもらえたりするやりがいのある仕事です。

そんな看護助手になるための志望動機について今回は詳しく解説していきます。

Contents

看護助手の志望動機の書き方を解説

紹介

看護助手になりたいと思ったら、まずは求人情報を探し企業に応募することが第一歩です。

その際、企業に提出する履歴書で、志望動機の欄に頭を悩ませる方が多くいます。

志望動機でしっかりと採用担当者にアピールできないと、面接すらしてもらえない場合もあります。

しっかりと志望動機を書けるよう、これから紹介する書き方を参考にしてください。

志望動機を書く前のポイント

女性

まずは、志望動機を書くにあたって事前に何をするべきかポイントを紹介します。

次の2つのポイントを確認してみてください。

自身の強みや弱みを把握しよう

まず、自分自身の強み・弱みをしっかりと把握することから始めましょう。

自分にはどんな強みがあるのか、どんなところが弱いのか考えてみてください。

その自分の強みは、看護助手のどんな仕事に活かせると思いますか?

そして、その弱みの部分は今後どのようにして改善していくのでしょうか。

志望動機を記入する前に、しっかりと自分の強み・弱みを分析し把握しておきましょう。

自分の強みや弱みを把握することで、選ぶべきクリニックや病院も左右されます。

大きな病院の方がいいのか、小規模のクリニックでまずは挑戦したいのか、といった違いも出てきます。

看護師との違いを把握しておこう

打ち合わせをする二人の看護師

当然ですが、看護師と看護助手は全く別の職業です。

看護師は医療行為が行えますが、看護助手は間違っても医療行為は行ってはいけません。

基本的に看護助手は看護師を補助するために勤務中行動を共にしますが、決して踏み込んではいけない領域があります。

良かれと思い補助のつもりでやったことが、医療行為だったなんてことがあっては困ります。

看護師と看護助手の違いをしっかりと把握し、自分ができる行為の範囲を理解しておきましょう。

また、看護助手として活躍するには、看護師が助手に何を求めているのかを知ることが大切です。

看護師の仕事は行わないにしても、看護師の仕事を最低限理解し、先回りしてそのサポートができるように目指しましょう。

看護助手の志望動機を書く際のポイント

ガッツポーズする女性

次に、看護助手の志望動機を書く際のポイントを解説します。

実際に志望動機を書きだす前に、確認してみてください。

実務経験や接客経験をアピールしよう

まず、実務経験接客経験がある人はそれをしっかりアピールしましょう。

実務経験があればもちろんその分有利になります。

前職の実務経験ではどんな仕事をしていたのか、どんな立場を任されていたのかなど詳しく書くことがポイントです。

接客については、飲食業など畑違いの職業であってもかまわないので書くようにしましょう。

接客業をしていたということで、人とのコミュニケーションスキルホスピタリティをアピールすることができます。

将来のビジョンを明確にしよう

看護助手として働くとして、そのあとの将来のビジョンを明確にしましょう。

ずっと看護助手として働いていくのか、看護助手として働きながらスキルアップを目指すのかどうでしょう。

自分はどうしたいかをまず考えてみてください。

その希望をしっかりと志望動機に記入し、アピールすることが大切です。

自身の長所を活かせる場面を実務と紐付けよう

最初に考えた自分自身の長所をもう一度思い出してみてください。

その長所は、仕事のどこかで活かすことができるはずです。

自分の長所はどんなところで、それを看護助手の仕事にはどんな風に活かせるかを考えましょう。

それをしっかりとアピールすることができればベストです。

 

ワンポイント

自分のアピールポイントは、しっかりと分析して探してみましょう。

一見看護助手と関係がないと思うようなことでも、実は応用して活かせることがあるはずです。

志望動機を書く際の注意点

笑顔の女性

では、次は志望動機を書く際の注意点を解説します。

次の2つのポイントに気を付けて書いていくようにしましょう。

結論から書こう

言いたいことは、出来るだけ結論から書くようにしましょう。

くどくどと説明文を先に書くよりも、まずは結論から書くようにし、そのあとに補足するように説明を書くことです。

大きな企業などではないクリニックなどであれば、採用担当の方は日ごろの業務と兼務をしていることも多くあります。

忙しいなかで皆さんの応募を確認するわけですから、一番伝えたいことを一番最初にもってきてしっかりと伝えましょう。

なぜ応募先企業なのか明確にしよう

看護助手として働くにあたって、いくつもある病院の中からなぜその応募先を選んだのか、明確に記入しましょう。

その記入がないと「それなら他の病院でもいいのでは?」という印象を持たれてしまいがちです。

どうしてこの病院でないといけないのか、というのを考えるポイントとしては以下のような要素があります。

  • 病院の理念
  • 自分(または家族)の行きつけの病院
  • 利便性がよくワークライフバランスが取れやすい

病院の理念や、地域への密着性など応募先企業をしっかりと研究し、その企業でないといけない理由を考えてみましょう。

 

ワンポイント

志望動機を書くときは、以下のことに注意しよう。

  • 結論から書く
  • なぜ応募先企業なのかを明確に書く

志望動機で好印象を与えるポイント

OKサインを出す看護師

志望動機の欄で好印象を与えるポイントは「採用担当者が知りたいこと」を分かり易く書くことです。

採用担当者が知りたいことは、以下の4つです。

  • 今までの職務経験
  • 看護助手を希望する理由
  • 応募先企業を選んだ理由
  • 入社したらどんな風に活躍してくれるのか

これらの内容を、分かり易く端的に書いていくことがポイントです。

忙しい採用担当者にとって、分かり易い文章で知りたいことをピンポイントで書くことはとても好印象です。

 

ワンポイント

志望動機は、自分のことをアピールすることが大切です。

それと同時に、読んでくれる採用担当者の立場に沿って書きましょう。

看護助手の志望動機の例文

女性

では、これまで紹介してきた志望動機の書き方のポイントを踏まえて、例文を紹介していきます。

ぜひ、ご自身のエピソードなどと置き換えて参考にしてください。

看護助手の経験がある場合

私は現在、〇〇町にある△△クリニックで看護助手として働いています。

現時点で約3年勤めておりますが、自分の中で「もっとたくさんの人の役に立ちたい」とスキルアップを考えるようになりました。

貴院は、□□市の中でも規模が大きくより多くの市民の皆様の健康を支えることができると考え応募いたしました。

今までの3年間、看護助手として様々な部門を担当してきました。

決して全てを完璧にこなせたわけではありません。

ですが、看護師や医師の方とのコミュニケーションを大切にし、間違いのない業務を行うよう意識してまいりました。

貴院に採用していただいた後もその信念は変わらず持ち続けながら、より多くの業務をこなしていきたいと思っています。

看護助手の経験がない場合

私は、3年ほど前体調不良で入院をしたことがありました。

その際、看護師の方や看護助手の方にたくさんお世話になり、私自身も医療の現場で働きたいと思いました。

入院していたころ、私自身看護師や看護助手の方々にメンタル面もサポートしていただきました。

私は看護師の資格はありませんが、看護師の皆様が少しでもスムーズかつ的確に仕事ができるようにサポートしたいと思います。

それに加えて、来院される方々のメンタル面のサポートも意識しながら業務をこなしていきたいと思います。

将来的には、看護助手として活躍できるように、メディカルケアワーカーや看護助手実務能力認定試験にもチャレンジしていく予定です。

看護助手を目指し資格を取得した場合

私は、人の役に立つ仕事がしたいと考え看護助手の仕事を目指すことに決めました。

まず、看護助手として働くためにメディカルケアワーカーの資格を取得しました。

貴院はこの地域で最も大きく、私自身も何度もお世話になっております。

幅広い科であらゆる来院者様の対応をされている貴院で、私もその一員となり市民の皆様をサポートしたい所存です。

看護助手の志望動機のNG例文

スーツ姿の女性

逆に、看護助手の志望動機の例文で、陥りやすいNG例文も紹介しておきます。

NGな理由を確認し、こんな風にならないように気を付けてください。

具体性がない

私は、仕事をするなら人の役に立つことがしたいと考えていました。

看護助手の仕事は、人の役に立ち、とても感謝される素晴らしい仕事だと思っています。

私も貴院の皆さんとともに人を助ける仕事をしたいと思い応募させていただきました。

客観性がない

私は、幼少期からスポーツが好きで、学生時代からソフトボールをし今も仲間と続けているほどです。

看護の仕事はとても体力が必要だと伺っておりますが、体力には自信があります。

また、何事にも前向きに取り組む性格なので必ず貴院のお役に立てると思っています。

NG例にならないために

疑問

まず、具体性がない文章には説得力が欠けてしまいます。

どんな理由があってそれを言っているのか、読み手に伝わりづらく漠然としてしまいます。

漠然とした状態だと、採用担当者も、採用後のイメージがつかず面接を見送りとしてしまいがちです。

次に、客観性がない文章については、自己分析が出来ない人だと思われてしまいます。

自己分析が出来ない人ということは、仕事で失敗しても「何が悪かったのか」が分からないということです。

そうなると同じ失敗を繰り返してしまう可能性が高い傾向にあります。

そういった所も文章から読み取られてしまうため、説明した2点については特に注意しましょう。

看護助手の面接対策は?

メモを取る看護師

看護助手の面接の対策として一番は、清潔感を大切にすることです。

医療現場ですから、清潔感のない人はその時点で印象がとても悪くなってしまいます。

髪型から爪まで、きちんと清潔感を整えて挑みましょう。

また、面接でよく聞かれるのは以下のようなことです。

  • なぜ看護助手という仕事を選んだのか
  • 体力が必要だができるか
  • 土日出勤や夜勤はできるか
  • どれくらいシフトに入れるか

病院にもよりますが、医療現場は人手不足な場所が多いです。

その場合、土日出勤や夜勤の可否、シフトにどれくらい入れるのか、辛くてすぐに辞めないかなど心配されます。

以上のことを面接でよく聞かれる傾向にあるので、しっかりと回答できるように答えを準備しておきましょう。

 

ワンポイント

面接でよく聞かれるのは以下の4つです。

  • なぜ看護助手という仕事を選んだのか
  • 体力が必要だができるか
  • 土日出勤や夜勤はできるか
  • どれくらいシフトに入れるか

事前に回答の準備をしておきましょう。

看護助手の志望動機に困ったら転職エージェントに相談しよう

接客

看護助手の仕事に就きたいと思っても、自分一人でどうやって転職活動を始めたらいいか分からないことも多いでしょう。

まずは、転職エージェントに相談することです。

転職エージェントに相談することで、履歴書や職務経歴書の書き方、面接の対策なども相談できます。

また、転職エージェントは自分自身の希望を伝え、あなたにぴったりな求人を紹介してくれます。

転職エージェントに相談して転職活動をするのはとても効率的なやり方です。

まずは、転職の第一歩として転職エージェントに相談してみましょう。

まとめ

グーサインの看護師

医療の仕事に憧れる女性は多いです。

医療にお世話になった方や身内がお世話になっているなど、さまざまな理由から医療の世界で活躍したい女性はたくさんいます。

そして、医療の仕事というのはどこの地域でもなくてはならない大切な仕事です。

その分、とてもやりがいのある素晴らしい仕事です。

ですが、体力仕事であることもあり人で不足である病院も沢山あります。

看護助手の求人を探してみると、意外と多く募集されているものです。

そんな多くの求人の中からどれが自分に合うか、転職エージェントとすり合わせることが大切です。

看護助手の仕事に応募する際は、今回紹介してきたことをぜひ参考にしてください。

しっかりと自己アピールをして転職を成功させましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら