ホスピタリティではナンバーワンといわれるホテル業界ですが、特に女性の離職率が高いことでも知られています。

ホテル業界から異業種へ転職するためにはどうすればいいのでしょうか。

前職の経験を活かして未経験の異業種へ転職する方法について解説します。

未経験でも実は異業種への転職可能なケースもあるのです。

具体的に活躍できる異業種の紹介と面接で何をアピールすればいいのか解説します。

ホテル業界から転職を希望する方は参考にしてください。

Contents

ホテル業界から転職する方法を解説

電話

おもてなしの最前線でもあるホテル業界での仕事にはやりがいや大きな喜びがあります。

しかし、一方で精神的・体力的にストレスから限界を感じている人が多い仕事でもあります。

離職者が多いのもホテル業界の特徴です。

ホテル業界から転職したくてもどうすればいいのかわからない方に具体的に転職する方法を解説していきます。

ホテル業界から転職する女性が転職先を選ぶ理由

疑問

あらゆる業界の中でホテル業界は激務で長続きしないといわれています。

反面、精神的に鍛えられる面がある仕事といえるでしょう。

ホテル業界から転職する女性が選ぶ転職先には旅行業界・飲食業界・ブライダル業界・IT業界などがあります。

特にホテルで培ったコミュニケーション・ビジネスマナーなどのスキルが活かせることが最大の理由です。

例えばホテルの営業では旅行会社とタイアップしてツアーを企画したりします。

パソコンを駆使して旅行メディアに情報を掲載することもあるでしょう。

そうした企画力やパソコンのノウハウが転職には大きな強みになるのです。

 

ワンポイント
 ホテル業界の経験を活かして未経験でもワークライフバランスが整った異業種へ転職しよう。

転職先として魅力のある職種の特徴

女性

ホテル業界は激務の割に年収が低いといわれます。

職種によっては夜勤・早朝シフトがあり生活のリズムが合わず体調を崩す人もいます。

24時間365日休みが基本的にないホテルはシフト制ですが休日はあっても不規則になりがちです。

さらに以下のような面がデメリットといわれています。

  • 客からの要望が多岐にわたり、中には無理な要望もある
  • 人間関係の問題
  • キャリアプランに不安がある
  • 観光業界の先行きが不安である

こうした理由からホテル業界以外で魅力ある転職先を目指す人が多いのです。

例えばホテルで宿泊客のクレーム対応を経験した人はコールセンターもおすすめです。

経験を活かしてリーダーとして管理職を目指すのもいいでしょう。

またホテルの接客経験は営業職には最適です。

一流の接客マナーや心配りは高級ブランドなど富裕層への営業にも役に立つでしょう。

ホテル業界からIT業界に転職する人も多いのです。

ホテルでは顧客管理システム・会計システム・予約システムを導入するところが増えています。

こうした経験はシステム開発にも活かせるといえるでしょう。

給与が高い

女性

ホテル業界は給与が低いため不景気になると将来に不安を感じる人がいます。

そのため給与が安定した業種への転職を真っ先に考えるのです。

20代でも給与が高い異業種の方が生活設計も立てやすいといえます。

さらにマネジメント経験があれば年収アップが可能なのでキャリアを活かせます。

休みがしっかり取れる

考える女性

家族がいれば休暇が取りにくい職場よりしっかり休みが確保できる業界は魅力があります。

例え仕事が多少ハードでもしっかり休暇が取れれば精神的にも体力的にも落ち着いて生活ができます。

福利厚生がしっかりと整備されている

スマホ

長く安心して働ける職場を考えるなら福利厚生がしっかりとした企業を選びたいものです。

ホテル業界は土日が休みにくく、さらにセクションによっては夜勤や早朝シフトがあります。

福利厚生ではそうしたマイナス面を補えないのです。

大手ホテルに比べ中小のホテルでは人員の問題などもあります。

希望通りに福利厚生を利用できないことも離職の理由の一つです。

ホテル業界での経験が活かせる職種

ガッツポーズ 女性

ホテル業界から転職するならそこで培った経験を活かせる職種は強みになります。

自分の適性を見極めことから始めましょう。

ホテル業界で培った強みとは何でしょうか。

具体的に解説します。

品格のある接客応対が活かせる

ホテルで働いた経験で高く評価されるスキルはコミュニケーション・接客マナーでしょう。

一流の顧客を扱うホテルなら品格のある接客対応が高く評価されます。

また中小のホテルでも接客業の経験は評価が高いといえます。

職種としてはホテルのフロント・ドアマン・ベルボーイ・客室係などです。

身だしなみや人当たりの良さは直接顧客と接する機会がある営業職・接客業には最適でしょう。

企画、運営能力が活かせる

ホテルも宿泊客をただ待つ受け身でなく積極的に旅行会社とタイアップします。

自社サイトによる直販以外に旅行会社などのサイトを通じた委託販売、航空券などセット予約などがあります。

宿泊客へのサービス内容をメディアにアピールするなど企画や運営能力が求められる時代です。

またシステムの導入などIT企業とコラボしたりする機会も増えるでしょう。

このようなスキルは転職活動にも役立つといえるのです。

ホテル、観光についての知識の厚みが活かせる

ホテル業界で働いていると観光に関する知識もどんどん増えます。

また競合ホテルの情報にも詳しくなります。

旅行雑誌やネットにない情報は貴重です。

転職先が観光業界ならこうした知識が大いに活かせるでしょう。

マネジメントスキルが活かせる

支配人・総支配人・営業や総務・会計・企画の管理部門に携わった経験はマネジメントスキルとして評価されます。

ホテル業界に限らずマネジメント能力は即戦力になるため異業種でも役に立つといえます。

スキルの裏付けとして「ホテル・マネジメント技能検定」などの資格取得も強みになります。

ホテル・マネジメント技能検定のレベルは以下の通りです。

  • 1級( 事業運営視点)
  • 2級 (業務運営視点)
  • 3級 (作業管理視点)

マネジメント能力はホテル全体を見渡す視野を持ち人材育成経営にも優れた能力が求められます。

特に業務改善など経営管理に関わる業務を目指す人には最適な資格といえるでしょう。

こうしたスキルがあればホテルや観光業界以外にも転職の幅は広がるでしょう。

 

ワンポイント
 どの業界に転職するにも自分の市場価値・適性・スキルチェックは欠かせない。

ホテル業界からの転職は大変?

微笑むビジネスウーマン

ホテル業界の経験は異業種への転職には大いに強みになります。

ただし未経験で採用されるチャンスは20代くらいまででしょう。

つまりホテル業界から異業種への転職を考えるなら早い方がいいということです。

30代以降は他業種への転職は難しくなります。

30代以降ならホテル業界で管理職としてキャリアを磨く方がいいでしょう。

どうしても異業種への転職を希望するなら市場価値適性をしっかり判断することが必要になります。

ホテル業界からの転職は意外と多い

OKポーズ、女性

ホテル業界からの転職は一見難しそうに思われています。

しかし、新しい人生を求めて異業種へ転職する人は多いのです。

転職することはワークライフバランスを見つめるチャンスになるのです。

収入や休みが安定することで家族と過ごす時間も取れるようになります。

何より仕事にやりがいを見出せることは大きなメリットになるでしょう。

 

ワンポイント
 ホテル業界から転職するなら女性ならではの感性を大いに活かそう。

女性がホテル業界から転職するメリット

ガッツポーズをする女性

ホテル業界に勤務する女性は多くの接客業の中でも洗練された品格とコミュニケーション能力が高く評価されます。

さまざまな顧客に対して柔軟なサービスはどの業界でも重要視されるでしょう。

またホテル業界で勤務した経験がある人はリスク管理能力も優れています。

こうした経験を活かして転職活動をすれば希望の職種に就くことが可能になるかもしれません。

給与の向上が見込める

スマホを持つ女性

ハードな仕事のわりに待遇がよくないといわれるホテル業界です。

しかし、スキルと経験を身につけておくと転職して給与を上げることは可能です。

ホテルウーマンの平均年収は約320万円といわれ、役職がない20代はさらに低くなります。

しかし、異業種であればもっと給与を向上させられます。

一方同じホテル業界への転職を考えるなら役職がある方が有利でしょう。

ワークライフバランスを考えられるようになる

面接中の就活生

ホテル業界では配属部署にもよりますが休日が少なく夜勤や早朝シフトがあります。

ワークライフバランスを考えるのは難しい業界だといえるでしょう。

生活のサイクルが安定しないために体調を崩す人も多くいます。

そのためワークライフバランスが保てる異業種へ転職が増えているのです。

プライベートが充実していれば働きがいも感じられます。

最近は子育てや家庭の事情を考慮した働き方改革を進めているホテルもありますが少ないのが現状です。

 

ワンポイント
 自分の経験と将来のキャリアを絡めてアピールできれば面接は怖くない。

面接でアピールできるホテル業界の経験

握手をする就活生

ホテル業界から転職する人は面接を突破するために何をアピールすればよいかわからないという人がいます。

しかし、ホテル業界で働いていれば転職する際に大きな強みがあるのです。

ホテルの仕事といってもセクションによって特徴があります。

セクションごとに何をアピールすればいいのか見ていきましょう。

宿泊部門

宿泊部門はホテルの中でも一番お客様に接する機会が多いセクションです。

フロント・ドアマン・ベルボーイなどビジネスマナーと高いコミュニケーション能力が求められます。

また海外からのお客様の場合外国語も必須です。

細かい所作・身だしなみ・おもてなしの精神は他の業界でも大いに役立つスキルといえるでしょう。

特に営業職では高い評価が期待されます。

宴会部門

ホテルの大きな収益源でもある宴会部門では結婚式・パーティなどの企画や運営します。

大手のホテルになると宴会も大規模になり何百人もの出席者をお招きしなければなりません。

そうしたイベントを企画し仕切るためには運営スキルも欠かせません。

実際に経験したイベントとそこで学んだことをアピールすればポイントとなるはずです。

自ら企画を手がけた経験があればなお強いアピールポイントになるでしょう。

営業部門

ホテルの営業部門は法人関係のお客様を多く担当するセクションです。

そのためビジネススキルや交渉ノウハウなどが身につくといえます。

営業部門では顧客を分析し、その結果集客が見込める企画の立案に携わることがあります。

ホテルの中で特にマーケティングが学べるセクションといえるのです。

こうした経験は強いアピールポイントになりますから自信を持って面接官に伝えましょう。

管理部門

ホテルの管理部門人事・総務・経理などが該当します。

ホテル業界の中でも異業種へ転職する確率が高いセクションです。

人事は企業のかなめともいえるセクションで特にホテル業界は人材の動きが激しいのでその重要性は高まっています。

総務は労務の関係や社員の雇用保険の管理など幅広い知識が必要で他の業界でも人材を求めています。

会計はIT化が進み高度なスキルが求められるセクションです。

会計の流れとしてBS・PL(貸借対照表・損益計算書)なども理解することが必要でしょう。

データ入力・取引先への支払いなど担当する範囲も広いのが特徴です。

ホテルの管理部門で経験を積めばどの企業でも通用するスキルが身につくでしょう。

ホテル業界からの転職で困ったら転職エージェントに相談しよう

説明する女性

誰でも未経験の異業種への転職は不安がいっぱいです。

ホテル業界から異業種への転職を成功させるためには自分のスキルや知識がどのように活かせるかアピールが必要です。

転職活動するのに不安がある方は転職エージェントに相談してみてはいかがでしょうか。

転職活動に欠かせない自分のキャリアの棚卸しは重要です。

転職エージェントなら未経験者でも過去に転職できた成功例・ノウハウが蓄積されています。

経験不足をいかにカバーし、弱みを強みに変える方法・面接対策などコンサルタントが相談に乗ってくれます。

面接における効果的なアピールポイントもコンサルタントは心得ているので安心です。

企業情報に詳しいコンサルタントはここでしか話せないニッチな情報も持っているのです。

自分の適性を踏まえた上で転職エージェントは最適な求人案件を紹介します。

まとめ

会社の受付

ホテル業界から未経験で異業種へ転職するのは確かに厳しいですが諦めないでください。

女性ならではのホテルで培った経験を今後のキャリアプランに絡めてアピールできれば転職も不可能ではありません。

今はまだ転職を考えていなくても今の自分のスキルや経験がどのような職種に活かせるのかチェックするのもおすすめです。

将来転職を考える上で大いに参考になるはずです。

転職を成功させるために転職エージェントを利用しましょう。

応募書類の添削・面接対策などあなたの不安を払拭して希望の業種へ転職しましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら