クリエイターの作品をまとめたポートフォリオは、自分の作品の品質や方向性を伝えるのに役立ちます。

ポートフォリオをどのように転職に役立てることができるのか疑問に思う方もいらっしゃるかもしれません。

作成する際の注意点が分かればスキルや作品への姿勢を明確に伝えることのできるポートフォリオを作ることもできるでしょう。

この記事ではポートフォリオが転職に必要なのかを解説していきます。

作成のメリットや注意点も紹介しますので参考にしてください。

Contents

ポートフォリオが転職に必要なのか解説

ファイル

クリエイター系の業種ではクリエイターの成果物をまとめたものをポートフォリオと呼びます。

以下のようなクリエイティブな職種では転職の成果に大きく影響を与えることになるでしょう。

  • イラストレーター
  • デザイナー
  • フォトグラファー

ポートフォリオはただ自分の作品を集めただけのものではありません。自分のスキルや作品に対する姿勢などをアピールするためのものです。

採用担当者が「一緒に仕事をしたい」と感じるようなポートフォリオを見せることができれば好印象を与えることができるでしょう。

企業がポートフォリオを必要とする理由

解説

履歴書や職務経歴書とあわせて、ポートフォリオは採用担当者が応募者の実力人となりを知ることができる資料です。

クリエイティブな業種では、採用担当者が応募者の実力を成果物で判断することがよくあります。

そのため企業はポートフォリオを必要としているといえるでしょう。

求職者の実力や人となりがわかるから

メモ

採用担当者はポートフォリオでは以下のような事柄を見ています。

  • どのくらいの期間で制作したか
  • チームの規模とポジションはどのようなものか
  • 使えるツールと理解度
  • 成果物が与える印象・効果

上記のような点に注意してポートフォリオを見ると求職者の実力人となりが分かるでしょう。

作品に向き合う姿勢や課題の解決方法から人となりを知ることもできます。

仕事へのこだわりや将来のビジョンがわかるから

 

読む

成果物にこだわったポイントや工夫した点などを記載しておくと、それがアピールポイントにつながることもあります。

ポートフォリオを見ると求職者のこだわった部分が見えるでしょう。

「どのようなポイントにこだわるのか」が分かれば、求職者が企業の方針社風に合うかどうかも分かります。

ポートフォリオで表現できるもの

女性

ポートフォリオは自分自身の能力や実績を表す資料です。

自分がどのような点において優れていのか・転職後どのように活躍できるかを表現するように心がけましょう。

採用担当者が見ることを前提にして伝えるべきことを表現してください。

自身のスキル

女性

ポートフォリオに作品や成果物を入れることにより自身のスキルを表現できます。

全体的なセンスやデザイン力の他にも、どのようなツールがどれだけ使用できるかも重要です。

ポートフォリオにはただ作品を載せるのではなく案件ごとに使ったツールを記載してください。

具体的にどのようなツールをどれだけ使用できるかを伝えることができれば、応募先の企業での業務が可能かどうかを判断してもらえます。

過去の作品や作業実績

案内

ポートフォリオに掲載することにより過去の作品や作業実績を表現することが可能です。

過去の作品や作業実績を掲載する際は案件ごとに制作した期間をまとめてください。

いくら完成度の高い作品でも仕事の期日までに納品できなければ意味がありません。

決められた期日の中でどれだけのものを作ることができるのかを伝えることもポートフォリオの大切な役目です。

仕事に対するこだわりやビジョン

女性

ポートフォリオでは仕事に対するこだわりビジョンを表現することも可能です。

単なる作品の羅列にしないように心がけながら、ポートフォリオは気持ちを込めて作成してください。

ポートフォリオを通して仕事に対するこだわりや関わり方・姿勢を伝えることも重要になります。

採用担当者が「この人になら仕事を任せられる」と感じるようなポートフォリオを目指しましょう。

 

ワンポイント
ポートフォリオではスキルや実績を表現することができる。

ポートフォリオを作成するメリットは?

女性

ポートフォリオは自分の能力やスキル・これまでの実績を伝えるために欠かせません。

使用可能なツール・製作スピード・作品に対する姿勢など多くのことを伝えることができます。

採用担当者に自分の強みをアピールするためにもポートフォリオはしっかりと作成しましょう。

ポートフォリオの完成度も含めて採用担当者は能力を見ています。

自分の強みや能力を明確に伝えることがポートフォリオを作成するメリットになるでしょう。

 

ワンポイント
ポートフォリオを作成すると自分の強みや能力を明確に伝えることができる。

ポートフォリオの作り方

ファイル

ポートフォリオは採用担当者に好印象を持ってもらえるように作成するのが目標です。

作成のポイントを確認しながら自分の強みが伝わるポートフォリオを作りましょう。

事前の準備としては以下の点を意識してください。

  • 案件を洗い出す
  • 構成を考える

これまで担当した案件を洗い出し、自分の強みスキルを表現できるものを選びます。

その後は採用担当者が見やすいように全体の構成を考えましょう。

どのような案件を選択すればよいか・構成はどうすれば良いのか迷ったら転職エージェントを活用するのも手です。

転職のプロからアドバイスを貰えば自分では気づかなかった点も改善できるでしょう。

①自己紹介

女性

ポートフォリオに自己紹介を記載することで人となりを知ってもらうことができます。

自己紹介では以下のような項目を記載するのが良いでしょう。

  • 名前
  • 生年月日・顔写真
  • 趣味・特技
  • 経歴
  • スキル・資格・強み
  • 使用可能ツール

採用担当者の印象に残るように個性を伝えてください。

経歴や資格はすべてを記載する必要はありません。応募先の企業が求める人物像に沿うようなものを選ぶのも良いでしょう。

②持っているスキル

女性

自分ができることを伝えることも大切です。

採用後に応募先の企業でどのように活躍できるかを考えながら、自分の持つスキルを選んで記載しましょう。

自分ができることを明確に記載すると、採用後にどのように活躍できるのかを具体的に知ってもらうことができます。

③作品紹介

手

作品紹介では応募先の事業に沿った作品をアピールするのか、それとも自分の個性をアピールするのかを考えてください。

自分がアピールしたいポイントを伝えることが出来るような紹介にしましょう。

以下のような項目を記載してください。

  • 作品のジャンル・名称
  • 作品のコンセプト
  • 作品のターゲット
  • 自身の担当箇所
  • 製作時のこだわりや工夫した点
  • 作品発表後の成果
  • 説明文

応募先の企業に合わせた内容や掲載順を考えておくのも大切です。

ポートフォリオは一度作ってしまえばそれで終わりではなく、常にブラッシュアップしておきましょう。

④働き方や将来のビジョン

メモ

働き方将来のビジョンを最後の締めくくりとして記載するのも良いでしょう。

今までの仕事に対する姿勢やこだわっている部分などをまとめておくと、実際に一緒に働く際のイメージにつなげることができます。

将来何を目指しているのか・どんな仕事をしていきたいかをまとめるのも良いでしょう。

ポートフォリオで好印象を与えるポイント

女性

転職の際には採用担当者もクリエイター経験がある場合も多いです。

そのため成果物を見ただけでどの程度の能力があるのか分かってしまいます。

採用担当者に好印象を与えるためには工夫も必要になるでしょう。

印象に残る目次を作成しよう

作業

ポートフォリオの内容が明確に理解できる目次作りを目指しましょう。

どんなコンセプトか・何を伝えるポートフォリオなのかを最初に提示することで全体を把握する手助けになります。

目次はただのページ案内ではありません。

注目して欲しい項目を目立つように作成するなど工夫をこらしてください。

印象に残る目次を作成することで、本文への関心を引きましょう。

適切なサイズで作成しよう

女性

ポートフォリオは適切なサイズで作成しましょう。

沢山見てもらいたいものがあるからといって、好きなだけ作品を記載するのは良くありません。

転職時に役立つためのものですので、ただの作品集になってしまっては意味がないのです。

掲載する作品は 10作品前後が良いでしょう。ポートフォリオ全体で20ページに収まるように構成します。

提出する形式も事前に確認しておきましょう。データで提出する場合は容量などにも注意してください。

 

ワンポイント
ポートフォリオで好印象を与えるポイント
・印象に残る目次を作成する
・適切なサイズで提出する

ポートフォリオ作成の注意点

ポイント

ポートフォリオを作成する上での注意点を紹介します。

ポートフォリオに掲載して良いものかを確認すること

電話

自分自身が関わった作品であっても権利関係でポートフォリオに掲載できない作品もあります。

特に前職での守秘義務違反にならないような配慮をしましょう。

自分が作品を提供したプロジェクトであっても、権利は会社が持っていることも珍しくありません。

気になる場合はポートフォリオに記載してよいかどうか確認を取るのが良いでしょう。

作品自体の紹介ではなく自分のスキル紹介のためのポートフォリオですので、ある程度許容されることも多いようです。

ポートフォリオで全てを説明しないこと

ポートフォリオはじっくりと読み込む読み物ではありません。作品を紹介する文章や補足の説明文にも気を配りましょう。

あまりに長すぎる文章はかえって逆効果になる場合もあります。

またポートフォリオですべてを説明してしまうと、いざ面接の際には話すことがなくなってしまうといったこともあるかもしれません。

ポートフォリオの作品だけではなく自分自身のコミュニケーション能力をアピールするためには面接官と話すのが良いでしょう。

ポートフォリオをきっかけとして補足するように面接で話すと話も広がります。

ポートフォリオだけですべてを説明せずに、話の広がりのための道具としての役割も残しておきましょう。

ポートフォリオの面接での活用方法

面接

面接でポートフォリオをどのように活用すべきか疑問に思う方もいらっしゃるかもしれません。

ポートフォリオをプレゼンする際のポイントは以下のようなものが挙げられます。

  • アピールポイントを伝える
  • 面接官とコミュニケーションを取る
  • プレゼンのタイムスケジュールを事前に考える
  • オンラインの場合は画面共有の許可を取る

ポートフォリオはあくまできっかけと考えて、面接官がどう考えるのか・何を見るのかを見据えましょう。

プレゼンは自分だけがしゃべるのではなく、相手の反応を見て対応します。

作品に対する質問や意見を引き出すことができたら、話を少しずつ広げていきましょう。

オンラインでプレゼンをする場合には画面共有の許可を取ってから行ってください。

 

ワンポイント
ポートフォリオをきっかけとして面接官と話を広げよう。

ポートフォリオを転職で活かすなら転職エージェントに相談しよう

相談

ポートフォリオはクリエイター職への転職では大きな意味を持ちます。

掲載する作品や構成などを工夫することで、転職に活かせることができるでしょう。

しかしどんな作品を掲載したら良いのか迷う方もいらっしゃるかもしれません。

転職での活かし方や面接での使い方に不安を感じることもあるでしょう。

ポートフォリオをどのように転職で活かすのか迷いや不安があれば転職エージェントを活用するのもひとつの方法です。

転職のプロがフィードバックを行うことで、より良いポートフォリオを作ることができるでしょう。

自分では気づかなかった点を改善できるかもしれません。

転職のプロに相談することで不安を解消して転職を成功させてください。

まとめ

女性

ポートフォリオを使用したプレゼンテーションは自分の強みスキルを伝えるためにはとても有効な手段です。

自分のできることや人となりも伝えることができるでしょう。

そのためにもポートフォリオがただの作品の羅列にならないように気を配ってください。

もしポートフォリオに関して不安や疑問があれば転職エージェントを活用しましょう。

自分の強みをアピールできるポートフォリオを作成して転職活動を成功させてください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら