高齢化社会により、介護職はますます人手が必要となっています。

介護職は体力仕事であるというイメージが強いかもしれません。

ですが、介護の現場では女性もたくさん活躍しています。

決して、女性だからといって就けない職業ではありません。

本記事では、介護職に就くための志望動機について詳しく解説していきます。

Contents

介護職の志望動機を作成する方法を解説

女性

介護職に就くときの履歴書に書く志望動機ですが、どんな風に書けば説得的でしょうか。

自己PRやアピールの仕方が具体的にわからず、どう書いたらいいか悩む方も多くいます。

まず、介護職の志望動機をしっかりと書くためには、次のことを理解しておく必要があります。

  • 介護職の役割とは
  • 志望動機としてアピールするべき点は何か

この2つをしっかり意識して書くようにしましょう。

それぞれの項目について、これから詳しく解説していきます。

これから介護職への転職を考えている人は、履歴書の志望動機の書き方についてぜひ参考にしてみてください。

 

ワンポイント

介護職の志望動機を書く際には、事前の準備からしっかりと準備が必要です。

履歴書でしっかりと自己アピールができるよう、工夫していきましょう。

介護職の役割

紹介

介護職というと、老人ホームなどで働いているイメージが強いと思います。

介護職と一言でいっても、どんな仕事内容仕事の場所があるのでしょうか。

詳しく解説します。

介護の種類

介護の種類は以下3つがあります。

  • 身体介護
  • 生活援助
  • その他支援

身体介護で代表的なものは、お風呂や着替えの介護・歩くときの介護・トイレやおむつの交換などが挙げられます。

身体介護の定義としては「利用者様の身体に触れる介護」ということです。

次の生活援助は、利用者様の身体に触れずに生活の援助をすることです。

例えば、足腰が悪い高齢者のために洗濯や買い物をしに行ったり、料理を作ったりといった援助をします。

これも介護職の一種です。

最後に、その他支援というのは生活に最低限必要なこと以外に求められるメンタルケアなどを指します。

老人ホームなどで開催されているレクリエーション活動などが当てはまります。

このサービスを提供しているか否かは施設によって方針が大きく異なるため、転職の際は確認が必要です。

介護職の働く場所

介護で支える女性

次に、介護職の人が働く場所についても紹介します。

介護職の人が働く場所は、大きく分けて3パターンあります。

  • 通所型施設
  • 入所型施設
  • 訪問介護

それぞれの職場の特徴を詳しく見ていきましょう。

通所型施設というのは、利用者様は自分の家に住みながら利用したいときに通える施設です。

基本的に通所型施設では宿泊はできません。

毎週何曜日に通う、といった風に定期的に通っている方が多くいます。

家族がいるが、仕事にいっているため日中だけ通うということもあります。

人によっては、介護が大変なお風呂だけ利用するという場合もあり、利用の仕方はさまざまです。

次に、入所型施設は利用者様が実際にそこに住んでサービスを受ける施設のことをいいます。

そのため、生活のすべてを共に過ごすことになります。

訪問介護は、利用者様が施設に出向くのではなく、介護をする人間が利用者様の家に行って介護をする支援です。

介護職の志望動機でアピールすべきことは

女性

では、介護職の志望動機ではどんなことをアピールすればいいでしょうか。

介護職の志望動機でアピールすることは以下の2つです。

  • 介護職を目指した理由
  • 介護職の経験の有無

介護職は体力も必要ですが、一番にホスピタリティが大切です。

そのため、なぜ介護職をめざしたのかその理由を採用担当者は見ています。

そのほか、介護業界で働いた経験があるならそれも記入するようにしましょう。

介護の仕事は、利用者様によって求めるものが違うため経験はあればあるほど対応力が高くなっていきます。

方針が全く違うような施設であっても、介護業界で働いたことがあるのであれば、アピールするようにしましょう。

 

ワンポイント
介護職への志望動機は、しっかり具体的に記入し自己アピールするようにしましょう。

介護職の志望動機で好印象を与えるポイント

女性

では、ここからは具体的に志望動機で好印象を与えるポイントを紹介していきます。

採用担当者に好印象を持ってもらうには、どんなことを志望動機とすれば良いでしょうか。

これから紹介する介護職の志望動機として、好印象を与えるポイントをしっかりおさえましょう。

介護職を目指した理由を明確にしよう

まずは、志望動機の文章の中で、介護職を目指した理由をしっかりと明確にしましょう。

志望動機があやふやで、はっきりとしない状態であると採用担当者から良い印象は抱かれません。

どうして介護職を目指そうと思ったのか、まずは自分の本当の志望動機をしっかりと考えましょう。

なぜその企業なのか具体的に伝えよう

次は、応募先の企業をしっかりと研究し、なぜその企業に応募したのか具体的に伝えましょう。

応募先の企業の理念やサービス内容をしっかりと確認しましょう。

「家から近い」「企業が大手だから」という理由でも構いません。

一旦、自分がなぜその企業を選んだのか本当の理由を考えてみましょう。

入社後にどう活躍できるか伝えよう

OKポーズ

最後に、実際に入社した後、自分はどんな風に活躍できるのかを考えてみましょう。

自分の長所を活かし、ほかの人には出来ない働き方などを具体的に考えてみましょう。

今まで畑違いの場所で働いていた人も、前職での経験を応用することができるはずです。

そのような観点から、自分が入社した暁にはどれだけ企業に貢献することができるのか、具体的にアピールしましょう。

介護職の好印象を与える志望動機の例文

ガッツポーズする女性

ここからは、介護職に転職するにあたって、好印象を与える志望動機の例文を紹介していきます。

あくまでも例文なので、こちらを参考に、自分のエピソードに当てはめて書いてみてください。

身内の介護の経験を書く場合

私は、2年ほど前祖母の介護をしておりました。

介護は非常に大変だと思いながらも、感謝をしてもらったり人のお世話をしたりすることに喜びを感じていました。

身内の介護ではありますが、その時の介護の経験を活かしながら、今度は御社で介護の仕事をしたいと考えました。

育ってきた環境と結びつけて書く場合

私は、幼い頃から高齢者と関わることが好きでした。

実家では父母よりも祖父母によく懐き育ってきました。

仕事でも高齢者の方と触れ合い、生活のお世話をさせていただき恩返しをしたいと考えています。

自分のスキルアップのための転職の場合

私は今まで〇〇老人ホームで生活援助の仕事をしてきました。

日々仕事をしている中で、自分なりに利用者様がいかに快適に過ごせるかを考えたり、事務仕事の効率化を考えたりしてきました。

このたび、今までのような生活援助だけでなく、身体介護なども含めてステップアップしていきたいと思いました。

介護職の志望動機のNG例

耳をふさぐ女性

介護職の志望動機のNG例についても紹介していきます。

陥りやすいNG例として、同じようにならないように気を付けてください。

話に具体性がない

私は、介護の仕事に興味を持ち仕事に就きたいと思いました。

介護は大変な仕事だと思っていますが、その分やりがいのあるものだと思っています。

体力には自信がありますので、入社した暁にはしっかりと働きたいと考えています。

前職の経験をどう活かすのかがわからない

以前は高齢者のよく利用する施設で働いていました。

そのため、高齢者と関わることにはとても慣れておりますし、私自身も高齢者と関わることが大好きです。

前職の経験を活かし、貴社に入社後も働いていきたいと考えています。

客観的過ぎて意思が見えない

昨今の高齢化社会において、高齢者へのサービスをするというのはとても重要な仕事だと思います。

私も、この高齢化社会を支える一員として高齢者のお世話をしたり支援をしたりしたいと考えました。

 

ワンポイント

志望動機を書く際には以下のことを意識し、しっかり記入しましょう。

  • 介護職に就きたいと思った理由
  • 入社したらどんな風に会社に貢献できるか

介護職の履歴書・職務経歴書の書き方

ノートパソコン 女性

介護職に就きたい場合の履歴書や職務経歴書の書き方についても紹介していきます。

履歴書を書く時のポイント

履歴書を書くときのポイントとして、前職の勤務先をしっかりと記入するようにしましょう。

前職の勤務先は、正式名称でしっかりと記入してください。

採用担当者が見てどこの企業で勤めていたのかわかるようにしましょう。

職務経歴書を書く時のポイント

職務経歴書には、どこで勤務していたかに加えて、その中でどのような立場で働いていたかも記入しましょう。

そのほか、どんなことを任されていたのか、どんな風に働き目標達成したのかなど自己PRとして詳しく書くようにしましょう。

介護職の転職面接対策

説明する女性

実際に介護職の求人に応募するときの面接対策についても解説します。

しっかりとした意思を持っていても、当日緊張してしまい固まってしまうこともあります。

事前に転職アドバイザーと相談をしながら対策しておきましょう。

面接の注意点

面接での注意点について、基本的ですが笑顔で落ち着いてゆっくりと話すようにしましょう。

ぼそぼそと自信なさそうに話をしてしまうと、相手もネガティブな印象を受けてしまいます。

また、時には前職での失敗談や、短所を聞かれることもありますがネガティブに考えることはありません。

「この人は過去の失敗をどれだけ次に活かすことができる人か」を見られているだけです。

何を質問されても、落ち着いてポジティブに捉え回答しましょう。

そして、言葉のキャッチボールを忘れずにすることです。

言われたことだけに回答すればいいのではありません。

面接官を見て、理解度が浅そうなら言い換える・もっと聞きたそうにしていたら付け足すなど臨機応変に対応しましょう。

面接でよく聞かれること

女性の面接

面接でよく聞かれることは、以下の4つです。

  • 介護職での経験はありますか
  • プライベートなども含め、高齢者とのかかわりはありますか
  • 残業・夜勤対応はありますか
  • 質問はありますか

介護職への経験や、高齢者とのかかわりについては、嘘をつかずありのままを回答するようにしましょう。

もしそれらの経験があればプラスになりますが、経験がなくてもマイナスになるわけではありません。

現在、どこの施設も人手不足な現状です。

そのため、残業・夜勤対応の可否については必ず聞かれるでしょう。

企業側はこれらができる人材を求めていると思いますが、無理であればそれは無理だとはっきり言いましょう。

面接でいい印象を与えたくて嘘を言ってしまうとそのあとずっと苦しむことになってしまいます。

また、「質問はありますか?」と最後に聞かれるパターンが多いです。

特に質問がなければ「十分ご説明いただいたので特にありません」と回答しても大丈夫です。

ただし、自分から質問をすることで、働くことへの意欲や自主性を評価されることがあります。

もし何か気になることがあれば臆することなく質問してみましょう。

 

ワンポイント

面接対策は以下の3つが大切です。

  • 当日は、明るくはきはきと話しましょう
  • 面接官との言葉のキャッチボールを大切にしましょう
  • 面接でよく聞かれることは事前に回答を準備しておきましょう

介護職の志望動機で悩んだら転職エージェントに相談しよう

エージェントと相談する女性

介護職の民間施設は、高齢化社会により増えてきています。

介護職へ転職する際に、どの企業を選べばいいのか自分だけではなかなか決め切れないと思います。

転職を考えたらまずは転職エージェントに相談するようにしてみましょう。

あなたの希望や条件を見て、最適な転職先の企業をアドバイスしてくれます。

今更人に聞きづらいようなことも相談することができるので安心です。

まずは、転職エージェントに相談するというところから始めてみましょう。

まとめ

笑顔の介護士

今回は、介護職で働きたい場合の志望動機の書き方について紹介してきました。

一言で介護職といっても、それを目指す理由や経歴は人それぞれです。

まずは自分がなぜ介護職を目指したのか、しっかりと自分の中で整理してみてください。

その上で、今回紹介した例文を参考に志望動機を書いてみましょう。

介護職への転職が決まるように、頑張ってください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら