志望動機が残業が少ないからという人は多いです。特に前職の退職理由が残業が多いという場合には尚更です。

でも直接志望動機に残業が少ないことを書くのは、誤解を招きやすいので注意が必要となります。

こちらでは残業が少ないことが志望動機だということを、どのように伝えるとよいのかを解説しています。

Contents

残業が少ないことが志望動機の場合の伝え方を解説

疑問

残業が少ないからその企業に応募したと単刀直入にいってしまうと、単に残業が少ないことだけがクローズアップされてしまいます。

企業側は仕事時間だけを問題視していると捉えてしまい、あまりよいイメージを抱かれないという結果になりがちなのです。

志望動機に残業量について記載することはできれば避けたいところです。

「残業が多かったから」が志望動機として好まれない理由

NG

前職が残業が多くどのように大変だったかを伝えたとしても。残業が少なかったから貴社を志望したというのでは印象は良くありません。

残業の多い少ないは個人で感じ方が違ってきます。多くの企業が行っている程度の残業でも人によっては残業が多いととられます。

残業を志望動機にすることが好まれない理由について考えていきましょう。

仕事へのモチベーションが低いと思われる

仕事に対する気持ちの弱さやモチベーションの低さを感じ、また要領よく仕事ができないと捉えられる場合もあるでしょう。

それは企業側が残業をどう考えるかでも違ってきます。職種にもよりますが残業の捉え方で企業側が持つイメージが違うのです。

残業は与えられてしぶしぶ行うものではなく、時間内に決まった仕事量をこなせなかった場合に率先して行うものと考える場合もあります。

その場合には、仕事の進め方や自分自身の怠慢が原因なのではないかと見なされる危険性が大きくなります。

他責の傾向があると思われる

自分の仕事がこなせないことを、残業が多いと責任転嫁しているのではと思われることもあるのです。

サービス残業が多かったなどと前職のことを伝えるのも、真偽は別として企業側にあまりよい印象を与えません。

客観的にみても過酷である以外は、退職理由に残業の多さを挙げることも残業の少なさを志望動機にするのもやめるべきです。

 

ワンポイント
 残業の多さや少なさは志望動機にしにくく印象も悪くなりがちです。

残業が多くて仕事を辞める女性は多い

履歴書

残業が多いことを多くの女性が退職の理由としています。転職先は残業の少ない会社を選ぼうと考える人も多いでしょう。

たとえそうであってもそのまま志望動機に残業が少ないことを書くのはNGです。

志望動機はあくまでも仕事や企業についての関心度を伝えるべきでしょう。なぜその仕事を選んだかが重要です。

企業側は応募者がその仕事や自分の会社のどういう点に興味や共感があって志望してきたかを知りたいのです。

企業が志望動機で本当に聞きたいこと

説明する女性

企業が応募者に聞きたいのはどうしてその仕事をしたいと考えたか、なぜこの会社を選んだのかという本当の気持です。

志望動機には企業が知りたい応募者の気持が記載されており、その内容は採用の大きな目安となります。

応募者の本当の気持といっても残業が少ないからというのが志望動機では、企業側としては納得して採用する訳にはいかないでしょう。

企業が採用したいと思える志望動機はどのようなものなのでしょうか。

  • 志望動機が仕事そのものであること
  • 仕事や職種への意欲の強さ
  • 会社の方針や社風に合うと感じているか

残業が少ない事の志望動機では弱いということがわかります。書くのなら会社の方針などで触れる程度にするとよいでしょう。

志望度の高さ

まず第一に志望度がどのくらい高いのかです。どうしてもこの仕事がしたくて志望したのだという強い気持ちです。

仕事や職種に対する興味や意欲が企業側の一番知りたい志望動機なのです。

仕事の直接的な内容ではなくて、残業が少ないからというのは企業側からみれば意欲の無さとも取られがちな志望動機となります。

残業はあくまでも個人個人によって考え方の違う事柄です。仕事が遅くて残業になってしまう場合もあるでしょう。

残業時間も人によって考え方がまったく違います。定時から一時間程の残業を長いと捉える人と短いと捉える人もいます。

あいまいな弱い志望動機よりも、この仕事で今までの経験を活かして充分貢献するという強い志望度の強さを企業は求めるのです。

会社のビジョンや社風とマッチしているか

仕事そのものへの志望とともに、何故その企業に応募したかも企業側が聞きたいことの一つです。

企業理念や社風に共感したという文言があるとかなり好印象となるでしょう。

もちろんどのような所に共感してどのように思っているのか、しっかりと自分の感想を述べることが前提です。

採用担当者は、応募者が会社のビジョンや社風にマッチしているかということも大きな採用目安として志望動機を確認しています。

 

ワンポイント
 企業が志望動機で知りたいのは仕事や職種への志望度の高さです。

面接での説明の仕方は?

説明

残業が少ないのが志望動機であると正直に伝えることは、いけないことなのでしょうか。

前職もしくは現職の残業が多く退職を考えたという場合、客観的にみても退職理由としてはっきりしているなら伝えることも可能です。

心身への影響が出るほどの残業量や休日出勤だったのなら充分に退職理由となります。ただ自分自身がそう考えているだけでは弱いのです。

通常の範囲内でも個人差で残業が多いと感じる場合もあるので、あくまでも客観的にみて誰もが酷いと思えることが条件になります。

理由がしっかりしていれば、率直に伝えても良い

毎日サービス残業や休日出勤が続き、病院にかかる程身体に不調をきたしたなどの明確な理由があるなら率直に伝えることも可能です。

そんな中でもどれ程がんばって会社に貢献しようとしたのかも、併せて伝えるようにするとより効果的に採用担当者に伝わります。

企業にはどのように貢献できたか。残業や休日出勤が多いことを充分に補えるほど仕事に対してやりがいを持っていたかを伝えるのです。

好ましい説明の例

ポイント

「前職では仕事内容は魅力的で好きなことなので主任としてがんばってやってきたのですが、残業や休日出勤が続き身体を壊しました。

病院で残業量や休日の無いことが問題視され入院加療のため退社しました。今では健康を取り戻しています。

今後は自己管理もしっかりしていきたく、御社の企業理念の従業員に対する思いに深く感銘を受けて志望させていただきました」

前職を悪くいうのではなく、無理がたたって健康を害してしまったことや今後は自己管理をしたいとはっきり伝えています。

企業の企業理念にも触れ今後への意欲も感じられます。前職で主任として頑張ったことも好印象を与えるでしょう。

 

ワンポイント
 面接では正当な理由があれば残業について率直に説明することも良いでしょう。

残業の希望条件は、明確に伝えよう

OKサインの女性

仕事内容や職種が自分の求めるものであることを志望動機のメインとする必要がありますが、残業についても条件は明確に伝えましょう。

志望動機や面接で残業について触れるのはよいことでは無いのですが、長い時間の残業が不可能な場合は明確に伝える必要があるでしょう。

なぜ残業ができないのかはっきりとしたやむを得ない事情がある場合に限りますが、理由を明確に伝え希望条件を提示します。

残業時間の許容範囲を決める

職務経歴書

残業は絶対にダメというのではなく、状況に応じてどれくらいなら可能なのかを伝えましょう。

もちろんこの場合も正当な理由があることが必要です。正当な理由とは家庭の事情などでやむを得ないと認められる事情です。

週にどのくらいまでの残業が可能かある程度の許容範囲を伝えて、協力する姿勢のあることは示すようにしましょう。

逆質問での伝え方に注意する

なぜ残業ができないのかという質問や、残業についてどう考えているかという質問に対して明確な意見を伝えられるようにしましょう。

残業ができにくい事情があるならその事情をわかりやすく説明します。特に事情の無い場合には許容範囲であれば協力したい旨伝えます。

退職理由が残業が多く心身ともにダメージを受けたというのであれば、健康を害したため退社したことをはっきり伝えましょう。

その上で自身で健康管理をしながら、無理のない範囲での残業はできることを明確に伝えると好印象に捉えてもらえます。

志望動機で意識すべきポイント

笑顔の女性

志望動機はまずどうしてその仕事を選んだかをメインに書く必要があります。仕事内容が志望の動機であることが大事なのです。

退職理由が残業などによる健康悪化である場合には志望動機に勤務時間や日程が明確であることを挙げてもよいでしょう。

「貴社の仕事内容に興味を持ち自分のスキルも活かせると考え応募しました。残業や休日出勤続きで健康を害し前職を退社しました。

現在は健康回復しており、仕事面は前職での経験を活かしてしっかりと自己管理しながら貴社に貢献できると考えております」

などと志望動機に明確に書くことで退職理由も伝わり、仕事への意欲も伝わりやすいです。

退職理由と志望動機に一貫性を持たせる

退職理由と志望動機に矛盾のないように、一貫性を持たせることも大切です。

通常の残業量であるにもかかわらず残業が嫌で退職した場合には、残業が多いことを退職理由にはできません。

私事もしくは家庭の事情での退職となります。家庭の事情で残業時間を制限せざるを得ずやむを得ず退職したことを伝えましょう。

その上で志望動機に経験を活かせる職種であることに加えて、残業時間が少なくその面でも家庭の事情にマッチすることを伝えます。

自分の経験や能力から入社後どう貢献できるのかをアピールする

サインを出す女性

何度もいいますが、残業の少ないことがメインではなく入社後企業にどのように貢献できるのかが企業側の聞きたい志望動機です。

前職でどのようなスキルを身につけたか、そのスキルを活かして入社後にどう貢献できるかをしっかりアピールしてください。

その上で残業が少ないことも志望動機の一つであることを、正当な理由とともに伝えるとよいでしょう。

なぜその企業でなければだめなのかをアピールする

仕事での企業への貢献を約束するとともに、多くの企業の内どうしてその企業を選んだのかを書くことを忘れてはいけません。

採用担当者の知りたいのは何故自分の会社を転職先に選んだのかということなのです。

従業員に対する心配りを感じる社風が素晴らしいと思った。など志望動機に企業を選んだ理由を書き添えましょう。

 

ワンポイント
 志望動機は一貫性を持たすことと入社後の貢献を約束することが大切です。

事前に対策をしよう

対策

転職に必要な志望動機の書き方や面接で面接官に聞かれたことにどのように回答すべきかなど、事前の対策も必要となります。

対策することで落ち着いた対応が期待でき、またどのようなことを聞かれても矛盾のない回答ができるというメリットもあるのです。

面接で聞かれそうなことを、事前に予測しておこう

面接のための事前の対策としては、面接で聞かれる質問内容を予測してどう答えるかをあらかじめ考えておくことです。

面接当日は緊張もあり、伝えたいことがうまく伝えられないことも多いでしょう。

質問を予測し回答することで、しっかりとわかりやすく伝えることが可能となります。

同じ回答でも少しの言い回しで好感度がぐんと上がることもあるのです。そういった点も事前の対策のメリットの一つです。

志望動機を第三者に見てもらおう

履歴書の志望動機は応募者を知る上で重要だと採用担当者は考えています。こちらも書き方一つで印象が変わるのです。

自分では充分と思っている志望動機の書き方も、第三者に確認してもらうと違った面が見えてくる場合もあるでしょう。

例文を多く読んでみることも志望動機を書く上で参考になるのでお奨めします。

志望動機で困ったら転職エージェントに相談しよう

相談を受ける女性

履歴書の志望動機を確認してもらえる第三者がいないため困っているのなら、ぜひ転職エージェントを活用してください。

さまざまな角度から志望動機の書き方をアドバイスしてもらえ、よりマッチした例文も読むことができるのが魅力です。

採用担当者の心に響く志望動機を書くための参考になることでしょう。また面接での回答についてもアドバイスしてもらえます。

転職エージェントはしっかりと寄り添い転職を成功に導いてくれることでしょう。

まとめ

ポイント

退職理由が残業が多いためだった場合、志望動機に残業が少ないことを挙げるのはよいのかどうかを解説しています。

通常では残業が少ないというのは志望動機に書かない方が無難でしょう。

ただし転職の原因が残業が常識を外れて多く休日出勤なども重なり、健康上の問題が出たというときは別です。

客観的にみても残業が退職理由になる場合、率直に残業が少ないことを志望動機に加えることは可能なのです。

その場合にも、最初は企業に対して仕事での貢献を約束して、続いて残業のできる範囲を伝え残業の少なさを志望動機にしましょう。

面接での質問を事前に予測することも大切です。しっかりと対策をして第三者に志望動機を確認してもらい転職に臨んでください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら