美容部員の仕事に就きたいと思っている女性は多くいます。

美容部員は、華やかな職業というイメージが大きいです。

一度は美容部員の仕事に憧れたことがある女性も多いのではないでしょうか。

では、そんな美容部員の仕事ですが、具体的に一体どんなことをしているのでしょうか。

本記事では、美容部員の仕事の内容や向いている女性の特徴など詳しく解説していきます。

美容部員の仕事内容を解説

ガッツポーズする美容部員

まずは、美容部員の人たちはどんな仕事をしているのでしょうか。

美容部員の人たちの仕事は、美容品を紹介する接客だけではありません。

美容部員の仕事について、まずは詳しく解説していきます。

美容部員の勤務先は

指をさす美容部員

まず、美容部員に就きたいと思ったら、どんな就職先があるのでしょうか。

求人情報を見てみると、美容部員の勤務先は大きく分けて以下の2つです。

化粧品メーカー

まずは、化粧品メーカーに勤めることです。

化粧品メーカーの美容部員として、メーカーの窓口に立って接客をしたり、店舗の在庫や売り上げの管理をしたりします。

1つのメーカーの職員として自社の商品について詳しく知識を蓄える必要があります。

場所は各化粧品メーカーの正規店窓口やドラッグストアの小さな窓口に派遣されるなどさまざまです。

メーカーにもよりますが、化粧品メーカーの直売店で働く場合、販売のノルマが課せられる場合も少なくありません。

ドラッグストア

化粧品メーカーのほかには、ドラッグストアでの就職があります。

規模の大きなドラッグストアなら、美容部門の集まったコーナーなどがあります。

そういった所でトータル的な美容についてのアドバイスを行ったり、商品説明を行ったりする仕事です。

中には、化粧品メーカーの社員がドラッグストアの美容専門コーナーに派遣されている場合もあります。

ですが、ドラッグストアの従業員が美容部門として紹介していることもあります。

その場合、幅広いメーカーの商品のそれぞれの特徴などを覚える必要があり、幅広い知識が必要です。

また、その時々にイチオシしているメーカーのものをうまく宣伝し販売することを任されることもあります。

美容部員の魅力とやりがい

考える美容部員

では、次に美容部員の魅力とやりがいについても紹介していきます。

美容部員になりたいと思っている方は、少なくとも化粧品などの美容品が好きなことでしょう。

それを仕事にすることで、どんなやりがいを得ることができるのでしょうか。

美容部員の魅力とやりがいは、主に以下の3つです。

  • お客様を美しくする
  • 自分自身も磨かれる
  • 売上に貢献できる

それぞれ詳しく解説していきます。

お客様を美しくする

喜ぶ女性

美容部員として、お客様の悩みにこたえる商品をおすすめすることで、お客様を美しくするサポートができます。

「美しくなりたい」「こんな悩みがある」という相談に乗り、それに合う化粧品を紹介するのが美容部員の仕事です。

自分がおすすめした商品で、お客様がだんだんと美しくなっていくのを見るとこちらまで嬉しくなります。

また、効果を実感しているお客様から感謝されやすいということもあり、「ありがとう」という声も多くいただける職業です。

そんなお客様とのやり取りは、美容部員の女性たちの心の支え・やりがいとなっています。

自分自身も磨かれる

美容部員で働くことで、お客様に美容品を進める立場のとして「自分自身も美しくありたい」という意識が自然と芽生えます。

美容部員のもとには、毎日「今よりもっときれいになりたい」と思っているお客様が来るわけです。

そんな意識の高いお客様と話をすることで、自分自身も感化され自然と「きれいになりたい」と思えてくるようになります。

また、美容部員として働く以上、商品の説明に説得力を持たせたいと感じます。

すると、基礎化粧品によるスキンケアはもちろん、メイクブランドを見直すなど自然と自分磨きにも力が入るものです。

こういった理由で、美容部員で働くことで自分自身も美への意識が強くなり、美しくなるという魅力があります。

売上に貢献できる

美容部員の販売する美容品は、値段が手ごろなものから高価なものまで幅広く取り扱います。

とにかく高いものばかりを勧めたらいいというわけではありません。

お客様のニーズに合わせて、納得してもらえるものを勧めることで初めて購入してもらえます。

自分の説明に納得してもらって購入にしてもらったというのは、達成感があるものです。

そしてそれがお店の売り上げになるというのは目標感をもって働くことができるということです。

お店の売り上げに貢献することができるのはとてもうれしいことですし、自分自身のモチベーションにもつながります。

ノルマ制がつらいと感じる方もいますが、それが目標となり日々の頑張る糧になるというタイプの人にはおすすめです。

 

ワンポイント

美容部員の魅力とやりがいは、主に以下の3つです。

  • お客様を美しくする
  • 自分自身も磨かれる
  • 売上に貢献できる

美容部員の大変さ

悩む美容部員

華があり一度はあこがれる美容部員ですが、そこにはどんな大変さがあるのでしょうか。

華やかな面ばかりではありません。

ここからは、実際に美容部員として働いた場合の大変さについても語っていきます。

立ち仕事で体力が必要

美容部員は基本的に立ち仕事のため、体力仕事です。

一日中立ったまま接客をすることになります。

百貨店などのメーカー正規店・ドラッグストア、どちらで働くにしても立ち仕事です。

お客様が入ってきたら自分から話しかけ、悩みを聞いたりおすすめのブランドを紹介したりします。

その際、お客様には座ってもらっても、自分は立ったままということがほとんどです。

美容部員で働きたいという方は、体力仕事であることの覚悟が必要です。

美容の知識

美容部員は、お客様にスキンケアやメイクなど、美容に関すること全般をアドバイスする立場です。

そのため、美容に関する知識をたくさん蓄えなければなりません。

日々新しい技術や新商品が出る世の中で、美容の知識をアップデートし続けるのはなかなか大変です。

まず基本的なスキンケアについて、どんな症状の方にはどの商品が良いかなど論理的に説明できなければなりません。

そのほか、メイクで悩んでいる方であれば、トレンドの化粧品をおすすめするのも大事な仕事です。

どのブランドが新色を出した、今年のトレンドはどんなものか、など様々な観点から知識を駆使しアプローチしなければなりません。

とにかく日々新しい商品が出るので、カウンセリングの時にすぐにその知識を出せるようするのはなかなか大変です。

向いている女性の特徴は?

エスカレーターを降りる女性

これまで、美容部員の仕事内容やその仕事の大変さについて語ってきました。

では、美容部員に向いている女性というのはどんな特徴があるのでしょうか。

ここからは、美容部員に向いている女性について紹介していきます。

人との関わりが好きな人

まず、美容部員は接客が必要です。

それに加えて、化粧品などをおすすめするため、営業トークも必要になります。

人と話をすること、人が美しくなることに喜びを感じることができる人は美容部員の仕事に向いているといえます。

カウンセリングとしてお客様の悩みを聞いたり、おすすめの商品を売る話法だったり、工夫が必要です。

それらがストレスになってしまう人も少なくありません。

ただ、こういったことがストレスではなく、むしろ好きだと感じることができる人は、美容部員に向いているといえます。

美容に関心が高い人

化粧をする女性

前述のとおり、美容部員は常に化粧品やスキンケア用品の最新商品を頭に入れておかなければなりません。

もともとブランドや化粧品などにあまり興味がない人は、そういった知識のアップデートは少し苦戦するでしょう。

逆に、元々美容に関心が高い人は、その仕事に就いていなくても詳しいといったこともあります。

中には店員さんよりも詳しいお客様もいるほどです。

そこまでとは言いませんが、もともと美容に関心が高い人は その知識のアップデートを楽しんで行うことができます。

仕事を楽しんで行うことができるということは、その仕事に向いているといえるでしょう。

美容部員の将来性

スキンケア

これから美容部員に転職を考えている方は、美容部員という仕事の将来性も気になるところです。

美容部員という仕事の将来性は一体どうなのでしょうか。

結論からいうと、将来性はかなり高いといえます。

それは昨今の晩婚化や、女性の社会進出、独身率の増加などが起因しています。

女性が社会進出することで、自分で自由に使えるお金を持つ女性が増えるということです。

さらに、独身であればなおさら自分磨きにお金を使うことができます。

そういったことを背景に、最近では、50代・

60代の女性もとても美しく肌がきれいな方がたくさんいます。

ひと昔前では、美容に力を入れる一般の人は30代まで…というイメージが強かったでしょう。

ですが、今では美容関係の仕事の人以外でも、50代・60代まで美容に気を遣う時代です。

そのため、ターゲット層はどんどん広がっているといえ、将来性が非常に高い業界といえます。

 

ワンポイント
美容部門はこれからますます需要が増えるため、将来性の高い仕事です。

転職に必要なスキルは

クリエイターの女性

では、美容部員に転職したいと思ったらどんなスキルが必要なのでしょうか。

必要なスキルを持っていることをアピールすることが出来たら面接にも有利になります。

ここからは、転職に必要なスキルを紹介していきます。

コミュニケーションスキル

まずは、何度も言っていますがコミュニケーションスキルがとても重要になってきます。

美容の悩みというのは、人には言い出しづらい傾向があります。

「肌が荒れている」「皮膚のたるみが…」などコンプレックスに思っている方が多く、なかなか友人にも相談しづらいものです。

美容部員の仕事は、そんなお客様のコンプレックスをうまく聞き出し、それに対して的確なアドバイスを行い購入に至らせることが目標です。

これは簡単なようでかなり難しいテクニックで、だれもが簡単にできるとは限りません。

いかに悩みを聞き出し、商品の良さやそのお客様にマッチしているかを伝えることができるかが大切です。

そういう意味で、コミュニケーションスキルが非常に重要な仕事だといえます。

美容一般の知識

美容部員によるメイクを受ける女性

当然ですが、美容一般の知識も転職前に持っておくべきです。

実際に既に働いている美容部門の方と同じほどの知識を持てとはいいません。

ですが、必要最低限の美容における一般的な知識は必ず必要です。

美容業界における一般的な成分やトレンドなどもおさえておく必要があります。

面接でどれくらい美容について知っているか問われる場合もありますので、事前に勉強しておきましょう。

 

ワンポイント

美容部員になるためには、以下の2つのスキルを磨きましょう。

  • コミュニケーションスキル
  • 美容一般の知識

美容部員のキャリアパス

上を指す美容部員

では、美容部員のキャリアパスについてはどうなのでしょうか。

美容部員になった後、どのようなキャリアが待っているのか、その先を紹介します。

新人教育担当者

美容部員として一人前になったら、そのあと多くの場合が「新人教育担当者」として働きます。

新しく店舗に配属された人や新入社員とペアを組み、仕事をOJTで教えながら教育をしていきます。

仕事のマニュアルの説明から、「この場合はどうする」というアドバイスを行うなど幅広く新人をサポートする役割です。

管理職

新人教育担当の経験も経て、さまざまな経験をつめば管理職を目指すことも夢ではありません。

管理職となれば、人員配置や全体の店舗従業員の指導、店舗の運用など任せられる裁量が大きく広がります。

そうなると、トレンドの化粧品に力を入れる、どんなイベントを企画するなど仕事の幅も広がります。

1つの店舗を任してもらい、さまざまな運用を行うことができれば、それは大きなやりがいや達成感につながります。

 

ワンポイント

美容部員の仕事のキャリアパスは以下の2つです。

  • 新人教育担当者
  • 管理職

美容部員への転職相談は転職エージェントを活用しよう

面接

美容部員の仕事について、詳しく解説してきましたが理解してもらえたでしょうか。

美容部員の求人は、紹介した通りメーカーやドラッグストアなどさまざまです。

あなたの希望の条件に対して、どの求人がいいのか転職エージェントにぜひ相談してみましょう。

転職エージェントに相談することで、あなたにぴったりな求人が見つかるだけでなくさまざまな情報を得ることができます。

自分1人ではなかなか希望に合う求人が見つからない場合も多いです。

ぜひ、転職エージェントに相談してみましょう。

まとめ

美容のカウンセリング

今回は、美容部門の仕事について詳しく解説してきました。

華やかな世界のイメージがある美容部門の仕事ですが、実はかなり知識と体力を求められる世界です。

ですが、その代わり女性が将来的にも活躍しやすい業界です。

今回紹介したことをぜひ参考にしてもらい、美容部門への転職を成功させてください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら