転職をするのは大きな勇気がいります。別の業種への転職でしたら尚更でしょう。

面接に関しても緊張すると上手く話せないために不安を感じる人もいるのではないでしょうか。

そこで緊張を緩和して面接官と会話を楽しむ方法を解説します。

さらに面接時に緊張しないための対策や、女性転職者がよく聞かれる質問とその回答例も見てみましょう。

転職の面接で会話を楽しむ方法を解説

面接中の就活生

転職も含めて、会社に就職するには面接は避けて通れません。

面接は自分をアピールし、自分の応募企業に対する思いや熱意を伝える大きなチャンスでもあります。

しかしながら改まった場で話す上に面接官の目が光る面接会場は、やはり緊張するものではないでしょうか。

元々話すのが苦手な人なら尚更です。

緊張のあまりうまく話せないと自分のアピールも熱意も相手に伝わりません。

自分の言いたいことを言うこともできず、結果不採用になってしまうのはあまりに勿体ないことです。

できることなら、むしろ面接官との会話を楽しむくらいの気概で臨みたいと思う人もいるでしょう。

精一杯アピールすれば、たとえ不採用だったとしても悔いは残りません。

面接であまり緊張せず、楽しく会話するにはどうしたら良いのでしょうか。

 

無料転職相談をして次のキャリアステップに進もう

 

面接を楽しむポイント

スーツ姿の女性

人によってはなかなか「面接を楽しむ」ということにピンとこないこともあるかもしれません。

たしかに面接はフォーマルな場で、真剣に取り組まなければならないものというイメージも根強いです。

しかし、そればかりを意識してしまっては緊張のあまり伝えなければならないことを伝えることができません。

それは選考においても不利です。

むしろ面接を楽しむ方が転職成功の近道になります。では、面接を楽しむには何を意識すれば良いのでしょうか。

会話自体を楽しむ

これから面接というだけでも緊張して、かしこまってしまう人は多いです。

しかし面接だから100%きちんとしたことを言わないといけない、会話を弾ませないといけないなどと思う必要はありません。

失敗を恐れるような気持ちで望まなくても大丈夫です。

特に「この質問にはこう応えよう」と考えていたフレーズを一言一句間違えずに言おうとしていると余計に緊張してしまいます。

面接官も面接に来た人のあら捜しをしようとしているわけではありません。

  • どのような人か知りたい
  • お互いの理解を含め、長く一緒に働ける人を採用したい

という気持ちの方が大きいです。

そして「少なからず緊張しているだろうな」というのは面接官も分かっています。

そのため多少ぎこちなくなるくらいで評価に響くことはまずありません

逆にあまりにもスムーズ過ぎると「答えを丸暗記しているのでは?」と思われて印象が悪くなる可能性もあります。

最低限の会話マナーを守りながら、相手との会話を楽しむような気持ちで臨みましょう。

笑顔を忘れない

握手をする就活生

笑顔はどんな相手との会話でも打ち解けやすくしてくれます。

面接が始まってすぐはぎこちない笑顔でも、それは面接官の想定の範囲内です。

終始ずっとヘらへらと笑うのは逆にマイナスポイントですが、質問には少し口角を上げて答えるようにしてください。

雑談の時は目元もしっかりと笑顔を意識しましょう。

美しい笑顔のポイントは目元と口元です。

目は三日月型に、口角は左右対称になることを意識して頬を上げて、そして歯をしっかりと見せます。

慣れていないと難しいので、鏡を見ながら練習しましょう。

明るさを意識する

どんな職業でも、会社に出社したら人と関わる時間は多いです。

例えば事務職なら社内の人から仕事依頼・電話でのやり取り・来客の対応などがあります。

パソコンやデスクと向き合うだけが仕事ではないので、明るく快く対応できる人の方が採用されやすいです。

逆に自分が会社員だとして、外から来た営業員が仕事を依頼しにやって来た時を想像してみましょう。

ぼそぼそと話されるよりも、明るくハキハキと話してくれる方が印象も良く思えるのではないでしょうか。

面接では緊張しやすく表情が硬くなりやすいですが、なるべく明るい雰囲気を心掛けて会話を楽しみましょう。

 

ワンポイント
明るく笑顔でいれば、自分自身の気持ちも明るくなります。
同時に緊張も解けやすくなるので、会社を出るまではなるべく笑顔でいることを意識すると良いでしょう。

面接で受かる人落ちる人の差

YESとNO

面接で受かる人と落ちてしまう人にはどのようながあるのでしょうか。

自信の有無

自信の有無は話の内容だけでなく、話し方姿勢からも表れます。

ある説によると、人の印象は話の内容よりも話す時の声のトーンや大きさ、話す人の姿に大きく左右されるのです。

つまり同じような経歴であっても、明るいトーンでハキハキと話す人と、そうでない人では印象は大きく違ってきます。

姿勢も「見た目」として大きく自信に影響するものです。

面接で椅子に座る時は背すじを伸ばして姿勢よく座ると、話す内容もより相手に説得力をもって聞いてもらえるようになります。

会話力の有無

説明するビジネスウーマン

会話力コミュニケーション能力は多くの職種で求められる資質の1つです。

相手に話を分かりやすく伝えられ、相手の話を内容や質問の意図を理解できる人が求められます。

面接に落ちやすい人の特徴を見てみましょう。

まずは結論から話さず、ダラダラと話をしてしまう人です。

結論を最後にして結論までの過程を長くすると、聞く方は集中して聞けなくなってしまいます。

分かりやすい話の仕方として「PREP法」というものがありますが、この会話法では、結論を先に言う話し方です。

そのあとに理由と事例、そしてもう一度結論を言います。

次に、質問に的確に答えていない人です。質問の答え以外に関係のないことをたくさん話すと、マイナスポイントになってしまいます。

最後に人の話をきけない人です。面接官が話をしているのに途中で遮ってしまうのはいうまでもありません。

面接官が話をしている時に相槌を打たず、聞いているのかそうでないのか曖昧な態度をとってしまうと印象が悪くなってしまいます。

「この人は話を聞いているの?」という印象を持たれかねないのです。

面接官が話をしている時は相槌を打つなど、「聞いていますよ」というアピールを忘れないようにしましょう。

Women's Worksの非公開求人ご紹介
経理|東京

【総務・経理】アパレルや消費財を販売するお客様を支援するサービスを展開|国際色豊かな会社です★

360万円 ~ 480万円

Webシステム開発・ツール提供

経理・資料作成・秘書業務

年間休日120日 社保完備
この非公開求人に興味がある
 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


面接官の第一印象が決め手

面接

人付き合いでも何かと影響を及ぼす第一印象。それは面接でも例外ではありません。

面接官からうまく良い第一印象を抱かせるには、入退室時の振る舞いと面接中の話し方が重要です。

もちろん身だしなみも第一印象を左右するものなので、清潔感ある恰好を意識するようにしましょう。

入退室の様子

人の第一印象は見た目で決まるというのは有名な話です。入室の瞬間でも印象に影響します。

入室の仕方にもある程度礼儀があるので、これを守ることも大切です。

名前を呼ばれたらドアをゆっくりと3回ノックします。向こうから返事があれば、「失礼します」と断ってからドアを開けましょう。

扉を閉める時は面接官の方を見ながらではなく、ドアの方を見て、大きな音を鳴らさないようにして閉めます。

ドアを閉め終わってから、自分の方から明るいトーンで挨拶しましょう。

挨拶は「本日はお忙しい中お時間いただきありがとうございます。(名前)と申します。よろしくお願いいたします!」が適切でしょう。

面接が終了したら、「ありがとうございました!」と明るいトーンでお礼を言います。

自分の方から挨拶をし、退室の前に「失礼いたします」と一言を忘れず言ってから、ドアを静かに閉めましょう。

入退室の「失礼いたします」と言う時の礼の角度ですが、敬礼で30度の会釈が適切です。

話し方

話し方の印象をよくするポイントは、先に紹介した「PREP法」を意識した話し方と、表情がポイントです。

目線は下ではなく、面接官の方に向けましょう。ずっと下を向いていると自信がなさそうな印象を持たれてしまいます。

面接官が複数人いる時は話をしている面接官に視線を向けてください。

表情はリラックスしているのが一番ですが、緊張していると堅くなってしまうものです。

ある程度の緊張やそれによる声の震えは面接官も想定しています。

後ほど紹介する対策を参考にしながらリラックスできるようにしましょう。

 

ワンポイント
人は見た目が8割といわれるように、大部分が見た目で決まります。
相手から悪印象を与えないためにも、丁寧な振る舞いを心がけましょう。

面接で緊張しないための対策は?

就活生の足

面接当日までに企業分析と自己分析をしっかりと行ったり、本番の面接を想定した練習を何回も行ったりすることも大切です。

これらも緊張しないための対策になりますが、今回は当日にできる緊張しないための対策をご紹介します。

1つ目は時間に余裕をもって面接会場に到着することです。15分前には会場近くに到着し、5分前には受付を済ませましょう。

受付までにリラックスし、面接のシミュレーションができる時間を作れるかどうかで大分変ります。

2つ目は深呼吸したり軽く身体を動かしたりすることです。深呼吸は気持ちを落ち着かせる効果があります。

腹式呼吸でゆっくりと数回行うと良いでしょう。

軽いストレッチも気持ちを落ち着かせる効果がありますが、外で屈伸をしたり、腕を回したりはしにくいものです。

そこで足の指にギュッと数秒力をいれて力を抜くことを繰り返したり、足首を回したり、小さな動作でできるストレッチがお勧めです。

3つ目はゆっくりと話すことになります。

緊張すると早口になりがちですが、早口になると相手が聞き取りにくくなりますし、落ち着きのない印象を持たれかねません。

落ち着いてゆっくりと語尾まではっきりとした口調で話すようにすれば、気持ちも落ち着きやすいです。

4つ目は、「自分が会社の面接をするための時間」と思うことです。

「自分の職場としてぴったりな会社なのか見極める時間」と思えば、不安も少し和らぐのではないでしょうか。

自分が面接する立場に立てば、面接官の様子を観察しやすくなり、面接に集中しやすくなります。

 

無料転職相談をして希望の会社に転職しよう

 

面接で女性によく聞かれる質問

面接

どの職種・業界でもよく聞かれる質問回答を考える際のポイントを見ていきましょう。

志望動機

志望動機はどの仕事の面接でも聞かれることの多い質問ですが、転職の場合は転職理由と併せて聞かれやすいです。

面接官も「たくさんある企業・業種の中から、何故私たちの会社を選んだのか」を知りたがっています。

履歴書に書かれている志望動機や職歴は把握されているので、書かれている内容と質問の答えと整合性がないといけません。

もしも書かれていることと一致しないことを答えると深く追及されるので、履歴書の内容は面接前に確認しておきましょう。

また答える際に前職の実務経験や転職したらどのように貢献したいかも合わせて具体的に答えると、他の応募者との差別化にもなります。

また他の業種や会社でも当てはまるような志望動機では、面接官の興味をひくことはできません。

自己PR

これまで経験してきた業務や、身につけたスキルをしっかりとアピールしましょう。

資格がある場合はそれもアピールポイントになります。

前職が今志望している仕事とは大きく外れていても、自己アピールできるポイントはたくさんあります。

大事なのはこれまでの経験や職歴を、その会社の事務仕事にどのように生かせられるかをアピールすることです。

 

ワンポイント
転職なら転職理由も必ずといって良いほど聞かれます。
前の職場を辞めた・辞めたい理由は必ずしもポジティブなものとは限らないでしょう。
人間関係やハラスメントが理由のことも多いからです。
しかしあまりに正直に話すと「うちでも同じ理由で辞めてしまうのでは」と思われかねません。
嘘を言うべきではありませんが、なるべく前向きな回答を用意しておくことをおすすめします。

回答例

面接

よく聞かれる質問が分かっても、どのように答えれば良いのか分からないという人もいるでしょう。

具体的な回答例を紹介します。

志望動機の例文

「何故この企業なのか」「何故この仕事なのか」、この2つを明確にするようにしてください。

たとえば事務職への転職を志望する、かつ経験者の場合を例に見ていきましょう。

「社会貢献度が高く、新しいことに挑戦し続ける御社に魅力を感じております。

前職で正確でかつスピーディに仕事ができるスキルを身につけてきました。

対面やメール、そして電話でのコミュニケーションを円滑にすることで、みなさんがよりスムーズに仕事が行えるよう活躍したいです。」

このように前職の事務職での経験をメインに考えます。

次に未経験者であればこのように答えると良いでしょう。

「前職は事務員とは全く違う業種でしたが、暮らしを支えているIT業界で仕事がしたいと考えていました。

敬語の使い方やビジネスマナー・立ち振る舞いの仕方を、お客様対応にも同僚との円滑なコミュニケーションにも生かせると考えています。」

と、これまでの経験の中から事務の仕事に生かせられるポイントを探してみてください。

自己PRの例文

スーツ姿の女性

自己PRとは自分の魅力を企業に知ってもらうことです。知ってもらいたい魅力の中で、企業への貢献にも繋げられるものを選びましょう。

例えば、業務を正確に早くこなせられることをPRしたいならこのように書きます。

「私の強みは正確にそして早く仕事ができることです。

前職は営業のサポート事務をしておりましたが、営業員の予定に合わせて、時間を意識しながら業務を行っておりました。

御社ではこれまで以上に多くの仕事ができるように成長していきたいです。」

次に周りへの気配りや配慮ができることをPRしたい場合の回答例を考えてみましょう。

「私の強みは気配りを欠かさないことです。前職はお客様の対応をすることが多い職場でした。

暑い日はおしぼりを冷たくしておいたり、雨の日はタオルを準備したりと、気持ちよく過ごしてもらうことを考えて仕事をしておりました。

御社では同僚や他部署の方々が気持ちよく、効率よく仕事ができるよう私は気配りできるようにしたいと思います。」

次の仕事に関係するような資格がなくても、大きな武器になります。

 

ワンポイント
 志望動機と自己PRを別々の質問で聞かれることもあります。複数回答を用意しておくと良いでしょう。
 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


NG回答例と対策

NGを出す女性

今度はNG回答例を見てみましょう。

例:具体的な表現がない

志望動機では「どれだけ入社意識が高いのか」「入社後の仕事に対しての姿勢」を把握するのが面接官の目的です。

「前職よりも給料が高いし、競合他社よりも休日が多くて働きやすそう」では、自分の利害しか伝えられていません。

さらに「この会社でないといけない!」という気持ちが見えにくいです。

自己PRは自分の魅力を具体的に紹介しつつ、仕事に活かせる点をアピールすることが大切です。

具体的な例を見てみましょう。

「たくさんの仕事があっても早く正確に処理できます。

前職でたくさんの書類を処理しなくてはいけない時がありましたが、できる限り慎重になりつつも期限内に終わらせました」

上記の例では「たくさん」「できる限り」「書類の処理」など曖昧な表現が多く、説得力に欠けます。

対策

転職先を選ぶ基準として給料や休日・福利厚生が大きなポイントになることも多いでしょう。

それが志望動機として大きなウエイトを占める人もいるのではないでしょうか。たしかに志望動機で嘘を述べるべきではありません。

しかしそれ以上にその会社の社風や事業・経営方針などを調べた上で自身がその会社のどこに興味や関心を持ったかを伝える方が印象も良いです。

「他の会社ではなく、この会社で仕事がしたい」という気持ちを伝えやすくなります。

また、具体的な数値を上げたり言い回しを変えたりすると印象が変わることも多いです。

先の自己PRの場合、「100件以上」「ミスがあるかもしれないと疑って確認する」「納品書」などにしてみましょう。

より具体的な言葉を選べば、同じ内容でもより説得力のあるエピソードになります。

逆に具体性がないと面接官にアピールしたい所は伝わっても、本当にその魅力があるのかを納得されにくくなってしまうのです。

Women's Worksの非公開求人ご紹介
事務|東京

【損害保険事務】損保代理店業に関わる保険事務業務/東証一部上場企業

360万円 ~ 450万円

損害保険

保険契約に関するオペレーション・営業サポート・書類仕分け

年間休日120日 社保完備 時短勤務
この非公開求人に興味がある

面接対策に困ったら転職エージェントを活用しよう

女性、オフィス

「面接対策をしていても、やっぱり不安」「転職が上手くいかない」という時は、転職エージェントを活用しましょう。

転職エージェントは転職アドバイスのプロです。中には女性の転職に特化している転職エージェントもあります。

結婚や出産・育児などライフステージの変化が起こっても、仕事とプライベートの両立がしやすい企業の求人をメインに扱っています。

転職エージェントに相談すれば、転職に悩む女性の強い味方になってくれるでしょう。

 

無料転職相談をして転職を成功させよう

 

まとめ

桜と就活生の女性

どんな職業でも転職には面接は避けられません。面接ではいつも緊張して話したい内容をしっかりと話せないと悩む人も多いです。

とはいえ、やはり緊張してしまうのはどうしようもありません。面接官もそれは分かってくれています。

大切なのは意識の持ち方です。

「失敗しないようにしなければ」と思うよりも「面接官との会話を楽しもう」と思う方が幾分か緊張も解けていきます。

そもそも、これまで接点のなかった会社の社員と話をするという機会はめったにないものです。

是非このチャンスを可能な限り前向きに捉えてみましょう。

勿論面接には会話以前に最低限のマナーも大切です。細かいと感じる人もいるかもしれませんが、きちんと守るようにしましょう。

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために以下のサポートを全て無料で実施いたします。

  • 非公開求人紹介
  • 職務経歴書のフルオーダー作成
  • 応募企業への推薦
  • 面接のフィードバック
  • 模擬面接の実施
  • 内定後の労働条件確認

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!

 

非公開求人紹介

転職エージェントに相談すると、一般に公開されていない非公開求人への紹介が可能です。

非公開求人には大手企業優良企業が多いと言われています。

条件が良い仕事だったり募集人数が少ない場合があるので、一般募集で応募が殺到しないように非公開としているのです。

この非公開求人はエージェントの紹介でしか応募することが出来ません。

キャリアアドバイザーによるヒアリングであなたにピッタリの求人をご紹介いたします。

職務経歴書のフルオーダー作成

応募したい企業が見つかったら先方に提出する職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい職務経歴書の作成を目指しています。

応募企業への推薦

フルオーダーの職務経歴書とともに応募企業への推薦状を作成いたします。

応募推薦状はエージェントに相談した人にしか受けられないサポートです。

模擬面接の実施

コールセンター

ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。

面接のフィードバック

面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

また内定した場合でもフィードバックいたしますので自分がどこを評価されたのかが分かり、入社後のモチベーションにも繋がります。

内定後の労働条件確認

事務

 

企業内定後には労働条件の確認給与の交渉をさせていただきます。

内定承諾書を提出する前に確認しておきたい雇用形態の調整を代わりに行います。

納得して仕事を始めていただけるように最後まで徹底サポートさせていただきます。

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!