時間をかけてようやく見つけた会社の最終面接にまでこぎつけたけれど、残念ながら思うような結果が得られなかった。

そんな時、不採用になった原因は何なのか知りたいと思う方は多いのではないでしょうか。

理由を分析して、必要があれば改善のための手立てを講じる。そうして次の会社の面接へと繋げていきたいものです。

今回の記事では転職で不採用になった理由は確認できるかどうかについて解説します。

不採用にならないための書類の作成方法や面接対策についても紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

Contents

転職時の不採用理由は確認できるのか解説

スーツ姿の女性

最終面接まで進むことができたのに不採用という結果に終わってしまった。

ポジティブな気持ちで次に進むためにも落ちた原因は何だったのか把握しておきたい。そう考える方は少なくないでしょう。

相手企業が不採用時の問い合わせに関する規定を何も設けていない場合、選に漏れた理由を教えてもらえる可能性があります。

ただ不採用の理由を開示すると選考基準の一部を明らかにすることにもなるため、渋る企業があるのも確かです。

基本的に、企業側には応募者に対して不採用の理由を説明しなければならない義務はありません。

問いかけに応じてくれる親切な企業に対しては失礼のないよう節度を守って尋ねるようにしたいものです。

不採用の理由は聞いても良い?

電話

自分はなぜ落とされたのか。どこがどう悪かったのか。それを確かめたいと思う気持ちはごく自然なことだといえます。

この項目では、そもそも不採用の理由は聞いても良いものなのかどうかについて解説します。

結論を先に示すと、聞くこと自体は問題ありません。ただ企業によっては回答してくれない場合もあります。

それぞれについて詳しく見てみましょう。

聞くこと自体は問題ない

OKポーズ

相手企業に不採用の理由を聞くこと自体は問題ありません。

ただし応募規定などに「不採用の理由に関する質問には応じない」といった文言がある場合は別なので注意しましょう。

応じてもらえた場合も、総応募者数や採用者数など、当たり障りのない情報しか明かされないことは少なくありません。

また「当社の合格ラインに至りませんでした」などの抽象的な回答しか得られないこともあるでしょう。

そうした場合は無理に突っ込んで尋ねようとせず、相手企業にも事情があることを考えて潔く引き下がる姿勢も大事です。

企業によっては回答してくれない

バツ

応募規定にその旨を記載していなくても、不採用の理由に関する質問に回答してくれない企業はあります。

理由の開示によって起りかねないトラブルを未然に回避することや、選考基準の漏洩を防止することが主な目的です。

また採用担当者にも落選の理由が詳しく分からないため答えることができない、という場合も少なくありません。

役員など、より上層で合否の判定が下された場合は採用担当者にも不採用の理由が明かされないことがあるのです。

不採用理由を聞く際の注意点は?

案内する女性

不採用の理由を聞く時に注意しておきたい点がいくつかあります。

まず感情を抑えて冷静に対応することは大前提だといえるでしょう。回答に納得がいかなくても怒ったりしてはいけません。

先に自分自身で振り返りを済ませておくことも肝心です。態度・服装・話し方などに何も問題がなかったか確認しましょう。

この項目では注意点のうち、最低限のマナーを持って聞く姿勢と、問い合わせはできるだけ早めにすることについて解説します。

最低限のマナーを持って聞くこと

祈るビジネスウーマン

不採用の理由を聞く時の注意点、1つ目は最低限のマナーを持って聞くことです。

まず採用担当者に対して失礼にならないよう、採用担当部門以外に問い合わせをすることは避けましょう。

連絡手段にはメールを用います。聞きたい項目を1つか2つに絞り込んでおくと担当者も対応しやすいでしょう。

電話で尋ねることは避けた方が賢明です。電話の場合は担当者にその場で急な対応を強いることになり、迷惑をかけるからです。

早めに確認しないと忘れられる

会議

不採用の理由を聞く時の注意点、2つ目は早めに確認しないと忘れられる可能性があるということです。

数多くの応募者と面接をした採用担当者に何週間も経ってから連絡をしても、相手が覚えてくれているとは限りません。

採用担当者は採用が終わればそこで仕事に区切りが付きます。兼務の場合もあるので本来の業務に戻ることもあります。

そのような相手に対して「忘れるなんて不誠実だ」とはとてもいえないでしょう。

理由を確認したいと思い立ったらできるだけ早く行動するようにしましょう。

 

ワンポイント
不採用になった理由が知りたい時はできるだけ早くメールで問い合わせよう。

企業側に不採用理由を明示する義務はある?

転職エージェント

企業側には応募者に対して不採用理由を明示しなければならない義務はありません。

不採用になった理由を明かすことは企業にとってリスクが高い場合があるからです。

まず、不採用の理由を不服とした応募者との間でトラブルが起る可能性があります。

個人がSNSで広く情報を発信できる時代なので、悪い噂を流されてはかないません。

また不採用理由の明示が選考基準という重要な機密の漏洩に繋がることも考えられます。

これらのリスクを回避するために不採用理由を明示しないという企業は多くあります。

 

ワンポイント
企業側には不採用理由を明示しなければならない義務はない。

転職面接で不採用になる主な原因は?

悩む女性

転職の面接で不採用になる理由にはどのようなものがあるのでしょうか。

この項目では主な原因を4つ挙げてそれぞれ詳しくご紹介します。

自分の場合はどうかチェックするための判断材料にしてください。

スキル不足

転職面接で不採用になる主な原因、1つ目はスキル不足が明らかになることです。

人柄や勤務条件に問題がなくても、業務の遂行に必要なスキルを持っていないことが判明した場合は不採用となるでしょう。

企業が中途採用者に求めるのは即戦力としてただちに結果を出すことです。

そのために必要なスキルを身に付けておらず、新卒採用者と同じ程度の教育が必要とあっては不採用も致し方ありません。

自分に何ができて何ができないのか、スキルの棚卸しをきちんと済ませてから応募しましょう。

身だしなみ

転職面接で不採用になる主な原因、2つ目は身だしなみに問題があることです。

清潔感に欠ける非常識な格好で面接にのぞんだ場合、たとえ能力が高くても不採用になる可能性は拭えないでしょう。

見た目の印象が特に重視される接客の仕事だけでなく、人前に出ない職種であっても面接時の身だしなみは大事です。

以下のようなポイントに気を付けて、自分の外見をチェックしてから面接にのぞみましょう。

  • 髪に寝ぐせはないか
  • シャツやスーツに汚れはないか
  • スカートの丈の長さは適切か
  • ストッキングに伝線はないか
  • 香水の香りがきつすぎないか
  • 派手すぎるメイクになっていないか

適性が合わない

転職面接で不採用になる主な原因、3つ目は適性が合わないことです。

この仕事には不向きな応募者だ、求人目的にそぐわない、と面接官から判断された場合は不採用となる可能性が高いでしょう。

事務なのにパソコンが苦手、接客業なのに笑顔が作れない、といったスキルや能力の欠如だけが適性の不一致ではありません。

学歴も能力も立派なものを持っているため逆に雑務を頼みにくい、などの理由で不採用となった例もあります。

企業が中途採用者に何を求めているか、またそれが自分の希望とマッチしているかどうか、事前によく調べておきましょう。

志望動機があいまい

転職面接で不採用になる主な原因、4つ目は志望動機があいまいなことです。

志望動機を尋ねられた際「何となく自分に合うと思った」など明確な根拠を示せない場合は不採用となる可能性が高いでしょう。

志望動機があいまいだと、面接官から「この応募者は働けるならどこでもいいのだな」と思われてしまうかもしれません。

なぜその業界で働きたいのか、またどうしてその企業を選んだのか、はっきりと語ることができるようにしておきましょう。

不採用を回避する書類作成のポイント

履歴書

この項目では不採用を回避するためにどのような書類を作成すれば良いかを解説します。

職務経歴書の記入欄には限りがあります。精選した効果的な情報を記入して採用担当者の関心を引きましょう。

肝心なのは前職で獲得したスキルと成果を書くことと、応募先に合わせた志望動機を書くことです。

これら2つのポイントについてそれぞれ詳しく見ていきます。

スキルと成果を書く

不採用を回避する書類作成のポイント、1つ目はスキルと成果を書くことです。

前職で身に付けたスキルと残した実績について触れます。

ただ触れるだけではいけません。獲得したスキルを今後の仕事にどう活かすことができるか具体的に示しましょう。

実績についても具体性のあることが肝心です。前年比10%アップの売り上げを達成したなどエピソードを交えて書きましょう。

採用担当者に「この人を採用すれば会社にとって大きなプラスになりそうだ」と思わせることができれば成功です。

応募先に合わせた志望動機を書く

不採用を回避する書類作成のポイント、2つ目は応募先に合わせた志望動機を書くことです。

具体的には「前の仕事を辞めた理由」と「応募先企業に対して感じた魅力」の2つを結びつけることを意識しましょう。

たとえば「物流倉庫の軽作業を辞めて接客業に就きたいと思い、素敵なショップ店員のAさんに憧れて貴社を志望した」などです。

働くならその会社でなければならないという明確な理由を示すことができれば、採用の可能性は大いに高まるでしょう。

 

ワンポイント
書類の内容はできるだけ具体的に分かりやすく書くことが肝心。

不採用を回避する面接試験のポイント

面接

たとえどんなに納得のいく職務経歴書を書き上げることができたとしても、面接対策を怠っていてはライバルに後れを取ります。

この項目では不採用を回避するための面接試験のポイントについてご紹介しましょう。

企業研究の徹底・必ず聞かれる質問の攻略・応募先企業への具体的な貢献の仕方の3点をそれぞれ掘り下げて解説します。

企業研究を徹底して行なっておく

不採用を回避する面接試験のポイント、1つ目は企業研究を徹底して行っておくことです。

面接官に「この人は勉強不足だ」と思わせてはいけません。応募先の企業に関わるどんな質問にも答えられるよう準備しましょう。

企業のHPを覗くと企業理念や経営方針などを知ることができます。取扱商品やサービスについても詳しく分かるでしょう。

そうして得た知識を面接官からの質問への回答に積極的に織り交ぜていくと、応募先企業で働く意欲を強くアピールできます。

必ず聞かれる質問を攻略しておく

不採用を回避する面接試験のポイント、2つ目は必ず聞かれる質問を攻略しておくことです。

以下の通り、面接における定番の質問とされているものがあります。

  • 簡単な自己紹介をしてください
  • 前の仕事を辞めた理由を教えてください
  • なぜ当社で働きたいとお考えになりましたか
  • あなたの長所と短所を1つずつ教えてください

こうした面接官から聞かれる可能性の高い質問に対する答えをあらかじめ準備しておきましょう。

質問に対してその場であれこれ悩まず素早く回答すれば、面接官に好印象を与えることができます。

応募先企業へどう貢献するのか考えておく

不採用を回避する面接試験のポイント、3つ目は応募先企業へどう貢献するのか考えておくことです。

面接の場では、前の仕事で得たスキルや持ち前の良さを発揮して具体的にこのように貢献したい、とアピールしましょう。

入社後の働き方のイメージがはっきりしていると、面接官に意欲のある積極的な人だという印象を与えることができます。

またこの時、キャリアアップへの熱意も合わせて伝えておくと幹部候補の1人として扱ってもらえる可能性もあります。

不採用理由を確認するよりも大切なことを知っておこう

ポイント

不採用理由を確認しようと躍起になるよりも大切なことがあります。それはどこがどう良くなかったか自分で考えることです。

前述の通り、不採用となった理由は応募企業に尋ねてもはっきりとした答えが得られるかどうか分かりません。

それよりも、自分なりに不採用の理由を解明する方がずっと効率よく次への対策をすることができます。

志望動機をはじめとする書類の内容・面接の際の身だしなみ・受け答えの仕方など、細部まで何度も振り返りを行いましょう。

採用に関する不安は転職エージェントに相談してみよう

微笑み

不採用になった理由を自分で考えるのはとても肝心なことです。

ただ、自分を客観視することがどうしても苦手という方もいらっしゃることでしょう。

そんな時には転職エージェントに相談してみてください。

転職エージェントは転職のプロです。採用に関する不安を真摯に聞いて適切なアドバイスをしてくれます。

1人で抱え込まず転職エージェントに話を聞いてもらいましょう。それこそが理想の転職を果たすための1番の早道です。

 

ワンポイント
採用に関する悩みはプロフェッショナルに相談するのが解決の早道。

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回の記事では転職で不採用になった理由は確認できるかどうかについて詳しく解説しました。

たとえ不採用になってもそこでめげていてはいけません。何がどう良くなかったのか振り返り、反省して次に活かしましょう。

誰かのアドバイスが欲しいと感じた時はぜひ転職エージェントに相談してみてください。

きっと親身になって話を聞いて、理想の転職を果たすための適切なアドバイスをしてくれることでしょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら