キャビンアテンダントにあこがれて最難関の試験に見事合格し航空会社に就職。

CAは国内・海外を飛び回わりながら多くの刺激を受けられるとても素敵な仕事です。

しかしどんなに好きな仕事でも一生涯一つの仕事を続けていく人はあまり多くありません。

CAも例外ではないのです。

ワークライフバランスや人生の転機、CAとして働く中で様々な出会いがあるでしょう。

異業種へ転職する場合は自己PRがとても重要になります。

それではCAからの転職する際の自己PRの注意点例文をご紹介していきます。

CAから転職する際の自己PRの書き方を解説

考える女性

CAから転職する際自己PRはどのように書いたら良いのでしょう?

CAは比較的特殊な職業です。

そして職業的なイメージが非常に強いといえます。

自己PRでは客室乗務員の経験を十分にアピールしながら、異業種への強い意欲を伝える必要があります。

自己PRを書く前のポイント

考える

自己PRを書き始める前に準備が必要です。

志望する業界に対していくつかのパターンを作成することをおすすめします。

それぞれの業界が求める人材のイメージに合わせて自己PRを調整します。

ここで注意が必要な点は全く異なる自己PRを作成しないことです。

基本となる自己PRを元に業界や職種によって内容を調整する範囲にとどめましょう。

転職理由を明確にしよう

まずなぜ転職したいのかを明確にしましょう。

CA特有の理由なのか個人的な理由なのか?

異業種へ転職することにより辞めたい理由は解消されるのか?

転職後に希望と違うことに気づき後悔することがないようリストアップして確認します。

自己分析を徹底しよう

転職理由が固まったら次は自己分析です。

自分がどのような人間でこれから何をしたいのか?

CAとして得られた経験も自己分析に役立ちます。

様々な状況下における自分の行動パターンなども参考にしてください。

志望先の企業で活躍する姿をイメージしながら書き出すと良いでしょう。

 

ワンポイント
 自己PRはいくつかパターンを準備しよう。

CAの経験を自己PRに活かすためには

窓の外を見る女性

CAの経験はどのように自己PRとしてアピールしたら効果的か考えてみましょう。

CAは接客業の中では特殊な職業のイメージがあります。

しかし実際の業務内容が特殊なわけではありません。

研修を受け様々な経験を積み日々の業務に取り組むことはどの業界・業種にも共通することです。

CAとしての経験の中でもCA特有というよりは個人の経験を自己PRでアピールしましょう。

今までの辛かった経験を書き出そう

良い環境で何の問題も発生していない時は仕事も順調なものです。

その場合会社はどんな人でもうまくいくと考えるでしょう。

採用担当者が知りたいのは難しい環境に置かれた場合の対処方法です。

まずはCAとしての経験の中で辛かった体験を書き出してみましょう。

どんな些細なことでも構いません。

困難な体験のみでなく自分が苦手とすることが見えてくると思います。

課題をどのように乗り越えたか明確にしよう

前項で書き出した辛った経験に対してどのように乗り越えたかを考えてみましょう。

業界や職種によって困難な場面は全く異なります。

応募者が何を難しい環境ととらえるかは重要です。

しかし採用担当者が知りたいのは困難な内容のみでなくどのように対処したかです。

CAの仕事では突発事項やその場での対応を要求されることが多いでしょう。

その場をうまく乗り切ることは大切です。

残念ながら日々のトラブルに対応することは課題を乗り越えたとはいえません。

小さな問題でもやり過ごさずに改善に取り組むことが課題克服です。

「何に」ではなく「どのように」に重点をおいて考えてみてください。

女性が自己PRで押さえたいポイント

受付

CAの経験として特に高い評価を受けられるポイントがあります。

これらは一般的なCAのイメージとリンクしています。

またどの業界でも歓迎されるスキルですので是非大事にしてください。

  • 接客スキル
  • 身のこなし
  • マナー
  • ホスピタリティ
  • 語学力
  • 危機管理能力

今までの経験をもとに強みを明確にしよう

自己PRでは自分の強みをアピールします。

例えばどのような業務にやりがいを感じたかを考えてみましょう。

成功体験からも強みを見いだせると思います。

周囲の人からの評価も客観的な意見として重要ですので、日頃から周囲の意見にも耳を傾けましょう。

入社後のビジョンを明確にしよう

パソコンする女性

入社したい会社にめぐり逢ったら自分がその会社で働く姿を想像すると思います。

今までの経歴がどのように活かせるか、新しい仕事で何を学ぶか。

そしてその仕事では何を期待されていて将来的にどのようなポジションが見込めるか。

経験者採用では応募者が会社にどのように貢献してくれるかが非常に需要なポイントです。

活躍する姿を明確に描ければ自分がやりたいことが分かっている印象を与えられます。

ここで注意すべき点は自分の経験を強調しすぎないことです。

あくまでも応募先の企業のビジョンにそった姿であることが前提です。

 

ワンポイント
 自己PRは入社後の姿を描くことも大切。

CAからの転職で好印象を与えるポイント

ウエディングプランナー

CAから転職する場合のアピールポイントについて考えてみましょう。

CAの経験が活かせる職種の場合は元客室乗務員という肩書だけで好印象になります。

またCAの一般的なイメージに対して悪い印象を持っている方は少ないと思います。

この点はとても有利であるといえるでしょう。

ただ仕事の能力的な面になるとどうでしょうか?

やはり異業種ということで募集企業は何が期待できるかを知りたがります。

それではCAの経験をどのようにアピールすると効果的か考えてみます。

実務経験や接客経験をアピールしよう

接客業への転職を希望する場合はCAとしての接客経験をアピールすると良いでしょう。

CAの乗客に対するホスピタリティには定評がありますので大きな強みになります。

またマナーや物腰の美しさも備えた方が多いためマナー講師も即戦力としてアピールできます。

事務系の仕事を希望する場合は受付や秘書などの職種がCAの経験を活かしやすいでしょう。

不特定多数の顧客・来客対応経験や英語力は高く評価されやすい能力です。

一方で受付や秘書は事務処理能力も要求されます。

接客以外の実務経験を元に事務処理の能力についても対応力を示す例を準備しましょう。

CAは危機管理についても教育されています。

ストレス耐性や柔軟な対応能力はCAという職業から得られる評価が高いポイントです。

自分の強みとして必ずアピールしましょう。

またチームリーダーやマネージメント経験がある場合は非常に有利です。

すぐに部下ありのポジションではなくても、部下育成経験を期待する会社が多いです。

入社後どのように貢献できるか明確にしよう

オフィスの女性

企業は応募者の経験と同様にあるいはそれ以上に入社後どのような活躍が期待できるかを重視します。

どんなに素晴らしい能力を持っており意欲があっても会社が求める方向性と異なる場合は採用はされません。

入社後何を実現したいかまたその会社・職種であれば実現できるか、なぜそう思うかを明確にします。

その過程で自分が希望する職種と期待する業務内容に齟齬がないかよく確認しましょう。

応募に際しては会社が期待する人物像を理解している必要があります。

企業のホームページや募集要項のみから応募者に期待することの細部まで読み取ることは困難です。

チャンスを無駄にしないためにも転職活動を始めるならば転職エージェントに相談することをおすすめします。

 

ワンポイント
 元客室乗務員の肩書を有効利用しよう。

CAから転職する際の自己PRの例文

打ち合わせ

CAの経験を活かした自己PRはどのように書いたら良いのでしょう。

どんなに良い内容でもCA特有の内容に偏ったアピールでまとめることはおすすめできません。

CAの経験が今後どのように業務で活かせるかを具体例を交えて伝える必要があります。

志望動機へのつなげ方もポイントです。

いくつか例をあげてご紹介しましょう。

例文①

女性、指し棒

私は人とコミュニケーションをとることが得意です。

客室乗務員という仕事柄お客様とは程よい距離を保ちながら心地よい接客を心がけてまいりました。

フライト後お客様から感謝の言葉をかけて頂く機会も多く社内でもアドバイスを求められることがあります。

その姿勢が評価され新人教育係をまかされており、自信につながりました。

受付の経験はございませんがお客様が気持ちよく来社されるようコミュニケーションしていきたいと思います。

例文②

人への気配りや配慮することを得意としております。

客室乗務員としてビジネスクラス・ファーストクラスを担当した経験が大きく影響していると思います。

要人も担当するようになり短い時間とはいえ快適な環境を提供しているという自負も生まれました。

秘書検定の資格も取得しております。

秘書としては未経験ですが客室乗務員としての経験を存分に発揮しながら実務経験で補う自信があります。

CAから転職する際の自己PRのNG例文

考えあぐねる女性

CA経験者のほとんどはCA以外の仕事を経験したことがないと思います。

CAとしての業務経験は様々なアピールポイントがあります。

しかし経歴をアピールするだけでは採用担当者には響きません。

また具体的な内容がない漠然とした自己PRは成果がはかりにくいためNGです。

自身の強みや意欲が伝わらないと採用につながりにくいので注意しましょう。

例文①

サービスを提供する接客業にとてもやりがいを感じておりこれからも続けていきたいと考え御社を志望いたしました。

また客室乗務員としてマナーや気配りには自信があります。

未経験の業種でも持ち前の忍耐力と好奇心で積極的に取り組んでいきたいと思います。

例文②

客室乗務員としてファーストクラスを担当してまいりました。

ファーストクラスを担当するということは客室乗務員として高評価であることを意味します。

接客・気配り・危機管理全てに自信を持っております。

今回応募する職種は未経験ですが客室乗務員としての経験を十分に役立て力を発揮できると考え、御社を志望いたしました。

NG例にならないために

具体例にかけたり独りよがりな内容にならないために自己PRは必ず添削してもらいましょう。

転職は同僚や先輩には相談しにくい内容です。

転職経験者の助言は役立つかもしれませんがここはやはり転職のプロに相談しましょう。

転職エージェントはCAの経歴の中から志望する業界や企業に有利な自己PRの書き方を助言してくれます。

第三者によるアピールポイントの評価はとても重要です。

自己PRのみでなく履歴書・職務経歴書の書き方なども統一性を持たせるためセットで相談すると良いでしょう。

他業種への面接対策は?

面接 女性

他業種への面接には対策が必要です。

なぜ転職したいのかだけではなくなぜその職種を希望するのかをしっかり説明する必要があります。

一般的にも異業種への転職はポテンシャル採用以外では難しくなります。

CAの仕事は接客業ですので接客業への転職は経歴をアピールできるでしょう。

接客業以外ではマナー講師受付なども比較的類似点が多い業種といえます。

このような業種についてはCAの経験は非常に役立ちます。

採用企業側としても受け入れ易いでしょう。

しかしその他の業種を希望する場合は接客業のイメージを払拭することも大切です。

CAの仕事は一般企業の仕事とは異なります。

電話の受け方や書類作成からチームビルディングや業務改善まで。

顧客・乗客メインではなく会社への貢献が重要であり期待されるのです。

他業種での面接には好きな仕事ではなく何をやりたいかをメインに臨みましょう。

全く経験がない職種に応募する場合は企業研究もしっかり行ってください。

面接は出来ることだけではなく、やりたいこともアピールできる場であることを忘れずに。

 

ワンポイント
面接対策は企業研究と会社への貢献度アピールが重要。

 

CAからの転職なら転職エージェントに相談しよう

資料を見せる女性

CAの仕事は時間が不規則です。

文字通り飛び回っていますので仕事をしながらの転職活動はとても大変です。

転職する機会自体がまれですので転職慣れしている方は少ないと思います。

CAからの転職は基本的に異業種になりますので右も左もわからない状況でしょう。

OG・OBに頼るのことは一つの選択肢です。

しかしもう少し幅広い業界に挑戦したいと思う方は転職エージェントを活用することをおすすめします。

転職エージェントは人材紹介することで利益を得ています。

費用は成功報酬型で採用企業負担のため応募者は無料で利用できるのです。

ただし転職エージェントはボランティアではありません。

人材紹介が仕事です。

採用企業側の人事が求める人材を登録者の中から選びます。

もちろん登録者全員が全ての求人の候補になるわけではありません。

せっかく紹介した方が採用されても早期退職してしまうとエージェントの評価にかかわります。

そのため転職エージェントも応募者を十分に理解した上で企業を紹介するのです。

転職後のミスマッチを防ぐためにも転職エージェントには過去の経歴や希望をしっかり伝えましょう。

まとめ

新年度

転職は誰にとっても簡単なことではありません。

狭き門を通って勝ち取った職業を辞める理由を詮索されることもあるでしょう。

CAに限らず転職を考えるきっかけは人それぞれです。

限られた時間を有効活用し自力で転職活動を成功させることは簡単ではありません。

行動を起こすと決めたらまずは転職エージェントに登録してみましょう。

一度転職してしまったら元に戻ることやさらに転職を繰り返すことは難しくなります。

異業種への転職は希望する業界に関する知識も必要です。

転職エージェントは業界や職種毎に担当が分かれています。

転職エージェントからの適切なアドバイスを受けながら新たな世界に挑戦してみてはいかがでしょうか?

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら