給与形態の1つとしてある歩合制

よく耳にする方法ではありますが、実際に使った人でなければどれだけ稼げるのかなど不安に思うことも多いでしょう。

未経験で実務経験が少ない場合でも、うまく歩合制を利用すれば高収入を得ることは可能です。

実績がものをいう歩合制の給与形態でも、仕事内容や給料目標などを具体的にしておくと不安を減らすことができるでしょう。

今回は歩合制の給与形態について詳しく説明していきますので少しでも参考になれば幸いです。

歩合制のメリットを転職エージェントが解説

微笑むビジネスウーマン

歩合制の最大のメリットは高収入を狙えるというところです。

成果を挙げればその分収入が増えるので自分の努力がそのまま反映されます。

向上心があり実力をつけたい方や、会社に必要とされる喜びを感じたい方などに向いている給与形態です。

成績の良かった月は、給与に反映され結果が目に見えるのでやりがいにもつながっていくでしょう。

他にも自分のペースで仕事ができることや、積極的にスキルを身に付ける意欲が湧くなどいろいろなメリットがあります。

 

ワンポイント
歩合制の一番のメリットは自分の成果が収入に反映され高収入を狙えること。

歩合制の仕組みをチェック

セミナー 女性

歩合制とは具体的にどういった仕組みなのでしょうか。

成果報酬型の特徴と固定給の違いについてご紹介します。

成果報酬型の特徴

成果報酬型の主な特徴は勤務時間出社日数に左右されず、決められた期間内の成果を評価されることです。

収入面に関する特徴に加えて成果報酬型の場合、その働き方も通常の給与形態とは異なるケースが多くみられます。

通常であれば勤務日数や勤務時間は決められていますが、成果報酬型の場合自分で自由に決められることが多いようです。

そのため、短時間で成果を挙げられれば他の時間でプライベートを充実させやすくなります。

一方で成果を挙げられなければ評価が低くなり収入が少なくなるというデメリットも覚悟する必要があるでしょう。

固定給との違い

固定給はその月の成果や、長期の休みなどに左右されることなく安定した給料が貰えることが特徴です。

成果報酬型との違いは労働時間が決まっている、収入を増やすには年に数回の昇給を待つ必要があることなどが挙げられます。

たとえ大きな成果を挙げたとしても、短期間での給与アップにはつながらないという点が成果報酬型との大きな違いでしょう。

その分給与が毎月安定するので、収入の計画が立てやすいというメリットもあります。

ボーナスとの違い

ボーナスは毎月の固定給と別に年に1〜2回支給される特別な給料です。

ただし、法律上必ず支払わなければならない規定はないので支給しない企業もあります。

ボーナス支給が定められている企業であれば定期的に必ず支給されますが、成果報酬は必ず支給されるとは限りません。

あくまで成果に対しての報酬ですので、成果を出せなければインセンティブを得られる保証がないというのが大きな違いです。

 

ワンポイント
・成果報酬型は勤務時間などに縛られず成果によって報酬が決まる
・固定給は安定した給与が得られる反面短期間での収入アップは見込めない
・ホーナスは定期的に必ず支給されるが成果報酬は支給される保証はない

歩合制のメリットは?

OKサインを出す女性

歩合制のメリットはどういったことがあるのでしょうか。

代表的なメリットについて3つご紹介します。

頑張った分高収入を狙える

応援のポーズを取る 女性

成果報酬となるので成果が上がれば給料は比例して上がります。

例えば、売上の1%が歩合給で加算される場合は300万で3万円のインセンティブがつくことになるのです。

不動産業などでは1件成約するだけで数千万単位の成果となる場合もあり、インセンティブの金額もとても大きなものになります。

向上心のある方や自分自身のスキルアップを望む方などにとっては、目標が明確になるためやりがいを感じやすいでしょう。

必要とされる喜びがある

笑顔の女性

自分の努力が成果となり評価されることによって、会社からの信頼期待を得ることができます。

成果を挙げると自身の給与に反映されるだけでなく、会社からの信頼も上がり必要とされる喜びを感じることができるでしょう。

必要とされることで、大きな仕事を任せられる可能性も上がりさらに大きな成果を挙げることにもつながっていきます。

会社からの信頼が上がると、こうした自身にも会社にもメリットがある相乗効果が生まれてくるでしょう。

実力がつく

ノートパソコン 女性

歩合制の場合、固定給とは違い出社して働いているだけでは大きな収入は見込めません。

極端にいえば成果を出さなければ給与を得られないので、固定給よりも自身のスキルを向上させることに執着しやすくなります。

自分自身で努力し試行錯誤しながら成果を挙げていくことで着実に実力をつけることができるでしょう。

実力をつけることで成果が上がり、評価が上がれば自信がついてさらに上を目指す意識を持つことにもつながります。

努力が大きな形として自分に返ってくることはモチベーションの向上にも役立つでしょう。

歩合制にはパターンがある

ポイント 女性

歩合制と一口で言っても、その給与形態にも固定給+歩合制と完全歩合制の2つのパターンがあります。

2つの給与形態の違いについてご紹介しましょう。

固定給+歩合制

歩合制の給与形態でも、一般的なものは一定の固定給にプラスして成果に応じたインセンティブが支払われる方法です。

この場合は実績を挙げられない月でも最低限の給与が保証されているので、大きなリスクを背負うことはありません。

しかし、インセンティブの比率はその分抑えられてしまう傾向があります。

歩合制で大きな給与を求める場合は後述する完全歩合制のほうが目指しやすいでしょう。

完全歩合制

完全歩合制は給与のすべてが自分の成果で決まる給与形態です。

成果を挙げられなければ受け取る給与が下がるリスクがある反面、成果を挙げた時の歩合の比率が大きくなるのが特徴です。

すでに実力があり安定して成果を挙げられる状態であれば、完全歩合制のほうが大きなリターンを狙うことができるでしょう。

 

ワンポイント
・固定給+歩合制は最低限の給与が保証されるが歩合の比率は抑えられている
・完全歩合制は給与が保証されないが歩合の比率が高く大きなリターンを狙える

歩合制で気を付けるべきことは?

注意 女性

働き方次第で大きな収入を得られる歩合制ですが、成果を挙げることができなければ十分な給与がもらえない場合もあるのです。

歩合制の給与形態で気を付ける点についてご紹介します。

給与が不安定

歩合制は固定給制と違い月の給与が実績によって左右されるので不安定になりやすくなります。

成果を挙げることができない月は当然給与が低くなってしまうので収入の見通しも立てづらくなるのです。

住宅ローンなど毎月まとまった支払いを行う必要がある場合は、収入が不安定になるのは生活にも大きく影響してしまいます。

歩合制を選択する場合は、自分の生活環境も照らし合わせて考える必要があるでしょう。

労働時間と収入が見合わないことも

歩合制の場合固定給制と違い労働時間と収入が必ずしも比例しません。

長い時間働いたとしても成果につなげることができなければ、給与にプラスされるインセンティブは受け取れないのです。

理不尽に感じることもありますが、反対に少ない労働時間であっても歩合制の場合は大きな収入を得ることも可能になります。

これは時間や給与があらかじめ決められている固定給では成しえないことでしょう。

歩合制では自分のスキルに自信があり着実に実績を挙げられる人であれば効率よく収入を得ることができます。

 

ワンポイント
・歩合制は給与が不安定になりやすく収入の見通しが立てづらい
・長時間働いたとしてもその対価を得られない場合もある

歩合制を取り入れている仕事

不動産業 女性

歩合制はどの企業でも取り入れられているわけではありません。

それぞれの業務内容の特徴によって採用されやすい職業というものがあります。

歩合制を採用している代表的な4つの職業についてご紹介しましょう。

不動産営業

不動産営業は歩合制を採用されることの多い職業の1つです。

不動産営業の特徴は、取り扱う商品が非常に高額であり月に何件も成約させることが難しいことが挙げられるでしょう。

そのため、歩合制を採用し成果に応じて給与査定を行ったほうが企業側にも都合が良いという側面があります。

また、働く側としても1件成約させるだけでも歩合の金額は大きなものとなるためモチベーションアップにつながるのです。

勤続年数や学歴などに関係なく、大きな収入が得られる可能性があるのも魅力の1つとなっています。

保険営業

保険営業は他の職業に比べて平均年収が高い傾向があり女性も多く活躍している職業です。

保険営業の給与形態は、会社に所属するか保険外交員として委託契約を結ぶ2つの方法があります。

委託契約を結び保険外交員として働く場合は、個人事業主となり基本的には完全歩合制となるのです。

そのため保険の契約数に応じて収入が大きく変わることが平均年収を押し上げている要因でもあるでしょう。

また、会社に所属する場合でも基本給+歩合制の給与形態が多く固定給制があまり採用されていないのも特徴の1つです。

タクシードライバー

タクシードライバーも歩合制を採用する職業の代表格の1つです。

タクシードライバーは顧客を乗せて走った距離時間に応じて収入を得ており、その実績によって給与は大きく変動します。

近年多いのは基本給+歩合制の給与形態です。

これは、売上金額に関わらず支払われる基本給に加えて一定の売上を超えると歩合給が発生する仕組みとなっています。

月によって変動する可能性が高いため、比較的安定しやすい基本給+歩合制の給与形態を選択するケースが多いようです。

他には給与の全額が売上に応じて支払われる完全歩合制もあります。

利用者の多い都心部では完全歩合制を選択するケースもありますが、景気などの影響を受けやすく安定しづらいのが難点です。

車両販売

カーディーラーと呼ばれる車両販売の仕事も大きな歩合が魅力の職業です。

正規ディーラーと呼ばれる大手販売会社の営業職は会社基盤が比較的安定しているため転職業界でも人気があります。

給与形態は基本給+歩合制の手法が多く、設定される基本給の額も販売拠点が都市部になるにつれて高くなっているようです。

不動産業と同じように商品の単価が非常に高いため、1台売れるだけでも大きなインセンティブが得られる魅力があります。

しかし景気が衰退している時期では、大手販売会社でも実績を積むことが難しくなるという点は注意が必要でしょう。

フリーランス

フリーランスは個人事業主として働くため業種に関わらず給与形態は完全歩合制になります。

分かりやすい例としては前述の保険外交員やタクシードライバーの働き方でしょう。

会社とは労働契約ではなく業務委託契約という形をとることで、独立した個人として会社から依頼を受ける働き方です。

会社に所属している場合は労働基準法で労働時間に応じて必ず一定の給与が支払われます。

フリーランスはその権利を放棄する代わりに、1件の仕事を成約させるたびに会社勤務よりも大きな対価を得られる仕組みです。

自分の成果がそのまま給与に反映される魅力的な給与形態ですが、会社の社会保険などに加入できないデメリットもあります。

歩合制に向いているのはどんな人?

悩む 女性

  • スキルを身に付けている人
  • 独立を考えている人

歩合制は高いインセンティブや自由に時間を使うことができるといった魅力がいろいろとあります。

しかし、月によって不安定になるなどデメリットもあるので、さまざまな条件と照らし合わせて考える必要があるでしょう。

まずは、すでにその職種で求められるスキルを十分に身に付けている必要があるでしょう。

歩合制はいわば成果報酬となるので、成果を挙げなければ収入を得ることができません。

そのため、ある程度実力がある状態で安定して成果を生み出せるようになってから選んだほうが良いでしょう。

他には、将来的に独立を視野に入れている人にも歩合制が向いています。

完全に独立の形をとってしまうと、仕事を得るにも全部自分の力で見つけなければならず大きなリスクを伴うでしょう。

完全歩合制であっても企業と業務委託の形でつながっている場合であれば仕事を確保しやすくなるのです。

そうした形でノウハウを得ることで、その後の独立をスムーズに行うことにもつながるでしょう。

歩合制で高収入を目指そう

ガッツポーズ 女性

このように多くのメリットを聞くと、誰しも歩合制を使って高収入を目指したくなるでしょう。

ただし、そこには多くのリスクも伴うのでメリットデメリットを照らし合わせて考えた上で慎重に選ぶ必要があります。

歩合制を選択する上でもっとも重要となるのは、その職業に対してのスキルをしっかりと備えている状態であることです。

外的要因に左右されやすい給与形態であるため、安定して成果を挙げ続けるには相応の高いスキルが求められます。

完全歩合制でも、最初は研修制度を設けていて一定の固定給が支払われるケースも多いようです。

そこで十分にノウハウを学び、もしも自分には不向きだと感じたら無理せず固定給制で働く選択をしたほうがよいでしょう。

しかし、安定した成果を挙げられる状態であれば、歩合制は効率よく高収入を目指せる有効な給与形態です。

自身の持つスキルなどを冷静に考えた上で選択していきましょう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

スマホ 女性

転職ではさまざまな不安を抱えることが多く志望先企業や給与形態など、どれをとっても簡単に選択することはできません。

どうしたらいいか分からないことがあれば転職エージェントを活用するのも一つの手段です。

転職エージェントでは、希望を伝えればそれに見合った求人情報を探し出してくれます。

さらに、履歴書や職務経歴書の添削や実際の面接を想定した模擬面接を行ってもらえることもあるのです。

また、一般には公開していない非公開求人を紹介してもらえる場合もあるので志望企業の選択肢を増やすことができます。

相談にかかる費用もすべて無料となっているので安心して相談することができるでしょう。

 
親身で丁寧なサポート
【パソナキャリア】 はこちら
 

まとめ

春のビジネスウーマン

歩合制は自分の成果が給与に大きく反映され、努力次第で高収入が目指せるとても夢がある給与形態です。

しかし、成果が出せない月や世間の状況によっては収入が減ってしまい給与が安定しないというデメリットもあります。

歩合制を選択する場合は、その業界についてのスキルがしっかりと身についていることが重要です。

その後の自身の生活に大きく影響するので、歩合制を選ぶときは慎重な判断が求められます。

初めて歩合制を選ぶ場合などで分からないことや不安なことがあれば、一度転職エージェントに相談してみましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら