適性テストは応募者の一般的な基礎知識や仕事への適性、また性格などを確認するために行われるものです。

新卒採用のみでなく中途採用においても実施されます。適性テストではどのようなことをテストされるのでしょうか。

こちらでは適性テストを切り抜ける対策方法と、転職時の注意点も併せて解説しています。慌てずにしっかりと対策してください。

適性テストの対策方法を解説

笑顔の女性

適性テストといっても怖れることはありません。ただ事前に対策して臨むことで不安が解消される場合が多いのです。

対策方法を解説する前に企業側がなぜ適性テストを実施するのか、その理由についてお話ししましょう。

理由は次のようなことになりますが、適性テストの実施方法は企業によって内容とともに少しずつ違ってきます。

  • 一般的な仕事の能力の有無を確認する
  • 適性があるかどうかの判断
  • 性格を見極める

適性テストにより、仕事を行うだけの知識などの一般的な能力があるかを確認します。

また適性があるかも適性テストの結果で判断され、応募者のものの見方や志向性などで職種に向いているかを見極められるのです。

潜在的な性格を見極めるためにも適性テストは重要ととらえる企業も多いです。面接だけでは判断できない場合もあるからでしょう。

適性テストの対策方法としては、事前に対策本などによる練習が効果的ですが適性テストの種類により対策方法も違ってきます。

適性テストの種類や特徴を確認していきましょう。

適性テストの特徴

履歴書

適性テストには能力検査性格検査があります。またその実施方法は企業により違ってきます。

適性テストを行うことで企業側は受験者をより客観的に見ることができ、バラつきなく適任かどうかも判断することが可能となるのです。

また適性テストにより、採用後にどの部署への配属が適任かを決める目安にすることができるのも適性テストの大きな特徴といえるでしょう。

受験者を客観的に判断する手段

適性テストの最も大きな目的は受験者を客観的に判断するということにあります。面接では面接官の判断基準で評価が分かれがちです。

適性テストを行うことで、バラつきが統一され総合的に客観的に判断しやすくなるのです。

性格検査では内に秘められた性格が、志向性や価値観により浮かび上がることもあります。

企業の業務内容に本当に適性があるのかしっかりと見極めるために、適性テストは不可欠なものなのです。

能力検査と性格検査がある

勉強

能力検査は一般常識や基礎的な学力の有無をテストされます。内容は「言語問題」と「非言語問題」に分かれることが多いです。

言語問題」では言葉の意味や連なる言葉の関係性など、国語の要素的な問題が出されます。

非言語問題」は清算やツルカメ算のような数学的な問題です。

性格検査は日頃の行動や考え方から、仕事への適性があるかどうかの判断をするための検査になります。

価値観や志向性で応募者の隠された性格が見えてくる場合もあり、仕事内容への適性は企業側にとっては大きな目安となるのです。

実施方法は企業により異なる

適性テストの実施方法は面接時に指定された場所でのテスト実施や、事前に自宅で行われるものなど企業により異なります。

どのような方法があるのか挙げてみましょう。

  • 面接当日パソコンまたはマークシートによる適性テスト
  • 自宅で行われるインターネットによるWEB適性テスト
  • テストセンターに随時出向いて受ける適性テスト

マークシートによるテストのみが紙ベースでのテストとなっており、面接当日の適性テスト以外の実施方法も増えています。

自宅で応募者の都合に合わせ受けられるWEB適性テストや、指定期間の中で日にちが選べるテストセンターでのテストもあります。

WEB適性テストやテストセンターでは企業の人は立ち合わないので、比較的リラックスしてテストを受けられるでしょう。

 

ワンポイント
 適性テストには「能力検査」と「性格検査」があります。

適性テストで見られていることは?

面接

能力検査では一般的な常識問題や基礎的な学力問題が出されるので、それほど心配する必要はありません。

仕事をする上で支障はないか常識的なことが理解できるかなどを企業側は確認します。

性格検査では日頃の考え方や行いについて質問されます。素直な気持ちで臨みましょう。

性格上勤務する上で問題はないか、仕事内容に性格的に向いているかなど学歴ではわかり難い性格を把握し適性かどうかを判断します。

テストの結果は採用に影響ある?

悩む女性

多くの企業は面接と適性テストの結果を併せて採用の目安としています。

企業により適性テストを重要視する程度はそれぞれ違いますが、影響はあると考えましょう

適性テストを面接の前の段階で行い適性の有無を確認する企業もあり、適性無しと見なされた場合面接に進めない場合もあるのです。

 

ワンポイント
 適性テストは採用の目安となり重要視する企業もあります。

適性テスト対策のポイント

女性,注意点

適性テストに不安なく臨めるようにしっかりと対策しておきたいものです。対策のポイントを解説していきましょう。

適性テスト対策のポイントはまず何度も練習することです。そして応募企業の仕事内容や業務内容を充分調べておくことも大事です。

参考書を使って模擬練習をする

模擬練習は対策本や参考書、WEBでも問題集などがあるので、何度も練習するとよいでしょう。

インターネットでの適性テストの場合はネット環境が整っていることが条件となるので、しっかりと環境を整えることが必要になります。

問題とともに時間をかけずに回答する練習もしてください。ネットでの問題では時間が大いに関係するので注意が必要です。

自分でなかなか練習しにくいという場合には転職エージェントを活用するとよいでしょう。

企業の情報を下調べしておく

女性

企業の業務内容や仕事に適性があるかどうかを、前もって下調べしておくことも大切です。

まったく企業の情報無しで応募することはないでしょうが、詳しく仕事の内容を知ると考えていたものと違う場合もあるのです。

そういったミスマッチを防ぐためには、最初に応募企業をしっかりと下調べをする必要があると考えてください。

性格検査は正直に回答する

能力検査の場合はさまざまな問題で練習を重ねることが必要ですが、性格検査は練習などせずに正直にありのままで回答してください。

企業に合わせようと嘘の回答をしていると、質問を重ねるうちに企業側に嘘が分かってしまう可能性があります。

素直に正直に丁寧に回答していると感じてもらえることが性格検査には必要なのです。

 

ワンポイント
 適性テストの対策方法は企業のテスト内容に沿って練習を重ねることです。

適性テストの種類

勉強する人1修正版

適性テストには内容や実施方法によりさまざまな種類があります。どのような種類があるのか挙げてみましょう。

  • Cubic
  • SPI
  • 玉手箱
  • 内田クレペリン検査

主なものでも上記のような種類があり内容もさまざまです。それぞれを詳しく解説していきましょう。

Cubic

応募者個人の資質を「性格」「意欲」「社会性」「価値観」の四つの面から評価するテストです。

平均値との比較から応募者の特性や性格を把握でき、比較的短時間でテストを行えるため応募者にとっても負担の少ないテストといえます。

通常版とストレス耐性診断の付いたものがあり、ストレス耐性診断では職場でのストレスに耐性があるかどうかの診断も可能になるのです。

SPI

新卒採用の際のみでなく中途採用でも多く行われているのがSPI適性テストです。

「能力検査」と「性格検査」によりテストされますが、企業によってその内容は多少違います。

能力検査では通常一般的な知識を確認され、その中には複雑なことを整理する能力なども含まれるのです。

性格検査では考え方や価値観志向性などが確認でき、それにより企業の仕事内容に向いているかどうかが判断されます。

SPI適性検査の方法は、WEBテスティング・テストセンター・ペーパーテスティング・インハウスCBTなどが主な方法です。

WEBテスティング…インターネット環境の自宅などのパソコンでの実施となります。

テストセンター…SPI専用のテストセンターで実施されるテストで、都合のよい日時が選べるので便利でしょう。

ぺーバーテスティング…企業側の用意する会場での紙ベースでのテストで、マークシートを利用して行われています。

インハウスCBT…企業内でのパソコンを利用すして行われるテストです。

玉手箱

玉手箱も同様に「能力検査」と「性格検査」のテストになります。玉手箱の特徴は一種類の問題が連続して出題される点です。

また問題にかけられる時間がかなり短いため、一定のスピードで回答する必要があります。

内田クレペリン検査

制限時間内で一桁の数字の足し算を行い、その結果で能力を判断するというシンプルな検査方法です。

計算による作業量と間違った回答によって、個々の仕事量や働きを見極める心理検査の一種となっています。

心理検査の場合、慌ててしまうと力が発揮できない場合もあります。慌てずゆっくりと行うことが大切です。

 

ワンポイント
 適性テストの種類には・Cubic・SPIなどさまざまなものがあります。

適性テストを受ける際の注意点

ポイント

適性テストの種類は多くテストの内容や方法もさまざまです。どの方法でのテストであっても落ち着いて受けることが大切です。

そのためには事前に準備を行うことが必要となるのです。どのように準備を行うとよいのかを解説していきましょう。

事前準備をしっかり行う

どの方法でテストが行われても慌てないように、テキストなどで各分野の練習を何度も行うようにするようにしましょう。

特に不得意な分野、例えば数字が苦手な場合には非言語問題に重点をおき問題を繰り返し解く練習が必要です。

事前にしっかりと準備をすることで気持ちに余裕が生まれます。またテストの方法によっては回答時間が限られる場合もあります。

特にインターネットでの問題の場合は、一問の回答時間がかなり短く時間がくると画面が変わってしまうので注意が必要です。

落ち着いて受験する

女性

テストだと思うと慌ててしまいがちですが、日ごろの力を発揮するためには落ち着いて受験することが大切なのです。

特に時間制限のあるインターネットでのテストの場合には、焦ってしまいがちなので気を付けてください。

問題そのものは難しいものではないので、落ち着いて向き合えばいつもの力を充分発揮できるでしょう。

虚偽の回答をしない

性格検査は、回答がそのまま仕事に適性かどうかの決め手になります。正直に答えるようにしてください。

企業では性格検査の結果を受けて、適した部署への配属も考えます。適していない部署への配属となってしまう可能性もあるでしょう。

もしも嘘の回答をした場合、結果的に自分自身が困ることもあるのです。こちらの回答の方が受けが良いだろうなどと考えない事です。

しっかり対策をして適性テストを受けよう

本

適性テストは入試のように学力を確認するテストではありません。その方法もさまざまなので企業によりそれぞれ対策が必要なのです。

またしっかり対策をして適性テストに臨むことで、慌てて失敗することも少なくなります。

適性テストの問題をさまざまな内容で行うことも大切ですし、どのような状況でテストを受けるのかも確認しなくてはいけません。

企業によってどのような適性テストが行われるのかを把握し、インターネットでのテストの場合はネット環境を整える必要もあります。

適性テストの対策に不安がある場合には、転職エージェントに相談してください。

適性テスト対策に困ったら転職エージェントに相談しよう

打ち合わせ

企業に合わせた適性テストの対策方法をはじめ、転職の成功までをしっかりとサポートしてもらえます。活用してください。

特に適性テストは企業ごとに内容が違う場合があるので、対策のポイントや注意点を押さえる必要があるのです。

転職エージェントなら豊富な経験から、的確なアドバイスが可能なのです。ぜひ相談して転職を無理なく成功させましょう。

まとめ

ポイントを説明する女性

適性テストは「能力検査」と「性格検査」によって企業への適性を確認するために行われるテストです。

方法やテスト内容は企業により違っており、能力検査は一般常識問題で言語問題と非言語問題に分かれています。

言語問題は言葉の意味など国語的な問題で、非言語問題は数学的な問題になります。

性格検査は企業の仕事への適性があるかを確認する意味もある、価値観や志向性を確認するテストです。

適性テストの方法は企業によりさまざまなので、どのような適性テストになるのかを把握して対策をたてる必要があるのです。

対策方法もたくさんあるので、企業にあった方法を選びポイントを押さえる必要があるでしょう。

対策に不安がある場合には、転職エージェントに相談して適性テストを無理なく落ち着いて受けるようにしてください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら