製造業はサービス業に次いで、日本を支える産業の一つです。

その中でも重要な役割を担う部門を「生産技術」と呼びます。

しかし重要度とは反比例して、この職業の役割や仕事内容はあまり知られていません。

また生産技術職と聞くと「高い技術力を持つ専門職」というイメージがある人も多いのではないでしょうか。

しかしイメージとは異なり、生産技術の職場では文系や異業種からの転職も多くなっています。

このことを踏まえ仕事内容・必要なスキル・向き不向き・キャリアパスなど、生産技術職について詳しく紹介していきましょう。

生産技術の仕事内容を解説

作業着を着た女性

生産技術とはどのような仕事をするのでしょうか。

具体的な業務内容と製造における役割について解説します。

生産工程の課題抽出

生産技術職の主な仕事は以下の3つです。

  • 生産ラインの設計
  • 生産ラインの管理
  • 生産工程で起こる課題の抽出

設計と管理はその名の通り、生産ラインを設計し管理する業務です。

製造業における管理なので、あまり製造業に詳しくなくてもイメージとしては想像に難くないのではないでしょうか。

3つ目の課題抽出とは、例えば「設備が増えればより効率が上がる」などの課題を見つけて会社に報告し改善する仕事です。

また予算の確保や現場状況の報告の仕事もあります。

生産技術職の一番の目的は、生産ラインの生産性を上げ効率化を図ることです。

そのため生産工程の課題抽出はとても重要な仕事といえるでしょう。

効率化

前述した生産性の効率化を図るために知っておくべき要素が2つあります。それは「資本生産性」と「労働生産性」です。

資本生産性の高さは設備効果の高さを示し、労働生産性の高さは人数に対しての生産活動の多さを表します。

生産技術職ではこの2つの指標を使用し、生産ラインの効率化を図るのです。

効率化の例としては、設備台数の増減、業務効率の確認、働き方の見直しなどが挙げられます。

管理会計の知識を持っておくと、こうした効率化業務を行う際に役立つでしょう。

コスト削減

生産技術職の少ない人数で成果を上げるという一番の目的において、セミナーが開かれるほど重要視されているのがコスト削減です。

主に製造原価と呼ばれる材料費・人件費・経費部分のコストカットに取り組みます。

いかにここを削減できるかで利益が大きく変わるので、生産技術職の課題となることも少なくありません。

また上に挙げた製造原価の中でも、コスト削減には優先順位があります。

特に経費部分の中にある電気料金や消耗品・設備費用・通信費・システム運用費などは最優先となることが多いです。

 

ワンポイント
製造技術は工場が効率よく正常に動いているか、適度にコストを抑えられているかといった製造の管理を行う仕事です。

生産技術の魅力とやりがい

打ち合わせをするビジネスウーマン

一見地味に感じる人も多いかもしれませんが、生産技術は製造を管理する重要な職業といえます。

そのため他の業種にはない魅力ややりがいも大きな仕事です。

スキルが身に付く

生産技術職ではその仕事の幅広さから様々なスキルが身につきます。

自分の生産する製品についての知識はもちろん、生産工程についての知識なども身につけられるのです。

具体的にこのような知識やスキルを学べます。

  • CADと呼ばれる設計に使われるソフトの操作技術や設計スキル
  • 安全や環境配慮の専門知識
  • 効率化やコスト削減の知識
  • 工場運営や管理に伴うマネジメントスキル

CADは製造業のみでなく、建築業界。デザイン業界・CG業界など、様々な業界でも必要とされています。

しかしCADが使える人材は不足気味です。身に着ければ引く手数多の一生役立つスキルになるでしょう。

海外での活躍

生産技術職は工場の運営、管理が主な業務なので海外工場で活躍している人もいます。

海外と聞くと言語の壁を感じる人もいるでしょう。

しかしビジネスで使われる英語は、日本でもよく見かける単語やカタカナになっているようなものが多いです。

そのためあまり身構える必要はありません。

競合他社は世界であり同僚は外国の人なので毎日に日本とは違った新鮮さや、やりがいが出てきます。

また、日本の工場で働いていた時と異なった製品の価値観を得られるのは、海外赴任の良さの1つといえるでしょう。

例えば製品サイズや変わった使用法、値段などです。

仕事にやりがいを求めたいという人には、海外での活躍も視野に入れることをおすすめします。

女性に必要なスキル

作業着を着た笑顔の女性

生産技術職で働く女性に必要なスキルは、探求力調整力の2つです。

まず探求力について見ていきましょう。

生産技術職ではマニュアル業務以外で自ら課題を発見し、原因を突き止め改善策を考える力が必要となります。

決められた予算や人数の中で改善を図るために、最善策を探ることが重要です。

物事を自ら深掘って知ったり調べたりする力は非常も大切になります。

次に調整力です。生産技術職では、現場の従業員や経営側の上司など多くの人と関わる中で、多種多様な意見が出てきます。

そのためそれらを調整し皆が納得、あるいは妥協できるところまでまとめなくてはなりません。

生産技術職は立場上現場と経営の間の中立であるため、調整力は欠かせない存在です。

向いている女性の性格は?

上を見上げる製造業の社員

生産技術に向いている女性とはどのような人なのでしょうか。

コミュニケーション能力がある

生産技術職では前述したように、管理や現場の報告も仕事に含まれます。

従業員から生産ラインについてトラブルなどを報告されることも多々あるものです。

従業員との関係次第ではトラブルの発見が遅れたり、改善できたことができなかったりと2次被害に見舞われることもあるでしょう。

生産技術職には技術の理解だけでなく、コミュニケーションを軸とした従業員のマネジメント能力が求められます。

また協力業者や材料メーカーなどと円滑なコミュニケーションができると、仕事につながる可能性も高くなるでしょう。

このようにコミュニケーション能力があることは、生産技術職においてとても有利です。

多角的な視野

多角的な視野についてですが、生産技術職には従業員側の視点と同時に、経営者側の視点が必要になります。

製造技術はあくまで現場と経営の中立ポジションです。

客観的視点での意見が求められるので、中立的な立ち回りが良しとされます。

さらに多角的な視野があれば、課題抽出にも役立つでしょう。

例えば、現場で起きたトラブルに対しての改善案は、経営者視点と現場視点で大きく異なります。

生産技術職が両方の視点から中心を取れれば、スムーズな解決が図れる筈です。

このように多角的な視点があれば、生産技術職の仕事は有利になります。

発想力がある

作業着を着た女性

次に発想力ですが、生産技術職の仕事では何かとハプニングが起こることも多いものです。

そんな時に柔軟な発想で対応ができると周りからの信頼を厚くでき、また実績にもつながります。

例えば生産ラインの内1つが動かなくなった場合、「他の工場に負担をお願いできるか確認する」という発想で行動できるかなどです。

柔軟な対応のための判断力と行動力も持ち合わせておくと、よりスムーズな対応が可能となります。

 

ワンポイント
いずれも製造技術だけで必要なスキルではありませんが、仕事を円滑に回すことができる必要最低限のスキルだと考えておくと良いでしょう。
現時点でコミュニケーション能力などに自信がない人でも、訓練することで身につけることもできます。

生産技術で取得しておきたい資格

PCを操作する女性

生産技術の仕事に就くために必要な資格というのは特に定められていません。

しかし持っていると転職と業務で役に立つ資格はたくさんあります。

資格は自分が持っているスキルを客観的に証明するものです。

選考で有利になることも多いので、余裕があるなら取得を目指してみるのも良いでしょう。

CAD利用技術者試験

CAD利用技術者試験はCADの知識・操作スキルを証明するための試験です。

  • 2次元CAD利用技術者試験基礎
  • 2次元CAD利用技術者試験1級(建築)・1級(機械)・1級(トレース)・2級
  • 3次元CAD利用技術者試験1級・準1級・2級

この試験には以上の種類があります。

まずは順当に基礎から受けステップアップを目指してください。

そのあとは必要に応じて職種を選び、3次元か2次元かを決めましょう。

仕事でも使うことになるので勉強して取得することをおすすめします。

基本情報技術者試験

PCを操作する女性

基本情報技術者試験は、経済産業省が認定している国家試験です。

この試験は情報処理の知識を証明するIT資格の1つです。12個の試験分野があります。

国家資格で難易度も高いですが、その分書類で目を引く上に仕事でも資格取得の時に身に着けた知識が役に立つでしょう。

そのため書類審査でも、就職後でも好材料となります。

また企業によっては資格手当が出るなど、待遇も変わる可能性があるためおすすめの資格です。

語学力

海外との交流の機会が多い生産技術職では、語学力があるとキャリアアップも狙いやすく、非常に有利になります。

ここでおすすめするのはTOEICです。

今はどの職種でもTOEICは有利になりますが、生産技術職においても得点次第でかなり有利に働きます。

また拠点が海外になった時にも役立ちますので、ぜひ高得点を目指してみてください。

 

ワンポイント
資格は現時点で勉強中だったとしても、学んでいる最中という意味で転職ではアピールポイントになります。
いずれも取得が難しく時間がかかる資格なので、製造技術として働きながら取得を目指すことも考えておきましょう。

生産技術の待遇

電卓を使うビジネスウーマン

平均年収は473万円で、日本の平均年収で見ると高い傾向にあります。

飛び抜けて高いというほどではないですが、経験や能力次第で昇給できるので年収500万円以上の人も少なくありません。

また生産技術職は他の職種に比べて給与が高くなっており、残業手当や休日手当などが多めについていることも多いです。

理由は生産ラインの構築などをする際に、工場の動いていない休日に出勤となる場合があります。

一方で日常的に仕事量が多いため、残業になることも多いです。その代わり手当も多めにつけてくれる会社も少なくありません。

生産技術職は出世しやすい職業ともいわれています。理由は明確で、どんな製造業の会社にも必要不可欠な職だからです。

重要ポジションである故に出世しやすくなります。また製造業の深い知識が手に入るので昇給も狙える職種です。

女性のキャリアパス

見上げる若い女性

生産技術の仕事に就いて働いた後はどのような道があるのでしょうか。

重要なポジション故に管理職や独立という形でのステップアップが多いようです。

転職前で気が早いと感じる人もいるかもしれませんが、是非この機会に自分の将来についても考えてみましょう。

キャリアアップ

作業着の女性

生産技術職のキャリアは、年功序列であることが多いです。

入社してから1~5年ほどは若手という扱いで業務にあたります。

5~10年ほど経験すると、後輩の教育やチームリーダーを務めるといったマネジメント経験を積むことが多いです。

会社によってはジョブローテーションで他の部署に異動することもあるでしょう。

10~20年経験を積むと主任などの管理職に就くことが多いです。20年ほど経つと工場長など管理職の上につきます。

場合によってはもっと早いこともありますが、順当にキャリアを積めたならこのような順に昇進することになるでしょう。

無論これに比例してお給料も上がっていきます。また海外工場に行きキャリアアップというのも可能です。

昇給の基準は実績や周りからの信頼、マネジメント能力などがポイントとなります。

独立・起業

製造業では長く勤めているほど知識と経験がたまるものです。これを生かして定年後独立し、起業する人も出てきます。

とはいえ、製造業での独立は仕事を得るまでが最も苦労することが多いでしょう。

初めは前の会社の縁をあたったり、同業者の集まりに参加したりするなど、とにかく動くことから始まります。

また色々な会社に営業をしなければならないので、資料準備や移動など含めるとかなり忙しいです。

例えコスパの良い製品が出来上がっても大企業ほど保守的になり、採用されないということも多くなります。

つまり起業後は、人とのつながりや営業がより大切になります。

会社でやってもらっていた税務処理や会社の経理なども自分でやらなければなりません。

「すべて1人でやりきる」といった覚悟がないと難しいです。

 

ワンポイント
独立派人脈の広さがカギになります。
一方で管理職などになると、工場の製造ラインの管理などから外れた仕事も多くなっていくでしょう。

生産技術の将来性

ガッツポーズをする作業着を着た従業員

生産技術職は、会社に必要な人数が足りないほどに深刻な人手不足に陥っています。

今から経験を積んでいけば、職がなくなることはまずありません。

そしてAI化に伴って様々な職業がなくなる可能性が世間で騒がれていますが、こちらについても製造技術なら問題ないでしょう。

現場での作業や設備のレイアウト・管理・エラーの解決・新製品の開発など、AI化しても人にしかできない部分が出てきます。

むしろ製造ラインをAI化すると現在人力で動かしている部分のエラーがなくなるので、ラインの効率化を図れるのです。

そのためAIの知識も必要になっていくことが見込まれます。

今後を見据えてAIに関する知識も持っておきましょう。

生産技術を目指すなら転職エージェントを活用しよう

打ち合わせをする女性

転職エージェントは、非公開求人なども含めて様々な求人を担当してきた実績があります。

PRの仕方をアドバイスしたり、企業とのマッチ度合いを見たりして、より良い転職サポートを行う存在です。

「自己PRに何を書いたら良いのかわからない」など、不明点にも答えてくれます。

大手企業の多くは非公開求人ですが、転職エージェントからなら応募も可能です。

さらに転職エージェントはそのほとんどが無料なので、活用して上手くいけば大企業へスピード入社だってできます。

理想の転職のために、転職エージェントをぜひ活用していきましょう。

まとめ

作業着を着た女性

生産技術職について解説しました。

出世がしやすく安定しているということに驚いた人も多いのではないでしょうか。

しかしながら生産技術職の仕事は決して楽ではありません。

CADやITの国家資格にTOEICなど、有利になる資格も取得が難しいです。

その難しさの反面、取れれば一生ものであり今後も役に立ちます。

生産技術職という職種もまた、頑張りが評価されやすい仕事なのです。

他業種ではできない多面的な経験・生産に関する知識など、沢山のものが手に入るやりがいに満ちた仕事といえるでしょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら