料理が得意な人は、それを活かして調理補助の仕事に就きたいという方も多いです。

調理補助であれば、調理師免許がなくても大丈夫という求人も多くあります。

では、実際のところ調理補助の仕事というのはどんな内容なのでしょうか。

本記事では、調理補助のお仕事の内容や、向いている女性の特徴、年収など詳しく解説していきます。

調理補助の仕事内容を解説

案内する女性

まずは「調理補助」と一言でいっても、どんな仕事内容なのでしょうか。

調理補助といってもそれは料理をただ作るだけではありません。

いざ働いてみると、「こなす作業も多く体力仕事で、大変だ」という声も多くあります。

具体的な仕事の内容を見ていきましょう。

調理補助の主な業務内容

女性

調理補助の主な業務内容は、勤務先によって多少は異なりますが、多くの場合は以下の4つです。

1つずつ詳しく紹介していきます。

調理師の補助業務

まずは、調理師の補助業務です。

調理場には必ず調理師免許を持った人がいます。

その人の補助として、食材の下ごしらえや盛り付け、配膳などのあらゆるサポートを行うのです。

この業務は、その職場の調理師の考え方、配置人数、仕事に入る時間帯等によって負担の大きさは異なります。

基本的には「補助」といいつつも、調理補助の人がメインとなって調理をこなすことが多いです。

調理器具の準備

調理補助の仕事は、実際の調理だけではありません。

調理器具の準備も含まれます。

調理に必要な器具を事前に準備したり、ほかの人が調理している間に次の工程で必要な調理を準備したりということが必要です。

また、使い終わった調理器具を洗って片づける、といった業務も当然必要です。

食事の配膳や片付け

配膳や食べた後の片づけも調理補助の仕事です。

大規模な勤務先だと、大きな鍋で作ったものをそれぞれのお皿に盛りつけるのはなかなか体力仕事です。

盛り付ける量も同じ量を入れないといけないので、意外と大変だという声も聞きます。

そのあとは、食べ終わった人の分の片付けもこなします。

お皿を下げ、テーブルをきれいにするというところまで調理補助の業務です。

勤務先の規模にもよりますが、いかに効率的にお皿下げ、席の回転率を上げるかを求められる場合もあります。

皿洗いやキッチンの清掃

皿洗い

そのほか、皿洗いやキッチンの清掃といった業務も調理補助の仕事に含まれます。

調理補助が複数いる場合は、配膳係・下げる係・皿洗いなど、役割分担をしてこなす場合が多いです。

ただ、規模が小さい勤務先の場合は、それらの仕事をすべて1人でこなすこともあります。

出来るだけ効率的に動き、洗う食器をため込まない工夫などが必要です。

調理補助の主な勤務先

女性

調理補助の仕事内容を紹介したところで、次は主な勤務先を紹介します。

調理を提供する場であれば、調理補助という仕事は必ず必要になるため、様々な求人があります。

同じ調理補助という仕事であっても、勤務先や規模によって仕事内容から雰囲気、付随する業務など様々です。

ここからは、特に求人情報に多い勤務先を紹介していきます。

飲食店

調理補助の仕事として一番イメージしやすいのが飲食店です。

レストランや居酒屋をはじめとした飲食店の求人が非常に多いです。

飲食店については、そのお店の規模によってどれだけの作業内容があるか、大変さは変わります。

ランチ営業をやっている居酒屋などは、昼間だけのパートタイム求人などもあり、働き方も様々に選べます。

レストランや居酒屋などは、営業時間が長く昼間だけでなく夜遅くまでやっているところも多いです。

パートタイムで働きたい人から、夜も入りたい人まで、働き方を選びやすいというのがうれしいところです。

ただし、個人営業のお店などであれば、繁盛しているときばかりではないこともあり不安定な一面があります。

大手チェーンなどの安定したお店に比べて、業務が忙しい時とそうでないときのムラが大きい傾向にあるという特徴もあります。

病院や介護施設

配膳する女性

次に挙げるのが、病院や介護施設です。

これらの施設は、朝昼晩3食提供するため、シフト制の求人が多い傾向にあります。

病院や介護施設は、一定数の利用者が継続的にいるため先ほど紹介した飲食業界よりも比較的安定しているといえます。

また、飲食店などに比べて利用者が多いため調理場の規模も大きめのところが多いです。

そして、病院や介護施設においては、配膳や食事を下げるとき、利用者への心遣いもより一層必要となります。

ホスピタリティをもって対応することが要求されるので、調理と同じくらい人と話をすることが好きな人におすすめです。

それと同時に、利用者の方から感謝されることも多く、やりがいを感じやすいという面もあります。

ホテル

最後に、ホテルも調理補助の求人が多く出ています。

ホテルも介護施設などと同様に、朝昼晩提供するため、シフト制で回していることが多く、その分人数が必要です。

ホテルの調理補助は、そのホテルの方針によって求められるクオリティが大きく変わるのが特徴です。

高級ホテルや、宿泊だけでなくランチブッフェなど料理で名を売っている場合は、一定のスキルを求められることもあります。

調理補助の魅力

女性

調理補助の仕事の内容を見てみると、思ったよりも大変そうという印象の人もいるでしょう。

確かに調理補助の仕事はとても大変な仕事です。

でも、その分魅力もたくさん詰まっています。

ここからは、調理補助の仕事の魅力について紹介していきます。

調理経験がなくてもOK

調理補助の仕事に就くには、調理補助の経験や、ある程度の料理の知識がないと無理だと思いがちです。

しかし「調理経験が0でもOK」という求人も決して少なくありません。

提供する料理のメニューは勤務先によって異なりますし、作り方のマニュアルは必ずあります。

例えばカレー1つにしても、原価の計算などの観点から「何を何グラム使う」というところまでマニュアル化されています。

それに沿って作るので、自分で作る料理が上手か否かはそこまで大きく問われません。

むしろ、今まであまり料理をすることに触れる機会がなかった人は、料理のいろはを学ぶことが出来るのでおすすめです。

人に感謝される

おいしい料理を食べると、人は笑顔になりますよね。

おいしい料理を作ってもらうと、人はうれしくなるものです。

調理補助の仕事は、人に幸せを届ける仕事といっても過言ではありません。

病院などの施設だと、長い入院生活の中で「ご飯の時間が一番楽しみ」という人も多くいます。

それを考えると、調理補助の仕事はとても素敵なことです。

食事を下げるときに「おいしかったよ。ありがとう」といってもらえることも多く、やりがいを感じられます。

調理師を目指せる

パソコンを打つ女性

調理師の免許は、それを持っているだけでとても信頼が厚く就職先の選択肢も大きく広がる免許です。

調理師の免許取得をする方法は、以下の2つです。

  • 調理師養成学校で単位を取り卒業する
  • 一定の実務経験の末、試験に合格する

今転職先を探している方は、今から調理師養成学校に入るのは現実的ではありません。

調理師の免許を取るには、調理学校に行かなければならないと思っている人も多いですが、そうではありません。

一定の勤務経験があれば、調理師の試験を受ける資格が得られます。

将来的に調理師として働きたいという方は、実務を経験しながら調理師を目指すことができるのです。

夜間学校に通うという方法でももちろん取得できますが、実際に働きながら試験勉強をすることでより実践力が身につきます。

お金を稼ぎながら、実践力が身につき調理師の夢に近づけるというのは、大きな魅力でしょう。

 

ワンポイント

調理補助の魅力は、主に以下の3つです。

  • 未経験でもOK
  • 人に直接感謝される
  • 調理師を目指せる

調理補助に求められる能力

お弁当を持つ店員

では、具体的に調理補助の仕事に就く人に求められる能力はどんなものがあるでしょうか。

今まで紹介した業務内容と合わせて、必要なスキルも確認していきましょう。

コミュニケーション力

まず、調理補助の仕事に求められる一番のスキルは、コミュニケーション能力です。

「補助」というだけあって、調理師のサポートをする仕事ですから、仕事仲間としっかりと連携を取らなければなりません。

また、業務内容が多く人手が足りていない場所などでは、次々と業務をこなすことが必要です。

効率よくチームで業務をこなしていくには、コミュニケーション能力は必ず必要です。

それに加えて、勤務先によってはお客様や利用者の対応をする必要があるところもあります。

調理補助の仕事にとって、コミュニケーション能力というのは非常に重要なスキルなのです。

柔軟な対応力

調理補助の仕事は、単純に「この時間にこれをする」というようなものではありません。

ある程度、下ごしらえをする時間帯が決まっていたりはするものの、そのときのお客様の入りなどで大きく左右されます。

例えば、ランチタイムの忙しい時間帯と、それが終わった後のアイドルタイムなどが良い例です。

時間と状況によってやるべき仕事が変わるため、同じ業務を同じペースでするのではなく、常に効率的に動く必要があります。

調理補助の仕事には、「今何をするべきか」という仕事の優先順位をしっかりとつけて柔軟な対応をすることが求められます。

 

ワンポイント

調理師に求められる能力は以下の2つです。

  • コミュニケーション力
  • 柔軟な対応力

調理補助に向いている女性の特徴

女性、発見

では、どんな女性が調理補助の仕事に向いているのでしょうか。

調理補助の仕事に向いている女性の特徴についても解説していきます。

人と話すのが好きな人

前述のとおり、調理補助の仕事は、人とのコミュニケーションがとても大切です。

仕事の内容だけでなく、お客様や利用者とのコミュニケーションも非常に重要となります。

忙しい業務の中でそれを苦痛に感じないような、人と話すのが好きな人には向いている職業といえます。

繊細な人

調理補助の仕事は、非常に細かいことに気を配らないといけません。

ごはんものだけでなく、スイーツなどは特に少し量を間違えただけでも出来上がりが大きく変わります。

スイーツ以外でも、おかずを盛り付けるときにも1食に盛り付ける量がグラムで決まっています。

繊細で細かいことにも気を配ることが出来たり、それを気にすることができたりする人は調理補助の仕事に向いているといえるでしょう。

臨機応変に動ける人

調理補助の仕事は調理師のサポートをする仕事なので「これだけすればいい」というものではありません。

周りの人やその時の状況を見て臨機応変に動くことが必要となります。

マニュアル通りの対応ではなく、臨機応変に動くことができる人は、調理補助の仕事に向いています。

 

ワンポイント

調理補助の仕事に向いている人の特徴は以下の3つ

  • 人と話すのが好きな人
  • 繊細な人
  • 臨機応変に動ける人

調理補助の年収

ボーナス

調理補助の平均的な年収は勤務先の規模雇用形態によって幅広くなっています。

調理補助の正社員における平均的な年収は300万円ほどからとなっており、勤務先や地域によって大きく変動します。

アルバイト・パートであれば、時給950円ほど~1,100円ほどのところが多いです。

調理補助という仕事の勤務先は非常に幅が広いため、時給や給与は勤務先によって大きく異なります。

実際の求人を見て、自分自身の希望年収と照らし合わせてみましょう。

調理補助のキャリアパス

女性

調理補助のキャリアパスとして最も多いのが、調理師になることです。

調理師になれば、仕事の幅はさらに広がります。

任せられる仕事の幅ももちろん広がりますし、自分の店を開くことだって不可能ではありません。

調理補助の仕事は、大変な業務ではありますが「料理人の下積み」のようなイメージで、その先に夢がある仕事です。

 

ワンポイント

調理補助の仕事はスキルアップの近道です。

調理補助への転職に困ったら転職エージェントに相談しよう

面接 女性

調理補助の仕事は、勤務先も幅広く雇用形態もさまざまな求人が出されています。

調理補助の仕事を自分で探しても、どれが自分に合っているのかなかなか決め切れない場合も少なくありません。

まずは、転職エージェントに相談し自分の働くイメージを相談してみましょう。

転職エージェントに相談すれば、あなたの希望に合った仕事がきっと見つかります。

まとめ

キッチンツールを持つ女性

今回は、調理補助の仕事の内容について詳しく紹介してきました。

料理が好きで、調理補助の仕事に興味があるのはとても素敵なことです。

ぜひ、転職エージェントに相談しながら調理補助への転職を成功させてください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら