現在転職活動を考えている方の中には、自己PRでアルバイト経験を書こうとしている方もいることでしょう。

その際、どのようにアルバイトの経験をアピールすれば良いのか分からないと思っている方もいるのではないでしょうか。

今回はそんな方々に向けて、アルバイト経験をアピールするコツや採用担当者がどういったポイントを見ているのかを解説します。

Contents

自己PRにアルバイト経験を書くときのコツを解説

面接する女性

今まで実務経験がないなどの理由により、自己PRにアルバイト経験を書くことになる方もいるでしょう。

今回はそういった方に向けて、アルバイト経験をどのように書けば企業に対して良い印象を与えられるかを解説します。

アルバイト経験というのは正社員経験と比較して、アピールするのが難しいためしっかりとコツを押さえる必要があるでしょう。

企業に求められるポイントをしっかり理解して、転職を成功させましょう。

採用担当者が見ているポイント

考える女性

まずは採用担当者が応募者のどういった部分を見ているのかを解説していきます。

どういったところを見ているのか、ポイントを押さえることによって自己PRで良い印象を与えやすくなります。

仕事への意味付けや考え方

仕事への意味付け考え方というのは、入社後にその応募者が仕事にどのように取り組むかを知るために重要なポイントです。

そのため採用担当者はなぜ仕事をするのかということを知りたいと考えています。

企業はただ業務をこなすだけの人材でなく、自ら業務に意味を見出していける人材を求めているのです。

仕事への意味付けというのは「なぜこの職種を選んだのか」「なぜ自社を志望したのか」ということにもつながってくる重要なものです。

そのため、こうした部分が伝わるようなアピールの仕方を考えることが大切になります。

アルバイト経験を入社後どう活かすのか

女性

アルバイト経験によってどういったことを学んだのか、どういったスキルを手に入れたのかというのは必ず伝えるべきポイントです。

正社員の経験よりもアピールの仕方が難しくなりますが、アルバイト経験は必ず入社後に活かすことができます。

経験をどのように活かせるかを明確にするために、自分はどういったスキルや経験を培ってきたのかを振り返ることが大切です。

転職しようと考えている職種や企業が求めるものと合致するスキル・経験をアピールするようにしましょう。

課題や困難をどのような工夫で乗り越えたのか

今までにぶつかった課題や困難に対して、どのような工夫をしてどうやって乗り越えたのかを伝えましょう。

これを伝えることによって、課題解決能力の高さをアピールすることができます。

企業で働く上で課題や困難というのは必ずやってくるため、その時に対応できる人材であるということを伝えましょう。

自分で考えて、その場を乗り越えられる人材というのは自発的に業務に取り組むため、企業に重宝されるのです。

課題や困難の乗り越え方にもその人材の特性が表れるため、自分らしさをアピールするチャンスでもあります。

しっかりとエピソードを用意しておきましょう。

アルバイト経験をアピールするコツ

会社にいる女性

次はアルバイト経験をアピールする際のコツについて解説していきます。

コツを掴んで、企業に良い印象を与えられる自己PRを作成しましょう。

結論から伝える

自己PRでアルバイト経験をアピールする際、まず結論から伝えるようにしましょう。

理由から話し始めてしまうと、結局何を伝えたいのか分からなくなってしまう可能性があります。

何がいいたいのかということを明確にする意味でも、結論から述べることは重要です。

結論を述べて、そこから具体的な理由を伝えることによって分かりやすい印象を与えることができます。

自分のことをアピールする上で分かりやすい文章というのは大変重要です。

相手のことを考えた自己PR作りを意識しましょう。

エピソードを通してアピールする

案内する女性

自己PRのアピールポイントの理由を述べる際、そう考えるに至ったエピソードを提示することによって効果的にアピールできます。

具体的なエピソードを紹介することによって、企業の担当者も具体的にイメージがしやすくなる上にPR自体の説得力も増します。

また、エピソードを述べる際は体験をそのまま記載するのではなく、要点に絞るようにしましょう。

先述したように理解しやすさというのは大変重要なポイントであるため、エピソードを記載する際にも意識しましょう。

また、そのエピソードの結果、どういった成果を得ることができたかも記載することが大切です。

仕事へどう活かすのか伝える

自己PRでは自分の強みをアピールするだけではなく、その強みを入社後にどのように活かせるのかも伝えるようにしましょう。

入社後のことを伝えることによって、担当者は実際に業務に携わる応募者の姿をイメージしやすくなります。

これまで培ってきたことを実際に業務に活かせるのだということを伝えるために、これからのことにも言及するようにしましょう。

 

ワンポイント
・結論から伝えることで分かりやすくなる
・具体的なエピソードを提示することで説得力が増す
・入社後の仕事へどう活かすのか伝えることで業務に携わる姿をイメージしてもらえる

アルバイト経験を自己PRする際の注意点

バツ

次はアルバイト経験を自己PRする際に注意したいことを解説していきます。

以下のことを守らなければ印象が悪くなる可能性があるため、必ず確認しておきましょう。

内容を盛り込み過ぎない

自分のことをPRしたいという気持ちが強くなりすぎて、内容を盛り込みすぎてしまわないように注意が必要です。

内容を盛り込みすぎると、何をアピールしたいのかが分からなくなってしまいます。

そのためアピールする強みは1つに絞るようにしましょう。

自己PRでいくつも強みを挙げてしまうと、器用貧乏な印象を与えてしまいます。

1つに絞ることによって、自分が何に長けているのかが伝わりやすくなるのです。

企業秘密は伝えない

自己PRを書く際、アルバイトをしていた企業に関しての企業秘密は絶対に伝えないようにしましょう。

自己PRの中で企業秘密を記載してしまうと、応募した企業の採用担当者は簡単に機密を漏洩する人材だと考えます。

機密を漏洩するような人材を企業は雇用したくありません。

自己PRの中で、自身の強みに関するエピソードを記載する際にはこの点に留意しましょう。

もし企業秘密に関係するエピソードであった場合は、その部分を記載しないか他のエピソードを選ぶなどの対策が必要です。

 

ワンポイント
・アピールする強みは1つに絞る
・アルバイト先の企業秘密は自己PRに書かない

アルバイト経験を自己PRする例文

履歴書

次はアルバイト経験を自己PRする場合の例文を紹介していきます。

具体的にどういった形でPRするのが良いのか、例文を参考にして作成していきましょう。

ホスピタリティを自己PRする例文

「私は自分のホスピタリティに自信があります。

私はこれまで飲食店のホールスタッフとして接客を行っておりました。

お客様がなるべく気持ちよくお食事ができるような接客を心がけ、挨拶や注文では笑顔とハキハキとした話し方を心がけました。

その結果、常連のお客様や店長から接客態度を褒めていただけたのです。

貴社の営業職においても、これまで接客業で培ってきたホスピタリティを活かすことができると考えております。

貴社に入社した暁には、お客様の要望をしっかりとヒアリングして満足していただけるような営業を行っていきたいです」

コミュニケーションスキルを自己PRする例文

ビジネスウーマン

「私の長所はコミュニケーションスキルです。

私は現在コンビニエンスストアの接客を行っております。

私の勤める店舗は年齢層が広いため、お客様それぞれに合わせた接客が求められます。

お子様からお年寄りの方まで、それぞれのニーズに合った接客を心がけており、その結果コミュニケーションスキルが磨かれました。

コミュニケーションで大切なのは、相手との信頼関係を築くことだと考えております。

私は貴社に入社してからも、お客様とも会社内の先輩方とも信頼関係を築けるようなコミュニケーションを行っていきたいです」

課題解決能力を自己PRする例文

「私の長所は課題解決能力の高さです。

私は現在塾講師のアルバイトを行っており、その中で様々な生徒に対して勉強を教えております。

生徒にはそれぞれ個性があるため、勉強の得意不得意や覚え方の癖なども様々です。

生徒はそれぞれに異なる課題を抱えており、それに対して柔軟に対応するのが塾講師の役目であると考えております。

私は塾講師としての経験を活かし、貴社に入社した暁には様々な業務に柔軟に対応していきたいです」

アルバイト経験を自己PRするNG例

女性、NG

次は自己PRのNG例を解説していきます。

以下のような自己PRは企業に良い印象を与えられないため避けましょう。

自己PRが具体的でないNG例

「私はコンビニエンスストアでバイトをしており、店舗で接客を行っております。

接客ではお客様のニーズに合わせた対応を心がけております。

貴社に入社した暁は接客経験をしっかりと活かしていきたいです」

自分の能力を上手くアピールできていないNG例

「私はレストランのホールで働いております。

アルバイトを始めた当初は、失敗が多くお客様からお叱りを受けることもありました。

しかしながら、ベテランスタッフにご指導をいただいた結果、コツを掴みミスが少なくなったのです。

ベテランスタッフの方の手助けを借りながら成長できたため、貴社でもその自分の吸収力を活かして成長していけるように頑張ります」

NG例の改善ポイント

ここでは2つのNG例を挙げましたが、どちらも最初に結論を述べていないため何が長所かが分かりづらくなっています。

また、最初の例では何をアピールしたいのかが明確ではなく、ただどういった仕事をしているかに終始している印象です。

そのため、しっかりと自分の長所を挙げ、そこに対してのエピソードなどを付け加える必要があります。

2つ目の例では、ベテランスタッフに指導してもらった結果、ミスが少なくなったというエピソードが語られています。

しかしながら、これでは「最初はミスが多い」というマイナスな印象も同時に与えてしまうでしょう。

そのため、アピールの仕方を変える必要があります。

業務を覚えるのが早くて褒められたなど、違った角度からアピールすると良いでしょう。

アルバイト経験を通じて自分の魅力を伝えよう

ガッツポーズする女性

自己PRを考える際はアルバイト経験を通じて、自分がどういった魅力を持っているのかを企業に伝えることが重要です。

今までにアルバイトしか経験していなかったとしても、業務に携わる中で必ずアピールできる経験やスキルは存在しています。

例えば、以下のようなスキルはどのような職種への転職でもアピールすることが可能です。

  • スケジュール管理能力
  • コミュニケーションスキル
  • 課題解決能力
  • 論理的思考力

自己PRでは志望する企業や職種でどういった能力が求められるのかを意識し、効果的に魅力を伝えられるようにしましょう。

どういった知識・経験を活かせるかを具体的にすることで、入社後も活躍してくれる人材だと思ってもらうことができるはずです。

 

ワンポイント
アルバイト経験を通してアピールできる経験やスキルは必ずあります。

自己PRがまとまらない時の対処法

ポイント

自己PRをうまくまとめられない場合には、自己分析を徹底して行うようにすると良いでしょう。

今までの経験を詳しく振り返ることで自分の特性や自分ができること、これからどのようなことをやっていきたいかを明確にできます。

自己PRをするためには自分のことを深く理解することが必要不可欠です。

自己PRがまとまらないのは、自分についての理解が足りないからだといえるでしょう。

過去の経験をしっかりと分析することで、自分の長所・性格・行動パターンが分かってきます。

自己分析は面接対策にも役立つため、自己PRを作成する段階でしっかりと行っておきましょう。

 

ワンポイント
自己分析をしっかりと行うことで自己PRをまとめられるようになるでしょう。

自己PRの書き方に困ったら転職エージェントに相談しよう

相談中

自己PRの書き方に困ったら、転職エージェントに相談してみてはいかがでしょうか。

転職エージェントは転職のプロフェッショナルとしてあなたの転職活動をサポートしてくれます。

自分だけでは自己PRを完成させるのが難しいと思うのであれば、そんなプロの力を借りてみると良いでしょう。

また転職エージェントは、選考書類の作成以外にも様々なサポートを行ってくれます。

転職エージェントはあなたの条件に合った企業を紹介してくれたり、面接対策を手伝ったりしてくれます。

こうした様々なサポートはあなたの転職活動をスムーズに進める手助けをしてくれるはずです。

この機会に是非、転職エージェントへの相談を検討してみてください。

まとめ

女性の面接

今回は女性が自己PRにアルバイトの経験を書く際のコツについて解説してきました。

転職においてアルバイトの経験をアピールすることは決して間違いではありません。

今回解説した内容を参考にして、自分の条件に合致する転職先を見つけましょう。

しっかりと自己分析を行えば、転職はきっと成功させられます。

また、自分だけで転職活動を行うことが不安なのであれば転職エージェントを利用すると良いでしょう。

自分だけではなかなか難しい転職対策も、エージェントの協力を得ればしっかりと行えるはずです。

転職エージェントを活用して万全の態勢で転職活動を行いましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら