イベントコンパニオンは、20代の女性から人気がある仕事です。

もしかしたら、イベントコンパニオンはアルバイトとして働いている人が多いイメージもあるかもしれません。

しかし、正社員として働いている女性もいます。今回ご紹介するのは、イベントコンパニオンの仕事内容についてです。

イベントコンパニオンへ転職するための方法もご紹介するので、イベントコンパニオンに興味がある人は参考にしてください。

Contents

イベントコンパニオンの仕事内容を解説

女性モデル

イベントコンパニオンという仕事は聞いたことがある人も多いと思います。

しかし、名前を聞いたことはあっても、どのような仕事内容なのかわからないという人もいることでしょう。

そこで今回は、イベントコンパニオンの業務内容ややりがいについて紹介していきます。

イベントコンパニオンは女性ならではの仕事ですが、女性であれば誰でもなれるという仕事ではありません。

それでは、早速イベントコンパニオンの業務内容から見ていきましょう。

イベントコンパニオンの主な業務内容

手を差し出す女性

まずは、イベントコンパニオンがどのような業務内容なのか紹介したいと思います。

イベントコンパニオンの仕事の大きな軸は、クライアントとお客様をつなぐことです。

どのようにしてつなぐかは、クライアントやお客様によって異なります。

受付・インフォメーション

クライアント企業がイベント等を行う際、受付やインフォメーションはイベントコンパニオンが担当します。

イベントコンパニオンと聞くと、お客様向けのイベントや展覧会をイメージされる人が多いでしょう。

しかし、イベントコンパニオンの出番はそれだけではありません。

  • 株主総会
  • 学会
  • 就職説明会
  • セミナー

このように、イベントコンパニオンの出番は多岐にわたります。

ビジネス色が強いイベントの場合は、ビジネスマナーを身につけておかなければなりません。

イベントコンパニオンには、多くの能力が求められるのです。

ノベルティ・サンプル配布

クライアント企業が販売している商品のノベルティやサンプルを配布するのも、イベントコンパニオンの役割です。

ただ配るだけではなく、クライアント企業に興味を持ってもらわなければなりません。

そのためには、クライアント企業の情報をしっかりと頭に入れておく必要があります。

また、渡す相手もお客様のターゲットに合わせなければなりません。

イベントコンパニオンは、頭と体をフルに使う仕事であるともいえるでしょう。

商品の説明

商品の説明は、クライアント企業が展覧会や展示会を開催される際に行うことが多いです。

企業のブースの横に立ち、訪れたお客様に対して商品の説明を行います。

ここで求められるのが、訪れたお客様の興味を惹きつけ、購入につながるような対応力です。

コミュニケーション能力やプレゼン能力が試されるでしょう。

 

ワンポイント
 イベントコンパニオンの業務内容
・受付・インフォメーション
・ノベルティ・サンプル配布
・商品の説明

イベントコンパニオンの勤務先

案内する女性

業務内容について紹介しましたが、どのような現場で働くことになるでしょうか?

イベントコンパニオンの勤務先についても解説していきます。

企業のイベント会場・ブース

最も多い勤務先が、企業のイベント会場やイベントのブースです。

クライアント企業や商品の説明をすることが多いため、企業の情報を頭に入れておく必要があります。

さらに、イベントでは受付や案内を担当する場合もあるでしょう。

イベント会場の地図やタイムスケジュールも把握していなければならないので、事前準備が重要となります。

イベント会場のステージ

イベントコンパニオンは、イベント会場においてステージに立つこともあります。

ステージに立つイベントコンパニオンは、知名度が高く人気がある人である場合が多いです。

ステージの観客は数人程度の小さなものから何百人の大きなものまで、イベントの規模によって異なります。

訪れるお客様の年齢や性別、会場の大きさも考えてステージを盛り上げなければなりません。

ステージはイベントの中でも大きな注目を集めるので、責任がある仕事ともいえるでしょう。

企業の商談会

商談会

企業が開催している商談会でも、イベントコンパニオンの出番はあります。

商談会では、企業や商品の説明を聞いた後、すぐに商談へ移行する場合がほとんどです。

商談に移行すると、企業の担当者はお客様に付きっきりにならなければなりません。

そうなると、お客様を呼び込むスタッフの数が減ってしまいます。

イベントコンパニオンがいれば、呼び込む人数を確保することができるでしょう。

さらに呼び込みのスキルを持ったイベントコンパニオンが多いため、成功率も上がります。

TV番組

イベントコンパニオンは、TVの広告に出演する機会もあります。

TVに出演するためには実力や経験はもちろん、容姿も要求されるでしょう。

TVに出演している芸能人と差が出ないよう、イベントのとき以上に自分磨きが必要です。

大変な部分はありますが、TV出演が成功すれば、モデルやタレントとしてTVデビューも近づきます。

イベントコンパニオンの1日のスケジュール

メモをとる女性

イベントコンパニオンの1日のスケジュールは、イベントによって異なります。

終日のイベントもあれば半日で終わるものもあるため、日々のスケジュールはさまざまです。

そして、イベントに参加する場合はイベント当日だけが勝負ではありません。

事前にクライアント企業の情報を頭に入れたり、当日までの間でしっかり準備を行います。

準備を怠っていると、当日のイベントで慌ててしまい、お客様を楽しませることができなくなるかもしれません。

当日はイベントが始まる前に、会場の控え室で着替えやメイクをし、イベントに臨むこととなります。

イベント中は立ちっぱなしになることが多いです。そのため、適時休憩を取りながらイベントを盛り上げます。

イベントコンパニオンに向いている女性の特徴

会社にいる女性

イベントコンパニオンがどのような仕事か理解したことで、興味が出た人も多いのではないでしょうか?

そこで、イベントコンパニオンに向いている女性の特徴をご紹介していきます。

コミュニケーション能力が高い

キャリアカウンセラー,活躍

イベントコンパニオンはどのような業務でも、人と接する必要があります。

そのため、コミュニケーション能力はイベントコンパニオンには必要不可欠です。

接する人も、クライアント企業によって異なります。老若男女問わず、円滑なコミュニケーションを取らなければなりません。

人とコミュニケーションを取ることが苦にならない人であれば、イベントコンパニオンとして楽しく働くことができるでしょう。

人の注目を集めるのが好き

イベントコンパニオンは、人前に立つ仕事です。そのため、人前に立つことが苦手な人には向いていないでしょう。

見られることが仕事なので、常に自分を高め続ける必要もあります。

人から注目を浴びることが好きな人は、自分磨きにも精が出ることでしょう。

体力と自己管理能力がある

ジムに通う女性

イベントコンパニオンは、基本的に立ち仕事です。イベントによっては、夏の暑さや冬の寒さと戦わなければなりません。

そして、どんなに過酷な状況でも忘れてはならないのが笑顔です。

日頃から体調管理ができていなければ、お客様の前で笑顔になることはできないでしょう。

華やかな仕事のイメージがあるかと思いますが、ハードな仕事でもあります。

体力に自信があり、自己管理能力がしっかりしている人でないと、イベントコンパニオンとして働くことは難しいでしょう。

 

ワンポイント
 イベントコンパニオンに向いている女性の特徴
・コミュニケーション能力が高い
・人の注目を集めることが好き
・体力と自己管理能力に自信がある

イベントコンパニオンのやりがいは?

受付の女性

イベントコンパニオンは、他の職種では得られないようなやりがいがあります。

一体どのようなやりがいがあるのか見ていきましょう。

給料が高い

イベントコンパニオンは、誰でもできる仕事というわけではありません。

コミュニケーション能力や対応力などの中身はもちろん、容姿も重要視されます。そのため、競争率が高いことも特徴です。

競走を勝ち抜いた人にしか務まらないということもあり、イベントコンパニオンの給料は高額です。

給料は出来高制である場合がほとんどなので、自分が働いた分が給料となります。

しかし、イベントに呼ばれないとイベントコンパニオンは稼ぐことができません。

そのため、イベントコンパニオンだけで稼ぐためには実力と経験が必要となります。

最初は他のアルバイトと掛け持ちをして、スキルを磨いていくイベントコンパニオンが多いようです。

きらびやかなステージに立てる

イベントコンパニオンの仕事の多くは、人前で活躍します。

多くの人から脚光を浴びるステージに立つことができるので、特別感を感じることができるでしょう。

通常であれば、ステージに立って注目されるという機会は滅多にありません。

しかし、イベントコンパニオンになればステージに立つということが日常的に感じられます。

多くの人に注目されたいという人には、ぴったりの仕事です。

芸能界で活躍できる可能性がある

イベントコンパニオンとして働けば、芸能界への道も夢ではありません。

イベントを通して人脈が広がり、芸能関係の人とつながりができる可能性があります。

そこでスカウトされれば、モデルやタレントとして芸能界入りができるかもしれません。

芸能界に入ることができるのは一握りですが、運と実力があれば芸能界入りも目指せます。

イベントコンパニオンの年収は?

お金

イベントコンパニオンの給料は、基本的に出来高制です。そのため、年収は人によって大きく異なります。

イベントコンパニオンの日給は、10,000円から15,000円が相場です。

週休2日で単純計算すると、年収は250万円程度であることが予想されます。

しかし、イベントコンパニオンの知名度やイベントの規模によって、金額は異なることが現実です。

そのため、売れっ子のイベントコンパニオンになれば、年収1,000万円以上も目指せます。

自分の実力がそのまま給料となって現れるので、頑張れば頑張った分だけ反映されるでしょう。

 

ワンポイント
 イベントコンパニオンの日給は10,000円から15,000円が相場。出来高制である場合がほとんど。

イベントコンパニオンのキャリアパス

説明する女性

イベントコンパニオンとして活躍ができるのは、一般的に20代後までだといわれています。

そのため、30歳になったときに自分のキャリアパスを見つめ直すイベントコンパニオンは多いです。

イベントコンパニオンでのキャリアが活かせるものには、ナレーターコンパニオンという仕事があります。

ナレーターコンパニオンとは、ステージ上でマイクを使って企業や商品のアピールを行う仕事です。

イベントコンパニオンでの経験を採用基準としているとこも多くあります。

それくらい、イベントコンパニオンからナレーターコンパニオンへの転身は良くあるパターンです。

もうひとつ、イベントコンパニオンから人材派遣会社勤務という選択肢もあります。

派遣されていた立場から派遣する立場に回ることで、管理者としてのステップアップを図ることも可能です。

派遣される立場も経験しているので、派遣スタッフに寄り添った対応ができることでしょう。

 

ワンポイント
 イベントコンパニオンのキャリアパス
・ナレーターコンパニオン
・人材派遣会社勤務

イベントコンパニオンへの転職に困ったら転職エージェントに相談しよう

転職相談

イベントコンパニオンになるためには、まず事務所に所属しなければなりません。

しかし、どのような基準で事務所を選べば良いかわからないという人も多いでしょう。

もし、あなたがイベントコンパニオンへの転職で迷っているのであれば、転職エージェントを活用してください。

転職エージェントは転職活動のプロです。あなたの悩みに寄り添いながら、最適な事務所をご紹介します。

選考のサポートも無料で行いますので、初めて転職を行う人も安心してお越しください。

まとめ

会社の受付

今回は、イベントコンパニオンの仕事について解説しました。

華やかなステージで注目される夢がある仕事ですが、決して楽な仕事ではありません。

さらに、初心者の間はイベントコンパニオンだけでは暮らしていけない人がほとんどです。

アルバイトや副業として働いている人も多いため、正社員として働いていくには覚悟が必要でしょう。

しかし、イベントコンパニオンは将来のキャリアアップも目指すことができます。

イベントコンパニオンは、やりがいも大きく、頑張った分が給料となる仕事です。

人と話すことが好きな人や人に注目されることが好きな人は、イベントコンパニオンを目指してみてはいかがでしょうか?

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら