公務員試験に合格して公務員として充実した毎日だけど年を重ねるごとに物足りなさを感じることがあります。

民間企業の方と対峙したり、交流する機会があると仕事の違いに驚かされることもあるでしょう。

そもそも公務員と民間企業は役割が全く異なります。

公務員としてのミッションに魅力を感じていても経験とともに将来の選択肢を考えるようになります。

自分の実力を試してみたくなる気持ちが芽生えても不思議はありません。

それでは公務員から民間企業へ転職したい場合、どのような方法があるかご紹介していきます。

Contents

公務員から民間企業へ転職する方法を解説

女性、ネットワーク

公務員から民間企業へ転職するためには、企業の求人に応募する必要があります。

公務員と異なり民間企業に就職するための試験はありません。

ただし企業の募集には募集要項があるため企業が求めるスキルは決まっています。

公務員と民間企業は役割が異なるためどのように募集要項をクリアするかも大きなポイントです。

民間企業への転職する場合にはいくつかの方法があります。

  1. 募集企業へ直接応募
  2. 転職サイト
  3. ハローワーク
  4. 転職エージェント

仕事をしながら転職活動を行うことは時間の制約もありとても大変です。

公務員から民間企業への転職活動は業態の違いから民間企業からの転職よりもハードルが高くなります。

適切なアドバイスを受けるためにも転職エージェントを活用しましょう。

公務員から民間企業へ転職する人が多い理由

笑う女性

公務員は安定した職業というイメージがあります。

福利厚生の充実や給料の安定性を考えると待遇は良いといえるでしょう。

公務員は警察官・消防士・教師・役所など様々な職種があります。

どの職種も社会奉仕を目的としており、やりがいを感じる職業だと思います。

それでも民間企業への転職希望者は数多く存在していることも事実です。

その理由は公務員と民間企業の目的・役割の違いに寄るところが大きいのではないでしょうか。

安定・社会奉仕で得られる公務員として充実感は代え難いものがあります。

一方でチャレンジや実力を試したい方は方向性の違いを感じることでしょう。

最近は公務員といえども安泰とは限らないという状況も転職を考える要因なのかもしれません。

 

ワンポイント
 公務員は社会奉仕、民間企業は利益追求。

公務員から民間企業へ転職する方法

チェック

公務員になるには試験に合格する必要がありますが、民間企業への転職は少し異なります。

企業が求めるスキルがあれば応募は可能です。

民間企業では一般的なことでも公務員の方にとっては馴染みが薄いかもしれません。

ここでは主な転職方法についてご紹介します。

転職エージェントを活用する

転職を考えた時誰に相談したら良いか悩みませんか?

身近に転職経験者がいる場合は相談するのも良いですが、転職エージェントを活用することをおすすめします。

転職エージェントは転職のプロです。

企業の紹介のみでなく転職するための準備や考え方など様々な面でサポートを受けられます。

転職希望者は無料で登録できますので転職を考える場合はまず転職エージェントに登録しましょう。

企業に直接応募をする

企業は自社のホームページなどに求人情報を掲載しています。

気になる求人については直接応募することが可能です。

志望企業が決まっており求人がある場合は直接応募してみても良いでしょう。

直接応募については同業界・同業種であれば比較的応募しやすいと思います。

企業の直接募集は基本的に経験者を対象としています。

全く別業界の場合はたとえ希望職種が募集されていても直接応募は書類選考突破が難しいと考えたほうが良いです。

知人の紹介で応募する

紹介

知人の紹介を受けられる場合は採用率が高くなります。

知人紹介制度を設けている場合は公募実施前の可能性もありますのでかなり有利です。

最近はリファラル採用を実施している企業も増えてきています。

企業側・応募者ともに共通の人物を通して短時間では得られない情報を収集できるメリットがあります。

ただし転職後短期で離職したり、思ったような活躍ができないことがあることも忘れずに。

知人との関係に影響することもありますので十分に注意しましょう。

公務員から民間企業へ転職するメリット

ガッツポーズをする女性

公務員と民間企業では実際にどのような違いがあるのでしょうか。

役割が異なりますので、会社の一員としての考え方から職場の雰囲気まで様々な違いがあります。

公務員の給料は税金から支払われていますが、民間企業は利益から給料を支給します。

誰のために働くかが公務員と民間企業の最大の違いです。

行政の中では仕事の内容は決まっており力試しや革新は起こりにくい環境です。

しかし民間企業は会社責任で事業を展開しているため堅実さのみでなく規格外のアイデアを歓迎する文化もあります。

それでは公務員から民間企業へ転職することのメリットについて具体的にいくつか挙げてみましょう。

やりがいを追求できる

目指す

社会奉仕がベースとなる公務員は職業そのものをやりがいに感じます。

しかし職務が決まっているため職務を着実にこなすことで評価されます。

民間企業は個々の仕事の範囲は決まっているものの広げていくことが可能です。

自分自身がやりたいことに挑戦したり提案するなど自分の意志を持って業務に取り組むことができます。

自分の力を試したい気持ちがある場合は民間企業の方がやりがいを追及しやすいでしょう。

キャリアの選択肢が増える

民間には様々な業種・職種が存在します。

資格が必要な仕事も多数ありますが、ほとんどの仕事に挑戦することが可能です。

同業種であれば未経験でも幅広く人材を募集しているケースがあります。

同職種であれば業界を超えて挑戦することも珍しくありません。

キャリアを考えながら経験を積むことで将来の選択肢を広げていくことができます。

給料が成果に連動する

公務員は勤務年数に応じて決まった給料やボーナスが設定されています。

そもそも業務内容に大きな差がでにくい仕組みですが、大きな成果が給料に直結しません。

民間企業でも勤続年数や業績は給料設定において大きな要素です。

同時に個人の活躍も評価の重要な部分を占めています。

例えば営業部門であれば大口の契約を取り付ける、開発部門はブレークスルーを発見した時です。

自分自身の努力次第で大幅昇進臨時ボーナスなども期待できます。

一方で給料に反映するのはプラス面のみではありません。

大きな失敗をしたり成績が振るわなかった場合は減給など直接給料に反映します。

いずれにしても民間企業は成果主義志向であり実力と連動した給料体系であることに間違いありません。

公務員から民間企業へ転職するデメリット

考える女性

公務員と民間企業を比較して必ず民間企業がおすすめということではありません。

現状と比較して実現しにくくなることについても十分理解した上で転職活動を進めましょう。

ここでは公務員から民間企業へ転職する場合のデメリットについてもご紹介します。

安定という立場がなくなる

公務員は社会奉仕がミッションです。

利益を目的とした民間企業と異なりいわゆる競合はありません。

競争相手がいないため倒産などの危機はほぼないと考えられます。

仕事が存続しうる環境は非常に恵まれており、一度公務員になったらリストラによる失業の可能性も低いといえます。

それでは民間企業はどうでしょう。

民間企業は利益を目的としています。

市場として拡大が見込まれる場合は次々に競合が出現するため常に淘汰される環境です。

大企業であっても倒産の可能性があります。

また基本的に企業は利益目的になるため常に改善改革を推進しており会社は順調でも業務がなくなる場合もあります。

一度就職したら安泰ではないことを常に意識しておいた方が良いでしょう。

民間企業の方針に合わない場合がある

もう一つの公務員と民間企業の違いは役割です。

公務員は社会奉仕が前提のため公平公正さが重要とされています。

そのため部門や省庁のトップであっても個人の意思により方針が決定されることはありません。

しかし民間企業は公的な機関ではないため企業の方針はトップに立つ人間の意志が大きく影響する場合があります。

大企業では一人の人間により方針が決定されることはありませんが、中小企業では珍しいことではありません。

公平さを求める公務員と利益重視の民間企業では多かれ少なかれギャップがあります。

公的な役割を希望する場合は非営利団体なども視野にいれて企業研究をすると良いでしょう。

 

ワンポイント
 民間企業には非営利団体という選択肢もある。

公務員から民間企業への転職におすすめの職種

チェックする女性

民間企業間の転職でも同じことがいえますが、転職しやすい職種と難しい職種があります。

公務員から民間企業へ転職する場合におすすめの職種について考えてみましょう。

営業職

営業職は成績に左右される職種です。

前職での経歴は給料設定の参考になりますが募集も多く未経験者の採用も実施しています。

業界・職種を問わず挑戦できるエリアのため応募のハードルは低いといえます。

公務員としての経験が活かせる業界もたくさんあります。

自身の業務と関わりが深い分野を選択すると活躍の場が広がるでしょう。

転職の理由がやりがいや自分の実力を試したいということであれば是非挑戦してみてください。

事務職

グループ

事務職は募集自体が少ないため正社員での応募は厳しくなります。

派遣社員の採用やアウトソーシングが進んでいる分野でもありますので、直接応募などは難しいでしょう。

しかしながら役所などでの事務経験は民間企業でも十分に活かせます。

数少ない募集を見逃さないためにも転職エージェントを通すことをおすすめします。

今までの経験を活かせる職種

公務員としての経験は民間企業でも通用します。

公務員は公的な機関の所属ですが、同様の機能を請け負っている民間企業もあります。

知識や経験を活かせる仕事を希望する場合は、企業内容から転職先を探すと良いでしょう。

例えば警察官は民間の警備会社、教員は学習塾の講師など。

まずは経歴の棚卸経験の見直しなどから始めます。

 

ワンポイント
公務員経験を活かせる職種でステップアップ。

公務員から民間企業へ転職する際の面接の注意点

面接

公務員と民間企業は役割が異なるため仕事に対するアプローチの仕方も異なります。

公務員としては評価されるポイントが民間企業ではマイナスの場合もあります。

面接まで進んだ場合の注意点について説明しましょう。

なぜ公務員から転職するのか明確にしよう

公務員と民間企業は役割が異なります。

なぜ転職したいのかは企業側としては非常に気になる点です。

公務員の役割を評価しながら公務員では実現しにくいと納得できる理由が必要になります。

なぜその職種・企業なのか明確にしよう

民間企業からの転職でも同様のことがいえますが企業研究は非常に大切です。

民間企業間の転職では業界・職種・事業内容について知見があることが多々あります。

もちろん公務員の仕事と同様の業務を行う民間企業については公務員も同様な知見を持ちえます。

しかし公務員から民間企業へ転職の場合は経験が活かせる職業であっても、より明確な志望理由が必要になるでしょう。

社会奉仕の公的機関と民間企業では業務の取り組み方が異なるという印象を払拭する必要があるのです。

入社後のキャリアパスを明確にしよう

公務員とは別の道を歩む場合民間企業はキャリアパスも重視します。

何を達成しどのように成長し、将来的に何を目指しているのかを明確にしましょう。

企業は募集している仕事内容にマッチしているだけでなく、どのくらい活躍が期待できるも重視します。

募集内容に合致していることだけではなく将来性についても厳しいチェックがあるのです。

即戦力を求めている場合はスキル重視の傾向があるため公務員からの転職は厳しいかもしれません。

多少スキル不足でも将来性に重きをおいている場合は他業界・異業種からも抵抗がないことが多いです。

公務員から転職も比較的受け入れやすくなりますが、このような情報を募集要項から読み取ることは非常に困難です。

それではどうしたら良いのでしょうか?

やはり転職エージェントの活用が非常に有効だといえるでしょう。

転職エージェントの効果的な利用方法

キャリア

民間企業間での転職と異なり、公務員にとって民間企業へ転職は全く未知の世界でしょう。

民間企業にとって公務員からの志望者に何が期待できるか、また志望者が何を求めているか分かりにくいものです。

中途募集の場合は業務内容を明示し、応募者の経歴やスキルをしっかり確認します。

一般的な企業では公務員より民間企業出身者の方が応募者の経験を評価しやすくなります。

公務員については職場の雰囲気になじむかなど仕事以外にも不安要素ととられるかもしれません。

また企業は外側からの印象と実際の内情は異なります。

民間企業へのイメージだけで希望に沿った転職先を探すことは非常に難しいのです。

転職を考えたら転職エージェントを利用すると良いでしょう。

どのような選択をするにせよ自分の経歴を見直すためにも転職エージェントのサポートは有用です。

仕事の紹介者としてではなく相談相手として転職エージェントを頼ると良いでしょう。

 

ワンポイント
 転職エージェントを効果的に利用しよう。

公務員からの転職は転職エージェントに相談しよう

仕事内容チェック中

民間企業への転職を考えるなら転職エージェントに相談しましょう。

転職エージェントは単に仕事を紹介するだけではありません。

過去の実績から今後の方向性や希望まで詳しく聞き取り、可能性がある仕事の紹介が可能です。

転職エージェントに相談することで自分の目標がより明確になったり強味や弱味も認識できます。

また転職エージェントは企業の担当者と直接話ができます。

非公開求人も扱っているためより多くの選択肢を提供してもらうことができるのです。

まとめ

やる気

公務員から民間企業への転職はミッションの違いからハードルは高めであるといえるでしょう。

しかし転職の目的や今後の目標を明確にすることにより転職成功への道はぐっと近づきます。

幅広い選択肢自由裁量を求めるならば民間企業の方が実現しやすいでしょう。

公務員と民間企業のメリット・デメリットをしっかり理解した上で転職活動を始めてはみてはいかがでしょうか?

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら