転職での自己PRは、自分をアピールできる大きな場です。

自己PRの書き方について迷っていたりしませんか?

履歴書や職務経歴書は、採用するにあたり企業は中身をしっかり見ています。

内容がしっかり書かれていれば、好印象を与えることができるでしょう。

書類選考から、企業は個々のスキルを採用の判断基準にしています。

語学力が優れている場合は重宝されやすいです。

自己PR英語を書く際はどのようなことをポイントに書けば良いのでしょうか?

今回は、書く際のポイントや好印象の与え方についてご紹介します。

Contents

自己PRに英語を書く際のポイントを解説

女性 クリップ

自己PRに英語を書く際のポイントがいくつかあります。

そのポイントを抑えて自己PRを書いていくことが大切です。

ポイントを抑えず書くと、せっかくのアピールポイントも上手く伝わらない可能性もあります。

英語力が優れていることだけでなく、具体的な内容を書いていくことがポイントです。

具体的に書くことで、採用担当者にもどのぐらい優れているのか伝えやすくなるでしょう。

そして他の人との差をつけるためにも、自己PRを工夫して書いていくことが大事です。

自己PRに英語を書く際のポイントを解説していきます。参考にしてみてください。

自己PRを書く前のポイント

電球

自己PRを書いていく前に大切なことがあります。

まず自分のアピールポイントを整理し、自己分析することです。

過去の仕事内容や経歴を、整理してみましょう。

企業にとって効果的にアピールになることを、まとめてみることが大事です。

企業が求めている能力を自己PRに書いていると、採用担当者の目にもとまります。

自分自身のスキルと照らし合わせて、どのようなキャリアを描いていくか想像してみましょう。

英語力を自己PRに書く場合は、具体的な内容をしっかり書くことが大切です。

英語が「得意・好き・話せる」といった抽象的な内容だと、他のライバルとの差をひらくことはできません。

アピールしていくためにも、書く前のポイントを抑えていきましょう。

客観的に英語力をアピールしよう

「英語が得意です」といった抽象的な伝え方だと、アピール力は弱くなります。

英語力が身についたエピソードを想像してみましょう。

具体的なエピソードを加えるだけで、相手にも分かりやすく伝わります。

自分自身の英語力をどのように相手に伝えたら分かりやすいか、想像してみることが大切です。

そして、英語力を客観的にアピールすることを心がけましょう。

物事を客観視できることは、仕事をする上でも強みになります。

なぜ英語を自己PRにするのか明確にしよう

オフィスにいる女性

自己PRを書く上で、いくつか自分のアピールポイントをまとめていくことになります。

そして履歴書で自己PRを書いた場合は、面接で内容を聞かれる可能性が高いです。

面接で聞かれたときにも答えられるように、心がけるべき大きなポイントがあります。

なぜ英語を自己PRにするのか明確にさせることです。

明確にさせることで、自己PRを書く場合も自分で上手くまとめることができるでしょう。

そして面接の際も、受け答えがしっかりできます。

明確にさせないままだと、自己PRを書いた場合や面接も上手く伝えることは難しくなるでしょう。

自己PRの内容が曖昧にならないように、明確にさせましょう。

 

ワンポイント
自己PRを書く前に自己分析をしてみよう。

自己PRに英語を書く際のポイント

女性

英語力が高い人材を求めている企業は多くあります。

外資系の企業であれば、英語力が高い人は採用担当者の目にとまることが多いでしょう。

面接にこぎつけるためにも、自己PRを有効な手段として使わなくてはいけません。

どのように自己PRを書いていくかが大きなポイントです。

自分自身の英語のスキルをアピールするためにも抑えておくべきポイントがあります。

  • 英語をどのようにして身につけたか
  • スキルが高いといえるエピソード

上記の内容を取り入れるだけでも、自己PRを上手く活用することができるでしょう。

ポイントについて詳しくご紹介していきます。

どのようにして英語力を身につけたのか明確にする

英語力をどのようにして身につけたか明確にしましょう。

具体的にどのようにして、英語を身につけていったのか自分自身でポイントを整理することが大事です。

語学力を身につけるために、何をしたのか書き出してみましょう。

どのような努力をしたのか、伝えることが企業へのアピールに繋がります。

努力して身につけたというエピソードは、企業に好印象を与える可能性もあります。

明確にすることで、面接で聞かれたときにも上手く伝えることができるでしょう。

英語力が高いといえるエピソードを書こう

外人 女性

「英語力が優れている」という書き方では、英語力のレベルは伝わりません。

英語力が高いといえるエピソードを書きましょう。

具体的なエピソードを書くことで、相手にもどのくらい能力が高いのか伝えることができ、説得力を与えることにも繋がるのです。

エピソードがあることで、採用担当者はどのくらい優れているのかイメージしやすくなります。

また、ライバルとの差がつけられるポイントにもなるでしょう。

 

ワンポイント
英語力をどのように身につけたか伝えることが大きなポイントです。

自己PRで好印象を与えるには

面接

自己PRは自分の長所を伝えられる大事な場です。

その長所の伝え方で、採用基準にも大きく関わってくる可能性もあるでしょう。

自分の長所が、企業が雇うことでどのようなメリットがあるか整理してみることも重要です。

どのような場面で自分の長所が活かされるか考えてみましょう。

採用された場合のビジョンを描くことで、どのように貢献できるか明確にすることができます。

明確にし自己PRで伝えることで、企業側の採用後のイメージに繋がっていくのです。

好印象に伝えるにはいくつかポイントがあるのでみていきましょう。

TOEICのスコアがあれば記載しよう

TOEICは英語力のレベルを可視化できる、明確なアピールポイントの一つです。

TOEICのスコアがある場合は、記載するようにしましょう。

履歴書に記載できるTOEICの点数の目安は500点以上で、スコアが高いほど評価される可能性は高いです。

英語力が必須になる場合、TOEICの受験を推奨している企業もあります。

また企業によって、募集内容の中にTOEICの点数の基準を示しているところもあるので確認してみることが大事です。

入社後に英語力を使ってどう貢献できるか明確にしよう

打ち合わせをする女性

自己PRに書く上でも、自分の英語力をどのように活かしていくのか考えてみることが大事です。

入社後に英語力を使って、どう貢献していくのか明確にしましょう。

明確にすることで、企業側も採用した場合にどのような働き方をしてくれるのかイメージすることができます。

まず、企業が求めている人物像を想像してみましょう。

求めている人物像に、自分の英語力がどう活かされるのか考えてみてください。

その活かしていける部分をアピールできれば、採用担当者の印象アップにも繋がります。

将来のビジョンを明確にしよう

入社後の自分のビジョンをイメージしてみましょう。

自分の能力が活かせるキャリアは、どんなものがあるのか考えてみることが大事です。

キャリアプランがたてられていると、仕事に対する意欲を感じられ企業側からの印象は良いでしょう。

キャリアプランをイメージするときは、企業理念募集内容に沿ったプランたてるようにしてください。

そのキャリアプランを明確に伝えることで、入社後のイメージもつきやすく採用基準に大きく関わってくる場合もあるのです。

企業は、仕事に対する意欲が高い人を求めています。

将来のビジョンを明確にすることは自己PRを書く上でもとても大切なことです。

 

ワンポイント
会社にどう貢献できるか考えることが大事です。

面接での自己PRを伝える際の注意点

チェック

面接は自己PRをできる最大の場であり、しっかり自己PRするためにも面接の対策を行っておく必要があります。

面接での注意点をみていきましょう。

  • 印象を良くする
  • 要点をまとめる
  • 自分の強みを理解する

注意点には、上記のような内容が挙げられます。

まず、面接での印象はとても大事です。

印象は、身なり服装話し方などがあります。

まず身なり・服装を整えていきましょう。そして話し方は、ハキハキと話すことが重要です。

2つ目に、要点をまとめることが重要になります。

要点がまとまらずダラダラ話してしまうと、相手に伝わりません。伝えたいことの要点をしっかりまとめましょう。

3つ目は、自分の強み理解することです。

自己PRは自分の長所を伝えられる場になります。

自分の強みを活かし、どのように貢献していきたいのか伝えることがとても大事です。

自分の強みを理解し、言葉で伝えられるように整理しましょう。

また企業によっては英語での面接がある場合もあります。

英語面接対策もしっかり行っておきましょう。

面接対策として、英会話教室に通うこともおすすめです。

英会話教室の中には、面接対策の教室もあります。

いまでは英語を学べる環境も増えてきていて、オンライン英会話もその一つです。

英語での面接がある場合は、英会話教室で学ぶことがおすすめといえるでしょう。

自己PRに英語を書く際の例文

履歴書

採用基準にも大きく関わるのが自己PRです。

自己PRをしっかり書くことで、採用の合否にもつながってくるでしょう。

自分の長所要点をまとめて、伝わるような文章になっているかがポイントです。

また、自己PRを全て英語で書く場合には文法スペルのミスがないように注意してください。

自己PRに英語を書く際の例文をご紹介します。

例文:どのようにして英語力を身につけたか

「私の長所は英語力です。

将来にも活かせると思い、大学2年生の時に留学でアメリカに行きました。

実際に留学に行くと、相手とのコミュニケーションが取れなく悔しい思いをしました。

帰国後に英会話教室に通い、英語に触れる時間を増やし、学ぶ努力をしたのです。

そして英語を勉強し続け、英会話教室の先生からも褒められることが多くなりました。

今では、日常生活の英語はもちろん実践的な英語力が身についています。

私のこの英語力は、貴社の海外事業で活かせると考えております。」

例文:具体的に数字を用いる

「私の強みは英語力です。

英語力を伸ばしたいと思い、外国語学部に進学しました。

学部には留学生がいましたが、会話をスムーズにできず悔しい思いをしたのを覚えています。

私は、英語を上達させるためにも、留学生と英語で話す時間を1日に1時間取るようにしました。

毎日、留学生と話すことで、会話がスムーズにできるようになったのです。

また、文法も身につけたいと思い、TOEICを受験して700点を取ることができました。

多くの留学生と交流し英語に触れる時間を増やしたことで、ネイティブで実践的な英語力が身につき私にとって英語は強みとなりました。

私のこの英語力を貴社の海外事業で活かせると考えております。」

例文:どのように活かしていきたいか

「私は英語力に自信があります。

英語は得意でしたが、旅行先で英語が思うように話せず、自分自信の英語力の低さに気づきました。

英語を活かした仕事に就きたいと考えていたので、英語に触れる時間を増やすことにしたのです。

会話がスムーズに出来るように、英会話のコミュニティーに週に3回参加しました。

そして毎日の勉強の結果、TOEICで700点を取ることができました。

そして英会話コミュニティーでは、実践的な英語を学ぶことができ、今ではスムーズに会話ができるようになったのです。

貴社でこの英語力を活かし、海外での新規開拓事業に貢献していきたいと考えております。」

自己PRに英語を書く際のNG例文

バツ

自己PRを上手くまとめられないという人もいるでしょう。

NGな例文としては、表現が曖昧要点がまとまっていないケースが多いです。

構成を考え、伝えたいことをまとめることが大事になります。

自己PRに英語を書く際のNGな例文をご紹介します。

例文:内容が抽象的になっている

「私の強みは英語力です。

英語を身につけるために、大学2年生のときに留学をしました。

その留学のおかげで英語力を身につけることができました。

この英語力は、貴社でも活かせると思います。」

この文章だと、英語力がどのくらいのレベルなのか分かりません。

全体的に抽象的な表現になっており、全然アピールが出来ていません。

例文:どのようにして身につけたのか伝わらない

「私の長所は英語力です。

英語力を身につけるため、学生時代に実用英語検定2級を取得しました。

社会人になってからは、TOEICを受験し700点取りました。

この英語力を貴社で活かしたいです。」

英語力があることは分かりますが、どのように努力したかが伝わってきません。

そしてどのように企業で英語力を活かしていきたいかも伝わってこないので、採用担当者からの印象は薄くなってしまうでしょう。

NG例にならないために

NGな自己PRにならないように下記のことに気をつけましょう。

  • 内容が抽象的になっている
  • 向上心が伝わらない
  • 長所の良い部分だけを伝えている
  • 会社でどう活かしていきたいかが伝わらない

自分の長所をどのように身につけたかエピソードを付け加えて伝えていく自己PRが好ましいです。

また全て英語で自己PRを書く場合には下記のことに気をつけましょう。

  • スペルを間違えていないか
  • 文法がおかしくないか

NGな自己PRにならないように、書いた文章を客観的に見てみることも大事になります。

 

ワンポイント
自己PRを書いてみて客観的にみてみましょう。

自己PRをどのように書いたらいいか困った時は?

悩む 女性

自己PRは、転職成功へのまず第一関門といえるでしょう。

良い自己PRであれば、書類選考も通過する可能性も高くなります。

そんな自己PRをどのように書くか迷っていたりしませんか?

良い自己PRが書けているか確認するには、自分以外の人に見てもらうことも大きなポイントです。

自己PRが抽象的になってしまったりして、上手くアピールできていない可能性もあります。

そのような点に気づくためにも、他の人に見てもらうことも重要です。

自己PRの作成には、転職エージェントを利用すると良いでしょう。

エージェントに添削してもらうことで、良い印象を与える自己PRを書くことができます。

自己PRを書くのに困ったら転職エージェントに相談しよう

女性 笑顔

自己PRは、企業にアピールをできる大きな場です。

採用してもらうためにも、自己PRの場を上手く活用することが大切になります。

自分の長所をしっかりアピールするためにも良い自己PRを書きたいですよね。

書くのに困ったときには、転職エージェントを利用しましょう。

ライバルとの差をつけるためにも添削してもらうことで、良い自己PRに繋がります。

他にも履歴書や職務経歴書の書き方、面接のポイントもアドバイスをもらえるのです。

また転職に関わることを相談することができます。

プロからのアドバイスをもらうことで、自分で気づけなかった点も出てくるかもしれません。

転職を成功させるためにも、転職エージェントを利用することをおすすめします。

まとめ

キャリアカウンセラー,活躍

自己PRの書き方を迷っている人は多くいるでしょう。

自分の長所の英語力を活かした企業に就くためにも、良い自己PRを書くことが大事です。

また自己PRは他のライバルとの差を見せつける場でもあります。

自己PRの書き方や、転職の相談は転職エージェントを利用すると良いでしょう。

採用までフォローしてもらえるので、とても心強いパートナーとなります。

最後までご覧いただきありがとうございました。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら