転職を考える時に福利厚生を気にする女性は少なくないのではないでしょうか。

同じ給料や仕事内容であれば福利厚生がしっかりしている企業の方がいいでしょう。

今回はそんな福利厚生の種類や役割について詳しく解説していきます。

福利厚生の種類と役割を解説

指を指して説明する女性

福利厚生は働く人たちをサポートするのに役立っています。

企業によって内容が異なる部分も多く転職の際に福利厚生が気になる女性もいるでしょう。

そんな福利厚生は従業員にとってどのような役割があるのでしょうか。

福利厚生の役割はこちらです。

  • 従業員の生活サポート
  • 従業員の経済的サポート
  • 労働環境の整備
  • 従業員のモチベーションを高める

福利厚生が充実していると経済的に助かるということもあります。

またプライベートで活用できる福利厚生を導入している企業も多く私生活に役立つのも嬉しいポイントです。

それによって働く女性は仕事のモチベーションを高めることができるでしょう。

そんな福利厚生には「法定福利」と「法定外福利」の2種類があります。

今回は福利厚生の内容を種類別に見ていきましょう。

福利厚生の重要性や転職時の注意点もご紹介するのでぜひ読み進めてくださいね。

 

無料転職相談をして転職を成功させよう

 

法定福利

メモをとる

福利厚生の中には企業が必ず導入しなければならない「法定福利」というものがあります。

それでは法定福利にはどのようなものがあるのでしょうか。

健康保険

毎月の給料から天引きをされる健康保険は福利厚生の1つです。

「天引きされているのに福利厚生なの?」と思う女性もいるのではないでしょうか。

それは健康保険料の仕組みを知れば理由がわかるでしょう。

給料によって保険料が決まる健康保険ですが企業と従業員の折半となっています。

つまり従業員にかかる健康保険料の半分を企業が負担してくれるのです。

厚生年金

年金手帳をもつ女性の手

健康保険と同じく厚生年金も企業と折半となっています。

将来の年金に関わる厚生年金ですが、こちらも給料によって納付額が決まるのです。

その半分の金額を企業が負担してくれるのは働く女性にとって嬉しいポイントですね。

国民年金は加入者全員が定額なのに対して厚生年金は収入によって納付額が変わります。

中には「国民年金よりも厚生年金の方が高い」と思う女性もいるのではないでしょうか。

しかし自分が納めたのと同額を企業が支払ってくれているのを押さえておきましょう。

それだけ将来受け取ることができる年金の額が増える可能性があるのです。

雇用保険

法律で定められた福利厚生の中には雇用保険もあります。

雇用保険の2/3の額を企業が負担してくれるので従業員が払う額は大きくないでしょう。

それでは雇用保険に加入するとどのような恩恵を受けられるのでしょうか。

  • 失業手当
  • 傷病手当
  • 育児休業給付
  • 再就職手当

雇用保険に関わる給付の中で身近なものはこちらです。

働く人も万が一の時のために雇用保険が必要だということが分かるでしょう。

パートであっても所定の条件を満たせば雇用保険に加入できることになっています。

 

ワンポイント
法定福利は企業が法律で義務付けられた福利厚生。

法定外福利

エスカレーターを降りる女性

企業によって福利厚生に違いがあることを知っている女性は多いのではないでしょうか。

先ほどお伝えした法定福利は法律で定められた義務であるのに対し企業が自由に決められる福利厚生もあります。

ここでは法定外福利の中でも導入されることが多い福利厚生についてご紹介します。

住宅手当

電卓をもつ女性と住宅の模型

企業が決める福利厚生には住宅手当があります。

福利厚生の中でも導入する企業は多いので住宅手当の有無が気になる女性も多いでしょう。

一言で住宅手当といってもその内容は企業によって様々です。

その一例を見ていきましょう。

  • 家賃に応じて支給(上限〇万円)
  • 一律〇万円支給

こちらは自分で住宅を借りている場合ですが住宅に関する福利厚生には様々な種類があります。

  • 住宅ローン補助
  • 借り上げ住宅
  • 社員寮
  • 社宅

住宅手当としてお金を支給するところもあれば住む場所を提供するパターンもあります。

どちらにしても住む場所に関する福利厚生は「助かる!」という女性は多いでしょう。

家族手当

家族がいる従業員に対して支払われる家族手当も法定外福利の1つです。

その対象は扶養家族で「子ども1人に対し〇〇円」という内容が多いです。

扶養する家族がいる女性にとって経済的な支えになるでしょう。

数千円だとしてもないよりあった方がいいですね。

交通費

福利厚生の中には交通費も含まれます。

通勤のために公共交通機関や自家用車を使う人も多いのではないでしょうか。

そのために毎月かかる交通費はなかなかの金額になるでしょう。

それを補助してくれるのが通勤手当と呼ばれる交通費なのです。

交通費の支給パターンも住宅手当と同じく企業によって様々なのでその一例を見ていきましょう。

  • 公共交通機関:定期券の支給
  • 公共交通機関:定期券購入の補助(全額あるいは上限あり)
  • 自家用車:自宅から職場まで直線距離で計算
  • 自家用車:自宅から職場まで最短距離で計算
  • 自家用車:1日の出勤あたり一律支給(〇〇円/日)

交通費だけでもこれだけのパターンがあります。

中には交通費が出るのは公共交通機関での通勤者のみといった条件を提示する企業もあるでしょう。

また自転車や徒歩通勤でも通勤手当を支給する企業や全く交通費が出ないところもあるのです。

 

ワンポイント
法定外福利の導入は企業の自由で内容もそれぞれで違うことを知っておこう。
 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


福利厚生の重要性

考える女性

ここまでは福利厚生の内容を法定福利・法定外福利に分けてご紹介しました。

内容を見ていくと労働者の生活を支えるものや経済的に助かるというものも多いのが分かるでしょう。

ここではそんな福利厚生の重要性についてお紹介します。

福利厚生は「その企業で働く特典」のようなものです。

つまりその企業で働くことで従業員は様々なメリットを得ることができると思ってください。

福利厚生の内容次第では手当によって経済的に助かることも多いでしょう。

例えば1人暮らしの女性が住宅手当を月2万円もらっていたらどうなるでしょうか。

本来の給料に住宅手当として2万円プラスされて家賃の支払いに充てることができます。

その分を貯金に回すことや食費に充てることもできるでしょう。

手当がある・なしで月々の収入や支出に差が出てくるのです。

それを考えると福利厚生の重要性が見えてくるでしょう。

 

無料転職相談をして転職を成功に導こう

 

福利厚生を導入する企業側のメリット

ポイント

福利厚生は法律で決められたものもあれば企業が自由に取り入れられるものもあります。

法定外福利は義務ではなくても何らかの形で導入している企業が多いです。

導入に費用がかかる福利厚生ですが企業にとってどのようなメリットがあるのでしょうか。

社会的信頼

福利厚生を導入することで企業側は社会的信頼を得ることができます。

法的福利は義務なのですが健康保険や厚生年金は企業の負担が大きい場合もあるでしょう。

その時にパートに対して社会保険に加入しない働き方をさせることがあります。

パートは社会保険に加入するための所定の条件があるのですが、それに達しない時間の労働にするということです。

このように社会保険に加入させないようにすると企業は信頼を失いかねません。

また法定外福利の代表例である「住宅手当」「家族手当」「交通費」がある企業とない企業では印象が異なります。

やはり生活に必要な福利厚生がある企業の方が「従業員のことを考えている」と思われるでしょう。

従業員満足度

満足度の高い従業員

福利厚生を導入すると企業は従業員満足度を得られるというメリットがあります。

その企業で働くことで得られる特典が福利厚生です。

働くことで多くの特典があると「ずっとこの企業で働きたい」「この企業で働いてよかった」と思う人も多いでしょう。

福利厚生が充実しているとそれだけで従業員の満足度が高まる可能性があるのです。

福利厚生をチェックする際の注意点

注意喚起する女性

転職する時には福利厚生が気になる女性は多いのではないでしょうか。

しかし単に福利厚生の内容を見るだけでは後で「こんなはずでは…」となることがあります。

そうならないために福利厚生をチェックするための注意点を押さえておきましょう。

福利厚生が実用化されているか

福利厚生が提示されていても実用化されていない場合もあります。

実際にはほとんど活用されておらず従業員もよく知らないというパターンです。

また企業によっては手当を受給するための条件が厳しいこともあるでしょう。

いくら福利厚生の内容が魅力的でも実用化されていなければ意味がありません。

実際に活用されているかもチェックすることをおすすめします。

基本給の設定が低すぎる場合がある

パソコン画面を見てがっかりする女性

福利厚生が充実していても基本給の設定が低すぎる場合があるので注意しましょう。

  • 基本給は高めの設定だが福祉厚生が充実していない
  • 福利厚生が充実しているが基本給の設定が低い

あなたならどちらを選択するでしょうか。

住宅手当・通勤手当などと基本給を合わせて同じ給料ならいいのではと思う女性もいるでしょう。

しかし賞与や退職金は基本給を基準にするためその額は重要です。

いくら福利厚生が良くても基本給が低すぎる場合は注意してください。

 

ワンポイント
福利厚生が実際に活用されているのかや基本給の設定についても確認しておこう。

福利厚生を選ぶポイント

OKポーズ

転職時に福利厚生をチェックする女性は少なくないでしょう。

しかし「こんなはずでは」とならないために知っておいてほしいポイントがあります。

ここでは福利厚生を選ぶポイントをご紹介します。

基本的な福利厚生

福利厚生をチェックする時には基本的な福利厚生があるか確認することをおすすめします。

法律で定められた法的福利は当然ですが生活に直結した福利厚生をチェックしましょう。

先ほどお伝えした住宅手当や交通費は月々の支出に関わるので生活に直結するものです。

扶養家族がいる女性は家族手当の有無も確認してください。

また制服貸与・支給や健康診断といった福利厚生も押さえておきましょう。

自分に合っているか

福利厚生は自分に合っているものでなければ意味がありません。

せっかく企業に福利厚生があっても活用しなければ宝の持ち腐れになってしまいます。

例えばフィットネスジムの利用料金の補助があっても利用しない女性もいるでしょう。

施設利用や旅行関連の福利厚生を導入する企業もありますが興味がない人もいるのです。

そのため単に福利厚生が充実というのではなく自分が活用するかどうかの目線でチェックすることをおすすめします。

働きやすさ

働く女性にとって福利厚生の内容は大切ですが働きやすさもチャックしておきましょう。

転職先が「残業が多い」「離職者が多い」など働きにくい職場だとどうなるでしょうか。

福利厚生の前段階として働きやすさに着目して転職先を検討することをおすすめします。

 

ワンポイント
福利厚生を考える時は自分に合っているかや働きやすさなどを合わせてチェックしよう。
 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


面接時に福利厚生を確認しても良い?

はてなマークと女性

転職活動で求人の福利厚生の欄をチェックする女性もいるのではないでしょうか。

しかし詳細に掲載されておらず「もっと詳しく知りたい」と思うこともあるでしょう。

また求人に福利厚生が書かれていないとますます気になってしまいますね。

そんな時は面接の場で福利厚生について聞いてもいいのでしょうか。

転職面接でよくある逆質問は応募者が面接官に気になることを聞くチャンスです。

しかし福利厚生の内容は気になるところですが面接では質問しない方がいいでしょう。

逆質問では企業研究をしていることのアピールや仕事内容について知りたいことを聞くことに集中した方がいいです。

そのため福利厚生については面接以外のところでチェックすることをおすすめします。

転職先の福利厚生が知りたいなら転職エージェントを活用しよう

ガッツポーズする女性

転職先の福利厚生を知りたい時はどうすればいいのでしょうか。

面接では聞かない方が無難といわれるとどこで誰に聞けばいいか分からず不安な女性もいるでしょう。

そんな時は転職エージェントに相談することをおすすめします。

転職エージェントなら企業に直接聞きにくいことも質問することができます。

不安や悩みを抱えたままにせず転職エージェントに相談して効率よく転職活動をしましょう。

 

無料転職相談をして効率よく転職活動をしよう

 

まとめ

ビジネスウーマン

今回は福利厚生の種類や役割についてご紹介しました。

福利厚生には法律で定められた「法定福利」と企業が自由に決めることができる「法定外福利」があります。

法定外福利は企業によって内容が異なるので気になる女性はチェックしておきましょう。

その際に基本的な住宅手当や交通費が含まれているか確認しておくことをおすすめします。

しかし転職先を決める時は福利厚生だけでなく基本給や働きやすいさにも着目してくださいね。

転職活動で不安や悩みがあれば転職エージェントに相談しましょう。

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために以下のサポートを全て無料で実施いたします。

  • 非公開求人紹介
  • 職務経歴書のフルオーダー作成
  • 応募企業への推薦
  • 面接のフィードバック
  • 模擬面接の実施
  • 内定後の労働条件確認

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!

 

非公開求人紹介

転職エージェントに相談すると、一般に公開されていない非公開求人への紹介が可能です。

非公開求人には大手企業優良企業が多いと言われています。

条件が良い仕事だったり募集人数が少ない場合があるので、一般募集で応募が殺到しないように非公開としているのです。

この非公開求人はエージェントの紹介でしか応募することが出来ません。

キャリアアドバイザーによるヒアリングであなたにピッタリの求人をご紹介いたします。

職務経歴書のフルオーダー作成

応募したい企業が見つかったら先方に提出する職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい職務経歴書の作成を目指しています。

応募企業への推薦

フルオーダーの職務経歴書とともに応募企業への推薦状を作成いたします。

応募推薦状はエージェントに相談した人にしか受けられないサポートです。

模擬面接の実施

コールセンター

ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。

面接のフィードバック

面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

また内定した場合でもフィードバックいたしますので自分がどこを評価されたのかが分かり、入社後のモチベーションにも繋がります。

内定後の労働条件確認

事務

 

企業内定後には労働条件の確認給与の交渉をさせていただきます。

内定承諾書を提出する前に確認しておきたい雇用形態の調整を代わりに行います。

納得して仕事を始めていただけるように最後まで徹底サポートさせていただきます。

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!