Women's Worksの非公開求人ご紹介
事務|東京

【損害保険事務】損保代理店業に関わる保険事務業務/東証一部上場企業

360万円 ~ 450万円

損害保険

保険契約に関するオペレーション・営業サポート・書類仕分け

年間休日120日 社保完備 時短勤務
この非公開求人に興味がある
派遣社員と正社員では働き方が異なるため、女性の中には派遣社員として働くことを選ぶ方も多くいます。

しかしながら中には、派遣社員として働いていたものの正社員へ転職したいという方もいるでしょう。

今回はそうした方に向けて正社員に転職する方法を解説していきます。

Contents

派遣社員から正社員へ転職する方法を解説

ビジネス 女性

派遣社員というのは正社員よりもプライベートを優先しやすく、働き方の1つとして社会に根付いています。

しかしながら派遣社員では雇用の安定や福利厚生が十分でない企業も多く、人によっては正社員への転職を考えている方もいるでしょう。

一般的に派遣社員から正社員への転職というのは、正社員の転職よりも不利になりやすいと考えられています。

そのため転職活動をどのように行えばスムーズな転職を行えるのか分からない方もいるのではないでしょうか。

今回はそんな方のためにどのように派遣社員から正社員へ転職すれば良いのかを解説していきます。

正社員経験がなくても転職できる?

OKサインの女性

もしこれまで正社員経験がない場合、正社員への転職が本当に行えるのか不安に思っている方もいるでしょう。

確かに派遣社員から正社員への転職は不利になるケースが多いですが、そういったケースばかりではありません。

特に正社員になろうとしている際、派遣社員として経験を積んだ業界・職種への転職では今までの経験・スキルが有利に働きます。

そのため正社員経験がなくても、転職は可能だと考えられるでしょう。

また、職種に関係する資格を取得することによって、即戦力として企業に雇用してもらうことも可能です。

企業は即戦力として通用する人材を求めています。

派遣社員として積んできた経験が活かせそうな業界・職種であれば、転職も難しくないでしょう。

また、未経験であっても自分の長所をうまくアピールできれば転職は可能です。

 

ワンポイント
正社員未経験でもアピール次第で転職は可能です。

 
20代、第二新卒専門転職エージェント
【マイナビジョブ20's】に相談する
 

派遣社員から正社員に転職するメリット・デメリット

女性、オフィス

次は具体的に派遣社員から正社員に転職することのメリットデメリットを紹介していきます。

どのような雇用形態にもメリット・デメリットは必ず存在しているため、この機会に確認しておきましょう。

正社員へ転職するメリット

正社員の場合の主なメリットは以下の通りです。

  • 月給制であるため毎月の給与が一定
  • 福利厚生が充実している
  • 研修・教育制度が充実している
  • ボーナスがある
  • 社会的信用がある
  • キャリアアップがしやすい

上記のように、正社員には給与や福利厚生を始めとした様々なメリットがあります。

正社員であれば研修や教育なども受けられるため、その経験を今後の社会生活に生かせるでしょう。

また、雇用期間に定めがないため長期的に給与をもらえるというメリットもあります。

正社員というのは他の雇用形態よりも、安定しているといって良いでしょう。

正社員へ転職するデメリット

女性、NG

その反面、正社員へ転職することによって生じるデメリットもあります。

正社員では人事異動によって見知らぬ土地へ転勤することになることがあるのです。

転勤では必然的に引っ越しをしなければならなくなります。

また、正社員では休日出勤や残業をすることも増えてしまうでしょう。

こうしたことは、自身のワークライフバランスにも大きく影響を与えます。

もしプライベートを充実させたいのであれば、定時で上がれたり転勤がなかったりする仕事を選ぶ必要があるでしょう。

これに加え、正社員の場合は責任のある仕事を任されるケースが増えます。

そのためそれをストレスと感じてしまうこともあるでしょう。

正社員への転職で生じるデメリットも事前にしっかりと知っておく必要があります。

 

ワンポイント
・正社員へ転職することによって安定して仕事をすることができる
・正社員では他の雇用形態よりもワークライフバランスを取りづらい

派遣社員から正社員への転職方法

営業の女性

派遣社員から正社員へ転職する場合には様々な方法があります。

以下の3つの方法のうち、自分に合ったものを選択すると良いでしょう。

派遣先で正社員を目指す

もし現在勤めている派遣先で今後も仕事をしていきたいと考えているのであれば、派遣先で正社員を目指すというのも手でしょう。

派遣では企業から正社員にならないか打診を受けることがあります。

その誘いに対して応えることによって、派遣先でそのまま正社員として雇用してもらうことができるでしょう。

この場合は転職活動を行う必要がないため、転職期間を設けることなくすぐに正社員として働き出すことができます。

紹介予定派遣の制度を活用する

女性、ガッツポーズ

紹介予定派遣の制度を活用するという方法もあります。

これは企業側と派遣期間終了後に合意を結ぶことによって、派遣ではなく社員として契約を結ぶことができる制度です。

この制度を活用すれば派遣として雇用してもらってから、企業に直接雇用契約をしてもらうことができます。

実際に業務を行っていく態度を見てもらい、企業から社員として契約するかを見極められる制度です。

そのため初めから正社員として雇用してもらうよりもハードルが低くなるでしょう。

転職エージェントを利用する

今まで派遣社員として働いてきたという方は、転職活動に際して転職エージェントを利用するのも良い手段です。

転職エージェントはあなたの条件に合った転職先を選んでくるため、正社員としての転職もしやすくなるでしょう。

転職活動が初めての場合には特に、どのように転職活動を進めていけば良いのかが分からないということも考えられます。

転職エージェントは転職活動を様々な形でサポートしてくれるためおすすめの方法です。

 

ワンポイント
・派遣先で企業から声をかけてもらうことで正社員になることも可能
・紹介予定派遣の制度を利用すれば派遣期間終了後に社員として契約を結んでもらうことができる
・転職エージェントを利用することで自分の条件に合った求人を紹介してもらうことができる

派遣社員から正社員に転職するコツ

ファイルとガッツ

次は派遣社員から正社員に転職する際のコツについて解説してきます。

以下のことに気をつけることによって、派遣社員から正社員への転職がしやすくなることでしょう。

正社員として求められる人の特徴を理解する

正社員では派遣社員に必要となるものとは違ったスキルや特性が必要となります。

そのため、転職活動を行う前に正社員にはどういったことが求められるのかを知っておく必要があるでしょう。

先述した通り、正社員は派遣社員よりも責任を持って仕事をすることが求められます。

また、仕事内容も勤続年数が長くなればなるほど専門的なものとなるでしょう。

そのため、正社員では常にスキルアップしていくことが求められます。

自分が今後も成長していける人材であるということをアピールできると良いでしょう。

自らの経験からアピールポイントを見つける

笑顔の女性

今までしてきた経験を整理することによって転職活動でアピールできるポイントを見つけることが可能です。

そのためには自己分析をすると良いでしょう。

自己分析をすることによって過去の経験を書き出して自分の長所・短所や特性などを再認識することができます。

アピールポイントが曖昧だと企業の採用担当者に興味を持ってもらうことは難しいでしょう。

そのため今まで自分が培ってきたものを振り返り、アピールポイントを明確にすることが大切です。

事前にスキルアップし自らの市場価値を高める

これから転職しようと考えている方は転職前の段階からスキルアップしていくことで市場価値を高められます。

その際におすすめなのが転職したい職種で通用する資格を取得することです。

資格を取得するためには専門知識を学習する必要があります。

資格取得の過程で得られる知識というのは転職後にも大変役立つことでしょう。

また、資格が無事取得できればそれがスキルの証明にも繋がります。

自身の市場価値をアピールする手段にもなるため、是非積極的に資格取得を目指しましょう。

正社員へ転職する際の履歴書・職務経歴書の書き方

女性

次は正社員へ転職する際の履歴書・職務経歴書の書き方について解説していきます。

履歴書の書き方

履歴書では「何故その企業に入社したいのか」「何故その職種が良いのか」を明確にすることが大切です。

「興味があったから」など曖昧な理由はアピールにはなりません。

また、これまでの仕事の経験・スキルなどもアピールすることが大切です。

これまでどういった能力を培ってきたかを記載することで、あなたの特性を知ってもらうことができるでしょう。

履歴書というのは自分のことをアピールするための書類です。

どうすれば企業の採用担当者に自分のことを伝えられるかを考えて書いていきましょう。

職務経歴書の書き方

職務経歴書では自分がこれまで派遣社員として働いてきたことを明記しましょう。

派遣社員として働いてきたことに対して負い目を感じ、隠してしまうとそれがマイナス評価につながります。

また、どのような業務をどれだけ担当していたかを明確に書くことが大切です。

職務経歴書は選考を有利に進めるため、今まで培ってきたキャリアについて紹介するための書類だといえます。

そのため嘘偽りのない形でこれまでのキャリアを記載するようにしましょう。

 
20代、第二新卒専門転職エージェント
【マイナビジョブ20's】に相談する
 

正社員へ転職する際の面接対策

女性の面接

正社員へ転職する際に必要となるのが、選考面接の対策です。

会社から内定を得るためには、しっかりと自分のことをプレゼンすることが必要となります。

派遣で働いていた理由を明確にする

面接では今まで何故派遣として働いていたのか、理由を尋ねられることがあります。

これについて、明確に回答することによって面接官にも派遣として働いていたことに納得してもらうことができます。

その際、もし仕方なく派遣で働いていたのだとしてもそれをそのまま伝えることは避けましょう。

面接では「夢を実現するため」「ステップアップするため」など前向きな理由を伝えることが大切です。

正社員として働きたい理由をきちんと伝える

次に大切なのが正社員として働きたい理由を明確に伝えるということです。

「取り組みたい仕事がある」「もっと責任のある仕事をしたい」など前向きな理由を伝えると好印象につながります。

その際、必ずその企業で働くことへの意欲や入社後にどのように働きたいのかという熱意についても伝えるようにしましょう。

企業は自社で働く熱意や意欲がある人材を求めているため、入社後のことに言及することで働き方を想像してもらうことができます。

将来のビジョンやキャリアプランを伝える

面接では将来のビジョンキャリアプランについても明確に伝えることが大切です。

将来をしっかりと見通していることが分かると、企業から将来性がある人材だと思ってもらうことができます。

その際、応募企業だからこそできることを伝えることが大切です。

他の企業でもできるようなことであれば、自社で採用しなくても良いと思われてしまいます。

そのためには企業研究をしっかりと行うことが必要となります。

その企業で実現可能なビジョン・キャリアプランはどういったものなのかをしっかりと把握しておきましょう。

 

ワンポイント
・派遣で働いていた理由を前向きに言及する
・どうして正社員として働きたいのかを入社への意欲や熱意と共に明確に伝える
・将来のビジョンやキャリアプランを明確に伝えると好印象

正社員へ転職して新たな一歩を踏み出そう

スーツで歩く女性

派遣社員と正社員で働き方が異なるため、慣れるまでは大変かもしれません。

しかしながら正社員だからこそ経験できることもたくさんあるはずです。

正社員として働くことはこれからのキャリアにおいて必ずプラスになります。

正社員のメリットに魅力を感じるのであれば、派遣社員としての経験を活かして正社員への転職を成功させましょう。

正社員に転職して新たな一歩を踏み出すことによって、社会人として成長していくことができます。

これからの自分がどういった将来を手に入れたいのかを明確にし、転職活動を行っていきましょう。

派遣社員から正社員を目指すなら転職エージェントに相談しよう

ガッツポーズをする女性

もし現在派遣社員として企業に勤めており、これから正社員を目指そうと考えている方には転職エージェントの利用がおすすめです。

転職エージェントを利用すれば、あなたの希望する条件をヒアリングしてそれに合った求人を選んでもらうことができます。

そして実際に選考に応募する際、選考書類の作成や面接対策なども共に行ってくれるため安心して転職活動を行うことができるでしょう。

初めて正社員へ転職する方にとって、転職活動の対策というのは大変重要なものとなります。

派遣社員から正社員への転職は正社員からの転職よりも難しい傾向にありますが、不可能ではありません。

転職エージェントを利用してしっかりとした対策を行えば、必ず転職を成功できるでしょう。

 
20代、第二新卒専門転職エージェント
【マイナビジョブ20's】に相談する
 

まとめ

相談

今回は女性が派遣社員から正社員へ転職する方法を解説してきました。

今回ご紹介した方法をうまく活用することによって、理想の転職を実現していただければと思います。

転職活動を行う方は今回の記事の内容を参考にしていただければ嬉しいです。

また転職に関して不安を抱えているのであれば、転職エージェントを活用すると不安の解消につながります。

対策を万全にして転職活動を行っていきましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら