製薬業界は他の業界と比べて高収入であり、福利厚生が充実している企業も多いことからとても人気です。

責任感や正義感が強く、人を助けることにやりがいを感じる女性に向いています。

製薬業界は専門的な知識が必要な部署が多いです。

そのため、理系の学部を専攻した高学歴の人のみが活躍できる場所という印象が強いかもしれません。

しかし、MRのように仕事内容によっては文系理系問わず広く募集されている職種もあります。

この記事では、製薬業界で女性におすすめの職種や将来性などさまざまな情報を集めました。

製薬業界の仕事に興味がある人はぜひ読んでみてください。

製薬業界の仕事内容を解説

研究者
製薬業界の仕事内容は、研究・開発から事務職に至るまで多岐にわたります。

リケジョと呼ばれる理系大学卒の女性がたくさん活躍している場所です。

事務職やMRといわれる営業職については、理系の学部に限らず文系出身でも応募することができます。

仕事内容は職種によって違いますが、人々の健康を支えるための仕事であるという点では同じです。

製薬業界の主な職種と仕事内容

薬
製薬業界の職種は、医薬品の開発に関する研究・開発・薬事・学術・MRなど業界特有の職種が多いことが特徴です。

製薬業界の代表的な職種は次のようになっています。

  • 研究(基礎研究・応用研究)
  • 開発
  • 学術
  • 薬事
  • 製造
  • 営業(MR)
  • 経営
  • 人事
  • 事務(総務・経理など)
  • 広告

一般企業と同じく、経営戦略マーケティングを行う部署も存在します。

ドラッグストアなどで販売される一般用の医薬品を製造する製薬会社にとっては、宣伝・広報を担当する広告部門も重要です。

たくさんある製薬業界の職種の中から、代表的な4つの職種を取り上げて解説します。

研究職

研究職は、製薬会社の看板的存在ともいえる職種です。

薬を製造するときに必要な成分や病気について調べたり、動物や培養した細胞に薬を投与して実験も行います。

ヒトへの臨床試験を行う前に、薬の効果や毒性などのさまざまなデータを集めることが主な仕事です。

募集人数が少なく、場合によっては競争倍率が1000倍以上ということもあり、かなり狭き門となります。

開発職

薬
開発職では、ヒトへの臨床試験を行います。動物や細胞を使った実験をすることはありません。

臨床試験は薬を開発し、商品化する最終段階で行われます。

薬を投与する量や服用方法・副作用などあらゆるデータをまとめて国に提出し、製造販売承認を得ることが目的です。

営業職(MR)

製薬会社の営業職は、MRとも呼ばれます。

MRはMedical Representative(メディカル・リプレゼンタティブ)の略で、医薬情報担当者という意味です。

一般的な営業職とは異なり、MRが商品を直接販売したり医薬品の値段を交渉することはありません。

MRという名前の通り、医薬品に関する情報に精通したエキスパートで、医療に関係する情報を医者や薬剤師に伝えます。

薬を実際に投与したときの効果や情報を自社にフィードバックすることも大切な業務です。

製薬会社と医療関係者との間で情報交換をスムーズに行えるかどうかは、個人の努力にかかっています。

専門知識だけでなく、取引先と良い人間関係を築くことが大切です。

コミュニケーション能力が高い人に向いています。

事務職

製薬会社の事務職は、これまでご紹介した研究職・開発職・MRをサポートする仕事です。

総務や経理といった一般事務の他、薬に関するデータを入力が多いでしょう。

医薬品に関する専門知識は必ずしも必要ではなく、未経験であっても応募できることがあります。

正社員だけでなく派遣社員の求人も多いです。

外資系の製薬会社であれば、語学力も必要になることがあるでしょう。

 

無料転職相談をして自分にあった職種を探そう

 

製薬業界で女性向けの職種

笑顔
製薬業界で女性に向いている職種は事務職です。繫忙期以外は残業も比較的少なく、営業職のようなノルマの心配もありません。

研究職・開発職も女性の活躍がめざましい職種です。

出張や泊まりの研究が頻繁にある部署もありますが、大手製薬会社であれば待遇もよく、福利厚生もたいてい充実しています。

産休・育休制度だけでなく時短勤務が可能であったり、残業が免除される場合も多いです。

営業職であるMRは転勤の可能性が高い職種です。応募前に採用条件を確認しておきましょう。

 

ワンポイント
 女性が製薬業界で働くのであれば事務職がおすすめ。
 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


製薬業界のやりがい

やりがい
製薬業界で働くやりがいは、人々の健康に役立つ医薬品に関わることができるということです。

携わっている職種によって、やりがいを感じるポイントは多少異なります。

例えば、研究職開発職であれば新しい薬を生み出すことによってやりがいを感じることができるでしょう。

MRの場合は、自社製品を病院や薬局で採用してもらえることがやりがいとなります。

自分の営業努力が報酬アップにつながることもメリットです。

人々の未来を支えていくことができる

製薬業界で働くことによって、人々の健康を守り、未来を支えていくことができます。

病気やケガを治すサポートをしてくれる医薬品は、わたしたちの生活になくてはならないものです。

医薬品によって救われる命もたくさんあるでしょう。

自分たちの関わっている医薬品が人の役に立つということは、仕事に対する充実感やりがいにつながります。

医薬品開発による社会貢献ができる

ビーカー
人々の役に立つ医薬品を開発すること、そしてその医薬品を世の中に広く普及させることは立派な社会貢献です。

さまざまな医薬品のおかげで、以前は治療不可能だった病気も治るようになりました。

また、病気の予防や再発を防げるようになり、昔より平均寿命も伸びています。

健康的に長生きできる人が増えていることからも、医薬品の開発は社会に大きく貢献しているといえるでしょう。

新しい医薬品を生み出すことができる

新しい医薬品を生み出すことは、研究者や開発者にとっていちばんやりがいのある仕事です。

医薬品が開発されて実際に投与されるまでは、とても時間がかかります。10年を超えることもザラです。

開発の候補となる、理想的な化学物質がなかなか見つからないこともあるでしょう。

実験で思うような結果が出ない、などのトラブルは日常茶飯事です。

国に承認され、必要としている人が薬を使えるようになるまではさまざまな困難を乗り越えなければなりません。

努力と苦労の結晶である新薬が世に出たときは、大きな喜びを感じられることでしょう。

 

ワンポイント
 製薬業界で働くことは人々の未来を支えることになり、社会貢献につながる。

製薬業界に必要なスキル

どうぞ
製薬業界に必要なスキルは、まず大学を卒業していることです。

研究や開発に携わりたいのであれば、薬学関係を専攻していることが必須といえます。

博士課程を修了していれば、条件面での問題はまずありません。

面接の際に、自分が行ってきた研究成果などを効果的にアピールできれば採用につながるでしょう。

また、製薬業界は海外とのやり取りもある業界です。

TOEICの点数で700点以上を推奨している企業もたくさんあります。

職種に関係なく、語学力は身につけておくべきスキルです。

技術職は理系大卒以上の学歴が必要

顕微鏡
研究職開発職といった製薬開発の技術に関する職種は、理系大卒以上の学歴が必要です。

理系の中でも生物学応用化学分析化学を専攻していることが望ましいでしょう。

6年制の薬学部のカリキュラム、もしくは修士課程を修了していることが必須の会社も多いです。

MRは文系・理系関係ない

営業職であるMRは採用人数も多く、文系・理系問わず広く募集されていることが多いです。

MRには、医薬品の専門知識だけでなくコミュニケーション能力も必要となります。

MRに適性があると判断されれば採用されることもあるでしょう。

ただし、多くの製薬会社でMR認定の取得が義務付けられています。

薬学部や理系出身の方が有利になることはいうまでもありません。

文系出身の場合は少々難易度が高くなるでしょう。

MR認定試験

MR認定試験は、医薬情報担当者教育センター(MR教育センター)が主催しています。

6ヶ月間にわたる製薬会社でのMR導入教育の成果を判断するために行われる試験です。

試験科目は以下の6科目となります。

  • 疾病と治療
  • 薬理学
  • 薬剤学
  • 医薬概論
  • PMS(市販後調査)
  • 添付文書

試験は毎年12月に行われており、試験に合格すれば認定証を取得できます。

認定証の有効期限は5年間です。有効期限を過ぎると更新手続きが必要になります。

MRを目指すほとんどの人が受ける試験です。

 

ワンポイント
 MRは理系・文系問わず応募可能だが、MR認定試験を受ける必要がある。

製薬業界に向いている女性の特徴

ガッツ
製薬業界は、専門知識だけでなくコミュニケーション能力も必要とされます。

新薬の研究開発はチームを組んで行われることがほとんどです。

完成するまでのプロセスをスムーズに進めるために良好な人間関係が欠かせません。

データを分析することが重要なので、直観に頼らず論理的に考える人が適しています。

責任感が強い人

製薬業界では、どの職種においても人々の健康に深く関わっているという強い責任感を持って仕事することが大切です。

医薬品は、ときに副作用や重い健康被害を引き起こす危険もあります。

最悪の事態にならないよう、法律や会社で定められた規則は忠実に守るようにしましょう。

正義感が強い人

製薬業界では、正義感や倫理観が強いということも重要です。

例えば、実験で期待した結果が得られないからといって目を背けてはいけません。

どんな結果とも真摯に向き合い、問題を解決して安全・安心な薬を開発することが、人々の健康を守ることにつながります。

丁寧な人

製薬業界が取り扱うデータの量は膨大です。

膨大なデータをミスなく処理するために、丁寧な作業をすることが求められます。

なぜなら、薬の成分が少し違うだけで人体に大きな影響を及ぼす可能性があるからです。

安全な薬をつくるためには、実験や臨床試験のデータを細かくチェックし、安全性についての検証を積み重ねる必要があります。

丁寧にコツコツと、長期間の作業が続けられる人に向いている仕事といえるでしょう。

研究職なら知識がある人

医薬品の研究職・開発職に就きたいのであれば、専門知識があることは必須条件です。

少なくとも理系大卒以上、薬学系の知識があるに越したことはありません。

また、製薬業界や医療業界では日々研究・開発が続けられています。

新しい知識を取り入れ、柔軟に対応していく姿勢も大切です。

 

無料転職相談をして自分の適性を活かそう

 

製薬業界の年収

年収
製薬業界は、高収入の業界として定評があります。

研究職・開発職の初任給は約30万です。他の業界と比べてかなり高い収入といえるでしょう。

MRであれば実績に応じたインセンティブや出張手当なども期待できます。

大手製薬会社であれば福利厚生出産後のサポート体制も充実しているので、女性が働きやすい環境です。

 

ワンポイント
 大手の製薬会社ほど福利厚生が充実している。
 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


製薬業界の将来性

未来へ
製薬業界の将来性は、今後ますます加速するグローバル化やAIとの連携にどれだけ対応できるかにかかっています。

製薬業界は現在年間10兆円の売り上げがあり、市場規模がとても大きいです。

市場規模は今後も拡大することが見込まれています。

医療技術の発達に伴い、新薬の開発も積極的に行われていることから、安定した収入が見込める業界といえるでしょう。

しかし、ジェネリック医薬品などの後発医薬品や国の医療費対策による薬の価格引き下げが課題となっています。

最先端の技術を取り入れ、海外企業とうまく連携できるかどうかが製薬業界発展のカギとなるでしょう。

製薬業界への転職は転職エージェントに相談しよう

白い服
製薬業界への転職を考えているのであれば、転職エージェントに相談してみましょう。

転職エージェントに相談すれば、製薬業界のどの職種に向いているのかアドバイスを求めることもできます。

競争率が多い製薬業界の非公開求人を紹介してもらうことも可能です。

 

無料転職相談をして製薬業界に転職しよう

 

まとめ

キャリアウーマン
製薬業界は、高収入で福利厚生も充実している魅力的な業界です。

開発・研究などの部署であれば薬学系の専門的な知識が必要となります。

営業職であるMRや事務職などは、文系の大学卒でも応募することが可能です。

製薬業界は、たくさんのデータを厳正に管理しなければなりません。

責任感・倫理観が強く、地道な作業を丁寧に続けられる人に向いています。

製薬業界への転職を考えているのであれば、転職エージェントを活用しましょう。

人気の高い業界ですが、転職エージェントを活用することで採用担当者に効果的なアピールをすることが可能です。

ぜひ転職エージェントに登録してみてください。

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために以下のサポートを全て無料で実施いたします。

  • 非公開求人紹介
  • 職務経歴書のフルオーダー作成
  • 応募企業への推薦
  • 面接のフィードバック
  • 模擬面接の実施
  • 内定後の労働条件確認

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!

 

非公開求人紹介

転職エージェントに相談すると、一般に公開されていない非公開求人への紹介が可能です。

非公開求人には大手企業優良企業が多いと言われています。

条件が良い仕事だったり募集人数が少ない場合があるので、一般募集で応募が殺到しないように非公開としているのです。

この非公開求人はエージェントの紹介でしか応募することが出来ません。

キャリアアドバイザーによるヒアリングであなたにピッタリの求人をご紹介いたします。

職務経歴書のフルオーダー作成

応募したい企業が見つかったら先方に提出する職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい職務経歴書の作成を目指しています。

応募企業への推薦

フルオーダーの職務経歴書とともに応募企業への推薦状を作成いたします。

応募推薦状はエージェントに相談した人にしか受けられないサポートです。

模擬面接の実施

コールセンター

ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。

面接のフィードバック

面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

また内定した場合でもフィードバックいたしますので自分がどこを評価されたのかが分かり、入社後のモチベーションにも繋がります。

内定後の労働条件確認

事務

 

企業内定後には労働条件の確認給与の交渉をさせていただきます。

内定承諾書を提出する前に確認しておきたい雇用形態の調整を代わりに行います。

納得して仕事を始めていただけるように最後まで徹底サポートさせていただきます。

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!