ネットショッピングの機会の増加などの影響により、物流業界における倉庫内作業の求人は年々増加しているといわれます。

専門の資格や経験が重視されることのない軽作業中心の仕事として、倉庫内作業に注目している方も多いのではないでしょうか。

そこで今回の記事では倉庫内作業の志望動機の書き方について詳しく解説します。

志望動機で採用担当者に好印象を与えるコツや注意点、例文などもご紹介しますのでぜひ参考にしてください。

Contents

倉庫内作業の志望動機の書き方を解説

ダンボール

倉庫内作業の仕事は物流業界の中でも運送業と並んで重要な倉庫業に分類されます。

未経験でも挑戦できる求人が豊富で、学生のアルバイトとしても注目度の高い仕事です。

ただ、そんな人気の仕事だけに競争率は常に高く、採用を勝ち取るためには様々な工夫と努力をしなければなりません。

倉庫内作業の志望動機を書く時にまず重要となるのは徹底した自己分析と仕事内容のリサーチです。

またなぜ倉庫内作業という仕事を選んだのか、そしてなぜその企業を選んだのかについても明確にしておく必要があります。

以下の項目で順に詳しく見ていきましょう。

志望動機を書く前のポイント

女性,パソコン

志望動機を書く前のポイントとして必ず押さえておきたいことが2つあります。

それは自己分析を徹底することと、これから応募する仕事の内容を可能な限りリサーチして把握しておくことです。

具体的にはどのようなアピールの仕方をすれば採用の可能性をアップさせられるか、それぞれ詳しく解説しましょう。

自己分析を徹底しよう

パソコンを使う女性

倉庫内作業の志望動機を書くにあたっては、まず徹底的な自己分析を行いましょう。

体力と持久力が必要とされる倉庫内作業の仕事に自分が本当に向いているかどうか、正しく自己判断するのです。

体力には自信がある、同じ作業を長時間することも苦にならないというのであれば、ぜひそのことを志望動機に書きましょう。

採用担当者に自分の適性を強くアピールすることは非常に重要です。

倉庫内作業の仕事内容を把握しておこう

作業着

志望動機を書く時には倉庫内作業の仕事内容をきちんと把握しておくことも重要です。

たとえば志望動機に「ピッキング」や「仕分け・梱包・発送作業」などの単語が出てきたら採用担当者はどう感じるでしょうか。

こちらが倉庫内作業についてある程度の知識を備えていることを喜ばしく感じ、採用の優先順位を上げてくれるかもしれません。

少なくとも、体力自慢ばかりの志望動機よりもずっと好印象を与えられることでしょう。

また同じ作業が長時間続きがちなことやスピード感が求められることなど、倉庫内作業の仕事の特徴にも触れると良いでしょう。

 
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

倉庫内作業の志望動機を書く際のポイント

女性労働者

自己分析の徹底と仕事内容の把握以外にも、倉庫内作業の志望動機を書く際のポイントとなることがあります。

それは業務に活かせる経験をアピールすることと、志望理由と応募企業の特徴を紐付けすることです。

以下で詳しく見てみましょう。

業務に活かせる経験をアピールしよう

面接

中途採用者に求められるのは即戦力になれるだけのスキルや経験です。

多くの倉庫内作業の求人は未経験でも応募できますが、スキルや経験があった方が採用の可能性を高められるでしょう。

たとえばフォークリフトの運転技能を持っていれば優先的に採用してもらえるかもしれません。

また商品の検品や梱包は特に経験の有無が結果に出やすい作業です。経験者と未経験者とでは処理スピードが大きく違います。

前職で検品や梱包およびそれに準ずる作業に従事したことがあれば、その経験を志望動機で強くアピールしておきましょう。

志望理由と企業の特徴を紐付けよう

資料を作成する女性

倉庫内作業の志望動機を書く際は、志望理由と応募企業の特徴を紐付けることも肝心です。

そうすることで、その企業で働きたいという積極的な意思を採用担当者に対してアピールすることができるでしょう。

たとえば当日発送が売りの通販サイトを利用して大きな満足が得られた経験なども志望理由にすることが可能です。

自身の適性を考慮して当の通販サイトよりもその商品管理に携わる倉庫内作業への転職を選んだ、などの理由を書きます。

倉庫業を営む企業は数多くありますので、よく企業研究をしてその特徴や強みを調べ上げ、志望動機に反映させましょう。

 

ワンポイント
スキルや経験の棚卸しをして自分の適性を再確認しよう。

志望動機を書く際の注意点

笑顔の女性

倉庫内作業の志望動機を書く際の注意点として、根本的な2つの問いかけへの回答を記しておくことが挙げられます。

2つの問いかけとは、「なぜ倉庫内作業を仕事に選んだのか」と「なぜ数ある企業の中から応募企業を選んだのか」です。

志望動機を書く時にはこれらの理由を明確にするよう努めましょう。

以下の項目で詳しく解説します。

なぜ倉庫内作業なのか明確にしよう

志望動機を書く際の注意点、1つ目はなぜ倉庫内作業の仕事に就きたいのかを明確にすることです。

特別な技能を必要としない場合が多く、誰にでも挑戦しやすい点が倉庫内作業の魅力の1つであることにはすでに触れました。

そのため、軽作業ならば何でも良いというくらいの軽い気持ちで応募する人も少なくありません。

ただ企業側としては、倉庫内作業という仕事に対する強いやる気と責任感を期待できそうな人を積極的に選びたい所です。

他の仕事ではなく倉庫内作業をしたいことを分かりやすいエピソードを添えて記述すれば、採用の可能性を上げられるでしょう。

なぜ応募企業なのか明確にしよう

志望動機を書く際の注意点、2つ目はなぜ応募企業を選んだのかを明確にすることです。

倉庫業は運送業と並んで物流業界に欠かすことのできない仕事であり、携わる企業は非常に多く存在します。

それら数ある企業の中でなぜ応募企業を選んだのか。その点をはっきり記すことで採用担当者の心証は大きく変わるでしょう。

他の企業ではなくその企業で働きたいという意思が感じられない場合、相手に不快感を与えることさえあるので注意が必要です。

 

ワンポイント
なぜその仕事を選んだか・なぜその企業を選んだかの2つはとても重要。

 
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

志望動機で好印象を与えるポイント

面談する女性

この項目では、倉庫内作業の志望動機で採用担当者に好印象を与えるためのポイントについて解説します。

応募企業で働きたいという意思や倉庫内作業への適性をアピールするだけが心証を良くするための方法ではありません。

自分が会社にどのように貢献できるかを具体的に示すことと、将来のビジョンや自分らしさを主張することも有効です。

それぞれ詳しく解説しましょう。

入社することで貢献できる内容を明確にしよう

倉庫内業務の志望動機で採用担当者に好印象を与えるポイント、1つ目は貢献できる内容を明確にすることです。

自分の採用を通じて応募企業側が得るであろう具体的なメリットを提示すること、と言い換えても良いでしょう。

そのためには、自分が持つどのスキルが応募企業のどのような業務に有効なのかを正しく把握・評価しなければなりません。

その意味でも、自分のスキルの棚卸しと業務内容のリサーチは徹底して行うべきだといえるでしょう。

将来のビジョンや自分らしさをアピールしよう

倉庫内業務の志望動機で採用担当者に好印象を与えるポイント、2つ目は将来のビジョンや自分らしさをアピールすることです。

積極的に業務に取り組んでできるだけ早く現場のチーフの職に挑戦してみたいなど、仕事に対する前向きな姿勢を見せます。

意欲のある新人だと印象付けることができれば、先輩方から特に熱のこもった指導をしてもらえるかもしれません。

また自分らしさのアピールでは、棚卸しをした自分自身の情報の中から仕事に役立ちそうなものを選んで書きましょう。

倉庫内作業の志望動機の例文

ピースする女性

倉庫内作業の志望動機の例文として理想的なものを3つご紹介します。

もしどうしても納得のいく志望動機が書けない時は、これらの例文の構成を使って再挑戦してみてください。

ただし、借りるのは形だけです。中身は自分だけのオリジナルエピソードにしなければなりません。

採用担当者の目を引くユニークな志望動機をしたためて、たくさんいるライバルたちに差を付けましょう。

未経験者の場合

「大学生だった4年間、私はずっとコンビニで接客や品出しなどのアルバイトをしていました。

そうした経験を御社の食料品倉庫内での業務に活かしたいと思い、今回応募させていただきました。

長く接客をしてきたのでコミュニケーション能力の高さには自信があります。食料品を丁寧に扱う姿勢も誰にも負けません。

また学生時代は陸上部に所属していましたので長時間の立ち仕事にも耐性があります。

食品管理の分野で広く知られた御社で自分の良さを活かして大いに活躍させていただきたいと考えています」

異業種経験者の場合

「私は前職では印刷会社に勤めており、生産管理部という部署で印刷用紙の発注・管理の作業をしていました。

一身上の都合で退社する運びとなり、似た仕事を探す中でアパレル関係の商品管理という御社の求人に巡り会いました。

重たい印刷用紙の束を扱っていた経験から、体力には大いに自信があるので即戦力として活躍できます。

これまでに培った経験を活かして、昔から興味を抱いていたアパレル業界と関わりの深い仕事で活躍したい所存です」

同業種経験者の場合

「私は前職では○○社の倉庫管理の業務に携わっており、スピーディーな梱包作業には仲間内でも定評がありました。

結婚を機に退職しましたが、今回復職するにあたって新しい環境で働きたいと思い、御社の求人に応募させていただきました。

御社の倉庫管理システムについて説明会でお話をうかがい、前職で利用していたものと共通性が高いことは確認済みです。

ピッキングから梱包・発送業務まで、あらゆる場面で即戦力として活躍させていただきたいと考えております」

倉庫内作業の志望動機のNG例文

女性、NG

この項目では倉庫内作業の志望動機のNG例を2つご紹介します。

悪い点をなくすことも志望動機をブラッシュアップするための方法の1つです。

何がどう良くないのかを正しく理解して、もしも自分の志望動機にNG例文と似た傾向があればすぐに修正しましょう。

NG例にならないための具体的なポイントも改めて挙げますので、ぜひ参考にしてください。

ネガティブな姿勢

「私は昔から人と深く関わるのが苦手で、どちらかというと1人で黙々と仕事をすることの方が好きです。

御社の倉庫内作業は作業環境が私向きなように感じられたので、今回応募させていただきました。

物覚えは良い方なので、一度流れを教えていただければ後は放っておかれてもそれなりの結果を出せると思います」

全体的にネガティブな印象を受ける例文です。

特に大きな減点対象なのは自分のことしか語っていない所でしょう。

倉庫内作業では円滑な作業のために仲間との連携も大切です。コミュニケーションを拒絶する姿勢はいただけません。

自分本位な姿勢

「倉庫内作業の経験はありませんが、説明会に参加して非力な私でもできそうだと思ったので応募しました。

生まれつきとても不器用なので、できるだけ簡単な作業を任せてもらえると嬉しいです。

またパソコンの扱いには慣れていないので、パソコンでの入力作業のない部署への配置を希望します」

自分本位な書き方になっていて、一緒にがんばっていこうという姿勢が見られません。

苦手なことがあるのは仕方がありませんが、できれば仕事を通してそれを克服していこうという気概がほしい所です。

NG例にならないために

志望動機を書くにあたって大切なのは積極的で前向きな姿勢をアピールすることです。

自分の志望動機を読んだ採用担当者が「この人と一緒に働きたい」と思ってくれるように工夫して書きましょう。

スペースは限られています。ネガティブな情報は必要ありません。またこちらの要望ばかり突き付けるのもいただけません。

御社で働かせてもらいたい。スキルを活かして会社の発展に貢献したい。そんな謙虚でポジティブな記述を心がけましょう。

 

ワンポイント
志望動機を書く時には謙虚さとポジティブさが大事。

倉庫内作業の面接対策は?

女性

倉庫内作業の面接で面接官から聞かれがちな質問があります。たとえば以下のようなものです。

  • 手先は器用か
  • 力に自信はあるか
  • どうしてここで働きたいのか
  • 黙々と作業することに抵抗はないか

売り手市場な面もある倉庫内作業の求人ですが、きちんと面接対策をしていないと思わぬ失敗をしてしまうかもしれません。

想定される質問事項にはできるだけ簡潔に応えられるよう怠りなく準備しておきましょう。

倉庫内作業の志望動機に困ったら転職エージェントに相談しよう

エージェント

倉庫内作業と一口にいってもその業務はピッキングから梱包・発送まで多岐にわたります。

それら多くの業務の中のどれが自分に向いているか、なかなかイメージの湧かない方もいるかもしれません。

そんな時は転職エージェントに相談してみてください。

転職エージェントは倉庫業の仕事の中身についても詳細な情報を持っています。

利用登録をして相談を持ちかければ、きっとより良いアドバイスをしてくれるでしょう。

1人で転職しようとせず、気軽に転職エージェントに相談してみましょう。その方がずっと早く効率的に道が開けます。

 

ワンポイント
転職の悩みはプロフェッショナルに相談するのが解決の早道。

 
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

まとめ

3人

いかがだったでしょうか。

今回の記事では倉庫内作業の志望動機の書き方をご紹介しました。

ネットショッピングの利用の増加に伴って、倉庫内作業の従事者を求める企業の声は年々増しています。

いわゆる売り手市場であり、特にフォークリフトのオペレーターは需要が高いといわれます。

ただ、だからといって応募すればどんな人でも採用してもらえる訳ではありません。

人気の仕事で競争率も高いため、効果的で魅力的なアピールができなければ他の応募者に競り負けてしまうでしょう。

志望動機は手強いライバルたちに勝つための武器の1つです。

本稿を参考にしてより良い志望動機を作り、競争相手たちに差を付けてください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら