小売業とは、スーパーやコンビニ、百貨店や専門店などを指しています。

日常に密接した業種なので、仕事内容などもイメージしやすいのではないでしょうか?

市場規模が多く、事業数も多く、求人も多いので、アルバイトやパートなどで勤務した経験があるという人は多いでしょう。

消費者が求めるものを適切にそろえ、販売することが小売業の大きな役割です。

地域社会に欠かせない存在が小売業であり、その役割は今後も変わらないことでしょう。

小売業界の将来性を解説

買い物

私たちの生活に密接に関わる業界の一つが小売業界です。

商品の売買や流通などを行う小売業は、生活の一部といっても良いくらい生活に関わっています。

このように私たちの生活にかかわりのある業種であるのが小売業界です。

実際の小売業界の職種や現状などについて、理解できている人はほとんどいないでしょう。

小売業界への就職を目指している人であれば、小売業界の現状や将来性などについてしっかりと把握をしておく必要があります。

今回は小売業界についてのさまざまな情報を解説していきます。

小売業界の現状

悩むスーパーの女性

小売業界では、数年前の消費税増税前の駆け込み需要や震災の影響などによって、1年ごとで業績が大きく変化をしまいました。

近年は多少のふり幅はあるにしろ、業績自体は業界全体としては落ち着いています

特にコンビニやスーパーなど、規模の小さい業態では売り上げ上昇を確認することができます。

今後に期待される分野であるとされているのです。

国内産業の中でもトップクラス

小売業は国内産業の中でもトップクラスの販売額を誇ります。

ここ数年の業種別では「機械器具小売販売」「無店舗小売業」「医薬品・化粧小売業」が大きく伸びています。

その中でも特に目立つのが「ドラッグストア」「100円ショップ」「コンビニ」です。

生活防衛意識の高まりや、日用品需要の増加で、ドラッグストアや100円ショップが好調です。

訪日外国人のインバウンド需要による売上が多くを占めている

近年では訪日外国人の増加も追い風となっています。

コンビニやドラッグストア、100円ショップは首都圏や繁華街、駅前などに多くあります。

外国人観光客の行動エリアに含まれ、店舗に向かいやすいのが利点です。

これが好調の理由となっています。

ホームセンターや家電量販店の多くは郊外型の店舗で訪日外国人などの足が向きにくい傾向にあります。

インバウンド需要よる売り上げが現在の小売業の好調を支えているのです。

 

ワンポイント
ドラッグストア・100円ショップ・コンビニが小売業界の好調をけん引している。

小売業界の将来性

イベントコンパニオン

現在の小売業界は業界全体としては好調です。

今後も小売業界の売上高は成長傾向にあるといえます。

好調であるドラッグストア・100円ショップ・コンビニ以外の業種、特に百貨店の売り上げ低下が問題となります。

エッセンシャルワーカーの需要は高くなる

小売業界の中で今後エッシェンシャルワーカーの需要が高くなるといわれています。

エッシェンシャルワーカーとは、スーパー・百貨店・ドラッグストアなどに勤務されている従業員のことを指しております。

「私たちの日常生活における、必要不可欠な仕事を担う労働者」がエッセンシャルワーカーです。

エッシェンシャルワーカーがいなければ小売業は成り立つことができず、買い物すらできなくなってしまいます。

どのような状況下においても私たちが生活ができるのはエッシェンシャルワーカーの存在があるからです。

今後も業界自体が好調な場合、それを下支えするエッシェンシャルワーカーが常に必要になってきます。

エッセンシャルワーカーの需要は高くなっていくでしょう。

業界全体でのDX化が求められる

DXとは「デジタルトランスフォーメーション」の略です。

小売業界では無人店舗、セルフレジ、ECやデリバリーサービスなど、IT化が進んできています

10年ほど前では考えることができないほど消費者からすれば便利になりました。

業者からすると、便利になった反面、サービスの多様化で複雑化してきていると感じるはずです。

DXとは企業が環境の変化に対応し、データとデジタル技術を活用して競合企業との競争での優位性を確立するものであります。

デジタル化することで活用できるデータを企業は保有することができます。

小売業界ではまだまだIT化が進んでいないのが現状です。

なかなかDX化を進めることができないのですが、業界全体としてDX化を進めていく必要があります。

「SAP」や「D2C」が普及していく

SAP、D2Cという言葉を聞いたことはあるでしょうか?

SAPとは(store retailer of private label apparel)の略で製造小売という考え方です。

製造小売りは最近では珍しくもなくものになりました。

D2C、これは(Direct to Consumer)の略になり、仲介業者を通さずに商品を直接消費者へ販売するという方法になります。

もとはアパレル業界で注目されていたワードでした。

インフルエンサーマーケティングの流行により、Web上で店舗を持ち直接消費者に販売する方法が容易になりました。

これからはこのようなSAP、D2Cが普及するであろうといわれているのです。

 

ワンポイント
IT、デジタル化に合わせた動きをすることが小売業を成長させるカギになるでしょう。

小売業界の今後の課題

アパレルショップ

成長していくといわれている小売業界ですが、今後の課題も存在します。

どのようなことが今後の課題となり、どのような対応をしなくてはいけないのでしょうか?

少子高齢化と人口減少による市場規模の縮小

既に問題視されておりますが、少子高齢化と人口減少について近々の問題として考えていかなくてはいけません。

人口が減少していくということは、購入してくれる人口が減ることに直結していますので、市場規模が縮小されていきます

今後ますますの人手不足に陥っていくと予測されています。

労働生産性をいかに最大化させることが今後の課題です。

過当競争

過当競争とは同業種内での市場占有率を拡大させるために起こる過度の競争状態であります。

小売業界内でも過当競争は激化しており、過度な価格引き下げを繰り返したことにより、様々な問題が生じています。

今後も過当競争が続くことにより、共倒れなどの可能性も出てきます。

小売業界で生き残るためにこれからやるべきこと

ガッツポーズをする女性

これから小売業界で生き残るためにはどのような対策を取るべきなのでしょうか?

実店舗の成長も必要になりますが、それ以外にできことはあるのでしょうか?

最新の技術の導入

消費の中心はインターネットに移行しています

今後は小売業もECなどオンラインを使った事業戦略を強化することが必要になります。

顧客視点に立った対応こそが今後生き残るためには必要です。

商品やサービスの差別化

今まで通りの商品やサービスを提供していくだけでは、顧客を引き付けていくことが難しくなっています。

PBブランドであったり、付加価値を付けたサービス、他社との差別化をすることで消費者の興味関心を引くことができます。

ありきたりのものでは消費者の気を引くことができない世の中になってしまったのです。

企業はさまざまな商品やサービスを提供することが必要になっています。

場所を選ばないマネタイズ

マネタイズとは、収益化のことであります。

収益化の方法にこだわっていたのが今までの収益方法です。

これからは場所であったり、方法など関係なく収益を上げていくことが必要です。

実店舗での販売だけではなくインターネット、デリバリー、いろいろな方法を利用して収益を上げていくことが大事になります。

商品だけではなく、サービスなどでも収益化できるものがあれば利用していくことも必要です。

小売業界で女性が活躍するには?

ビジネスウーマン

他の業種に比べて、小売業界は女性の活躍がしやすい業界であるといえます。

従業員などの女性の比率か高い事業者も多いのが小売業者の特徴です。

パートタイム、アルバイト、女性の生活環境に合わせた働き方への対応が柔軟な企業が多いからだといわれています。

女性だから出世できないなどの問題にも、積極的な姿勢を示す事業者なども増えています。

少しずつではありますが女性が活躍できる環境が整ってきているようです。

転職を考える際にはこのような点をチェックして求人を確認してみると良いでしょう。

小売業界で求められる能力

コミュニケーション

ここで小売業界で求められる能力について確認していきましょう。

どのような能力が実際に必要なのでしょうか?

コミュニケーション能力

2人の女性

小売業界は消費者との距離がとても近い業界です。

百貨店、スーパー、コンビニ、毎日通うこともあるので消費者とコミュニケーションを取る機会は他の業種よりも多くなります。

コミュニケーションを取ることができれば、気持ちよく買い物してもらうこともできます。

気持ちよく買い物ができれば、自然と購入量や購入回数が増えるでしょう。

コミュニケーションによって購買意欲を引き出すことが可能になるので、コミュニケーション能力はとても重要になります。

臨機応変さ

アクションマークと女性

小売業はお客様あっての仕事です。

毎日違うお客様が来て、毎日違う要望をに対応していくことが求められます。

時には難しいことをお願いされるかもしれません。

臨機応変な対応が常に求められますので、対応することができることが必要となります。

トレンドや情報感度

ファッションアイテム

店舗には定期的に新商品が入荷します。

その時の最新のトレンドとなる商品なども入ってくるので、常に新しい情報を手にすることができます。

商品があるだけでは、お客様へアピールすることができませんので、商品知識を勉強しておくことが必要です。

常にトレンドに対しては敏感であるほうが良いでしょう。

 

ワンポイント
小売業界で必要な能力を持っていることは、転職の際も有利となります。

小売業界へは未経験でも転職できる?

考える女性

小売業界で働いてみたい、そのような気持ちがあるのに、未経験だからと悩んでしまうことがあるかもしれません。

小売業界といっても、職種はさまざまです。

最初からマネジメントであったり、物流業務(バイヤー)、販売促進などの専門分野を目指すのは難しいかもしれません。

企業によっては入社をして様々な経験を積まないとできない仕事であるかもしれません。

難しい仕事に挑戦をしたい気持ちもわかりますが、未経験の場合は初心者としてスタートラインに立って仕事をしましょう。

小売業界で働く際、必ず持っていなければならない資格はありません。

衛生管理者や食品衛生責任者の資格などは、入社後に会社から取得するように指示されることが多いようです。

販売の仕事から始めるのであれば、未経験でも転職は可能です。

働いていく中で色々な経験をして、レベルアップをしていくことになるでしょう。

 

ワンポイント
未経験からの転職も可能で、入社後にスキルアップやレベルアップをしていきましょう。

小売業界への転職に困ったら転職エージェントに相談しよう

転職エージェント

小売業界についてご紹介してきました。

小売業の必要性が見直されつつありますので、今後さらなる成長を期待することができます。

実際に小売業界への転職を考えた時に悩んでしまうこともあるかもしれません。

そのような時は転職エージェントに相談することをおすすめします。

小売業界への転職に関しての知識豊富なスタッフが的確なアドバイスをすることができます。

安心して小売業に転職をすることができるででしょう。

職業紹介などもできますので、気軽に転職エージェントを利用してみてください。

まとめ

ガッツポーズ

小売業界についての解説いたしました。

小売業界の現状と課題、そして今後についてご説明をしましたので、参考にしていただきたいと思います。

右肩上がりの売り上げで成長を続ける分野ではありますが、実店舗以外の需要にも対応していくことが必要とされています。

小売業の転職を志望する場合、未経験でも活躍できる環境はありますので、安心して応募してみることができるでしょう。

未経験で採用された場合は、入社後に色々な資格を取ることも要求されることもあるということを覚えておきましょう。

仕事においてプラスになることばかりなので、資格を取得してスキルアップしてください。

小売業に転職を考えた時に不安を感じる場合は、転職エージェントに相談してみてください。

転職エージェントがあなたの不安を自身に変え、転職を成功に導くアドバイスをしてくれるでしょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら