テレビ・舞台・コンサート、さまざまな場所で照明を使った演出を見る機会があります。

エンターテイメント業界ではかかせない存在である照明スタッフですが、どのような仕事をしているのかご存じでしょうか?

照明スタッフの仕事は表舞台というよりは裏方、縁の下の力持ち的な仕事が多いです。

実際にどのような仕事をするのでしょうか?

照明スタッフの仕事内容を解説

ライブ会場 マイク

照明スタッフの仕事というと、表舞台の仕事というよりは裏方の仕事がメインである印象があります。

裏方の仕事ではありますが、照明自体は常に私たちの見える場所で様々なものを照らし続けています。

照明があるから出演者などが、魅力的に映ったり迫力を感じたり、感動をする素晴らしい職業です。

演出や構成に合わせてプランニングからオペレーティングまで行う専門的な職業、それが照明スタッフになります。

専門的な職業に魅力を感じて、照明の仕事に就きたいと思う人も多いのではないでしょうか?

照明スタッフの仕事は男女年齢など関係のない仕事であり、誰にでも挑戦するチャンスがあります。

今回は照明スタッフの業務内容・仕事のやりがい・仕事をする上で必要な能力や年収などについて紹介します。

照明スタッフの主な業務内容

動画編集中のパソコン

照明スタッフといえば、テレビや舞台・コンサートや映像作品など、照明機材を使用した演出を担当することは知られています。

実際にはそれ以外にもさまざまな仕事をしているのです。

演出に合わせた照明のプランニング

プランニングとは効果的に照明を行う上で必要な仕事です。

演出や構成に合わせて照明をどのように行うのか、依頼者や舞台監督・ディレクターなどと打ち合わせて詳細を決めます。

現場で実際に照明機材を使いながらチェックをしたりすることで、内容が変更になることもあります。

しっかりとした準備を行うことで最高の結果を生み出せるのです。

照明機材の搬入・設置

機材の搬入から設置、照明のオペレーションは照明スタッフの仕事です。

現場にある照明器具を使用することもありますし、自分たちの持っている機材を使用する場合もあります。

事前に打ち合わせをして、必要であると判断された機材は責任を持って搬入・設置することが基本です。

大きな機材が多いので運搬にはトラックなどを使うことが多く、運転免許を持っている場合は自分で運転し搬入をします。

運転免許などがない場合は運送業者などに依頼する必要があるので、事前にチェックをしましょう。

本番での操作・管理

搬入したら本番となりますが、搬入された機材や現場に設置されている機材は決して安いものではありません。

故障や破損してしまえば本番に支障をきたしますし、新しく購入するにも莫大なお金がかかるものもあります。

まして現場に設置されている機材であれば弁償となりますので、扱い方や安全管理には細心の注意を払わなくてはいけません

自分だけではなく、周りには照明以外の仕事をする人がたくさんいます。

照明以外の道具もたくさん搬入されているはずです。

周りにも気遣いながら仕事を行うことが必要になるでしょう。

照明機材の撤去

無事本番を終えても、本番後の撤収まで気が抜けない作業が続きます。機材自体が大きなものが多いので、搬入も撤収も時間がかかるのが照明スタッフの仕事です。

次の仕事が入っている場合には時間の問題もありますので、時間配分などに気を付けながら作業をします。

1つの仕事をするだけでもさまざまな作業をするのが照明スタッフの仕事なのです。

 

ワンポイント
搬入から撤収まで、1つの仕事をするために様々な作業があるのが照明スタッフの仕事です。

照明スタッフのやりがい

喜ぶ 女性

照明スタッフの仕事は重労働で大変な仕事ではありますが、やりがいがあるから続けることができるのです。

どのようなことがやりがいなのでしょうか?

イベントの雰囲気作りができる

照明の使い方でその場の雰囲気が変わるのをテレビなどで見たことはありませんか?

感情表現であったり、季節感・場所などの表現が照明があることで視聴者により伝わりやすくなります。

屋外のライトアップなどでも、昼間と違う印象に魅了されることがあるでしょう。

イベントなどでも全体の雰囲気づくりなどを照明ですることができるのが、照明スタッフの仕事の魅力でありやりがいです。

イベントの成功を裏で支えられる

照明スタッフの仕事は裏方の仕事です。

表舞台に立つことはありませんが、主役を引き立てるためには必要な仕事になります。

スポットライトを当てた出演者が、観客からスタンディングオベーションなどを受けていると自分も誇らしく感じるでしょう。

ここぞ!という時に音楽と照明と出演者の息がぴったり合った時には観客は感動をします。

たくさんの人を感動させられることが最大の魅力であり、そこに仕事としてのやりがいを感じるのです。

イベントの成功にはなくてはならない存在です。

イベントに照明は欠かせない

イベントや舞台・テレビの現場などでは照明は必要不可欠な存在です。

照明がなくては仕事にならないといっても過言ではありません。

必要とされているということがやりがいに繋がるのです。

 

ワンポイント
必要とされ、感動してもらえる、照明スタッフの仕事はやりがいに溢れた仕事です。

照明スタッフに求められる能力

2人の女性

照明スタッフの仕事をする場合は何が求められるのでしょうか?

求められる能力を知ることで、自分に照明スタッフとしての適正があるかを確認できます。

もし、足りないなと感じている部分があるのであれば、これから努力をすることで補うことも可能となります。

コミュニケーション能力

照明スタッフは舞台監督や依頼者と打ち合わせを行い、オペレーションを行います。

照明を使用する環境のほとんどが、多くの人が集まる現場です。

自分と違う仕事をする人との仕事がほとんどですので、仕事の中身についての話などは少ないかもしれません。

他の仕事があって、照明の仕事が成り立つことがほとんどですので、相手を尊重し、時には指示を出すこともあるでしょう。

色々な人と協力することが必要になりますので、最低限のスキルとしてコミュニケーション能力は必要となります。

創造力

舞台監督や依頼者の要望を理解して、相手が求める照明演出を行うことが必要です。

口での指示をイメージを膨らませて照明演出を行うためには想像力が必要になります。

何にもないところから作り上げていくのがエンターテイメントであり、それが魅力であるので、創造力は大事な能力です。

体力

照明器具は大きく重たいものが多く、1回に使用する照明の数も大量となることがほとんどです。

搬入搬出・セッティングなどもすべて照明スタッフの手で行いますので、相当な体力を使います。

体力勝負の仕事といえますので、体力のある人が必要です。

照明スタッフに向いている女性の特徴

フェーダー

女性の照明スタッフも珍しくなくなりましたが、圧倒的に男性の数が多いです。

女性の感性を活かせる職業なので、これから女性の活躍が増えることが見込まれています。

女性が照明スタッフを目指す場合、どのような人が向いているのでしょうか?

演劇や音楽が好きな人

ギターをひく女性

照明の仕事が多いのはテレビ・舞台・コンサートなどです。

演劇や音楽が好きな人であれば、好きな環境で仕事をすることができます。

好きだけでは仕事はできませんが、好きだから長く続けることができるのではないでしょうか?

コミュニケーション力がある人

コミュニケーション

コミュニケーション能力がある人が照明スタッフには向いています。

仕事を行う上で、コミュニケーション能力が必要なのはどの業種であっても一緒です。

照明スタッフの場合は舞台監督や依頼者などの指示を的確に照明演出で表現することが必要になります。

コミュニケーションを取ることで、指示通りの演出をすることができます。

イベントや舞台・コンサートなどは関わる人の数も多く、照明演出を成功させるためにもコミュニケーションは必要なのです。

人を楽しませたい人

マイクを持ったスーツの女性

エンターテイメント業界からの仕事が多い照明の仕事ですが、エンターテイメントの世界は人を楽しませることが仕事です。

もちろんそれは照明スタッフの仕事でも変わりはありません。

照明の演出や映像、音楽と合わせることによる相乗効果でたくさんの人々を楽しませることができます。

人を喜ばせることが好きな人であれば、やりがいをもって仕事をすることができるでしょう。

演出や構成に合わせて照明をどのように行うのか、依頼者や舞台監督、ディレクターなどと打ち合わせて詳細を決めます。

 

ワンポイント
エンターテイメント業界の仕事が多いので、人を楽しませることが好きな人には向いている仕事です。

照明スタッフの年収

お金

照明スタッフの仕事を目指す場合に気になってくるのが、照明スタッフの年収です。

求人情報に基づく年収の事例です。

  • 正社員      350万~450万円
  • 正社員      240万円以上(年収例・年収480万円/33歳・経験4年)

種類は映像制作の照明、ショークラブの専属照明スタッフなどです。

応募資格としては照明の経験者や専門学校・基礎知識を習得した人などの他、未経験も可能な場合もありました。

年収には幅があり、経験、能力を考慮した金額になる場合が多かったです。

ご紹介した年収は企業に属している人の年収になります。

照明スタッフは企業に属さずフリーランスで活躍されている人も多いようです。

実際に照明スタッフとして働く人の年収には大きく差が出てしまいます。

チャレンジして収入アップを目指している場合はフリーランスも良いですが、安定した収入を得るには企業に属するべきでしょう。

照明スタッフの年収は能力や経験によって大きく変わるものといえます。

照明スタッフの将来性

女性、ガッツポーズ

照明スタッフの仕事を志望する際、気になってしまうのが将来性です。

近年、照明や映像技術の革新によって、照明スタッフの仕事の幅も広がっています

コンピューターを使って照明をプログラミングやコントロールし、多彩な演出なパターンをくみこめるようになりました。

このことにより、今まで以上に自由な表現をできるようになりました。

プロジェクトマッピングのような建物の壁に立体的な映像を映し出す技術が確立されています。

このような映像や音楽と照明を組み合わせた新しいスタイルも増えてきています。

課題などもありますが、挑戦のしがいがある職業だといえるでしょう。

未経験から照明スタッフになるためには

初心者マークをもつ女性

照明スタッフは、特別な資格や免許は必要がある職業ではありません

就職の際も学歴などは関係ありませんが、舞台芸術や照明に関して学ぶことができる専門学校や大学を卒業している人が多いです。

未経験者でも照明スタッフを目指すことはできますが、 機材の扱い方や光や電気に関する知識などのスキルが求められます

アルバイトや契約社員として見習いとして働き、ある程度の経験を積んでから照明スタッフを目指したほうが良いでしょう。

 

ワンポイント
未経験の場合はある程度経験を積んだり、入社してから経験を積むことが必要になります。

照明スタッフへの転職に困ったら転職エージェントに相談しよう

転職エージェント

照明スタッフの仕事はやりがいがあり、魅力的な仕事であることが分かりました。

さまざまな場所での仕事もあり、体力勝負でありますが、充実感を得ることができる仕事です。

照明スタッフの仕事に興味はあるけれど、どのようにすれば良いのか分からないと悩んでしまうかもしれません。

悩んでしまう時にはぜひ転職エージェントに相談してみてください。

転職エージェントはさまざまな職業についての知識を豊富に持つスタッフが大勢おります。

照明スタッフに関する悩みなども転職エージェントに相談することで、解決することが可能になります。

あなたに合う企業をご紹介することもできますので、ご相談していただければと思います。

まとめ

女性 集まり

照明スタッフの仕事内容を解説しましたが、ぜひ参考にしていただければと思います。

照明スタッフはテレビ、舞台、コンサートや映画、イベントなどには欠かせない存在です。

エンターテイメントの政界では常に新しい表現やスタイルが生み出されていて、照明スタッフの仕事も日々進化しています

照明スタッフを目指している人で、仕事内容や会社選びで悩むことがあるときはぜひ転職エージェントに相談をしてみてください。

あなたの魅力を活かした会社選びのお手伝いをしてくれるでしょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら