照明スタッフと聞いて何をイメージされるでしょうか?

テレビ、舞台、イベント、コンサートなどにて様々な状況に応じた光の演出を行うのが照明スタッフの仕事です。

監督やディレクターなどの指示に従い、使用する照明機材や内容を考え、出演者やその場の雰囲気を引き出すためのライティングを行います。

体力勝負な仕事のようにも見えますが、女性の照明スタッフも増えてきています。

Contents

照明スタッフの志望動機の書き方を解説

フェーダー

華やかな表舞台の仕事というよりは、縁の下の力持ち裏方の仕事ではありますが、照明がなければ華やいだ演出はできません。

出演者を見て感動することができるのも、音響や照明演出があるからこそ感動できることも多いです。

最近は照明や映像技術の進歩によって、照明スタッフの仕事の幅も広がっています。

最近では「プロジェクトマッピング」という建物の壁に立体的な映像を映し出す技術など、その美しさに人々は魅了されています。

人々を感動させる仕事ですが、体力勝負の部分が多く、仕事内容に合わせて働くため拘束時間も長くなるのがエンタメ業界です。

体力勝負の仕事なので男性の職業と思われがちではありますが、女性の照明スタッフの数もここ数年で増えています。

大変な仕事ではありますが、大変さを乗り越えられるくらいに魅力あふれる職業です。

照明スタッフを目指す場合、何を必要とするのか気になるところですが、まずは志望動機について考える必要があります。

志望動機に書く前に必要なことを学習しておきましょう。

志望動機を書く前のポイント

ポイントを示すパソコンを持った女性

照明スタッフの志望動機を書く前に、いくつか確認しておきたいポイントがあります。

ポイントを押さえておくことで、志望動機を明確にすることが可能です。

自己分析を徹底しよう

照明スタッフ、照明の仕事といっても、その役割やポジションで細分化されています。

大きく分けるとプランナーとオペレーター。

プランナーは構成内容を読み取りプランニングをすることが仕事です。

オペレーターは実際に照明器具を操るのが仕事です。

自分には照明スタッフとしてどの分野に適しているのか分析する必要があります。

役割によって大きく仕事内容が変わりますので、自己分析を行い適職を探しましょう。

照明スタッフの仕事内容を把握しよう

照明スタッフになるには照明スタッフの仕事を知ることが必要です。

照明スタッフの仕事内容は細分化しているとお伝えしましたが、現場によっても大きく異なるようです。

テレビ(ドラマやニュース、バラエティ、情報番組)、音楽番組、映画、舞台、コンサート、屋内か屋外でも違ってきます。

照明技術も特殊効果も異なりますので、それぞれの状況に合わせた照明技術を覚えることが必要になります。

現場に行き、ただ人に照明を当てていれば良いわけではないのです。

 

ワンポイント
志望動機を書く前にいったん内容を整理して、自己分析をすることも必要です。

 
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

照明スタッフの志望動機を書く際のポイント

音響設備

志望動機は自分がどうしてこの仕事に就きたいのか熱量を伝えることが重要です。

照明スタッフに対しての知識、そして主に仕事をする場所となるエンタメ業界についての知識を伝えることが大事になります。

エンタメ業界の仕組みや構成を把握しよう

照明スタッフが主に活躍するのが「エンターテイメント業界」略して「エンタメ業界」です。

エンタメ業界の仕組みや構成を把握しておくことで、業界内で求められる人材となることができます。

技術があっても処世術に長けていない人は、エンタメ業界で生き抜くのは大変かもしれません。

仕事内容と今までの経験を紐付けよう

志望動機は今までの経験などと共に記載したいところですが、照明スタッフの経験がない場合でも自分をアピールする必要があります。

その場合には今までの経験と照明スタッフの仕事の共通点を探し紐づけることが必要です。

これまでの経歴と照明スタッフの仕事に全く関連性がない場合でも紐づけできそうなことを探しましょう。

  • 前向きである
  • エンタメ業界に興味がある
  • チャレンジ精神が旺盛

などについて紐づけしてみてはいかがでしょうか?

 

ワンポイント
ポイントを押さえて志望動機を書くことで相手に伝わりやすい内容になります。

志望動機を書く際の注意点

ポイント

志望動機のポイントが分かりましたが、実際に書く時にはどのようなことを書くべきなのかご説明していきます。

注意点を確認して、伝わりやすい志望動機を作成しましょう。

なぜ照明スタッフなのか明確にしよう

照明スタッフを目指す理由を明確にすることが必要となってきます。

曖昧な答えや、ミーハーな気持ちで応募をしても企業側で好感を持つことはありません。

理由を明確にすることで、相手にも伝わりやすい志望動機へと変化します。

なぜ応募企業なのか明確にしよう

照明スタッフを雇い入れる会社はいろいろありますが、そのなかでどうして応募企業を選んだのか、明確な理由が必要です。

知名度や周りからの勧めなどの理由があるかと思いますが、応募企業が納得できるような理由にしましょう。

志望動機で好印象を与えるポイント

外回りする女性

志望動機は面接前に、あなたの意欲を知ることができるアピールポイントです。

志望動機の書き方ひとつで面接に進めるかが決まることもあります。

好印象を与えることができるポイントを確認していきましょう。

入社後のビジョンを明確にしよう

女性

ただ入社したい、その気持ちだけでは会社として活躍してもらえる人材なのか分かりません。

入社後のビジョンを明確にして、そのためにはどのようなことを努力していくかを伝えるようにしましょう。

実際の行動であったり成長目標会社への貢献度などでも構いません。

目標がある人は仕事においても意欲的になれます。

入社後に貢献できる内容を明確にしよう

映画館

自分の資格やスキルが会社にとって貢献できるものであるかを伝えることも必要です。

自分が即戦力として活躍できることは、会社にとってプラスになります。

実務内容での貢献、自身が成長していくことでの貢献、会社と自分にプラスになる内容であることが大事です。

入社後会社に貢献できることをきちんと考えて、応募企業へ伝えられるようにしましょう。

女性が照明スタッフを目指す場合は

ガッツポーズする女性

照明スタッフは性別年齢関係なく、技術があれば活躍していくことが可能ですので、女性だからと意識する必要はありません。

女性が一般的に持たれているイメージを活かすことも可能です。

繊細・表現力が豊かなど、あなたにしかない魅力を出していくことが必要です。

マイナスイメージもありますが、ポジティブにプラス面を前面に出して、使ってみたい人物であることをアピールしましょう。

 

ワンポイント
伝えたいことを明確にすることで、好印象を与えることも可能になります。女性は女性らしさを生かしたアピールも有効です。

照明スタッフの志望動機の例文

履歴書

照明スタッフの志望動機について例文をいくつかご紹介します。

資格がある業界経験がある志望する会社への情報を持っている、このような内容を伝えることが大事です。

照明スタッフは資格が不要の仕事ではありますが、専門的なスキルが求められる職業です。

ある程度の知識があることや、実務経験を積んでいるとさらに有利となるでしょう。

専門学科を卒業

エンターテイメント業界に興味があり、大学では舞台照明などを専門に勉強をしております。

出演者が照明の演出により何倍も魅力的になり、お客様が感動している様子を見て、自分もこのような光の演出をしたいと思いました。

さまざまな照明の仕事を行われている御社のような会社で働きたいと思い、今回応募させていただきました。

大学では照明技術技術者検定を取得し、さらなる高みを目指し勉強を続けていくつもりでおります。

その結果を御社で発揮し貢献できるようにしていきたいです。

同業界からの転職

私は今までイベントスタッフとして、コンサートや舞台などの裏方の仕事を続けてきました。

その時に照明の仕事を見る機会も多く、技術力の高さに感動を覚え、自分もこのような技術を身につけて仕事をしたいと思うようになりました。

独学ですが舞台照明に関する勉強をしており、イベント開催時には照明スタッフのお手伝いもさせていただいております。

御社については照明の仕事に就きたいと思っていたころからの憧れの会社であり、チャンスがあれば一緒に仕事をしたいと思っておりました。

技術については未熟ではありますが、勉強をすることを忘れず、御社に貢献できるようになりたいと思います。

未経験の場合の志望動機

私が御社を志望したのは、〇〇の舞台を鑑賞したことが理由です。

その時の舞台照明の素晴らしさに、出演者の演技以上に魅力を感じて、誰がこの舞台照明を担当されているのかと調べてみました。

探していくと御社のスタッフであることを知り、御社に興味を持ちそれと同時に照明を仕事にしたい気持ちが生まれました。

憧れだけでは就けるような仕事ではないことは承知しております。

経験こそありませんが、御社で経験を積み、貢献できるようになりたいと思っています。

照明スタッフの志望動機のNG例文

女性、NG

NGになる志望動機もご紹介します。

チェックをして、このような志望動機にならないように気を付けましょう。

憧れだけで志望する

私はライブにいくことや舞台鑑賞をするのが好きです。

ライブや舞台鑑賞をする際に常に目に入る照明の仕事に魅力を感じ、照明の仕事ができる御社の求人を見つけ、好きなものに関わることができるので応募しました。

どこでも良いという印象を与えてしまう

エンターテイメント業界で働きたいと以前より考えており、御社の業務内容などが私の希望通りの内容でしたので応募しました。

未経験ではありますが、ガッツはありますので、お役に立つような存在になりたいと思います。

NG例にならないために

志望動機は、志望する理由が明確でなくてはいけません。

曖昧な志望動機であったり、応募企業でなくても良いのではないかと思わせてしまうような内容は、印象を悪くします。

応募をするのですから、最初は聞きなれない企業であっても、履歴書を書く際にはその企業について勉強をしましょう。

応募企業の魅力を知ることはとても大事であり、面接時にも重要なポイントとなります。

照明スタッフの面接対策は?

面接をする女性

照明スタッフの面接は他の一般的な職種の面接と変わりがあるわけではありません

その場で「照明の操作方法を実践してください!」となる場合はほとんどないからです。

履歴書や志望動機、職務経歴書には実績があれば必ず書き、未経験、経験不足が否めない場合には正直に書きましょう。

照明スタッフは周りの関係者などとのコミュニケーションを取りながら演出を行っていくことが多いです。

コミュニケーション能力も必要ですので、面接時には臆することなく自己アピールができるようにしましょう。

企業が求める人材像を事前にリサーチし、求める人材に自分がマッチしていることをアピールできることも大切です。

 

ワンポイント
求める人材であることをアピールしてみましょう。

 
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

照明スタッフの志望動機に困ったら転職エージェントに相談しよう

女性 エージェント

照明スタッフの志望動機の書き方についてご紹介してきました。

未経験であったり、実務経験不足などの場合には志望動機の書き方に悩むかもしれません。

そのような時にはぜひ転職エージェントへ相談をすることをお勧めします。

照明スタッフなどが働いている、エンターテイメント業界の知識豊富な転職エージェントが、あなたの魅力を引き出します。

そしてその魅力が伝わる志望動機となるようにアドバイスを行うことができます。

希望する職種の仕事紹介も可能ですので、ぜひ1度転職エージェントに相談してみてはいかがでしょうか?

 
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

まとめ

頑張る女性

照明スタッフの志望動機の書き方を解説いたしました。

女性照明スタッフを目指す際に好印象を与えるポイントなどは参考にしていただきたいと思います。

志望動機の注意点やNG例を確認して、相手に伝わる志望動機を書けるようにしましょう。

志望動機の書き方に悩むことがあっても転職エージェントへ相談してください。

あなたの悩みを強みに変える秘策をアドバイスいたします。

憧れの職業を自分の仕事にするために、ご紹介した内容を参考にしながら、ありきたりではない、あなたらしい志望動機を作成してください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら