私たちの生活の中で小売業界というのは欠かすことのできない存在であるといっても過言ではありません。

自分の好きなアパレルショップや百貨店で働くことに憧れを持つ人も少なくないでしょう。

また、コンビニエンスストアやスーパーなど利用頻度の高い業種で人々の生活をサポートしたい考える人もいると思います。

今回は人々の生活に密着している小売業界への転職で必要となる志望動機の書き方について調べてみました。

小売業界への転職に興味がある方は、ぜひ参考にしてみてください。

Contents

小売業界の志望動機の書き方を解説

タブレット 女性

小売業界には、百貨店やコンビニエンスストア、スーパーなど生活に密着する業態が数多く含まれます。

そのため店頭での接客サービスを行う業務を志望する場合には、その働き方も想像しやすいので志望理由も書きやすいでしょう。

しかし、同じ小売業界の職種でも企画や開発など本部業務を志望する際は、消費者から業務内容が見えづらいため工夫が必要です。

また、店頭で働く現場の職種に比べて本部職は募集の絶対数も少なくなるため選考のハードルも上がります。

志望動機を書く時には、小売業界の中でもどういった働き方を目指すのか将来的な部分も含めイメージしておくことが重要です。

そして、前提としてなぜ小売業界を目指したのか、どうして志望先企業を選んだのかその固有の理由をアピールしていきましょう。

 

ワンポイント
・小売業界の中でも本部業務を目指した場合は選考ハードルが高くなる
・将来的にどういった働き方を目指すのかイメージしておくことが重要

志望動機を書く前のポイント

指し棒 女性

志望動機を書く前に、自分が志望した理由がはっきりと伝わるように準備が必要です。

その準備のポイントについて解説していきましょう。

自己分析を徹底しよう

一番初めに行うことは、自分の思考を整理するための自己分析を徹底して行うことです。

自分がなぜ小売業界の職種に惹かれたのか、そもそもどういった仕事に興味を持っているのかなど深く掘り下げていきましょう。

そうすることで、自分の思考の傾向をまとめることができて志望動機や面接で相手に伝えやすくなるのです。

また、その考えに至ったきっかけとなる経験を併せて示すと、他の候補者と差別化できる固有の志望理由を作ることができます。

自己分析を行う際には、自分自身を面接するような感覚で客観的視点を持つことを心掛けて考えてみましょう。

応募先企業が求めている人材像を把握しよう

次に志望先企業がどういった人材を求めているのか調べてみましょう。

自身のアピールポイントを把握できたとしても、それが志望先企業が求める人材像とかけ離れていては採用にはつながりません。

企業研究をしっかりと行い、その企業で働くにはどういった能力が必要になるか調べることが重要です。

そして求められる能力の中で自身が持っているスキルがないか照らし合わせて考え、それに近いものをアピールしましょう。

自分が持つスキルの中で求められる能力に近いものがない場合は、その人材像に近づく姿勢を伝えるという方法もあります。

具体的には、現状ではその能力がなくても勉強中であり将来的に身に付ける気持ちがあることをアピールしていく方法などです。

重要なのは、企業が求めている人材像を理解して応募しているということでしょう。

まったく関係のない能力をアピールするようでは、企業の情報を十分に調べていないと判断されてしまう可能性があります。

 

ワンポイント
・自己分析をしっかり行い自身の思考の傾向を掘り下げて考えておく
・志望企業が求める人材像を理解し、そこへアピールできる自身のスキルを考える

小売業界の志望動機を書く際のポイント

悩むスーパーの女性

次に志望動機を実際に書いていきますが、その時に必要となる志望動機をまとめるポイントについて解説します。

なぜ小売業界なのか明確にしよう

ファッション誌を見る女性

まずは、なぜ小売業界を選んだのか明確にしましょう。

数ある職業の中から小売業界を選んだ理由を示していきます。

小売業界はコンビニやスーパーなど日常的によく使われるものなので、関連する自身の経験を交えてアピールすると効果的です。

利用しているから分かる業界の特徴を織り込んで理由を示すと、オリジナリティーが上がり他の候補者と差別化ができます。

なぜその職種なのか明確にしよう

バーコードリーダー 女性

次に、小売業界の中で自身がどのような職種を目指していくのか具体的に提示しましょう。

小売業界というとまずイメージされるのが、店舗で接客対応を行うサービス業務だと思います。

ふれあう機会の多い職種なので、そのような働き方を目指す場合は比較的志望理由も明確にしやすいでしょう。

現場で働くのではなく、本部で商品開発や企画といったマーケティング業務などの職種を目指す場合もあります。

本部職は接客・サービスなどの職種に比べると募集は少なく、場合によってはキャリアを積まなければならないこともあるのです。

小売業界の中でも狭き門となる職種ですので、そこを目指す理由はしっかりと差別化できるものを示すよう心掛けましょう。

なぜ応募先企業なのか明確にしよう

説明する女性

希望する職種まで絞り込んだら、最後に応募先企業を選んだ理由を説明しましょう。

それには、志望した企業の特徴をよく理解しておく必要があります。

同じ職種がある企業と比べて、応募先企業がどういった方針がありどこに注力しているのかをよく調べましょう。

そこから見えてきたものに関連するスキルを自身が持ち合わせていれば、併せてアピールするとより効果的です。

志望企業についての情報は面接でも必ず聞かれる内容となるので、しっかりと企業研究を行っておきましょう。

志望動機で好印象を与えるポイント

OKサイン 女性

志望動機の書き方によっては相手企業に好印象を与えることができる場合があります。

書き方での効果的なポイントについてご紹介しましょう。

入社後どのように貢献できるか明確にしよう

志望動機の書き方の中で効果的なポイントとして挙げられるのが、入社後の自分の姿を明確に伝えることです。

面接というのはあくまで企業が求める人材であるかどうか志望者を見極める場であるといえます。

そのため、志望した理由をアピールするだけではただの企業に向けての感想でしかありません。

企業側が知りたいのは、選んだ理由だけでなく実際に戦力としてどのようなスキルを発揮して働けるかということです。

そのアピールに必要となることは、企業が求める人材像を把握し関連する自身のスキルを説明していくことでしょう。

あなたのアピールしたスキルを知ることで、必要な人材であると認識できるようになるのです。

将来のビジョンを明確にしよう

他にも、自身が描いている将来のビジョンを伝えるのも効果的なポイントです。

例えば、将来的には店舗マネジメントや本部で商品開発を行う業務を目指すといった具体的な展望を伝えましょう。

当然多くの場合は現場から始めることになるのですが、ゆくゆくはその先の仕事も目指しているということを伝えていきます。

あなたの目標を具体的に伝えることで、仕事内容についての理解意気込みを感じられるようになるのです。

志望動機を書く際の注意点

ノートパソコン 女性

  • 企業固有の理由を示しているか
  • 企業への感想文になっていないか

志望動機で注意する点としてまず挙げられるのが、固有の理由を具体的に示されているかということです。

複数の企業を志望している場合にありがちな失敗例が、テンプレートのような文章を作ってしまうことでしょう。

少し手を加えると他の企業でも使えて便利ではありますが、その分オリジナリティーは薄れ印象に残りづらくなってしまいます。

志望動機を書く時は手間がかかったとしても、企業の特色をとらえ独自の理由を作ることが必要でしょう。

他にも、企業についての感想文にならないようにすることも注意しなければなりません。

企業研究に力を注ぐとその情報ばかりに目がいってしまい、肝心の自分自身についての内容が薄くなってしまうことがあります。

企業の知りたい情報はあくまで志望したあなたの情報であって、企業研究の成果ではないことを頭に入れておきましょう。

 

ワンポイント
志望動機を書く時は企業への感想を並べるだけにならないように気を付け、独自性のある文章を心掛ける。

小売業界の志望動機の例文

メモ書きする女性

ここからは実際の志望動機の例文をご紹介しましょう。

販売サービスの例文

貴社を志望した理由は、顧客第一の精神を掲げており仕事を通じて人々の生活を豊かにすることができると感じたからです。

常にお客様の目線に立っているからこそ、時代の流れに沿った企業運営を行い高い競争力を保持しているのだと思います。

私も前職はコールセンターで働いていて、常にお客様の視点を意識しながら対応するよう心掛けてまいりました。

利益を追求しすぎたり、企業側の都合を押し通したりするとお客様からの支持が離れてしまうことを身にしみて感じております。

私が持つスキルを活かし、貴社の販売サービスの業務で精進してまいる所存です。

アパレル業界の例文

私が貴社を志望したのは、自分の好きなブランドをもっと世間に広めていきたいと考えたからです。

私は好きな洋服を着ることで華やかな気分になり、さまざまなことへ意欲を持って取り組めるようになると感じております。

将来は関心の強いアパレル業界で働きたいと考え、その中でも業界トップレベルのシェア率である貴社を志望いたしました。

貴社は流行を取り入れながらも、他社とは違った独創性の強いデザインが魅力的でありよく購入させていただいております。

私のように貴社の高いブランド価値を感じるお客様を少しでも増やせるよう努めてまいる所存です。

百貨店の例文

私は貴社が行っている「まちづくり戦略」に強い興味を持ち志望いたしました。

街のアンカーとして集客力のある店舗づくりを行い地域の活性化を図るという点に共感しております。

私も学生時代に行ったボランティアの経験から、地域社会に貢献していく意識の重要性を学んでまいりました。

私も貴社の一員として顧客満足度を追求し、地域と企業の発展のために尽力していきたいと考えております。

小売業界の志望動機のNG例文

耳をふさぐ女性

志望動機の書き方では企業側にマイナスのイメージを与えてしまう書き方もあります。

そのNG例についてご紹介しましょう。

内容が抽象的なNG例

私は貴社の企業理念について深く共感し志望させていただきました。

貴社であれば競争の激しい小売業界においても成果を出し続け、存在感ある企業運営ができると確信しております。

個人の都合を全面に出したNG例

私はよく貴社のコンビニエンスストアを利用させていただいております。

全国的にも店舗数がトップレベルである貴社ならば、通勤にも困らず安心して働くことができる職場だと感じました。

NG例にならないためには

1つ目のNG例は、全体的に抽象的な表現が多いことがマイナスのイメージを与えてしまいます。

理念に共感したとあっても、どのように共感したのか具体的な内容が書かれていないので伝えたいことの真意が伝わりません。

企業理念については他の志望者も動機としやすい部分であるので、独自性を出すために自分の思いを伝えるようにしましょう。

2つ目の例では、日常的によく使われるコンビニエンスストアについての内容ですがこれも独自性が感じられません。

志望理由として挙げている「店舗数が多い」というのは他の企業でも当てはまってしまう内容です。

また、「通勤に困らない」というのは個人の都合であって家から近ければ他の企業でもいいのでは?と捉えられてしまいます。

志望理由では、その業界・その企業でなければならない固有の理由を打ち出して独自性を出した文章を心掛けましょう。

小売業界の面接対策

打ち合わせをする女性

小売業界の面接対策で必要となる視点として、消費者側売り手側両方の意見を準備しておくと良いでしょう。

面接では企業のサービスについて、消費者としてどう思うのか、売り手側であればどう工夫するかというように質問されます。

常に両方の立場の意見を求められるとは限りませんが、どちらも可能性があるのでさまざまな質問内容を想定しておきましょう。

また、自分の志望する職種に関係のある自身の経験エピソードなどを伝えるのも効果的な方法です。

自身の経験を伝えることは独自性が出しやすく、実際にあったエピソードであるため話にも説得力を増すことができます。

面接の準備では企業研究をしっかりと行い、どういった質問をされるか多くのパターンを想定した状態で臨むようにしましょう。

 

ワンポイント
・消費者側と売り手側両方の立場の回答を準備しておく
・自身の経験やエピソードを交えて伝えると独自性が出て効果的

小売業界の志望動機に困ったら転職エージェントに相談しよう

話を聞く女性

小売業界は普段の生活で携わる機会が多く、業務内容をイメージしやすい業界の1つでしょう。

そのため、他の志望者と志望理由が似通ってしまいオリジナリティーを出すのが難しい業界とも考えられます。

転職で悩みがあれば転職エージェントに相談してみましょう。

転職エージェントは幅広い業界の知識を持ち、さまざまな相談に乗ってもらうことができます。

場合によっては一般公開されていない非公開求人も紹介してもらえる可能性があるので、転職の幅を広げることができるのです。

そして、相談費用もすべて無料となっているので気軽に相談することができるでしょう。

まとめ

OKサイン 女性

スーパーやコンビニエンスストア、アパレルショップや百貨店など小売業界は日々の生活に密着するものばかりです。

自身がよく利用する店舗であれば思い入れも強く「ここで働きたい」と感じることも多いでしょう。

しかし、面接においては自分の希望を伝えるだけでは志望企業に自身の価値を感じてもらえません。

重要となるのは、あなたがその企業に就職することで企業側にどういったメリットがあるのかを伝えることです。

それにはしっかりと情報を集め、さまざまな対策を立てる必要があります。

何か困ったり迷ったりするようであれば、一度転職エージェントに相談して万全の状態で転職活動に臨みましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら