料理を作ることが得意で、それを仕事に活かしたいという人も多いでしょう。

調理関係の仕事に就きたいけれど、調理師の資格は持っていないからと諦めてしまう方も多いです。

調理補助の仕事なら、調理師の資格は必ずしも必要ではありません。

本記事では、そんな調子補助の仕事に就く場合の志望動機の書き方を詳しく解説していきます。

Contents

調理補助の志望動機の書き方を解説

 

履歴書調理補助の志望動機は、一体どのように書けば効果的なのでしょうか。

ただ「料理が好きです!」と書くだけでは、志望動機としては弱いです。

ポイントごとに解説していくので、順を追って確認しぜひ志望動機を書く際の参考にしてください。

志望動機を書く前のポイント

ポイント

まずは志望動機を書く前に、準備をしっかりとしましょう。

事前準備なくしては志望動機をしっかりと書くことはできません。

志望動機の文章を考える前に、次の2つのことを考えてみてください。

自己分析を徹底しよう

まずは、どんな業種を希望する場合も共通しますが、しっかりと自己分析を行うことが大切です。

自分にはどんなスキルがあって、どんな風に仕事に活かしていきたいのかなど、まずは良い面を見てください。

次に、自分に今足りないものはどんなスキルなのか確認しましょう。

そして、それを克服するには何をしたらいいのでしょうか。

自分に足りないスキルを補うために今どんなことに励み、どんなステータスなのか考えてみてください。

これらの自己分析を行うことで、エントリーする先の企業も変わります。

自己分析をすることは、自分の目標を達成できる企業に入れるかどうかを確認も兼ねることができます。

将来のビジョンを明確にしよう

女性

次に、将来のビジョンを明確にすることが大切です。

今回、調理補助の仕事に就けたと仮定した場合、そのあとは調理補助としてずっと働いていきたいのでしょうか。

それとも、調理補助をしながら調理師の免許を取り、ゆくゆくは調理師として働きたいのでしょうか。

もっと夢を大きく、自分で飲食店を開きたいその第一歩としたい、など将来のビジョンは人それぞれあります。

そして、自分の将来のビジョンによって、志望動機に書くことも変わります。

自分は今後どうなりたいのか、今一度キャリアビジョンを描いてみましょう。

 

ワンポイント

志望動機を書く前の準備は以下の2つです。

  • 自己分析をする
  • 将来のビジョンを考える

 
マイナビエージェント
登録はこちら(無料)
 

調理補助の志望動機を書く際のポイント

筆記

では、実際に志望動機を書く際のポイントも紹介していきます。

しっかりと自己分析やキャリアビジョンの形成ができたら、次は志望動機としてそれをアピールすることが大切です。

どんなことをアピールすればより効果的な志望動機になるでしょうか。

以下の2点を参考にしてください。

実務経験や接客経験をアピールしよう

実際に既に調理補助の実務経験がある人はそのことをしっかりとアピールしましょう。

書くこととしては、いつ頃・どんな規模の店舗で・どれくらいの期間働いていたのか、などが当てはまります。

また、その際に何か特別にチームリーダーなど任されていたものがあるのなら、それもプラスで記入しましょう。

調理補助の実務経験の他、接客経験がある方はそれを書きましょう。

調理補助の求人の中には、調理補助だけでなく接客も仕事内容に含まれるものが多くあります。

厨房とカウンター席が向かい合っているようなお店だと、調理補助と接客同時に行っています。

そのため、調理補助の志望動機欄などで接客経験があることをアピールすることは非常に有効なのです。

仕事内容と今までの経験を紐付けよう

考え事をする女性

調理補助の経験や、接客業の経験が全くない方でも、安心してください。

その場合は、今まで経験した仕事の内容を、応募しようと思っている求人先の仕事内容と紐づけましょう。

「過去の〇〇では、~といった業務を担当していました。

その業務は、御社の△△と通ずるところがあると思っています。」

といったように、全く同じでなくても応用できる個所があるならば、それは十分アピールになります。

その際、どういった所が応用することができるといえるのか、論理的に書くようにしましょう。

 

ワンポイント

志望動機を書く際のポイントは以下の2つです。

  • 実務経験や接客経験をアピールする
  • 今までの経験と新しい仕事の内容を紐づける

志望動機を書く際の注意点

在宅ワーク

志望動機を書く際の注意点として、これから紹介する2点にも気を付けましょう。

なぜ調理補助なのか明確にしよう

なぜ、調理補助の仕事を選んだのかを明確に書くようにしましょう。

「その志望動機であれば、ほかの業種でもいいのでは?」と採用担当者に思われてしまいかねません。

自分はなぜ調理補助の仕事をしようと思ったのか、しっかり考え明確に記入しましょう。

なぜ応募企業なのか明確にしよう

調理補助の求人はいろんな企業が出していますが、なぜその企業を選んだのかという点についても明確にしましょう。

先ほどと同様に、「それであれば他社でもいいのではないか」と思われてしまうと印象は悪くなってしまいがちです。

それをしっかりと記入するためには、応募先の企業をしっかりと研究することが大切です。

「企業理念に賛同した」「貴社のことが幼い頃から好きで携わりたいと思った」などその企業でないとだめな理由を明記しましょう。

 

ワンポイント

注意点は以下の2つです。

  • なぜ調理補助の仕事がいいのかを明記する
  • なぜ応募企業でないといけないのかをアピールする

志望動機で好印象を与えるポイント

女性,将来ビジョン

これまで、志望動機を書く際のポイントや注意点について紹介してきました。

ご自身の志望動機のイメージがついてきたでしょうか。

ここからは、志望動機でさらに好印象を与えるポイントを紹介していきます。

入社後に貢献できる内容を明確にしよう

志望動機の中に、「自分が入社すればどのように貴社に貢献できるか」を具体的に記入しましょう。

「尽力します」「きっと役に立ちます」というような抽象的な表現ではなく、具体的な表現で書くようにしましょう。

そうすることで、採用担当者は採用後どんな風に仕事が回るかイメージが付きやすくなります。

入社してどうなりたいか明確にしよう

接客する女性

どんな業界も、仕事に意欲的な人材を求めているのは確かです。

それをアピールするために、入社できた暁にはどうなりたいと考えているのか明確に記入しましょう。

採用担当者は、与えられたタスクを淡々とこなす人より、意欲的に自分なりの目標をもって動いてくれる人を選びます。

それは当然のことです。

だからこそ、自分は入社後にどうなりたいのかを考えそれを明確に伝えるようにしましょう。

 
マイナビエージェント
登録はこちら(無料)
 

調理補助の志望動機の例文

ガッツポーズをする女性

これまで、志望動機を記入する際のポイントをたくさん紹介してきました。

ここからは、それらのポイントや注意点をおさえた実際の例文を紹介します。

部分的に自分の言葉に置き換えるなどして志望動機を書くときの参考にしてください。

経験者の場合

私は幼いころから料理をすることが好きで、母の手伝いなどもよくしておりました。

母と一緒に料理をした思い出が忘れられず、調理の仕事に就きたいと考えてきました。

残念ながら、調理師学校に行くことはかないませんでしたが、高校時代から調理補助のアルバイトを経験しています。

アルバイト先では基本的な調理の業務から、2年たった頃には調理場のリーダーを任されるようになりました。

アルバイト先では、どのように仕事を進めると一番効率がいいかを常に考え、人員配置などの提案もしてきました。

どのような業務であっても常に前向きに、より良くするにはどうすればいいかを考えて行動するよう心がけております。

貴社に入社しましたら、それらの経験を活かし効率的な業務の遂行を提案や、現場の改善などにも携わっていきたいです。

また、現在は調理師免許取得に向けて勉強をしています。

調理師免許を取得できた後には、さらに貴社の社員として貢献することができると考えています。

未経験の場合

私は、昔から人の笑顔が大好きです。特に、祖母と同居していたこともあり、高齢者の笑顔が大好きです。

私が貴社の高齢者施設の調理補助に応募させていただいた理由は、貴社の企業理念に賛同したからです。

ホスピタリティの高い高齢者施設を目指して、料理で利用者を笑顔にしたいという思いに感動いたしました。

また、私自身も、健康の基本は「おいしいものを食べることである」と考え貴社の理念に賛同いたします。

貴社の高齢者施設で調理補助の仕事をさせてもらうことは、私にとってきっと大きなやりがいになるのではないかと考えます。

応募先企業に魅力を感じている場合

私が貴社のスーパーの調理補助を希望したのは、貴社の商品が大好きでよく利用させていただいているからです。

貴社のスーパーのお総菜コーナーもよく利用させていただいております。

使用されている食材の産地へのこだわりや、品揃えの豊富さなど、今までは顧客目線で見てきました。

これからは、私は貴社の商品をお届けする側に立ちたいと思い入社を希望いたしました。

私が入社しましたら、貴社の素晴らしい商品をたくさんの方に食べていただけるよう尽力する所存です。

過去の接客経験も活かし、貴社の商品の販売促進にも貢献できる自信があります。

貴社の商品の魅力を引き継ぎ作り上げるとともに、それをより多くのお客様に知っていただけるようにいたします。

調理補助の志望動機のNG例文

頭を抱える

では、逆に陥ってしまいがちなNG例文も紹介します。

どんな部分がNGなのか考えながら見てみてください。

文章に具体性がない

私が貴社の求人に応募したのは、料理をすることが好きだからです。

大好きな料理を仕事にも活かすことが出来ないかと思い、調理補助の仕事に応募させていただきました。

学生時代は運動部に所属していたため、体力にも自信があります。

貴社に入社しましたら、精いっぱい業務に励みますのでよろしくお願いいたします。

自分の話ばかりしている

私が貴社の求人に応募したのは、貴社の提供する料理が好きだからです。

貴社に入社し、ぜひ貴社の料理を私も作ってみたいと思い応募させていただきました。

幼いころからずっと食べ続けてきた貴社の料理は、私にとってとても落ち着く味です。

また、家から近く通いやすいこともあり、貴社への応募を決めました。

NG例にならないために

よくあるNGパターンとしてあるのが例に挙げたような文章です。

NG例文の特徴は、以下のとおりです。

  • 具体性がない
  • 抽象的である
  • 不明確である
  • 自己都合ばかり話している

志望動機のNGなパターンとしてこの4つがよく見受けられます。

志望動機を書く際、自分の思いを伝えたいあまりに、主観的な表現が多く具体性がなくなってしまいがちです。

そのほか、自分にとって都合のいい雇用条件に目を向けてばかりの志望動機だと、採用担当者から好印象は抱かれません。

志望動機を書き終えたら、今一度このような表現になってしまっていないか確認してみてください。

調理補助の面接対策は?

面接の様子

調理補助の面接は、第一に気を付けなければならないのが「身だしなみ」です。

食品を扱う職業であるため、ネイルをしていたり髪型に清潔感がなかったりすると印象は悪くなります。

「入社後にはネイルは外すつもりだから…といった理由でネイルをそのままつけて面接に臨む人もいます。

ですが、そのような方には決して採用担当者は好印象は抱きません。

特段企業側より指示がなければ、清潔感のあるスーツで髪や爪などもきちんと手入れをしていきましょう。

 

ワンポイント

調理補助の仕事は、衛生管理が非常に重要です。

面接であっても、清潔感のある服装や身だしなみを意識しましょう。

調理補助の志望動機に困ったら転職エージェントに相談しよう

面接の様子

ここまで、調理補助の志望動機について紹介してきましたが、なかなか自分だけでは分かりづらいことも多いでしょう。

そんな方にはまずは、転職エージェントに相談することをおすすめします。

志望動機の書き方、前職のスキルの活かし方や、面接対応においてさまざまな面でサポートを受けることができます。

ぜひ、この機会に転職エージェントに登録しましょう。

 
マイナビエージェント
登録はこちら(無料)
 

まとめ

転職エージェント

調理補助の仕事は、見られるのは料理が上手いかだけではありません。

もちろん、既にその仕事の経験があることは優遇されがちです。

ですが、採用担当者が見ているのはそれだけではありません。

紹介してきたように、その仕事の中でどれだけ活躍できるのかしっかりと志望動機に記入し意欲を伝えましょう

前述の例文をぜひ参考にして、志望動機を書いてみてください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら