働き方改革が進み、副業を始めたり、フリーランスで働いたりする人が多くなってきました。

副業やフリーランスでは、趣味や好きなことをベースに仕事ができます。

趣味や好きなことを仕事にできたら、仕事が楽しくなって毎日の充実度が上がりそうです。

では趣味を仕事にする場合、どのようなことに注意が必要なのでしょうか。

ここでは趣味を仕事にすることの、メリットとデメリットを解説していきます。

また志望動機の書き方についてもお伝えするので参考にしてみてください。

Contents

趣味を仕事にしたい人が注意するポイントを解説

女性、指差し
趣味や好きなことを仕事にしたいと考える場合、どんなことに注意したら良いのでしょうか。

まず、趣味を仕事にするメリットとデメリットを把握する必要があります。

良い点と悪い点を知った上で、生活のために必要な収入を確保できるか・働き方はハードにならないか、などを考えることが大事です。

趣味を仕事にすることは可能?

悩む女性
誰もが1度は趣味を仕事にしてみたい、と思ったことがあるのではないでしょうか。

実際、趣味を仕事にすることは可能です。

例えば服を好きな人がアパレル業界で働いていたり、写真を好きな人がカメラマンとして働いたりしています。

考えてみると、意外と趣味を仕事にしている人は多そうです。

趣味を仕事にするメリット

オッケーサインをする女性
ここからは趣味を仕事にするメリットをお伝えしていきます。

以下3点が好きなことを仕事にするメリットです。

  • モチベーション高く仕事ができる
  • スキルアップしやすい
  • やりがいや達成感をもてる

1つずつ説明していきます。

モチベーション高く仕事ができる

楽しそうな女性
まず1つ目は趣味を仕事にすると、モチベーションが高く仕事ができることです。

仕事を憂鬱に感じたり、嫌だと感じるのは、その仕事が好きではないという理由が多いです。

しかし、興味のあることや好きなことであれば楽しく仕事をすることができます。

また好きなことに関わっているのでやる気が出て、モチベーションも高く仕事ができます。

モチベーションが高いと集中できたり、生産性が上がったりするので良い成果も出やすいです。

良い結果が出ると、更に仕事へのモチベーションが高くなります。

このようにモチベーションを高く維持できると、仕事が上手くいく好循環が起きる可能性が高いです。

スキルアップしやすい

2つ目はメリットはスキルアップしやすい、という点です。

趣味や好きなことをしていたらあっという間に時間が過ぎていた、という経験がある方は多いと思います。

自分の好きなことだと長時間学んだり、作業したりするのも苦に感じません。

そのため知らないうちに「クオリティが高くなった」「スキルアップしていた」ということが起こります。

やりがいや達成感をもてる

万歳をする女性
最後はやりがい達成感をもてるという点です。

例えば小さい頃から漫画を好きだった人が漫画家さんと仕事ができるとしたら、とても嬉しいだろうなと想像できます。

また憧れだった人と仕事ができたらやりがいを感じますし、その人と何かを成し遂げた時にはいつも以上に達成感を感じるはずです。

仕事はどんなことでも成果をあげると嬉しいものですが、自分の好きなことであれば成果をあげた時の喜びはもっと大きくなりそうです。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

趣味を仕事にするデメリット

悩む女性
一方で趣味を仕事にするとどのようなデメリットがあるのでしょうか。

以下3つのデメリットについて詳しく説明していきます。

趣味が嫌いになる可能性がある

まず1つ目のデメリットは趣味を嫌いになる可能性がある、ということです。

趣味や好きなことは、自分の好きな時間に好きな場所でやるから楽しめている場合があります。

また趣味の場合は結果やお金にこだわる必要もないので、気楽に行うことができます。

しかし仕事となると時間や場所に拘束されたり、高いクオリティを求められたりします。

またお金が関わったり、クライアントがいたりするので正確に業務を行わなくてはなりません。

このように好きでやっていたことを楽しめない状況になると、趣味を嫌いになってしまう可能性があります。

仕事とプライベートの境界がなくなる

悩む女性
2つ目のデメリットは仕事とプライベートの境界がなくなることです。

趣味を仕事にするとこれまではプライベートの時間にやっていたことを、仕事の時間でもするようになります。

そのためこれまでは仕事とプライベートの時間で境界があった方でも気がつくとずっと仕事をしている、という状況になる可能性があります。

副業やフリーランスとして仕事をする場合、時間の融通が利く分長時間労働になりやすいです。

自分で労働時間の調整をしたり、適度に休憩をとったりしながら無理のない働き方を意識することが必要です。

好きなことだけができるとは限らない

最後に3つ目のデメリットは好きなことだけできるとは限らない、という点です。

副業やフリーランスで仕事をする場合、自分の好きなこと意外にも雑務が生じることがあります。

他の人に頼めれば良いですが、コストのことを考えると自分でやる方が良いでしょう。

雑務の方がメインの仕事よりも時間がかかったり、業務量が多かったりすることもあります。

そのような状況では、好きなことを仕事にしたはずなのに「こんなはずじゃなかった」と思うかもしれません。

 

ワンポイント
趣味を仕事にするデメリット
・趣味が嫌いになる可能性がある
・仕事とプライベートの境界がなくなる
・好きなことだけができるとは限らない

趣味を仕事にする方法

指をさす女性
ここまでは趣味を仕事にするメリットとデメリットを説明してきました。

それではここからは実際に趣味を仕事にする方法を説明していきます。

ただ好きだから、という理由だけで仕事を選ぶのは危険です。

以下3つのポイントに注意して仕事を選ぶのがおすすめです。

仕事にしてもいいと思える根拠を明確にする

まずその趣味を仕事にしてもいいと思える理由を明確にすることです。

仕事としてやるからには、収入を得るために成果が出るまでやり続けなくてはいけません。

結果を出すまでやり続けることができるくらい好きなのか、という点は改めて整理しておくと良いでしょう。

またもしその仕事ができなくなったらどうするのか、ということも考えておくのもおすすめです。

その仕事ができなくなることは、仕事と趣味の両方を同時に失うことを意味します。

もしそれは避けたいという人は趣味を趣味のままにしておく方が良いかもしれません。

その中で得意なものを明確にする

次に好きなものの中でも、特に得意なものを明確にすることです。

例えば映画が好きな人の中には「映画鑑賞が好き」「撮るのが好き」「映画俳優が好き」というように様々な好きの分野があります。

映画鑑賞が好きな人が俳優のマネージャー業務をしても自分が想像していた趣味の仕事とは違う、と感じるはずです。

このような微妙なミスマッチが起きないように、趣味の中でも「何が好きなのか」を明確化することはとても重要です。

条件に見合った求人を探す

サーチする女性
得意なものを明確にしたら、次は条件に見合った求人を探します。

趣味として好きなことに関わってきた方は実務の経験は無いことが多いです。

そのような方は未経験歓迎や、ポテンシャル採用と記載のある求人に応募すると良いでしょう。

また副業などで趣味に関する実務の経験がある方は、求人の必要要件を参考に自分の経験とマッチするものに応募するようにします。

ポートフォリオなど何かこれまでの活動が分かるものがあれば、応募時に添付すると会社に属していなくても実績を証明することが可能です。

趣味を仕事にしたい人が注意すべきポイント

ここまで準備ができたら、あとは求人に応募をして選考に進むだけです。

「好きなことを仕事にできる」と思うとワクワクします。

しかし以下2点のような厳しい点もあるということは転職活動中も忘れてはいけません。

理想と現実は異なることを認識しておく

悩む女性
これまで長年好きでやってきたことでも、仕事としてやる際には初心者です。

覚えることが多かったり、想定外にクライアントからレベルの高いものが求められたり、大変なことはたくさんあります。

趣味を仕事にしたい、と考えている人の中には好きなことに関わる仕事であれば楽しいことばかりが起こると思っている人も多いです。

しかし実際は初心者なので、上手くいかないことばかりです。

辛いこともたくさんあるので、そのことは理解しておかなくてはいけません。

好きなことのために嫌いなこともやらないといけない

また好きなことだけやる、というのは現実だととても難しいということも知っておくと良いでしょう。

先ほどもお伝えした通り、仕事の中ではメインの業務と雑務があります。

雑務の中には、趣味には直接的に関係のない業務もあります。

その業務が嫌いだったり、苦手だったりすることもあるかもしれません。

そのような仕事だとしても、趣味を仕事にするためには上手にこなしていく必要があります。

 

ワンポイント
注意すべきポイント
・理想と現実は異なることを認識しておく
・好きなことのために嫌いなこともやらないといけない

趣味を仕事にしたい人の志望動機の書き方

書類を見る女性
趣味を仕事にしたい場合、履歴書の志望動機欄にはどのようなことを書いたら良いのでしょうか。

以下では服を好きな人がアパレル店員を志望する場合の良い例とNG例を解説していきます。

企業側の目線に立っている志望動機(良い例)

私が貴社を志望する理由は貴社の服を通じて、多くの女性におしゃれをする喜びを感じて欲しいと思ったからです。

私は体型に自信がなく、幼い頃からコンプレックスを感じていました。

そのため体型が隠れるような服ばかりを着ていて、おしゃれにもあまり興味を持っていなかったです。

しかし誕生日プレゼントで貰った貴社の洋服を着てみると、おしゃれでシルエットが綺麗でコンプレックスが気にならないデザインでした。

貴社の服を着ている自分を見たときに初めて自分に自信を持つことができました。

それ以降、洋服だけでなく様々なことに興味が湧き、おしゃれをする楽しみを感じられるようになりました。

私のように体型に悩みを抱えている女性は多いです。

販売員としてこれまで営業にて培ってきたヒアリング力を活かして、1人1人に合ったコーディネート提案をしていきたいです。

貴社の服を通じて、すべての女性におしゃれをする楽しさを知って欲しいと思っています。

自分のことばかりを伝える志望動機(NG例)

私が貴社を志望する理由は貴社の服が好きだからです。

貴社の服を着て、毎日仕事ができたらとても幸せだと思います。

また貴社の店舗の店員さんはいつも親切で、丁寧な接客をしてくれます。

そのような方々と一緒に仕事をすることで、自分もお客様に喜ばれる接客を勉強したいと思いました。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

趣味を仕事にしたい場合の面接での伝え方

女性、面接
趣味を仕事にしたい場合、「好き」という気持ちが先行してしまうこともあるでしょう。

しかし採用担当者としては「どれくらい会社のことが好きか」ではなく「会社に入ったらどのように活躍してくれるのか」を聞きたいです。

そのため先述のNG例のように好きな理由や勉強したい、ということだけ伝えられても採用したいとは思ってもらえません。

良い例のように「どうしてその企業なのか」「惹かれている理由」「入社後したいこと」をメインにアピールすることが大切です。

 

ワンポイント
志望理由では企業に「採用したい」と思ってもらえる内容を伝えることが重要です。

趣味を仕事にしたいなら転職エージェントに相談しよう

エージェント
ここまで、志望動機の書き方や面接での伝え方について解説してきました。

実際に志望動機や面接の回答を考えていると、これで良いのかな、と不安になることもあります。

そんな時は是非転職エージェントの利用を考えてみてください。

転職エージェントは志望理由を一緒に考えてくれたり、模擬面接の実施や過去の質問事例を教えてもらうことも可能です。

また企業への応募の前には、応募書類の添削をしてくれます。

更に内定獲得後には企業への待遇調整をあなたの代わりにしてくれます。

現職を続けたまま転職活動をする場合、書類作成や面接準備にあまり時間をかけれないことも多いです。

転職エージェントを上手く利用すれば時間や労力を大幅に削減できます。

是非転職エージェントを活用して趣味に関わる仕事への転職活動を始めてみてください。

 

ワンポイント
転職エージェントを利用すると志望理由を考えてくれたり、面接対策をしてくれたりします。

まとめ

いかがだったでしょうか。

趣味を仕事にする際にはデメリットや苦労することがあります。

しかしその分やりがいを感じたり、スキルがアップしたりするなどの良い点も多いです。

また趣味を仕事にするのは準備をしっかりすれば難しいことではない、ということも感じていただけたと思います。

もし趣味を仕事にするために転職活動をする際には、転職エージェントの利用も検討してみてください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら