旅行業界は働く場所も働く人も多種多様です。そのため、旅行業界の職種も非常に幅広くあります。

この記事では、旅行業界における職種を紹介します。

各職種の仕事内容や仕事に活かせるスキルも解説していますので、仕事選びの参考にしてください。

旅行業界の職種を転職エージェントが解説

旅行する女性

旅行業界の職種を転職エージェントが解説します。

旅行業界の職種はキャビンアテンダントやグランドスタッフなどさまざまです。

それぞれ仕事内容や仕事に活かせるスキルが異なります。

各職種の違いを理解しておけば、旅行業界への転職活動を行うときに迷うことがありません。

また、旅行業界そのものもいくつかの種類に分かれています。

まずは業界全体の理解を深めてから、各職種の違いを確認してみましょう。

旅行業界の種類をチェック

女性,注意点

旅行業界は、法により許可されている業務の範囲によって以下の4種類に分かれます。

  • 第1種旅行業者
  • 第2種旅行業者
  • 第3種旅行業者
  • 旅行業者代理業者

これらは具体的には「手配旅行・企画旅行どちらも対応できるか」「海外の募集型企画旅行も実施できるか」などが異なります。

手配旅行とは、旅行業者が旅行者からの依頼を受けてホテルや交通手段の手配をするタイプの旅行です。

一方企画旅行は旅行業者側で旅行計画を立てるもので、修学旅行をイメージされると理解しやすいかもしれません。

企画旅行は受注型募集型に分かれます。

受注型はあくまで旅行者からの依頼を受けて計画を立てますが、募集型は旅行業者が主体となって旅行計画を立てるものです。

例を挙げると、学校の依頼に合わせて計画が立てられる修学旅行は受注型の旅行です。

募集型は、あらかじめ日程や参加人数が決まっているパッケージツアーが当てはまります。

第1種旅行業者

女性

第1種旅行業者は旅行業界の中でも許可されている業務範囲が最も広い業者です。

手配旅行・企画旅行どちらも担当でき、企画旅行も受注型・募集型問わず対応できます。

第1種旅行業者の特徴は、海外の募集型企画旅行を計画・実施できる点です。

許可されている範囲が広い分、業者登録に必要な営業保証金や基準資産も高く設定されています。

第1種旅行業者として登録するには、営業保証金7000万円、基準資産3000万円が必要です。

一般的にイメージされる旅行業者の多くはこの第1種旅行業者に分類されます。

第2種旅行業者

書類に目を通す女性

第2種旅行業者は「海外の募集型企画旅行」以外のすべての旅行サービスを実施できる業者です。

業務範囲は第1種旅行業者よりも少し制限されています。

しかし許可されている業務範囲が狭まる分、営業保証金や基準資産などの設定金額は第1種旅行業者よりも低いです。

第2種旅行業者として登録するには、営業保証金は1100万円、基準資産は700万円が要件として求められます。

第3種旅行業者

面接の様子

第3種旅行業者は、企画旅行のうち受注型の旅行のみ許可されている業者です。

基本的に、一定条件を満たさない限り募集型の企画旅行を計画作成することはできません。

そのため、国内・海外の手配旅行や受託型企画旅行、また他社商品の受託販売などを主に行います。

営業保証金や基準資産は第2種旅行業者よりもさらに低くなり、それぞれ300万が登録要件です。

旅行業者代理業者

オフィスワーク中の女性

旅行業者代理業者とは、上記の第1種~第3種の旅行業者から委託された仕事を行う業者を指します。

いわゆる旅行業者の代理店です。基本的には親会社から任された旅行業務を実施します。

企画旅行も手配旅行も対応できませんが、業務範囲が限定される分、業者登録の営業保証金や基準資本は必要ありません。

 

ワンポイント
 旅行業界の会社を探すときは第1種や第2種などの区分に注目して比較すると良いでしょう。

旅行業界の職種「キャビンアテンダント」

キャビンアテンダント

キャビンアテンダントは客室乗務員とも呼ばれ、航空機内で乗客にサービスを提供する仕事です。

キャビンアテンダントの仕事内容と、キャビンアテンダントの仕事に活かせるスキルを解説します。

主な仕事内容

機内

キャビンアテンダントの仕事内容は主に「機内サービスの提供」と「保安管理」の2種類に分かれます。

機内サービスの提供は、例えば食事の配布や機内販売の提供などです。

保安管理には、急病人が発生した際の救急処置や悪天候時の安全確保などが該当します。

活かせるスキル

会話する女性

キャビンアテンダントに活かせるスキルは、「コミュニケーション力」と「語学力」です。

コミュニケーション力があればキャビンアテンダントの仕事に活かすことができます。

キャビンアテンダントは、パイロットなどと連携してスムーズにサービス提供や保安管理を行わなければなりません。

仕事仲間と密なコミュニケーションを取ることが求められるため、コミュニケーション力は非常に重要です。

また、高い語学力もキャビンアテンダントの業務に活かせます。

飛行機を利用する乗客には国内外問わずさまざまな人がいるためです。

キャビンアテンダントにはどのような人とも適切にコミュニケーションを取れる語学力が求められます。

さらにスキルではありませんが、人並み以上の体力もキャビンアテンダントの仕事には欠かせません。

機内サービスを提供する際は機内を歩き回ります。長時間のフライトになれば疲労は相当です。

また国際線のキャビンアテンダントになった場合、海外との時差の影響で疲れが取れにくいこともあります。

疲れにくい体はキャビンアテンダントの仕事をこなす上で必要です。

旅行業界の職種「グランドスタッフ」

 

グランドスタッフ

グランドスタッフは、空港での接客業務を担当する仕事です。

グランドスタッフの仕事内容やグランドスタッフに活かせるスキルを解説します。

主な仕事内容

空港

グランドスタッフの仕事は主に「受付カウンター業務」「出発案内業務」「到着便業務」の3つに分かれます。

受付カウンター業務は、乗客の搭乗手続きを行ったり乗客から手荷物を預かったりする仕事です。

搭乗手続きでは乗客に行き先や搭乗便を確認します。

手荷物を預かる際は、大きさや重さを測って規定に沿っているかチェックしなければなりません。

また、機内の安全のために預けられない荷物が多数あるため、それらが確実に含まれていないことを確かめることも仕事です。

出発案内業務では、搭乗手続きを済ませた乗客に出発ロビーや搭乗口をアナウンスします。

フライト時間に遅れそうになったり搭乗口を間違えたりする人も珍しくありません。

これらの人も含めてすべての乗客を機内に案内するのがグランドスタッフの業務です。

グランドスタッフは出発便に関わるだけでなく、到着した便の乗客に対して手荷物返却や乗り継ぎ案内も行います。

活かせるスキル

ガッツポーズをする女性

グランドスタッフに活かせるスキルは「語学力」と「精神力」です。

グランドスタッフは飛行機を利用するさまざまな国・地域の人々とコミュニケーションを取る必要があります。

乗客を確実に機内へ案内するためには安定した語学力が欠かせません。

また、飛行機は搭乗の時間やルールが厳密に定められている分、乗客から苦情やクレームを受け取ることもあります。

きつい言葉をかけられても心が折れないような精神力はグランドスタッフになる場合に必要です。

また、体力があれば不規則な勤務時間にも対応できるため良いでしょう。

グランドスタッフの仕事は基本的に早番・遅番のシフト制です。

日によって出勤時間が変わり、勤務する空港によっては深夜に仕事が終わることもあります。

 

ワンポイント
語学力と体力は旅行業界で活躍する上で欠かせない力ですので、今から鍛えておきましょう。

旅行業界の職種「ツアーコンダクター」

 

ツアーコンダクター

ツアーコンダクターとは、団体ツアーに同行して旅行程の始まりから終わりまでツアー参加者を案内する仕事です。

ツアーコンダクターの仕事内容やツアーコンダクターに活かせるスキルを解説します。

主な仕事内容

時計を確認する女性

ツアーコンダクターは、ツアーが滞りなく進むように臨機応変に対応します。

ツアー全体を通して行うことは、スケジュール管理や観光地の案内です。

また、飛行機で移動する場合は空港で参加者の送迎をしたり、入国&出国手続き・税関検査などの説明を行ったりします。

宿泊するホテルでのチェックイン・チェックアウト手続きやレストランの予約などもツアーコンダクターの業務の一つです。

ツアー中に旅行客が体調を崩したり盗難に遭ったりするなどのトラブルが発生した場合にも迅速に対応します。

また、ツアー開始前にも現地の交通状況や地理、歴史などについて情報収集を行うことも業務に含まれるでしょう。

活かせるスキル

サインを出す女性

ツアーコンダクターの仕事に活かせるスキルは「語学力」と「対応力」と「コミュニケーション力」です。

海外旅行に同行する場合、現地での必要な手続きはすべて自分で対応しなければならないため、高い語学力が求められます。

また、国内海外問わずトラブルが起こっても対応できる力は重要です。

さらに、参加者と一日中一緒に行動するため、どんな人とも会話できるコミュニケーション力も必要なスキルといえます。

旅行業界の職種「ツアーオペレーター」

電話する女性

ツアーオペレーターはランドオペレーターとも呼ばれ、海外旅行に必要なサービスの手配を行う仕事です。

ツアーオペレーターの仕事内容やツアーオペレーターの仕事に活かせるスキルを説明します。

主な仕事内容

電話する女性

ツアーオペレーターの仕事は主に、旅行会社からの依頼を受けて海外のホテル・レストラン・送迎などを手配することです。

訪日外国人を対象としたサービスを行う旅行会社と取引がある場合は、日本国内における手配を行うすることもあります。

活かせるスキル

商談のやり取り

ツアーオペレーターの仕事に活かせるスキルは「語学力」と「交渉力」です。

ツアーオペレーターは日本の旅行会社と旅行先である海外の現地のスタッフとの間に立って仕事を進めなければなりません。

現地スタッフとやり取りをするには、要望や意図を確実に伝えられる語学力が必要です。

また、サービスを手配する上で現地と条件などを話し合う交渉力も重要になります。

 

ワンポイント
 ツアーコンダクターは旅行客と直接関わることはありませんが、安心・安全な旅行に欠かせない重要な仕事です。

旅行業界での上記以外の職種

旅行する女性

旅行業界には上記以外にも「受付担当」や「団体営業」といった職種があります。

以下では2つの職種の仕事内容を説明します。

受付担当

受付の女性

受付担当とは、旅行カウンターにやってきた人の要望に合わせて旅行に必要な手続きを行う仕事です。

業務内容は、旅行プランを立てる・チケットを発券する・イベントを予約するなどお客さんの要望によって変わります。

接客のスキルや要望を聞き出すコミュニケーション力が求められる仕事です。

団体営業

営業の女性

団体営業とは、官公庁・学校・一般企業などに団体旅行商品を販売する仕事です。

単にパッケージ化された商品を売るだけでなく、顧客の要望に合わせて旅行を企画することもあります。

旅行業界に向いている女性の特徴は?

いいね!

旅行業界に向いている女性の特徴として挙げられるのは以下の4つです。

  • 旅行が好きである
  • 語学力がある
  • コミュニケーション力がある
  • 体力がある

旅行業界で働く上でまず個人的に旅行が好きであることは欠かせません。

「多くの人に旅行を楽しんでほしい」という気持ちが仕事のモチベーションになるためです。

また国内海外問わずさまざまな人と交流できる語学力コミュニケーション力も必要になります。

コミュニケーション力は旅行業界で働くスタッフや関係者とのやり取りでも重要な力です。

さらに、体力がある人も旅行業界に向いています。

旅行業界は、勤務時間が固定されていなかったりトラブルで業務が増えたりなど、体力が求められる仕事が少なくありません。

多少の労働でも疲れにくい人や休めば疲れが完全に取れる人など、体力に自信がある人は観光業界で楽しく働けるでしょう。

上記以外にも、旅行客を心からもてなすホスピタリティ精神がある人は旅行業界に向いています。

また、日頃から計画を立てることが得意である人も、旅行業界で活躍できるタイプです。

旅行は常にスケジュールに基づいて行われます。

計画的に行動する習慣が身に付いていれば、旅行業界の仕事に就いた後も困りません。

加えて、臨機応変に対応できる力があればさらに良いでしょう。

旅行にトラブルは付き物ですので、いざというときに素早く判断して行動できる人は重宝されます。

 

ワンポイント
 語学力・コミュニケーション力・体力は努力と工夫次第で身に付けることができるので、今自信が持てなくても問題ありません。

旅行業界に関する転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

笑顔の女性

旅行業界は憧れる人も多く、人気の業界の一つです。

旅行業界に転職したいと思ったとき、ライバルが多い中でどうやって最初の一歩を踏み出せばいいか悩むかもしれません。

また、さまざまな職種がある中でどれが自分に向いているのか判断できない人もいます。

旅行業界への転職で悩んだら、まずは転職エージェントに相談してみましょう。

転職エージェントは転職のプロです。

その人の適性や魅力を見極め、向いている職種を提案してくれたり、選考のアドバイスをくれたりします。

一人で転職活動を進めると情報不足で無駄足を踏んでしまうことも少なくありません。

転職エージェントの経験と情報量を活用して、旅行業界への転職を成功させましょう。

まとめ

旅する女性

旅行業界は許可された業務範囲の違いによって4つの種類に分かれています。

旅行業界の職種はキャビンアテンダント・グランドスタッフ・ツアーコンダクターなどさまざまです。

同じ旅行業界であっても仕事内容やスキルは大きく異なります。

自分の適性に合わせた職種選びをするなら、まずは転職エージェントに相談してみると良いでしょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら