カメラマンは男性だけではなく、女性も多く活躍している職業です。大手新聞社や広告製作会社など活躍の場も広がっています。

志望動機の書き方一つで転職の成功が決まるほど、志望動機は自分をアピールする重要な鍵となるのです。

今回はカメラマンの志望動機を書く時のポイントや例文を解説していきましょう。

カメラマンの志望動機の書き方を解説

ディレクター

カメラマンの志望動機はその業務内容によっても違ってきます。カメラマンの業務内容にはどのようなものがあるか確認しましょう。

  • マスコミ・メディアでのカメラマン
  • 結婚式場のカメラマン
  • スタジオ撮影のカメラマン

マスコミ・メディアで業務を行うカメラマンは報道カメラマンなどです。マスメディアでの業務も多岐にわたります。

CM撮影やTVドラマなどのカメラマンもマスメディアカメラマンといえるでしょう。

結婚式を撮影するカメラマンの多くは結婚式場に勤務し業務を行います。まれに顧客がフリーのカメラマンを依頼する場合もあります。

家族写真をはじめ、子どもたちの成長などを撮影するのがスタジオ撮影のカメラマンです。

直接顧客と接しながら撮影を行います。

これらさまざまの業務の中のどのカメラマンを志望するかによって、志望動機を書くポイントも違ってくるのです。

 

ワンポイント
 カメラマンの志望動機は働く場所や業務内容で違ってきます。

志望動機を書く前のポイント

それぞれの業務での志望動機を書く前に、自分で把握しておきたい事や知っておきたい事があります。

まず自分自身のことを把握することです。人との関わりが苦手というのなら結婚式やスタジオでの仕事は難しいでしょう。

また応募先の企業ではどのようなカメラマンを求めているのか、どのような仕事の内容が多いのかなども確認しておく必要があるのです。

自身の強みや弱みを把握しよう

自分がどのようなカメラマンを目指しているのかを把握して応募を決める必要があります。

子どもが好き、人と話すことが好きというのならスタジオカメラマンに適任です。社会的な貢献を目指すなら報道カメラマンが適任でしょう。

自分の強みや弱みを把握することで、適するカメラマンとしての業務がある程度確認できるのです。

カメラマンとしては未経験であっても、以前マスメディアで仕事をしていたなどの経験があるなら、それは志望する上での強みとなります。

応募先企業の研究をしよう

転職を希望する応募先企業がどのような会社なのかも、充分に確認しておく必要があります。

カメラマンとしての職種を希望しているのに、企業が求めているのがカメラマンではなく他の職種だったなどということを防ぐためです。

特に結婚式場ではさまざまな業種があります。カメラマンとしての求人なのかをしっかりと確認しておきましょう。

 

無料転職相談をしてカメラマンの転職に成功しよう

 

志望動機で好印象を与えるポイント

ワーケーションをする女性

自分自身の強みや弱みを把握し企業の研究もふまえた上で、志望動機でどうすれば好印象を与えられるかを解説していきましょう。

志望動機を読んだ時、採用担当者が一番好印象と感じるのはどのような文面なのでしょうか。

  • カメラマンとしての実務経験がある
  • 写真コンクールなどでの受賞経験
  • 経験を今後の貢献に結びつける明確な文言
  • ポートフォリオが添えられている

何といってもカメラマンとしての実務経験があるというのは魅力です。端的に明確に内容を記載することが大切です。

写真コンクールで受賞経験がある場合も、カメラマンとして採用する大きな目安となります。どのような賞だったのかを書きましょう。

たとえカメラマンとしての経験は無くても、前職やアルバイトなどで結婚式場の仕事に関わったなども書き加えましょう。

自分が今まで撮りためた写真や受賞した写真などをまとめたポートフォリオを添えるのも効果的です。

応募先企業でどのような貢献ができるか明確にしよう

履歴書

経験の有無も大切ですが、たとえ未経験でも応募先企業でどのような貢献ができるのかをはっきりと伝える必要があります。

前職ではどのような仕事をしていたか、それを応募先企業でどう活かせるかどう貢献できるかを書くことで好印象につながります。

将来のビジョンを明確にしよう

カメラマンとして採用された場合のキャリアパスを示し、将来どうなりたいのかを明確に伝えることも好印象な志望動機となります。

目的を持ち仕事に意欲を持つことは、今後の貢献が期待できると採用担当者は好印象を持つのです。

 

ワンポイント
 志望動機で好印象を与える実務経験やポートフォリオを有効活用しましょう。
 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


志望動機を書く際の注意点

笑顔の女性

カメラマンというのは単に写真を撮ることだけが仕事ではありません。どのようなカメラを使うかなど技術面でのスキルが必要となります。

どのようなスキルを持っているのかも記載しましょう。関係ないかもと書かないよりも、すべて明記する方が良い場合が多いのです。

またカメラマンをどうして志望するのか、そのために何故この企業を選んだのかも明記するようにしてください。

なぜカメラマンになるのか明確にしよう

MOVIEの文字とカメラ

どうしてカメラマンを志望するのかが一番に書かなくてはいけない事柄です。

カメラが好きなので、写真の構図を考えるのが好きなど理由はさまざまですが、カメラマンになりたい明確な理由を書くことが大切になります。

ただ写真を撮るのが好きだからという理由だけでは理由としては弱いでしょう。

例えばもともとカメラが好きで趣味で写真を撮りためていたけれど、コンクールに入選したことで仕事にしたいと思うようになりました。

などとこういったきっかけでカメラマンを目指すようになったと明確に伝えることが必要なのです。

なぜ応募先企業なのか明確にしよう

結婚式専属のカメラマンになりたい、購買意欲を高めるCM写真を撮るカメラマンになりたいなど企業を選んだ理由をはっきり伝えましょう。

その企業の特色を前面に出し、志望動機を書くとより強い志望動機として伝わります。企業を研究した結果がここで発揮できるのです。

カメラマンになりたいと考えたきっかけと動機、そしてそのためにこの企業を選んだと明確に伝えることが大切なのです。

 

ワンポイント
 志望動機にはカメラマンを目指す理由と企業を選ぶ理由を明確に書きます。

カメラマンの志望動機の例文

書類を確認する女性

カメラマンの志望動機を職種や働き場所ごとに例を挙げ、内容について考えていきましょう。

なぜカメラマンになりたいと思ったのか、どういうきっかけでカメラマンを目指すことになったのかが明確に書かれています。

このように例をあげ明確に書くことが志望動機を採用担当者にわかってもらうには必要となるのです。

例文①

「はじめてカメラらしいカメラを持ったのは、父に一眼レフのカメラをプレゼントされたときです。

今まではスマホのカメラばかりだったのでその美しい映像に驚きました。それからは休みのたびに出かけて写真を撮りました。

そして写真を撮る楽しさや、被写体の構図を考える面白さを仕事にできたならと強く思うようになりました。

より写真の腕を上げるためにカメラの技術についての資格も取得しました。

貴社の出版物を観たときに女性ならではの感性で、カメラマンとして貢献することができるのではと感じたのが貴社を選んだ動機です」

例文②

メモ帳とペンと花

「今までの接客業で培ったコミュニケーション能力を活かし、子どもたちやご家族の記念写真を写す仕事がしたくて応募しました。

以前貴社のスタジオを利用したことがあり、その時のカメラマンの確かな手腕に驚き自分もカメラマンを目指すようになりました。

カメラの技術は通信教育で学びましたが、写真はSNSなどで発信し多くの人に観ていただいています。

子どもたちの最も良い笑顔の瞬間や、家族の穏やかな笑顔を残せるカメラマンになりたいと貴社への応募をさせていただきました」

例文③

結婚式の写真は一生に一度きりの思い出です。カメラが好きで頼まれればいろいろな場所で撮影を行ってきました。

結婚式場でも友人の式のカメラマンを頼まれたこともあります。幸せな顔を撮影することは何よりの喜びです。

仕事としてこの思い出を残すお手伝いができたらとずっと考えていました。

今回貴社の求人を知りこのチャンスをどうしても逃したくなくて応募いたしました。

今までフリーとして撮影してきたものをポートフォリオとしてまとめました。ぜひ一度ご覧いただければと思っております」

どの例文も的を射た志望動機文となっています。何がきっかけでカメラマンを目指すようになったのか動機も書かれています。

応募先企業を選んだ理由も明確に書かれているので、採用担当者に好印象を与える文章となっています。

 

無料転職相談をして魅力ある志望動機を書きましょう

 

カメラマンの志望動機のNG例文

NGサインをする女性

続いてカメラマンの志望動機で使ってはいけないNGワードを使ってしまった例文を見ていきましょう。

またどのようにすれば改善できるかもあわせてお話ししていきます。

例文①

「前職でも同じようにスタジオで撮影を行うカメラマンのアシスタントを努めてきました。

充分に技術は習得できたと思いますがなかなか自立する機会がなく、今回貴社の募集を知り応募しました」

例文②

「デパートに勤めていたので、接客のスキルがあります。写真が好きでカメラの技術を学びたくて資格を取りました。

デパートは今低迷期で、以前から好きな写真の仕事がしたいと考えていたこともあり、資格を活かすために貴社に応募いたしました」

NG例にならないために

疑問

NG例文のどこがNGなのかはお分かりでしょう。例文①の方は長年努めたアシスタントとしての仕事を辞めて応募したとあります。

このような例では、なぜそのままプロのカメラマンとして会社に残らなかったのかと不審に思われる場合が多いです。

例文②は前職を低迷期などと言ってしまったところがNGです。

「フリーカメラマンの元でアシスタントとして、長年カメラや写真の技術を教わりました。

今回自分は企業カメラマンとしてスタートをしたく、貴社の募集をみて応募いたしました」

とすると、フリーカメラマンではなく企業のカメラマンを希望なのだとわかります。

「デパートに勤めていたため、コミュニケーション能力には自信があります。

このスキルと、カメラが好きで取得した資格を活かせる貴社への応募を志望しました」

というように前職で培ったスキルも活かしたいとすることで、前職に対しての礼儀も感じられます。

 

ワンポイント
 志望動機にはNGワードは使わないよう気を付けましょう。

カメラマンにあると有利な資格

女性

カメラマンになるために必須の資格はありません。それでも一般的なカメラの知識や写真に関する基本的な知識はもちろん必要です。

その上で取得することで、カメラマンの転職に有利な資格についてお話ししましょう。

主なものはフォトマスター検定とPhotoshop(R)クリエイター能力認定です。それぞれどのような資格なのでしょうか。

フォトマスター検定

フォトマスター検定は文部科学省後援の検定試験で、主にアマチュアが取得する場合が多い検定になります。

3級から1級までの階級があり、1級の合格者のみが「フォトマスターEX」の試験を受けることが可能です。

Photoshop®︎クリエイター能力認定

Photoshop(R)クリエイター能力認定は画像加工ソフト「Photoshop」を使用する能力を認定するものです。

「スタンダード」と「エキスパート」の認定レベルがあり、基本的な使用能力が認められるのはスタンダードになります。

資格としてはPhotoshopを使いこなせ、カメラマンに必要なスキルが身に付くことを考えると取得しておくとかなり有利でしょう。

 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


カメラマンの面接のポイント

カメラマン

続いてカメラマンの面接ではどのような点に気を付けるべきなのかお話ししましょう。

面接でよく質問されるのは、カメラマンになるための知識や技術はどうやって身につけたかという事です。

今まで、どのような写真を撮ってきたかなど作品について聞かれることも多いので、自分の写した写真を何枚か持参するのもよいでしょう。

技術面についてはできるだけ明確に、独学ならどのような本を読んで学んだのかなど具体的に伝えるようにしてください。

カメラマンの志望動機に困ったら転職エージェントに相談しよう

ポイント

プロのカメラマンを目指すためには、志望動機で自分をしっかりとPRする必要があるのです。

志望動機の考え方や書き方に困ったら転職エージェントに相談することをおすすめします。

カメラマンの活躍の場である新聞社や広告制作会社、結婚式場への転職の成功に必要なことや志望動機の書き方を教えてもらえます。

ぜひ転職エージェントを活用してください。

 

無料転職相談をして志望動機の書き方を知ろう

 

まとめ

まとめ

プロカメラマンを目指すために、志望動機の書き方はカメラマンとして働く場所によって違います。

それぞれにあった採用担当者に響く志望動機で、面接を目指す必要があります。

志望動機で好印象を与えるには、実務経験があること・コンクールでの受賞経験・会社への貢献を伝えるなどを書くとよいでしょう。

今までの作品をまとめたポートフォリオを添えるのもポイントの一つです。

好印象な志望動機で第一の難関を突破し、面接に進めるように努力してください。

志望動機の書き方など、転職エージェントに相談するようにしましょう。

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために以下のサポートを全て無料で実施いたします。

  • 非公開求人紹介
  • 職務経歴書のフルオーダー作成
  • 応募企業への推薦
  • 面接のフィードバック
  • 模擬面接の実施
  • 内定後の労働条件確認

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!

 

非公開求人紹介

転職エージェントに相談すると、一般に公開されていない非公開求人への紹介が可能です。

非公開求人には大手企業優良企業が多いと言われています。

条件が良い仕事だったり募集人数が少ない場合があるので、一般募集で応募が殺到しないように非公開としているのです。

この非公開求人はエージェントの紹介でしか応募することが出来ません。

キャリアアドバイザーによるヒアリングであなたにピッタリの求人をご紹介いたします。

職務経歴書のフルオーダー作成

応募したい企業が見つかったら先方に提出する職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい職務経歴書の作成を目指しています。

応募企業への推薦

フルオーダーの職務経歴書とともに応募企業への推薦状を作成いたします。

応募推薦状はエージェントに相談した人にしか受けられないサポートです。

模擬面接の実施

コールセンター

ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。

面接のフィードバック

面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

また内定した場合でもフィードバックいたしますので自分がどこを評価されたのかが分かり、入社後のモチベーションにも繋がります。

内定後の労働条件確認

事務

 

企業内定後には労働条件の確認給与の交渉をさせていただきます。

内定承諾書を提出する前に確認しておきたい雇用形態の調整を代わりに行います。

納得して仕事を始めていただけるように最後まで徹底サポートさせていただきます。

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!