不動産業界への転職を考えている人は、その事業の将来が気になるところです。

不動産物件はなくなることはないとはいえ、その業界の仕事の需要は将来的にどうなっていくのでしょうか。

本記事では、不動産業界の将来性や、今後女性が活躍できる業界なのか見通しについて詳しく解説していきます。

Contents

不動産業界の将来性を解説

はてな

まずは、そもそも不動産業界の将来性はどうなのでしょうか。

不動産といえば、テナントオフィスビルや家屋が代表的に挙げられます。

これらは今後時代がどのように変わろうとも、需要があるものです。

ただし、時代の流れによって働き方が変わったり、住まい選びの傾向が変わったりといった変動はあります。

まずは、不動産業界の現状から順を追って将来性について詳しく解説していきます。

不動産業界の現状

家の模型を持つ女性

そもそも不動産業界の現状はどうでしょうか。

全国の平均年収の変動や、時代の流れによる戸建てやマンションの需要の比重は日々大きく変わります。

不動産市場について、詳しく見ていきましょう。

不動産市場規模は増加傾向にある

結論からいうと、不動産市場規模は現状、増加傾向にあります。

まだまだ持ち家主義という風潮が強いなか、最近では「一生賃貸」という選択肢まで増えています。

持ち家が当然だった昔と比べて選択肢が広がることにより、不動産市場は増加傾向にあるのです。

2020年度の不動産業の法人数を見ても増加傾向にあり、事業規模が増えてきているといえます。

特に大手市場を中心に、業界全体的に好調な見通しを見せています。

オフィスビルの需要も増加している

技術の進歩により、テレワークが推進されオフィスビルの需要が下がると予想する人もいるでしょう。

確かに、テレワーク推進によって事業所の縮小といった対応をしている企業もあります。

ただ、オフィスビルの需要自体は変わらず増加傾向にあります。

テレワークが推進されていても、テレワーク環境を整えることができる会社ばかりではありません。

また、企業がテレワークを推奨していても、自宅にテレワーク環境を整えることが出来ない人もいます。

そんな人々のために、今度はかつてのマンガ喫茶のような「テレワークオフィス」という新しい事業も出てきています。

こういった経緯もあり、2020年度で見てオフィスビルの需要は変わらず増加傾向にあります。

不動産業界の将来性は?

営業の女性

では、肝心の不動産業界の将来性についても見ていきましょう。

さまざまな職種が数年後にはAIに代わり消えるといわれている中で、不動産業界の将来性はどうなのでしょうか。

詳しく解説していきます。

テクノロジーの進歩で人がいらなくなる可能性がある

AIをはじめとしたテクノロジーの進歩で人がいらなくなる可能性があるのは、不動産業界においても例外ではありません。

現在は人が担当している物件紹介も、今後はヒューマンレスで出来るようになるかもしれません。

既にVR内見の対応が普及したことにより、現場に向かう必要がなくなっているという実態もあります。

契約書の作成・記入においても従来では紙ベースでしていたことが、システム化され前ほど時間を割かなくなりました。

1人への対応にかかる時間が減るということは、1人の従業員が対応できるお客様の人数が増えるということです。

そのため、今後不動産会社に必要な従業員の人数が減るのではないかという予測がされています。

ブロックチェーンを活用した不動産管理

仮想通貨などで活躍してきた「ブロックチェーン」という技術もまた、不動産管理に活用されようとしています。

ブロックチェーンの技術を不動産管理に取り入れることによる、システム面に関するメリットは以下の通りです。

  • 従来のシステムに比べてシステムダウンに強い
  • データの改ざんがされにくい

その他、コスト面では従来のシステムよりも、比較的低コストで運用できる傾向にあるということも挙げられます。

以上のメリットから、不動産管理についてもブロックチェーンを活用することが今後期待されています。

住まいの需要は必ずある

家で笑う母子

これまで、不動産業界において人が減っていってしまうという方向の話ばかりでしたが、それだけではありません。

住まいの需要というのは、どんな時代になっても必ずあります。

戸建て派かマンション派か、もしくは持ち家派か賃貸派かそれぞれ比率が変わろうとも、住まいの需要は変わりません。

それを踏まえると、不動産業界への需要が減ることはないといえます。

不動産業界の今後の課題は?

考える女性

では、不動産業界の今後の課題についてどんなことがあるのでしょうか。

この課題をいかに解決に近づけるか、ということが非常に重要です。

それによって今後の不動産業界で生き延びていけるか否かを左右するといっても過言ではありません。

東京オリンピックの開催後の景気

今後の展望として、不動産業界の見通しを語るのに外せないのが2020年に予定されていた東京オリンピックです。

2020年に開催が決まった際、日本の不動産業界は大きく市場が動きました。

東京近郊のマンションは海外のバイヤーからも多く買い手が付き非常に好調だったのです。

ただし、その後未曽有の事態によりオリンピックは延期を余儀なくされました。

このまま、オリンピック開催後を迎えると、東京近郊の物件は価値が下がると予測されています。

そもそも東京オリンピック開催後の不動産業界のバブル崩壊は問題視されていました。

それが今回の新型コロナウィルスの関係でさらに不景気となり、今後の見通しが心配されているのです。

人口減少による空き家問題

人口減少による空き家問題も決して除外視することはできません。

現在の日本の全国における空き家の数は、既に800万戸を超えています

さらに人口減少は進んでいるため、このままいけば今後、空き家はどんどん増えてしまいます。

都市部に新しいマンションや戸建てが建てられていく中で、空き家が増えるという現象が続いているのです。

各市町村が空き家に対してさまざまな対策を練ってはいますが、その空き家問題についてはまだまだ解決には至っていません。

空き家となってまだ間もない頃であれば買い手が付きやすい傾向にあります。

しかし、空き家になってから数年たっているような状態だと、老朽化が激しく買い手が付きづらい現状があります。

そのほか、建築基準法の改定により、既にある家を再建築出来ない物件が空き家のまま放置されていることも少なくありません。

住むことも出来ないほどの老朽化が進んでいる、かつ、再建築も出来ないとなると当然買い手はつきません。

このように八方ふさがりともいえる課題が存在しているのです。

少子高齢化社会の加速

手をつなぐ老夫婦

少子高齢化社会の加速により、さらに不動産業界には大きな課題が生まれました。

少子高齢化社会が進むと、以下のような問題が発生します。

  • 「子供はそんなに多くなくていい」と小規模の物件を選ぶ
  • 病院などのインフラが近い場所を求め、都市部に集中する
  • 高齢者のみが居住する住宅のメンテナンス不足
  • 孤独死問題、それに伴い事故物件扱いとなる

これはほんの1例で、少子高齢化がもたらす不動産業界への課題というのは非常に深刻なものとなっています。

数年以上前から問題視されている核家族化も相まって、前述のような大きな課題が発生しています。

不動産業界で生き残るためにこれからやるべきこと

書類に目を通す女性

では、不動産業界の課題が分かったところで、今後そこで生き残るためにはどうすればいいのでしょうか。

課題が大きな不動産業界ですが、決して踏み込んでは危険な業界ではありません。

大手企業を中心に今後の対策を練り、それぞれの課題解決に励んでいます。

ここからは、具体的に個人として不動産業界で生き残るためにやるべきことを紹介していきます。

不動産の相場を正しく知る

まずは、日々変動する不動産の相場を正しく知ることが大切です。

2020年に開催予定だった東京オリンピック、新しい都市開発、私鉄の開通などさまざまな要因で不動産の相場は変動します。

新駅ができると決定すると、開通の数年前から既に地価が上がります。

出来るだけリアルタイムに、不動産の相場を正しく知ることが大切です。

そのためには、日々のリサーチを怠らず、常に自分の知識をアップデートしていくようにしましょう。

不動産に関わるテクノロジー情報にもアンテナを張る

スマホをいじる女性

既に紹介しましたが、不動産業界もブロックチェーンなどの最新のテクノロジーを使って進化を続けています。

最新のテクノロジー情報には常にアンテナを張り、それを不動産の業務にどのように活かせるかを考えましょう。

一見、まったく畑違いの仕事のために生まれたシステムであっても、うまく利用すれば不動産業界で活躍することだってあります。

ブロックチェーンがその1番大きな例です。

 

ワンポイント
日頃からしっかりとテクノロジー情報にもアンテナを張るようにしましょう。

不動産業界で女性は今後活躍できる?

女性,面接

では、実際のところ、不動産業界で今後、女性は活躍していくことができるのでしょうか?

これから不動産会社で働きたいと考えている人は特に気になることです。

結論からいうと、今後の不動産業界において、女性の活躍は非常に期待されています。

女性が不動産業界で期待されている理由として、以下のようなことが挙げられます。

  • 家族構成に合わせた家の間取りの提案がしやすい
  • ライフスタイルに合わせて必要な家の設備の提案がしやすい
  • 家事をはじめとする暮らしにかかわる導線の良さなど的確なアドバイスができる
  • コミュニケーション能力が高く、細やかな気配りができる人が多い

これらは決して男性が出来ないわけではありませんが、実際のところ、女性に長けている能力といえます。

こういった女性の能力が認められ、昨今の不動産業界では女性の営業に期待されています。

不動産業界で求められる能力

パソコン女性

そもそも、不動産業界で求められる能力というのはどんなものがあるのでしょうか。

それを見てみましょう。

コミュニケーション力

不動産業界で必要なスキルとして、第一にコミュニケーション力が挙げられます。

賃貸のご案内にしても、売買にしてもどの担当を持つにしても、不動産会社の仕事は、必ず相手あっての仕事です。

賃貸を借りたい人、不動産を売りたい人さまざまなお客様を対応する中で、何を求めているのかを汲み取らなければなりません。

ましてや、不動産売買については業界用語も多く、重要事項の説明も義務化されています。

売買であれば、税金の話なども入ってくるにも拘わらず、一般の人からは苦手意識を持たれやすい話が非常に多いです。

それでもきちんと話をして理解してもらわないといけないため、コミュニケーション能力は大きく求められます。

 

ワンポイント

常にお客様が何を求めているのか、理解度はどうかなどを考えながらお客様対応をすることが求められます。

目標達成意識

次に、「目標達成意識」も非常に重要になります。

全ての不動産会社がそうというわけではありませんが、契約ノルマが課せられている会社も決して少なくありません。

ノルマがあってもなくても、契約を取らなければ不動産会社は話になりません。

また、大手の不動産会社に負けないように顧客を獲得するにはどうすればいいのか、しっかり考える必要があります。

まずは、月単位で構わないので、「何件契約を取る」「いくら契約を取る」という目標を定めましょう

その上で、その目標を達成するにはどうすればいいのか常に考え行動することです。

 

ワンポイント
不動産会社でノルマをしっかり達成し活躍するには、PCDAが非常に重要となります。

自動車運転免許

不動産会社に勤める場合、必ずといっていいほど自動車運転免許が必要です。

実際に物件を紹介する際、お客様を車で現場までお連れして戻ってくるということも仕事の1つだからです。

不動産業界に入りたいと思っている方で自動車運転免許がない方は、免許の取得をおすすめします。

 

ワンポイント

免許は持っているが、慣れ親しんだ道しか走れないという方も要注意です。

知らない道でも落ち着いて走れるよう、練習しておきましょう。

不動産業界へ未経験でも転職できる?

初心者マークをもつ女性

不動産業界は、業界用語も多く取り扱う内容も幅広いため未経験での転職は難しいと思われがちです。

ですが、決してそんなことはありません。

不動産業界でも未経験OKの求人は少なくありません。

不動産業界で働くにあたって、過去にその業界での勤務経験があるかよりも、個人のスキルが注視されます。

不動産業界の転職に困ったら転職エージェントに相談しよう

相談

不動産業界へ転職したいと思ったら、まずは転職エージェントに登録しましょう。

なんとなく転職先を自分で探していても、自分の希望とマッチする求人が見つかるとは限りません。

また、転職エージェントに相談することで非公開求人も紹介してもらえるようになります。

そのほか、さまざまなサポートを受けることができるため、より効率的に転職活動が行えます。

まとめ

家の模型と女性

不動産業界は、すぐに解決することの出来ない大きな課題がたくさんあります。

また、不動産価値というものは日々さまざまな要素をもって変動するため、常に最新の情報を頭に入れなければなりません。

大変な仕事ではありますが、それだけやりがいもある仕事です。

今回紹介した内容を、ぜひ不動産業界への転職に活かしてください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら