ゲーム・カラオケ・テーマパークなど、余暇を楽しく過ごすためのサービスや施設を提供するのがアミューズメント業界です。

笑顔いっぱいの明るいイメージがあって、働くならこうした業界が良いとあこがれを抱く方も多いのではないでしょうか。

そこで今回の記事ではアミューズメント業界にはどのような職種があるのかを詳しく解説します。

やりがいや女性が向いている職種、それぞれの仕事内容についても紹介しますのでぜひ参考にしてください。

Contents

アミューズメント業界の職種を解説

案内

アミューズメント業界の職種にはたとえば以下のようなものがあります。

  • ゲームセンターなどの接客スタッフ
  • 施設を管理するオペレーションスタッフ
  • 新しい企画の立案や開発に携わるクリエーター

職種はお客様と直に接する接客業、運営に欠かせない施設管理・運営業、創造的な部分を担うクリエイター業に大別されます。

どの業種にも色々な仕事があるので、探せば自分の適性や理想に合ったものがきっと見つかることでしょう。

1つ忘れてはならないのは、どの職種にもお客様に喜びや楽しさを提供するという根本的な目標があるということです。

また多くの人が集まる場所で働くだけに不測の事態に見舞われることも多く、力仕事に駆り出される場面も多々あります。

コミュニケーション能力に優れた人や突発的な状況にも臨機応変に対応できる人、体力自慢の人などは特に向いているでしょう。

アミューズメント業界の特徴

指

アミューズメント・レジャー業界全体を見たとき、そこにはどのような特徴があるのでしょうか。

自分にとって理想的な働き方ができそうかどうかきちんと見極めてから転職を考えたいものです。

この項目ではアミューズメント業界の仕事のユニークなポイントを2つご紹介しましょう。

余暇を楽しむための施設やサービスを提供する

ボウリング

アミューズメント業界の特徴、1つ目はそこがお客様に余暇を楽しむための施設やサービスを提供する場だということです。

ホラーハウスなど特別な場合を除けば明るい雰囲気の中で仕事をできることが多いでしょう。

施設管理や運営ならばその限りではありませんが、お客様と直に接する接客スタッフには笑顔と低姿勢が常に求められます。

クレームへの対応が必要なシーンも多々あり、そうした場合は特に穏やかな物腰と丁寧な受け答えができなければなりません。

その地域のイメージや活性化を図る

遊園地

アミューズメント業界の特徴、2つ目はその地域のイメージアップや活性化にも深く関わるという点です。

特にテーマパーク・動物園・水族館などといった大型のレジャー施設の場合にその傾向が顕著だといえるでしょう。

それら大型レジャー施設を目的に遠方からやってくる人も数多くいるので、地域振興の目玉として扱われることもあります。

それだけに、施設で働くスタッフには地域の顔として責任ある行動と誠実な対応が常に求められるでしょう。

アミューズメント業界の動向

会議

アミューズメント業界は2019年までは収入高合計が増加基調で推移していました。

しかし2020年以降は新型コロナウィルスの影響による休園・休業・営業時間短縮で全体的に減収となっています。

世情の影響で浮き沈みしやすいアミューズメント業界なので、致し方ない面もあるといえるでしょう。

ただ、余暇に楽しみを求める人の心はいつの時代も変わりません。その意味では決してなくなることのない業界でもあります。

アミューズメント業界で働くなら、危機的状況を迎えても柔軟に対応できる企業を転職先に選ぶことが肝心といえそうです。

 

ワンポイント
アミューズメント業界の仕事がなくなることはない。

アミューズメント業界の主な職種

指

この項目ではアミューズメント業界の主な職種について詳しく解説します。

アミューズメント業界の職種は接客業と施設管理・運営業とクリエイター業の3つに大別されます。

それぞれどのような特徴があるのかを確認し、自分に向いているのはどのような職種なのか見極めましょう。

接客業

女性

アミューズメント業界の主な仕事、1つ目は接客業です。

来店・来場するお客様が楽しい時間を過ごせるよう、最前線でサービスを提供します。

お客様の側からしてみれば、接客をするスタッフ1人ひとりが施設の代表のようなもの。

常に強い責任感とおもてなしの心をもって従事する必要があるといえるでしょう。

お客様から何か質問を受けた時すぐに回答できるよう、自社の商品やサービス、施設について熟知していることが理想です。

施設管理・運営業

作業着

アミューズメント業界の主な仕事、2つ目は施設管理・運営業です。

裏方として施設を支える仕事と、やはり裏方として健全な経営を維持する仕事にあたります。

施設管理では建物内の電気や空調・エレベーターなど設備の点検・メンテナンスが主な作業となるでしょう。

専門的な知識が必要なため未経験や無資格での転職は難しい可能性があります。

運営業の主な仕事は事務方の業務全般です。

総務や広報など、一般企業の事務と変わらない点も多々あるでしょう。

クリエイター業

女性,雑誌

アミューズメント業界の主な仕事、3つ目はクリエイター業です。

新しいイベント・アトラクションの企画やサービスの考案など創造的な分野の仕事全般を引き受けます。

場合によっては運営している自社サイトや告知用のチラシのデザインなども手がけることになるでしょう。

内装や各種グッズなどのデザインが必要な場合もあり、それらを制作・製造する業者とのやりとりも必要になります。

アート系の学校を出ていたり、デザイン関係の資格を持ってたりすると転職に有利です。

アミューズメント業界でのやりがい

女性,ガッツポーズ

華やかなイメージのあるアミューズメント業界の仕事に憧れを抱いている方は多いことでしょう。

では具体的に、アミューズメント業界の仕事のやりがいはどのような所にあるといえるのでしょうか。

この項目では業界に特徴的なやりがいを2つピックアップしてご紹介します。

モチベーション維持のためにも大切なポイントなので確認しておきましょう。

お客様に感動や非日常の楽しさを提供できる

アミューズメント業界でのやりがい、1つ目はお客様に感動や非日常の楽しさを提供できることです。

多くの場合アミューズメント施設では、日常生活ではなかなか味わえない感動や興奮を享受することができます。

それら非日常的な体験を通してお客様に笑顔になってもらえることは、施設のスタッフにとって大きな喜びといえるでしょう。

お客様がリピーターとして施設を何度も利用してくださるようになれば、スタッフとしての自信もそれだけ深まります。

人と関わって仕事ができる

アミューズメント業界でのやりがい、2つ目は人と関わって仕事ができることです。

アミューズメント施設の仕事は業務内容が非常に多岐にわたるため、多くの場合1人だけではこなせません。

職種や部署によって形は様々ですが、大抵チームやグループ単位で目標を立てて行動することになります。

日々の業務を皆で一緒にこなしていくうちにスタッフ同士の連帯感が生まれます。

スタッフたちが醸し出す雰囲気の良さはお客様にも伝わり、施設の運営のためのプラス要素となるでしょう。

 

ワンポイント
アミューズメント業界にはやりがいのある仕事がたくさんある。

アミューズメント業界に向いている女性の特徴

ガッツポーズを取るビジネスウーマン

アミューズメント業界で働くのに向いているのはどのような女性でしょうか。

もちろん、一口にアミューズメント業界といっても様々な職種があるので、一概にこうとは決められません。

ただやはり、全体的な傾向というものはあるようです。

たとえば人を楽しませるのが好きなエンターテイナー的性格を持つ女性は大いに向いているといえるでしょう。

ここではアミューズメント業界に向いている女性の特徴を上記のエンターテイナー的性格の他に3つ取り上げてご紹介します。

コミュニケーション力がある人

アミューズメント業界で働くのに向いているのはコミュニケーション能力の高い女性です。

場所やサービス内容にもよりますが、アミューズメント施設には老若男女問わず多くのお客様が訪れるものです。

施設のスタッフとして働くなら、それらのお客様の誰といつ接しても好印象を抱いてもらわなければなりません。

その時に必要となるのが高いコミュニケーション能力です。

また施設内ではスタッフ同士のチームワークも必要です。

裏方の仕事にあたるスタッフも含めて、皆がコミュニケーション能力に優れていることが理想的でしょう。

臨機応変に対応できる人

アミューズメント業界で働くのに向いているのは臨機応変に対応できる女性です。

多くの人が集まる施設ではいつどのようなトラブルが起きるか分かりません。

自分の担当するエリアで突発的な事故などが起きた場合、マニュアルに従って適切な行動を取る必要があります。

トラブルではなくても、お客様からサービス外の要求をされたり、職権を超えた対応を求められたりすることもありえます。

不測の事態に見舞われても落ち着いて振る舞い、お客様に不快感を与えることなく問題を解決できる。

そんな女性はアミューズメント業界で活躍できます。

体力に自信がある人

アミューズメント業界で働くのに向いているのは体力に自信のある女性です。

施設にもよりますが、アミューズメント施設の仕事の中にはかなりの体力を必要とするものもあります。

一日中立ち仕事という場合もあって、そんな時にはチーム内で交代しながら休憩を取ることも少なくありません。

重い荷物を運ばなければならないことも、広い施設内を端から端まで歩き回らなければならないこともありえます。

アミューズメント施設で働こうと思うなら、健康で丈夫な身体をぜひ持っておきたいところです。

アミューズメント業界の転職事情は?

転職エージェント

 

アミューズメント業界はコロナ禍によって厳しい状況に陥った業界の1つといわれます。

旅行・飲食・ホテル産業と並んで人の移動が売り上げに深く関連する業界だからです。

求人需要に減衰の動きが見られる現状は致し方ないところがあるといえるでしょう。

しかしコロナ禍の収束後に経済が回復するというきざしは見えています。

ゆくゆくはアミューズメント業界の求人需要も増加へと転じていくことでしょう。

 

ワンポイント
アミューズメント業界にも求人需要の回復のきざしはある。

アミューズメント業界の志望動機の作り方

書く

アミューズメント業界に対して華やかで楽しいイメージを持つ人は多くいます。

人気の高い業界であるためライバルとの競争が激しくなることは避けられません。

そんなアミューズメント業界に転職したいと思った時、志望動機はどのように書けば良いでしょうか。

採用担当者に好印象を抱いてもらえる書き方があればぜひ実践したいところです。

この項目では理想的な志望動機の書き方のポイントを3つ挙げてご紹介します。ぜひ参考にしてください。

なぜこの業界なのかを明確にする

アミューズメント業界に転職する際の志望動機の作り方のポイント、1つ目はなぜこの業界なのかを明確にすることです。

多くの仕事がある中でどうしてアミューズメント業界を選んだのか、はっきりさせておきましょう。

その時に重要なのは、分かりやすいエピソードを交えて説明できることです。

子供の頃によく遊んだ思い出の施設であるなど、伝わりやすいエピソードがあれば採用担当者の心にも響きやすくなります。

なぜこの職種なのかを明確にする

アミューズメント業界に転職する際の志望動機の作り方のポイント、2つ目はなぜこの職種なのかを明確にすることです。

接客業・施設管理・運営業・クリエイター業と大別されるうちのどれを選んだか、根拠を交えて説明できるようにしましょう。

前職で得た経験やスキルなどがあれば、それが仕事にどのように活かせそうかを語ることも有効な手段の1つです。

自分の適性を強くアピールして転職の成功率を高めましょう。

なぜこの企業なのかを明確にする

アミューズメント業界に転職する際の志望動機の作り方のポイント、3つ目はなぜこの企業なのかを明確にすることです。

アミューズメントでは数多くの企業がせめぎ合っています。その中でなぜここだったのかを語れなければなりません。

ここをはっきりさせていないと採用担当者の不興を買いかねないからです。

「この人はアミューズメント関係の会社ならどこでも良いのだな」と思われないように注意しましょう。

アミューズメント業界への転職は転職エージェントに相談しよう

案内

楽しくて華やかなイメージのお陰でしょうか、アミューズメント業界は転職先としても人気があります。

そのため競争率が高く、理想通りの転職をすんなり果たすことは非常に難しい状況です。

もしもアミューズメント業界への転職をご希望なら、その時はぜひ転職エージェントに相談してみてください。

面接での適切な受け答えの仕方など、採用を勝ち取るための様々なノウハウを伝授してくれることでしょう。

 

ワンポイント
転職の悩みは転職エージェントに相談するのが解決の早道。

まとめ

アトラクション

いかがだったでしょうか。

今回の記事では、アミューズメント業界にはどのような職種があるかについて解説しました。

アミューズメント業界全般についていえるのは、そこが人を楽しませることが好きな人向けの業界だということです。

本稿を読んでもしも適性を感じたなら、その時はぜひ転職エージェントに相談してみてください。

アミューズメント業界の事情に精通したエージェントたちが適切なアドバイスをしてくれることでしょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら