報道や広告などで重要な役割を果たすカメラマンですが、最近では女性カメラマンが数多く活躍する仕事でもあります。

カメラマンの魅了ややりがい、また女性ではどのような人が向いているのかが気になるところです。

こちらではカメラマンの仕事内容や年収なども含め、女性のカメラマンへの転職を解説しています。

カメラマンの仕事内容を解説

ディレクター

カメラマンの仕事は写真を写すことです。仕事は幅広く報道カメラマン・スポーツカメラマン・スタジオカメラマンなど多岐に渡ります。

写真を写すといってもシャッターを押すだけでカメラマンとはいえません。プロのカメラマンとしての知識が当然必要となります。

趣味で写真を写すのとは違い、その写真がどのような場所で使われどのような役割を持つのかを把握する必要があるのです。

そのためにはカメラの機種や必要な装置、またはライトをどのくらい当てると被写体がもっとも綺麗に写るのかなど計算して撮影します。

カメラマンの業務内容

バージンロード

カメラマンの業務はその働き方によっても違ってきます。どのような業務内容があるのか挙げてみましょう。

  • スタジオ型カメラマン
  • 屋外型カメラマン
  • 作家型カメラマン

主にスタジオを使って写真を撮るスタジオ型屋外型はスタジオ以外で撮影します。そして芸術家としてのカメラマンもあります。

スタジオ型カメラマン

スタジオ型カメラマンには広告のために商品や料理を写したり、スタジオでドラマや映画を撮影するカメラマンも含まれます。

結婚式や記念日に出張して記念写真を写すカメラマンや、スタジオを構えて写真撮影を行うカメラマンもいます。

子どもの各行事にともなう写真撮影やペットの写真を残したい人もおり、スタジオカメラマンの需要も高まりつつあるのです。

屋外型カメラマン

MOVIEの文字とカメラ

屋外型カメラマンは、報道カメラマン・スポーツカメラマンその他屋外でモデルの撮影を行うカメラマンなどです。

また自然界の動物や草花、景色を専門に撮影するカメラマンも存在します。報道カメラマンの中には海外で活躍するカメラマンもいます。

作家型カメラマン

その他コンクールなどで賞を取った写真家など芸術家として活躍する、作家型のカメラマンもいます。

作家型カメラマンは特に作品としての写真を撮影することに力を注ぎ、芸術家としてのプライドを持っています。

作家型のカメラマンは作品集を出版したり個展を開き名声を得る場合が多く、人気のカメラマンには仕事の依頼も多いのです。

このような芸術的な写真を撮るカメラマンをフォトグラファーと呼び商業的カメラマンと区別している場合もあります。

 

ワンポイント
 カメラマンの業務にはスタジオ型・屋外型・作家型があります。

カメラマンの働き方

カメラ

カメラマンとして仕事をするためには企業に勤務する働き方と、フリーランスとしての働き方があります。

企業勤務では、新聞社や広告制作会社などに勤める場合と写真スタジオに勤める場合があり、結婚式場で仕事をするカメラマンもいます。

企業勤務

電卓と映画道具

新聞社では報道やニュース現場のカメラマンとして、広告制作会社では商品やモデルの撮影を行います。

カメラマンの腕次第で視聴率が上がったり、商品の売れ行きに影響するため企業側も依頼するカメラマンを厳選するのです。

報道カメラマンはいかに効果的に伝わりやすい写真を撮影するかにこだわり、ニュースをいち早く届けるという役割があります。

時には戦場カメラマンとして戦地に赴くカメラマンもいます。現状を撮影し伝えるという重要な役割を担うのがカメラマンなのです。

フリーランス

カメラマンの中には独立してフリーのカメラマンとして活躍する人もいます。

フリーのカメラマンはクライアントの依頼を受けて仕事を請け負いますが、ある程度の自由さが魅力でしょう。

個人として事務所を立ち上げたり何人か共同で事務所を立ち上げる場合もあります。

またフリーランスのカメラマンの中には、アシスタントとして事務所に勤め腕を磨くカメラマンもいるのです。

フリーランスのカメラマンは実績を積み、この人に頼めば間違いがないと思ってもらえるように信用を積んでいきます。

人気のカメラマンとなることが、フリーランスのカメラマンとして仕事をする上では最も必要なことなのです。

 

ワンポイント
 カメラマンの働き方は企業勤務とフリーランスです。

カメラマンのやりがい

やる気の女性

自分の撮影した写真が人の人生の中でいつまでも残るというのは、カメラマンのやりがいといえるでしょう。

さまざまなシーンでその時にしかない瞬間を切り取って、残すことのできる仕事はあまり多くはありません。

そのような瞬間を提供できるのもカメラマンの仕事のやりがいといえるのです。

写真で人の心を動かすことができる

写真はその人の記録です。お宮参りから入学式、そして結婚式と記録を写真で残すことは人の人生に関わることです。

また美しい景色や感動的な写真は観るものの心を魅了します。そのような作品を生み出す事もカメラマンの魅力といえるでしょう。

そのように心を動かす作品としての写真を残すことができるのも、カメラマンの仕事の魅力でありやりがいなのです。

「瞬間」を一生のものにできる

子どもの姿や家族写真などその瞬間をそのままの状態で残し、一生の思い出として残せるのはカメラマンとしては喜びです。

良い写真が撮れたときには、感謝され喜んでもらえるのも達成感を感じる職業といえるでしょう。

自分の仕事がさまざまなシーンで利用されるのを、自分自身で見ることのできるのがカメラマンの醍醐味です。

多くの人と出会える

企業で仕事をする場合はその仕事先で、またスタジオや結婚式場での仕事を行うカメラマンは会場で多くの人と出会います。

多くの人に関わり、人生に関わることのできる仕事はそれほどありません。カメラマンの仕事は人との出会いの多い仕事といえるでしょう。

多くの人と出会えることで人脈も広がります。独立してフリーになった場合にも人脈の広さはメリットとなるのです。

カメラマンに向いている女性の特徴

映画館

現代では女性のカメラマンが多く活躍しています。カメラマンに向く女性はどのような人なのかを解説していきましょう。

何と言ってもセンスの良さは必要です。そしてカメラが好きな人写真が好きな人でなければカメラマンは務まりません。

カメラが好きなだけでなく、映画の映像そのものも好きでよく見に行くという人もカメラマンに向く人といえるでしょう。

写真が好きであること

写真が好きというのは、もちろんカメラが好きということに繋がります。カメラを使い分けられる人はカメラマンに向いています。

写真が好きで写真の良さが分かっている人も良い写真を撮れる人です。カメラマンには適しているでしょう。

またカメラは常に新しい機種が発売され、どのような機種も使いこなせるようになると便利です。日々の勉強も必要となります。

自分らしさを持っている人

自分らしい写真が撮れる人は何よりもカメラマンに向いているといえます。同じ被写体を撮っても自分らしさは必ず現れます。

自分らしさは自分しかないものを持っているということになります。個性というのもカメラマンには必要なのです。

自分の色のようなものを持っている人もカメラマンとしては向いているといえるでしょう。

こだわりが強い人

なかなか妥協しないこだわりの強い人もカメラマンには向いています。これも個性につながります。

また少しの角度の違いが作品の良し悪しに関係する場合もあります。こだわりの強い人もカメラマンには適任といえるでしょう。

通常の感覚ではない個性的な写真も商品イメージの新しさとして受け入れられる場合もあります。

カメラマンに必要なのは美しさを写す腕と、商品やモデルを光らせるだけの個性なのです。

コミュニケーションが好きな人

カメラマンはただ写真を撮るだけではなく、さまざまな人とのコミュニケーションを通じてその人の一番美しい瞬間を切り取ります。

スタジオでの撮影では常に顧客と話しながら、写真撮影を行います。子どもの場合は飽きないようにしなくてはいけません。

コミュニケーションはカメラ撮影の場のみでなくあらゆる場面で大切な能力といえるでしょう。

話しながら顧客の緊張をほぐすなど、スムーズな関係を築く上にもコミュニケーション能力が必要となるのです。

 

ワンポイント
 カメラマンに向く女性は自分らしさを大切にしコミュニケーション能力のある人です。

カメラマンの年収

カメラ

カメラマンの年収は働く場所やキャリアによってかなり違ってきます。

ましてやフリーのアシスタントカメラマンの場合はアルバイト並の収入ということもあるのです。

対して大手新聞社や出版会社のカメラマンの場合は、一般のサラリーマンと比べると年収は多く1,200万円前後となっています。

スタジオや結婚式場に勤めているカメラマンは新聞社に勤めるカメラマンより年収は少ないと考えられます。

一般的なサラリーマンの平均より少し多いくらいと考えればよいでしょう。

フリーのカメラマンは実績を上げて信用がつくと、大手企業のカメラマンよりも高収入な場合も多くなります。

アシスタントカメラマンとして実績を積み、フリーのカメラマンとして活躍している人も多いです。

カメラマンという仕事は、働く場所や働き方によっては、高収入が期待できるといえるでしょう。

カメラマンの将来性

カメラ女性

年収の項目でもお話ししましたが、カメラマンは大手新聞社や出版社広告制作会社など、需要も多く働き方により将来性のひらける職種です。

企業でのカメラマンで実績を積み、フリーに転身して活躍するカメラマンが少なくありません。

元気であればいつまでも働ける

健康であれば一般企業のような定年退職もなく、フリーのカメラマンとして生涯現役を貫くこともできる職種です。

また経験を積むほどにカメラマンとしての信頼も積まれていくので、安心して任せられると顧客に感じてもらえます。

もちろん仕事に対する思いとよい作品を撮るという気持ちは、いくつになっても忘れないようにしなくてはいけません。

そのためには日頃から感性を磨く努力も必要です。カメラの機種も年々変わってくるので、勉強する必要もあるのです。

自分らしさを磨くことが重要

空とビジネスウーマン

またカメラマンは仕事としてももちろんですが、芸術的な面も持ち合わせる職業なのでいつも自分らしさを磨くことも大切です。

写真は写す人の心を写すといわれているほど、自分自身の想いや感じ方が現れます。特に自然を相手にする時は顕著です。

自分らしさを忘れずに、いくつになっても自分らしさを磨くことで新鮮な想いの伝わる写真を撮影できると考えて下さい。

こだわりを持ち自分らしさを前面に出すことで、名前を知ってもらい信頼を得るカメラマンになることができるのです。

 

ワンポイント
 カメラマンになるには自分を磨き信頼を得ることが大切です。

未経験からカメラマンになるためには?

カメラを構える女性、リゾート

カメラマンになるのに資格は要りません。カメラが好きで写真が好きで撮影をしているうちにそれが職業になったという人も多いです。

でも本当に優れたプロのカメラマンになるには、やはりしっかりと技術を習得する必要があるでしょう。

写真の専門学校に進み技術をみがき、卒業後大手企業にカメラマンとして就職する人もいます。

またカメラマンの事務所に就職し、アシスタントとして技術を磨き独立する人もいるのです。

未経験でもスタジオや結婚式場に転職し、カメラマンとして活躍することも可能です。

ただしこの場合でも先輩カメラマンについて技術を学ぶ必要はあります。技術を学び磨きはじめてプロのカメラマンとして働けるのです。

カメラマンの転職に困ったら転職エージェントに相談しよう

スーツを着た笑顔の女性

カメラマンとして転職するには、カメラマンを必要としている会社を選ぶ必要があります。

どういう会社へ応募するのがよいのか迷ったら転職エージェントに相談してください。

大手新聞社をはじめ、カメラマンとしての技術を学べるスタジオなどカメラマンの仕事についてさまざまな情報を貰えます。

ぜひ転職エージェントを活用しましょう。そしてカメラマンとしての転職を成功させましょう。

まとめ

女性

カメラマンの仕事内容は写真を撮るということだけでなく、商品や人物を一番よい状態で撮影できるようにすることも含まれます。

最近では繊細な感性を活かした女性のカメラマンの活躍も目立つようになっています。

女性でカメラマンに向いている人の特徴は、写真やカメラが好きで自分らしさを持っている人、こだわりのある人です。

女性らしい細やかさやコミュニケーション能力が人気となり、スタジオカメラマンとして成功している人も多いのです。

商業写真だけでなく、芸術的な作品を生み出すフォトグラファーとして活躍する道もあり、将来性のある職業といえるでしょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら