女性の転職でよく目にする「営業アシスタント」の仕事ですが、実際にはどのような仕事内容なのでしょうか。

また、仕事をするうえでどのようなスキルが求められるのかも気になるところでしょう。

ここでは営業アシスタントの仕事について、需要や将来性も交えながら詳しく解説していきます。

営業アシスタントの仕事を検討している人は、ぜひ参考にしてみてください。

営業アシスタントの仕事内容を解説

ガッツポーズをする女性

営業アシスタントは文字通り、営業担当者のアシスタントやサポートをする仕事だというのは想像がつくでしょう。

しかし、具体的にどのような仕事をするのかについてはなかなか目にする機会はありません。

そんな営業アシスタントの仕事内容について、求められるスキル需要・将来性についても詳しくご紹介します。

向いている人年収などについても触れていますので、ぜひ最後までご覧になって参考にしてみてください。

営業アシスタントのやりがい

転職エージェント

営業アシスタントの仕事のやりがいはどこにあるのでしょうか。

「営業を補佐するだけだから、やりがいなんてないのでは?」と考える人もいることでしょう。

しかし、営業アシスタントの仕事は会社に貢献できると同時に、営業スキルが身につくやりがいのある仕事といえます。

どのような内容か詳しくご紹介しましょう。

会社へ貢献できる

営業アシスタントは営業担当者と二人三脚で協力し合い、売上を上げることで会社に貢献することができます。

これは事務スタッフには味わえない、営業に関わる仕事ならではのやりがいといえるでしょう。

営業に関わる分ノルマも意識する必要がありますが、日々の努力が数字につながり、目標を達成した時の喜びは格別なものです。

その売り上げが会社を支え、それが間接的に自分を含む社員の生活を支えていると考えれば、とてもやりがいの大きい仕事といえます。

営業スキルが身に付く

営業アシスタントは営業事務とは仕事内容が微妙に異なり、企業によってはアシスタントが営業に同行することもあります。

また、そのための資料作成やアポイントメントの取得なども任されることがあり、営業に関する幅広い業務を経験できるでしょう。

直接商談や打ち合わせの場に携わることで、営業スキルを身につけやすくなります。

営業スキルがあれば職場や業種が変わってもスキルを活かして働くことが可能なため、仕事をするうえで大きなやりがいといえるでしょう。

 

ワンポイント
営業アシスタントは売り上げで会社に貢献でき、営業スキルが身につくやりがいのある仕事です。

女性が求められるスキルは?

女性,パソコン

営業アシスタントになりたいという女性には、どのようなスキルが求められるのでしょうか。

一般的にはビジネススキルPCスキルコミュニケーションスキルが必要とされます。

それぞれ詳しくポイントを確認していきましょう。

ビジネススキル

多くの仕事を同時に抱えることもある営業アシスタントにとって、ビジネススキルは欠かせません。

電話・メールの応対や期限を守るなど、社会人としての基本のスキルはもちろんのこと、実務をするうえでのスキルも求められます。

例えば商談で必要になりそうな資料を前もって揃えておくなど、不測の事態に備えて先を読んで準備する力が求められるでしょう。

また、会議やアポイントメントが重ならないように予定を組むなどの調整力も求められます。

その他にも、取引先に渡す書類に不備がないかをチェックする正確さや慎重さなども必要になるでしょう。

PCスキル

パソコン

各種資料や書類を扱うためには、PCスキルも欠かせません。

WordやExcel・PowerPointなどのオフィス系ソフトに加え、メールやインターネットを使いこなすスキルも必要とされます。

職場によってはさらに、Accessなどのデータベースの知識やネットワークの知識が求められることもあるでしょう。

このようなビジネスで扱うPCスキルの修得には、MOSや日商PC検定などの資格を取得するのがおすすめです。

コミュニケーションスキル

営業アシスタントの仕事において、コミュニケーションスキルは何よりも重要です。

顧客や取引先の人と接する機会もあるため、正しく丁寧な言葉遣いや気配りが必要とされます。

さらに、営業担当者と二人三脚で連携をとるためには、円滑なコミュニケーションが欠かせません。

相手の話をしっかりと傾聴する力や正確に情報を伝達する力が求められます。

 

ワンポイント
営業アシスタントを目指す女性には、ビジネススキル・PCスキル・コミュニケーションスキルが求められます。

向いてる女性

ノートパソコンを操作する女性

営業アシスタントにはどのような女性が向いているのでしょうか。

これは前項の求められるスキルからも導き出すことができるでしょう。

PC作業が得意である人や日頃から気配りができる人・管理する力がある人は営業アシスタントに向いているといえます。

それぞれのポイントについて具体的に見ていきましょう。

PC作業が得意

一般的な営業アシスタントの仕事ではPCを多用します。

前述したように資料の作成や売り上げ管理などのほか、メールの処理など様々なシステムを扱う必要があるからです。

PCを扱う作業は、その熟練度によって作業効率が大きく左右されます。

そのため、これらの作業がもともと得意だという人は、ストレスなく作業を進めることができるでしょう。

その分自由になった時間を活用して他の業務を進めることができ、PC作業だけでなく業務全体の効率が上がります。

気配りができる

リサーチ業務

営業アシスタントは営業担当者のサポートに回ることも多く、多くの人の間で橋渡しを行う機会も多いものです。

それぞれの人の立場に立って気を配り、営業フローを円滑に進めることが求められます。

そのため、気配りができる人であれば営業アシスタントの仕事でしっかりと自分の良さを発揮できるでしょう。

特に、営業担当者からの指示を待たずに自分で適切に判断し、先回りして必要な仕事を進められる人はどの職場でも重宝されます。

管理する力がある人

営業アシスタントの仕事では、様々なタスクやスケジュールなどを調整・管理するスキルが必要です。

営業フローの進捗を見て優先順位を調整し、スケジュール調整などを行うためには、管理する力がある人が向いています。

人にいわれたことをこなすだけでは、業務やスケジュールの予定を把握し、工程を考えて具体的な行動につなげることができません。

それらをしっかりと自分の力で進められる人は、営業アシスタントとして高く評価されるでしょう。

 

ワンポイント
PC作業が得意・気配りができる・管理する力があるという女性は営業アシスタントに向いています。

営業アシスタントの年収

お金

営業アシスタントの平均年収はおよそ300万円前後といわれています。

具体的には20代のうちは290万円程度、30代になると330万円程度が相場のようです。

しかし、中には500万円を超える場合もあり、勤務先や経験・仕事内容によっても変わってくるでしょう。

参考までに、派遣社員の平均時給でいえば1,400~1,500円程度、アルバイト・パートの平均時給では1,000円程度となっています。

身に付くスキル

面接をしている女性

営業アシスタントの経験を積むことで、どのようなスキルが身につくのでしょうか。

1つは「営業アシスタントのやりがい」でもご紹介した通り、営業ビジネススキルが挙げられます。

そしてもう1つは、様々な業務を行う中でマネジメントスキルが身につくのも大きなポイントです。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

営業ビジネススキル

営業アシスタントは営業担当者と共に取引先に同行することもあり、営業ビジネススキルが身につきやすいというのは前述の通りです。

具体的には、以下のような項目が挙げられるでしょう。

  • 電話・メール応対スキル
  • プレゼンテーションスキル
  • コミュニケーションスキル

また、細やかな気配りや感じのいい接遇なども営業アシスタントの仕事をこなす中で身についてきます。

マネジメントスキル

営業アシスタントの仕事では様々な管理・調整能力が求められるため、以下のようなマネジメントスキルも身につきます。

  • スケジュール調整スキル
  • データ処理スキル
  • タスク管理スキル

その他にも臨機応変に状況に対応する力や、あらかじめ想定できる問題を先回りして防ぐ管理能力も身につくでしょう。

 

ワンポイント
営業アシスタントの仕事を通じて、営業ビジネススキルやマネジメントスキルが身につきます。

需要と将来性

女性,スーツ,ジャンプ

営業アシスタントの仕事には需要や将来性は十分にあるのでしょうか。

IT技術やAIの台頭により、ルーティンワークの多い事務職の仕事はAIに奪われると考える人も多いようです。

しかし営業職や営業アシスタントのようにコミュニケーションを必要とする仕事は、人間にしかできません。

そのため、これから先の将来もすぐに営業アシスタントの仕事がなくなるということは考えにくいでしょう。

商品やサービスを顧客に届ける営業の役割がなくならない限り、営業アシスタントの仕事は需要があるといえます。

営業アシスタントのキャリアパス

スーツ姿の女性

営業アシスタントからキャリアアップしたいと考えた場合、どのようなキャリアパスが考えられるでしょうか。

1つは営業スキルを活かした営業職への道、もう1つはマネジメントスキルを活かした管理職への道が挙げられます。

またその他にも、人脈を作って全く違う新たな道に進むことも可能です。

それぞれどのようにキャリアアップできるか見ていきましょう。

営業職

営業アシスタントとして身につけたビジネススキルやコミュニケーションスキル・ヒューマンスキルは、そのまま営業職でも役立ちます。

特に同業種でキャリアアップする場合は、営業アシスタントとして得た商品やサービスについての知識がそのまま活かせるでしょう。

あるいは他業種へと転職した場合でも、営業の仕事の流れはそれほど大きく変わるものではありません。

営業職は事務職に比べ年収が高い傾向にあり、また身につけたスキルがどこでも活かせるため、キャリアアップを考える人も多いようです。

管理職

資料を作成する女性

営業アシスタントの仕事の中で得たマネジメントスキルを駆使して、管理職や人材育成の道に進む人もいます。

管理職も営業と同じくヒューマンスキルや様々な管理・調整能力が求められる仕事のため、仕事で得たスキルを活かすことが可能です。

自分の持つ経験やスキルを後輩に受け継ぎ、戦力となる人材を育てていくのも営業アシスタントとはまた違うやりがいがあります。

管理職になれば当然年収アップも見込めるため、能力があれば管理職への昇進を考えてみるのもいいでしょう。

人脈を作り新たな道

営業アシスタントを行う中で周囲の人との人脈を作り、新たな道に進む選択肢も考えられます。

誰にでもできることではありませんが、中には自分で新たに事業を始めたり、個人事業主となったりして築いた人脈を活かす人もいるでしょう。

顧客や取引先・業者など数多くの人と関係を築くことのできる、営業アシスタントならではのキャリアパスといえます。

営業アシスタントの転職は転職エージェントに相談しよう

面接

営業アシスタントの転職でわからないことや困ったことが出てきた場合は、転職エージェントに相談しましょう。

プロのキャリアアドバイザーがどんな小さなことでも相談に乗り、転職活動における様々な面でサポートしてくれます。

特に営業アシスタントの場合は求人も多く、自分に合った職場が探しづらいという悩みを抱えることが多いでしょう。

その場合でも転職エージェントの方で自分の強みを探してくれたり、条件に合った求人を選定してくれたりと大変心強い存在です。

転職エージェントは無料で利用できるため、ぜひ活用して営業アシスタントへの転職を成功させましょう。

まとめ

ガッツポーズを取るビジネスウーマン

営業アシスタントは営業担当者と二人三脚で売り上げに貢献する、やりがいのある仕事です。

その業務は、資料作成やデータ管理などの事務作業から、電話・メール応対や営業同行など多岐にわたります。

営業アシスタントとして転職するためには、ビジネススキル・PCスキル・コミュニケーションスキルが必要です。

需要や将来性もある仕事のため、転職エージェントなどを活用しながらぜひ転職を成功させましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら