着物は、入学式や成人式など特別なイベントで身に付ける機会が多いでしょう。

また最近では、着物レンタルサービスの需要も高まっています。

しかし自力で着付けができる方は、少数派なのではないでしょうか。

何かと手間がかかり難しい着付けをサポートする仕事が、着付け師です。

今回は着付け師を目指す方のために、志望動機の書き方について解説していきます。

併せて注意したいポイントや面接対策にも言及しますので、ぜひ参考にしてみてください。

Contents

着付け師の志望動機の書き方を解説

着物、女性

転職するにあたって「何故着付け師になりたいのか」という志望動機は非常に重要です。

動機があやふやだと、応募先へのアピールも不十分になってしまいます。

採用担当者が心引かれる志望動機をしっかりと練り上げていきましょう。

そのために、まずは着付け師の仕事内容と適性について整理します。

着付け師の仕事内容

着付け師は、依頼に応じて着物を美しく着付ける役目を担っています。

慶事はもちろん弔事においても需要があるでしょう。

基本的に老若男女問わず、幅広い世代の方を対象とします。

扱う着物の種類や着用シーンを把握し、適切に着付けを行える技術力が必要です。

またお客様の身体的特徴などを踏まえ、臨機応変に対処する力も求められます。

その都度コミュニケーションを取りながら、相手のニーズをきちんと掴みましょう。

慣れない着物でも快適に過ごすことができるよう、細やかな気配りがポイントとなります。

専門スキル接客への心得が、仕事の軸だといえるでしょう。

さらに、活躍の場は着付けだけではありません。

支度後のヘアメイクを担当したり、着付け教室の講師として指導したりすることも可能です。

着付け師に向いている女性とは

では、着付け師の適性とはどのようなものが考えられるのでしょうか。

以下に3つ挙げてみました。

  • 着物が好きな人
  • 丁寧な心遣いができる人
  • 体力のある人

着物や和装に興味のある方なら、着付け師を志しやすいでしょう。

着付けを通して日本文化の良さを伝えたいという思いも、適性を高める要素だといえます。

そしていざ着付けを行う時には、技術だけでなくお客様への配慮が欠かせません。

相手の体格・体調などを観察し、柔軟に対応することが何より大切です。

また着付けの工程には、力の要る作業も多々含まれます。

体力はしっかりと付けておくよう心がけましょう。

着付け師になるためには

着物を正しく着せ付ける技術が、着付け師にとって必要不可欠です。

着付け師を目指す場合、まずはその技術を習得するところがスタートとなるでしょう。

大手のところから個人指導まで、様々な形態の着付け教室が開かれています。

教室に通う期間や費用は、それぞれに異なります。

最後まできちんと学べるよう、自分のレベルにあった教室を選びましょう。

また取得必須ではありませんが、実務経験者対象の「着付け技能士」という資格があります。

これを持っていることにより、着付け教室の開催や講師としての活動が可能です。

さらなるステップアップを図りたいなら、取得を検討してみてください。

 

ワンポイント
着付け師には、着物を正しく着付ける技術と相手に応じた気配りが必要とされます。
着物への興味関心・心遣い・体力が求められる仕事です。
着付け師を目指すには、着付け教室に通って知識と技術を習得するところから始めましょう。

志望動機を書く前のポイント

女性、指差し 着付け師の仕事について、イメージしやすくなったでしょうか。

求められる能力・適性を理解した上で、志望動機のベースを固めていってください。

なぜ転職に至ったのかを明確にしよう

転職しようと決めたきっかけについて、いったん自分の中で整理してみましょう。

志望動機のカギとなる部分だからこそ、わかりやすく説明できるかが肝心です。

動機づけがしっかり整っていれば、着付け師としての目標や将来像も明確に描けます。

仕事に対して熱意と向上心のある人物として印象づけるチャンスを逃さないでください。

自己分析を徹底しよう

女性、パソコン

自己分析を通じて、自分の強みを見出すことができます。

長所を活かして何ができるのか、自らの可能性を具体化しましょう。

またなりたい職種に必要なスキルと紐づけることも、忘れずに取り組んでください。

自己分析は志望動機の根拠のひとつとなり、説得力を与えてくれます。

この点を意識して自分と向き合えば、効果的な自己PRに繋げることが可能でしょう。

 

ワンポイント
志望動機を書く前に明確にするべきポイントは2つです。
・転職するに至ったきっかけ
・自己分析による長所の活かし方

 
マイナビエージェント
登録はこちら(無料)
 

志望動機で好印象を与えるポイント

女性、ガッツポーズ

ここまで、志望動機を書く前に気をつけたい点についてお話ししました。

着付け師への転職を有利に進めるには、周りとの差別化を図ることも重要です。

採用担当者に好感を持ってもらうために、3つのポイントを明示するよう意識してください。

過去の実務経験や接客経験を明確にしよう

実際に着付け・美容関連の仕事に携わった経験があれば、ぜひ言及しておきましょう。

また業界にかかわらず、接客業に従事した経歴も積極的にアピールしたいところです。

実体験のエピソードは、志望動機とスキルの裏付けとなります。

さらに経験から何を学んだのか、フィードバックをきちんと行いましょう。

自分の行動を振り返り、改善点や反省点まで考える姿勢が大切です。

持っている力と併せて、着付け師として成長できる伸びしろを示してください。

将来のビジョンを明確にしよう

ただ着付け師になりたいという希望だけでは、志望動機がぼやけてしまうかもしれません。

就職後のビジョンをはっきり描けているかどうかが肝心です。

技術を磨くことはもちろん、経験・知識を積めば積むほど挑戦の範囲は広がります。

着付け師として活動しながら、着物文化の振興に取り組むこともできるでしょう。

自分の将来性に対して高い意欲を持っていることを、採用担当者にアピールしていきます。

入社してどのような貢献ができるか明確にしよう

自分自身が企業にとって役立つ人材であることも、伝えておきたいポイントです。

そのため求められる人物像や適性・企業の特徴をしっかり押さえましょう。

業界・企業に対する研究は、自己分析と共に必須の作業です。

企業への理解を深めることにより、アピールするべき長所も絞り込めます。

自分の持つスキル・強みを的確に理解していることが、大きな武器となります。

企業から期待される存在として、転職を成功させましょう。

 

ワンポイント
以下のポイントに注目して、採用担当者の印象に残る志望動機を作りましょう。
・過去の実務・接客経験からの学び
・将来の目標や具体的なビジョン
・企業への関心と仕事への意欲

志望動機を書く際の注意点

履歴書、パソコン、デスク

自己分析と企業研究を通して、志望動機の基盤を作ります。

採用担当者により良い印象を残せるよう、具体的な逸話・ビジョンも用意しましょう。

準備が整ったところで、改めて志望動機のとなる部分が明確かどうかチェックしてください。

なぜ着付け師に転職するのか明確にしよう

着物が好きで着付け師に興味を持ったという方もいるでしょう。

しかし、着物に関わりたいのなら他にも職種が存在します。

呉服店員・デパートでの販売員なども選択肢のひとつです。

その中で特に着付け師を選んだのは何故なのか、わかりやすく伝えなければなりません。

志望動機に説得力があるかどうかの最大の要所だといえるでしょう。

経験に基づく志望動機と自己PRがあれば、より自信をもって転職に臨むことができます。

具体性に欠ける説明にならないよう、必ず注意してください。

なぜ応募先企業にしたのか明確にしよう

何故着付け師としてこの企業で働きたいのか、という点もきっちり説明できるようにしましょう。

例えば企業の商品を購入した経験や、所属の着付け師とのエピソードなどがあれば効果的です。

企業の方針・取り組んでいる事業への関心も、志望動機を確かなものにする要素だといえます。

相手に、どこでもよいのではないか、と思われてしまうことは避けなければなりません。

自分がどれだけ企業に対して興味を持ち、魅力を感じているか強く訴えていきましょう。

 

ワンポイント
 着付け師としてこの企業で活躍したい、というはっきりした理由を伝えられるかが肝心です。

着付け師の志望動機の例文

女性、着物

ここからは、着付け師の志望動機の例文を紹介していきます。

着付け師になりたい理由を明確化して、志望動機に説得力を持たせましょう。

必要とされるスキルと自分の強みを結び付けることにも、注力してください。

例文を参考に、自分ならではの志望動機を完成させることが大切です。

経験を活かしたいという志望動機

「私の祖母がよく着物を着る人であったため、幼いころから着物には親しみを感じていました。

七五三や成人式の際にも、祖母と母が着付けをしてくれました。

特に成人式では、2人から譲り受けた振袖を着付けてもらうという貴重な体験をしました。

そこから改めて着物に興味を持ち、祖母から着付けのやり方を教えてもらいました。

今では自分の着付けだけでなく、友人の分まで行うこともあります。

着付けの技術で周りを幸せにできることに、とてもやりがいを感じます。

もっと自分の力を試し、磨いていきたいと思い、今回着付け師の求人に応募致しました」

技術を活かしたいという志望動機

「私はこれまで、美容師として働いてきました。

もともとヘアカット専門だったのですが、職場で着物の着付けを始めることになりました。

同僚が着付けをし、お客様の喜んでいる様子を見るうちにどんどん興味がわいてきました。

そこで独学で着付け教室に通い、一通りの技術を身に付けました。

現在の職場でも、着付けサービスを行う立場です。

着付けだけでなく、ヘアアレンジまで担当できるところにお客様からも好評を得ています。

さらなるステップアップとして、呉服業界の老舗である御社の強みに惹かれました。

長年培われた技術と知識を学び、着付け師としてより一層成長したいと考えています」

未経験からの志望動機

着物

「成人式の時に、着付け師の方が苦しくならないようにと細かく気を遣ってくれました。

おかげで最高の日を迎えることができ、良い思い出となりました。

こうした体験から、着付け師に憧れを抱いていました。

今回、一念発起して講座に通って着付けの技術を学んできました。

また学生時代にアパレルでのアルバイトをしており、接客経験を活かせると考えています。

入職後は、まず着付け師の経験をしっかり踏むことを大切にしていきたいです。

その上で、御社が展開しているレンタルサービスに参加することを目標としています。

若い世代に、もっと気軽に着物を着てもらえるように取り組みたいと思っています」

着付け師の志望動機のNG例

女性、NG

続いて、着付け師の志望動機として良くない例にも言及します。

こちらは反面教師とすることで、自分の志望動機の精度を高めていってください。

NG例その1

「私は好きな着物を扱える着付け師になりたいと考え、今回の応募に至りました。

着物の魅力は、着る人の気持ちや行事を特別なものにしてくれるところだと思います。

しかし一人では支度が大変な分、着付けのハードルは高いと感じています。

着付け師として活躍することで、多くの人に着物の良さを知ってもらいたいと考えています」

NG例その2

「現在写真館で勤務しており、着付けのサービスも担当しています。

始めてから2年経ち、着付けの技術と知識を日々深めてまいりました。

また、お客様に最高の写真を提供できるよう丁寧な着付けを心がけています。

このような実績を活かし、ステップアップを見据えた働き方がしたいと考え、御社の求人に応募しました」

NG例にならないために

女性、発見

NG例はそれぞれどこが良くなかったのでしょうか。

一つ目については、着物が好きだというアピールで終わってしまっています。

着付け師を志す方にとって、この主張は大前提といっていいでしょう。

必然的に他の応募者との違いが見られず、埋もれてしまう可能性が高いです。

二つ目は、応募先企業を選んだ理由が不明瞭となっています。

たとえ経験や技術を持っていても、企業への興味関心は薄いと取られかねません。

企業にとっては、自社の商品サービスに関心のある人材が魅力的に映るものです。

このジャンルで自分の力を発揮したい、というやる気を前面に押し出すようにしましょう。

志望動機には、自己分析・企業研究をベースとした独自性が必須といえます。

着付け師の就職先は?

着物

着付け師を目指す際、就職先や雇用形態も気になるポイントではないでしょうか。

着付けの機会が多い美容室・写真館・結婚式場などが、主な職場として挙げられます。

その中で、正社員として働く着付け師が多いようです。

仕事上では、ヘアカット・メイク・衣装選びなど様々な業務を担当するケースもあります。

また休日やシーズンによって繁忙期があるため、時にはパート・アルバイトでの求人が発生します。

需要が限定的なだけに、正社員と比べると経済面で安定しないかもしれません。

着付け教室の講師として、もしくは主催者としてプロの道を極めることも考えられるでしょう。

着付けを専門とするのか、マルチ方面で活躍するのかは就職先と働き方によるといえます。

着付け師の面接対策は?

女性、面接

明確な志望動機の軸を作り、面接に挑むことがとても大切です。

志望動機に自信を持っていれば、自然と落ち着いた受け答えができるでしょう。

面接前にもう一度内容を見直し、伝えたいポイントをまとめておいてください。

履歴書の文面と自分の発言にズレがないよう、気を付けなければなりません。

採用担当者との適切なやり取りを通じて、コミュニケーション能力の高さも証明できます。

志望動機を補完するチャンスとして、どんどん自己PRしていきましょう。

 
マイナビエージェント
登録はこちら(無料)
 

着付け師の志望動機に困ったら転職エージェントに相談しよう

女性、オフィス

着付け師になるためには何から始めるべきなのか、迷う方もいるのではないでしょうか。

自己分析や企業研究を一人で進めているうちに、つまずく時もあるでしょう。

転職に関する不安・悩みはなかなか周囲に相談しにくいものです。

そんな時、転職エージェントなら専門の知識と経験を活かしてサポートしてくれます。

志望動機の書き方から面接対策まで、個別にフォローしてもらえるところが魅力です。

安心して転職活動に集中できるようになるでしょう。

ぜひ転職エージェントに相談して、自身のステップアップを実現してください。

 
マイナビエージェント
登録はこちら(無料)
 

まとめ

女性、着物、着付け

着付け師は、着物の着付けによって思い出作りを支える職業です。

美しく着付ける技術に加えて、相手に対する観察眼や気遣いが求められます。

着付け師への一歩として、着付け教室で技術を習得しましょう。

志望動機を考える際には、自己分析と企業研究を徹底してください。

自分の長所を企業でどのように活かしたいのか、イメージを深めることが重要です。

また実務・接客経験が、着付け師に必要な能力を備えている証拠にもなります。

入社後のビジョンや取り組みたい仕事と併せて、採用担当者にわかりやすく伝えましょう。

さらに、「この企業で着付け師として働きたい」という思いを明確に打ち出してください。

説得力と具体性のある志望動機が書ければ、面接での質疑に対応しやすくなります。

より成功に近づけるため、転職エージェントの利用も検討してみましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら