人のサポートをすることが好きな人は「営業アシスタント」という仕事に興味があるのではないでしょうか。

営業担当者の仕事を徹底的にサポートする営業アシスタントは、大変ながらもとてもやりがいのある仕事です。

また、数多くある仕事の中でも人から感謝されやすい仕事としても魅力があります。

本記事では、営業アシスタントを目指す人の志望動機の書き方や面接の質問など、詳しく紹介していきます。

Contents

営業アシスタントの志望動機の考え方を解説

女性,将来ビジョン

営業アシスタントというのは、基本的に「人のサポート」をする仕事です。

そのため、まずは自分が最前線で活躍したいという考え方の働き方とは違います。

「人の力になりたい」「誰かと仕事を成功させたい」「感謝されることにやりがいを感じる」といった方に向いている職業です。

ただし、営業アシスタントの仕事は多岐に渡るため、その思いだけでは務まりません。

実際の事務スキルやコミュニケーションスキルがどうしても必要となります。

その点を意識しながら、志望動機を考えることが、採用への近道です。

営業アシスタントの役割

女性,パソコン

営業アシスタントの役割は、一言でいうと営業担当者の仕事全てにおいてアシスタントをすることです。

つまり、スケジュール管理から先方と連絡を取り合うことまで幅広く対応します。

取引先の情報や、現状の契約のステータスなどあらゆる情報をまとめ、営業担当者に間違いなく連携しなければなりません。

デスクワークだけでなく営業先に一緒に出向き、議事録を作ったり交渉のサポートをしたり、と外回りの業務を行うこともあります。

営業アシスタントの仕事は、「ここからここまで」という区切りはなく、営業担当者をサポートすること全てです。

そのため、営業担当者が何を求めているか、どんなサポートが必要かなど経験やコミュニケーションスキルが問われます。

志望動機を書く前の準備

転職エージェント

まずは、志望動機を書く前にしっかりと準備をしましょう。

準備なしで志望動機を書いても、「ただその仕事がしたいのです」という説得力に欠けるものになってしまいます。

志望動機を書く前の準備は、以下の2つを実践してみてください。

自己分析をする

まずは、しっかりと自己分析をしてみましょう。

自分にはどんなスキルがあるのか、どんなことにやりがいを感じるのか。

転職したい理由と転職先がマッチしているのかも含めて、自己分析をすることは基本的なことです。

自分の経験やスキルを洗い出したら、それを営業アシスタントの仕事にどんな風に活かせるかも考えてみましょう。

 

ワンポイント

自己分析する際は、主に以下のことを考えてみましょう。

・自分にはどんなスキルがあるか

・自分がやりがいを感じるときはどんな時か

・自分の経験やスキルが、営業アシスタントの仕事にどんな風に活かせるのか

企業研究をする

その次に、企業研究も非常に大切です。

自分がエントリーしようとしている求人先は、どんな企業なのでしょうか。

例えば、以下のようなことを調べてみてください。

  • どんな商品を取り扱っているのか
  • 営業先は主にどんな顧客が多いのか
  • 個人相手の営業なのか、法人相手の営業なのか

当然のことながら、営業担当者はこれらをすべて把握したうえで営業に向かいます。

ですが、たくさんの営業をこなしていると、瞬時に出てこないことがあったり管理しきれないことがあったりします。

営業アシスタントはそれらを全てアシストするわけです。

まずは求人情報をよく読み、しっかりと企業先について勉強しましょう。

志望動機を書く際のポイント

メモをとる女性

では次に、実際に志望動機を書く際のポイントを紹介していきます。

素晴らしい志望動機を持っていても、その熱意やあなたのスキルが相手方に伝わらなければ意味がありません。

ここからは、しっかりとあなたの魅力が伝わる志望動機の書き方をポイントごとに紹介していきます。

応募企業を選んだ理由を明確にする

まずは、志望動機を書くときの基本ではありますが、「応募企業を選んだ理由を明確にする」ということが挙げられます。

営業の求人や、営業アシスタントの求人は割と多くあります。

数多くある同じような求人の中で、どうしてこの企業を選んだのかを明確にします。

もっとも、「同じ営業アシスタントの仕事でも、御社がいいんです!」と強く説得的に言えることを探しましょう。

他の会社にはない応募企業の魅力や、応募企業の取り扱う商品が好きだ、など「そこでないといけない」理由を考えてみてください。

それをしっかりと説得的に記入するようにしましょう。

入社後にどう貢献できるかを書く

転職は入社することがゴールではありません。

入社後にいかにスムーズに業務になじみ、即戦力になれるか、企業に貢献できるかがカギとなります。

まずは、あなたの今までの経験やスキルを考えてみてください。

一件畑違いの事務職だったとしても、一旦洗い出してみましょう。

営業アシスタントの仕事は幅広い仕事を持っていますから、今までの仕事の経験を応用することができるかもしれません。

自己分析の時に考えた「自分にはどんなスキルがあるのか」を思い出してみましょう。

それが営業アシスタントの仕事にどんな風につながるのか説得的に伝えることが大切です。

ネガティブな話題はポジティブに言い換える

自己分析をしていると、転職の理由や、自分の苦手分野など、どうしてもネガティブな部分というのは出てきます。

ネガティブな部分がない人はいないので、それが悪いことではありません。

大切なのは、企業に応募する際、そのネガティブなことをいかにポジティブに持っていけるかということです。

自分自身のネガティブな部分を課題として受け止め、なぜそれができないのかを考えてみましょう。

次に、その課題や苦手分野を克服するにはどんなことをすればいいのか考えてみてください。

今はまだ克服できていなくてもかまいません。

「自分はこれが苦手です。それは〇〇だからです。そのため今は△△をして克服できるよう尽力しています」という説得力が必要です。

志望動機の考え方のポイント

ポイントを指す女性

自分の志望動機を一方的に伝えるだけでは、独りよがりな内容になってしまいがちです。

自分が分析した自分の強みを、いかに企業に貢献できるという風に伝えるか、その塩梅が大切です。

ここからは、実際の志望動機欄に書く例文を紹介していきます。

ぜひ、志望動機を書く際の参考にしてください。

志望動機の例文

ノートパソコンを操作する女性

まずは、おすすめの志望動機の例文を紹介します。

前述で紹介してきた志望動機の考え方や自己分析の結果を当てはめて、より説得的に書くようにしてみましょう。

自分のサポート力をアピールする例文

私は、事務職として働いており、リーダーシップをとって働く人のサポートをすることがとても得意です。

例えば、ミーティングメンバーの調整から事前資料の作成、議事録の作成なども当然こなすことができます。

「自分がどう動けばうまく仕事が回るか」を常に意識し仕事をしてきました。

これらの経験や事務スキルを、営業アシスタントの仕事にぜひ生かしたいと考え応募させていただきます。

営業アシスタントの仕事が向いていることをアピールする例文

書類を持つ女性

私は昔から、人に喜んでもらったり、人を支えたりすることにやりがいを感じてきました。

仕事においても、自分でこなし自分の成果になるよりも、人のサポートをし一緒に喜びを分かち合える職に就きたいと考えます。

今までの事務スキルや経験を活かしつつ、さらなるステップアップとして営業アシスタントの仕事に挑戦したいと考え応募致しました。

即戦力になるスキルをアピールする例文

前職では、営業担当をしておりました。

その際に、営業アシスタントの人に様々なサポートをしてもらい、非常に助かったことが強く印象に残っています。

私もこんな風に、人をサポートして人に感謝される人間になりたいと思い、転職を決意しました。

また、前職で営業担当をしていたことから、営業担当の方が求めるサポートも理解できていると感じています。

簡単ではないことは重々承知しておりますが、以前の経験を活かしなりたい自分の像に近づきたいと考えています。

 

ワンポイント
志望動機は、自分の強みを具体的に、説得的にアピールしましょう。

志望動機NG例と改善点

頭を抱える

次に、ありがちなNG例と、それに対する改善点を紹介します。

陥ってしまいがちなNGな書き方について紹介していきますので、ご自身の書いたものと見比べてみてください。

ネガティブな文章になっている

私は、初めての人と話しことが苦手なので、営業に回ることは向いていないと自分で思っています。

ただし、前職からずっと事務職はこなしてきましたので、アシスタントであれば出来る自信があります。

これは、自分の苦手な分野から逃げて「営業アシスタントならできるかな」と思っているようにとらえられかねません。

志望動機の例文で紹介したように、ポジティブな言い方をするようにしましょう。

語弊のある表現をしてしまっている

ノートパソコンを見て考える女性

前職はずっと事務職だったため、次は外に出る仕事に就いてみたいと考えました。

ただ、いきなり営業というのはハードルが高く自信がありませんので、まずはアシスタントとして営業のいろはを学びたいです。

こちらも、一見、前向きなように見えるかもしれません。

ですが場合によっては「事務職に飽きたからたまには外に出たい」「でも大変な営業は嫌」というふうに受け取られかねません。

営業担当者と営業アシスタントの仕事の役割は全く別物です。

その違いをしっかりと把握し、アシスタントとしてすべき仕事を理解しているということをアピールをしましょう。

抽象的な表現しかない

私は、学生時代から人とコミュニケーションを取るのが好きでした。

いろんな人と話をし、すぐに仲良くなることが得意です。

また、相手がどうして欲しいかということをつかむことも得意なので、アシスタントに向いていると考えます。

こちらのNG例は、OK例と似ているように見えるかもしれませんが、採用担当側からするとその印象は全く違います。

内容に全く具体性がなく、ぼんやりとしているため説得的ではないのです。

ここをアピールしたいのであれば、具体的なエピソードをつけたり、入社後自分がどのように働けるかを詳細に書きましょう。

面接での質問と回答例

相談

次に、面接でありがちな質問を調べてみました。

それに対して、どのように回答すると効果的なのか、それもしっかりと対策しておきましょう。

事前に回答を準備しておくことで、自分自身も焦ることなく受け答えができ、相手方の印象が上がります。

特に、営業アシスタントのように人前に出る仕事の場合、人間性も見られますのでしっかり練習しましょう。

スキルについて

筆記

まずは、「あなたにはどんなスキルがありますか?」という質問です。

非常に多くみられる質問ですが、あまりにオープンな質問で、回答する側としては一瞬悩んでしまうのではないでしょうか。

この手の質問に対しては、まずは自分の一番の強みを回答しましょう。

そのほか、保有資格などがあればより説得的になるので、それも紹介してください。

また、伝える際のポイントとして、「これができます」「あれもできます」という単調な答え方にならないようにしましょう。

営業というのは、相手ありきの仕事です。

相手の反応を見てしっかりと会話をしながら受け答えすることが重要です。

面接官の方が興味を持ってくれたらより深く紹介したり、首を傾げた場合には補足をしたりと、一方的にならないようにしましょう。

 

ワンポイント

面接では、答えた内容だけでなく受け答えの姿勢も見られています。

面接官の表情をしっかりと見て、求められている情報を伝えるように練習をしてみましょう。

前職での実績や失敗

営業アシスタントの仕事にかかわらず、転職の際によく聞かれるのが「前職での実績や失敗」についてです。

前職での実績については、しっかりと自分の過去の実績を振り返り、答えられるようにしておきましょう。

その際、出来るだけ具体的に答えることが大切です。

数字化できるものであれば、数字化することもおすすめします。

話の構成としては、【問題提起 → 解決策の捻出 → 実行 → フィードバック】で話すと効果的です。

「前職では〇〇が問題になっていたため、□□を提案しました。

その結果、顧客獲得数は△△件から××件まで増えました」というイメージです。

また、前職での失敗談については、必ずポジティブな内容で終わらせるようにしましょう。

「こんな失敗をしてしまいました」という報告だけで終わっては、「そこから何を学んだのか」がわかりません。

どんな失敗をして、その原因は何なのか、どのように解決し、再発防止はどう考えているのか、一連の流れで話すようにしましょう。

 

ワンポイント

前職での実績は、第三者が聞いてわかるように、具体化・数値化して自分の実績を伝えましょう。

失敗談については、あったことだけでなく、それに対して自分はどう成長したのかを加えましょう。

営業アシスタントの志望動機に悩んだら転職エージェントに相談しよう

女性,資格

営業アシスタントの仕事は、様々なスキルが必要とされます。

また、企業にとっては、取引先に顔を出してもらう人材にもなりうるため、面接での評価も非常に重要になります。

営業アシスタントの志望動機に悩んだら、まずは転職エージェントに相談しましょう。

志望動機の書き方から、面接での受け答えの練習など幅広く相談に乗ってくれます。

まとめ

ノートパソコンを操作する女性

営業アシスタントの仕事は、業務の範囲が多岐に渡り大変な仕事です。

ですが、その分営業担当者の方や周りの方から感謝もされやすく、やりがいを感じやすい仕事として人気を集めています。

今回紹介した営業アシスタントの志望動機の書き方を参考にしつつ、さらに転職エージェントを活用しながら転職を成功させてください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら