休職がある場合、「転職するときどうしよう」と不安を抱えていていませんか?

色々な仕事がある中で、休職理由もそれぞれ個々で変わってきます。

休職期間が長いほど面接官の目に止まることは事実です。

また転職の面接は、採用の合否に大きく関わってきます。

面接で休職の理由を聞かれたときには、どのように伝えれば良いのでしょうか?

伝え方にもいくつかポイントがあるのです。

今回は、休職理由の伝え方のポイントについてご紹介していきます。

Contents

面接での休職理由の伝え方を解説

面接
転職活動をしていると、ほとんどの人が企業の面接を受けます。

面接は、採用してもらうためにも大きなアピールができる一つの場です。

転職を成功させるためにも面接の対策を万全にしていく人も多くいるでしょう。

その中で休職期間がある場合、どのように伝えれば良いのでしょうか?

アピールするためにも、マイナスポイントは面接であまり伝えたくないですよね。

面接官から休職理由について聞かれたくないと思う人も多くいると思います。

伝え方のポイントを詳しくみていきましょう。

休職に対して採用担当者が抱くイメージは?

スーツの女性
休職期間がある場合、面接官の印象はあまり良くないイメージに取られてしまうのが事実です。

「なぜ休職していたのか?」と休職理由について聞いてくることもあります。

面接官が休職について想像していることはどのようなことがあるのでしょうか?

ポイントに分けてみてきましょう。

伝え方が悪いとマイナスの印象

休職には、それぞれの理由があるでしょう。

  • 体調を崩している
  • 怪我のため
  • 家族の介護のため

上記の他にも色々な理由が挙げられると思います。

体調を崩して休職しているという理由は、マイナスな印象を与えがちです。

怪我などの理由は、ある一定の期間が過ぎれば復帰できるという目安がたてられます。

精神的な病気の場合は再発も考えられるため、転職の際はマイナスポイントになるのです。

休職理由について聞かれた場合は、伝え方について意識するようにしましょう。

「精神的な病気になり休んでいました」という伝え方だけでは、マイナスな印象を与えてしまいます。

「しっかり休めて、仕事に対する意欲が湧いた」という前向きに仕事に取り組んでいきたいと考えていることを伝えるのがポイントです。

毅然とした態度であれば採否に影響しない

休職したことに対して、自分自身でマイナスだと考えないようにしましょう。

休職は決して悪いことではありません。

仕事ができない環境になったから、休む期間を取っていただけです。

自分自身でマイナスなことだと思っていると、面接官に聞かれたときにもあまり良くない印象与えてしまうかもしれません。

面接官に理由などを聞かれたときには、毅然とした態度を取ることが重要です。

理由など事実をしっかり伝え、休職期間はプラスな期間だったと伝えることが採用までのポイントの一つになるでしょう。

 

ワンポイント
休職についてポジティブに考えるようにしましょう。

採用担当者が休職理由を気にするのはなぜ?

資料を作成する女性
採用担当者は人材のスキルなどを合否の判断基準にしますが、働いている期間もチェックします。

面接の際に、休職期間がある場合は休職した理由を聞かれるでしょう。

休職の理由を言いたくない人もいると思います。

しかし、面接で聞かれたときには休職した理由を伝えなれけば合否に関わってくる場合もあるのです。

なぜ採用担当者は休職理由を気にするのでしょうか?

採用担当者が気にしているポイントをみていきましょう。

長く働いてくれる人材かチェックするため

企業は長く働いてくれる人材を求めています。

採用してすぐに辞められてしまうと、また人を募集し採用活動を行わなくてはいけません。

採用や人材育成にもお金がかかっているので、すぐに辞めてしまうと企業側にはマイナスになります。

面接ではこの会社で長く働いてくれる人材になるか、面接官は見極めているのです。

長く働いていける人材かというポイントに、休職期間の理由が大きく関わってくる可能性があります。

休職していた理由を伝え、次は長く働いていきたいという意思をしっかり伝えることが重要です。

会社としてサポートすべきことがあるかチェックするため

女性、仕事、打ち合わせ
長く働いてもらうためにも企業には、福利厚生など働きやすい環境が整っています。

また私たちが活躍できるように、どの部署に配属させるか企業側には重要なポイントです。

休職があった場合には、会社でサポートしてくれる環境を整えてくれる場合もあるでしょう。

年齢層が近く相談しやすい環境や、サポートしてくれる環境が整っていたり会社で方法は変わってきます。

休職期間があった場合はサポートが必要か企業側から確認されることもあるでしょう。

採用後に相違がないように、不安なことがある場合は伝えておくことが重要です。

休職することは悪いことではない

休日
転職活動をしている時に、休職について悩みを抱えている人は多くいます。

次の就職先をみつけるときに「休職」が悪いことだと思っていませんか?

「休職期間があるから採用されないのではないか」などマイナスに考えてしまうこともあると思います。

しかし休職は悪いことではありません。

また仕事が出来るようになるための大事な休息期間です。

精神的な病気になった場合だと、さらにマイナスに考える人もいるでしょう。

しかし休職をせずそのまま仕事を続けていたら身体を壊し、他の病気になってしまう可能性もあります。

そうなると今後、仕事ができなくなってしまう場合もあるかもしれません。

そうならないためにも、休職期間が必要になる人もいます。

転職を考えている場合にも、休職を悪いことだとは思わずポジティブに考えるようにしましょう。

 
親身で丁寧なサポート
【パソナキャリア】 はこちら
 

本当の休職理由は隠した方がいい?

女性
休職期間があると面接で聞かれた時に、どう答えようか迷うこともあると思います。

本当の理由を伝えたら、採用されないのではないかと不安になることもありますよね。

面接の際など休職理由を聞かれたら、本当の理由は隠した方が良いのでしょうか?

ポイントに分けてみていきましょう。

言いたくないなら隠してもいい

休職には、さまざまな理由があります。

中には、人に言いづらい理由もあるでしょう。

休職に関しては、履歴書などに記載する必要はないので聞かれないこともあります。

もし言いづらいのであれば、具体的な理由まで伝えなくても問題はありません。

「身体を壊していたので、休職を取りました」という大まかな伝え方で良いでしょう。

不信感を与えないよう正直に話した方が無難

休職があることが分かると、面接官に理由を聞かれることが多いです。

休職理由を伝えたくないために、嘘をつくことはあまり良くありません。

休職の理由が伝わっていなかったことが原因で、採用後また身体を壊してしまう可能性もあります。

伝えおくと採用後に、企業側からサポートの面など気にしてくれる場合もあるのです。

また嘘などをついてしまうと、話などが食い違い採用担当者に不信感が出来る可能性もあるでしょう。

そうならないためにも、正直に話しておく方が無難です。

伝え方で印象は変えられる

面接
面接で休職理由を聞かれたら答えたくない人も多くいるでしょう。

休職理由を話すことで、印象が悪くなるのではないかと考えてしまいますよね。

印象を悪くしないようにするためにも伝え方のポイントがあります。

休職がマイナスなことだと思わないことです。

自分自身が休職に対してマイナスだと思っていると、伝える言葉もネガティブに伝わってしまいます。

逆に休職期間がプラスなことだったと思うようにすれば、伝え方も変わってくるでしょう。

そして面接官への伝わり方もポジティブな印象を変えることができます。

 

ワンポイント
休職理由の伝え方で印象が変わってくるので注意しましょう。

面接での休職理由の伝え方のポイント

会議
面接で休職理由について聞かれた場合、どう答えようか迷っていませんか?

転職を成功させるためにも、休職理由がデメリットにならないようにしたいですよね。

面接での休職理由の伝え方のポイントをみていきましょう。

前向きな表現に言い換える

休職期間があった場合、面接で聞かれたらどうしようか困っている人も多いと思います。

休職していたから、転職活動にマイナスになるのではないかと思っていませんか?

マイナスなことだと思っていると、面接で聞かれた時にもマイナスな表現になってしまいがちです。

「休職は自分にとってプラスな期間だった」と考えるようにしましょう。

考え方を変えると、休職に対してのマイナスな表現はなくなってきます。

面接の際に聞かれたときも、自然と前向きな表現に言い換えることができるでしょう。

前向きな表現に変えることで、採用担当者にも良い印象を与えることができます。

体調不良が原因なら完治していることを伝える

休職理由はさまざまな理由があります。

体調不良が原因でまだ完治していない場合はどうすれば良いのでしょうか?

まだ完治していない場合、自分の現状を正直に採用担当者に伝えるようにしましょう。

面接の際にもマイナスになるかもしれないと、心配になりますよね。

しかし完治していないことを話さず採用が決まった場合、体調が悪化するかもしれません。

また事実を隠して入った場合、信用を失い解雇されてしまう可能性もあります。

正直に話すことで、転職先で業務量など相談しやすい環境が作れるでしょう。

採用後の体調のことも考えて、素直に話すことが大事です。

前職に対する不満は言わない

転職活動をしている人は、前職に何かしらの不満があることが多いでしょう。

残業が多いことや人間関係のこと含め、さまざまな理由があると思います。

面接の時によく聞かれることが、前職についての質問です。

「前職を退職された理由を聞かせてもらえますか?」という質問が面接時に聞かれることが多くあります。

質問された場合には、前職に対する不満は言わないようにしましょう。

不満を言ってしまうと、採用担当者への印象もあまり良くありません。

前職に対しての不満を言うのではなく、ポジティブな退職理由に繋げていくと良いでしょう。

「新しくやりたいことができた」などと伝えると、仕事に対する意欲も感じられ良い印象を与えることができます。

 

ワンポイント
不満などマイナスになるようなことは言わないようにしましょう。

休職後の転職活動は不利になる?

考える
転職活動をしていると休職があった場合、不利になるのか気になるところです。

休職をしていない人と比べると、不利になる場合はあります。

採用後にまた休職されてしまうと、企業は困るからです。

不利にならないためにも、休職について聞かれた場合は理由の伝え方に注意しましょう。

次の仕事に対して意欲があることを伝えることが大事です。

また、休職期間が長いと不利になる可能性はあります。

休職期間が長いと、源泉徴収を確認すると給与が低いことが分かります。

例え休職を隠していたとしても、源泉徴収で隠せないことがあるので注意しましょう。

休職期間が長い場合は、正直に採用担当者へ伝えることも大事です。

休職後の転職を有利に進めるポイント

女性
転職を成功させるためにも、転職活動中は色々努力すると思います。

採用してもらうためにも、転職を有利に進めたいですよね。

休職があった場合も有利に進めるポイントはあるのでしょうか?

心と身体の調子を整える

転職活動をしていると、自分自身と向き合う時間が多くなるでしょう。
そして、体力も使います。

体調が万全でないまま転職活動をしていると、体調が悪化する場合もあるでしょう。

体調が悪化してしまうと、転職活動も思うように続けられなくなります。

まずは、心と身体の調子を整えることが重要です。

休職中にしっかり休むことが大事になります。

体調が良くなってから転職活動をすると良いでしょう。

本当にやりたいことを見つける

自分にあった仕事に出会うためにも、自分のやりたいことは何か見つけることが大事です。

転職に成功したとしても、自分のやりたい仕事でなかったらストレスになってしまいます。

本当にやりたいことは何なのか?自分と向き合ってみることが大事です。

休職中は自分と向き合える時間でもあり、とても価値ある期間でしょう。

そんな休職中の期間を有意義に使い、やりたいことを見つけることが大切です。

趣味を仕事に活かせるかなど、色々な方法を調べてみると良いでしょう。

休職期間をポジティブに考える

アイデア
休職について、不利になるのではないかと考えている人は多くいるでしょう。

自分自身でネガティブに考えていると転職活動をしているときにもマイナスな考えになってしまいます。

休職について聞かれたときも、良くない印象を与えてしまうかもしれません。

自分にとって休職期間はポジティブなものだったと考えることが大事です。

休職は悪いことではないと、思うようにしましょう。

仕事が出来るようになるための大切な休息期間です。

ポジティブに考えることで、面接で聞かれたときにも良い印象を与える回答ができるでしょう。

 

ワンポイント
休職期間に自分と向き合ってみることが大事です。

休職理由の伝え方で迷ったら転職エージェントに相談しよう

サインを出す女性
休職後の転職活動などで悩むことは多くあると思います。

転職を成功させるためにも転職エージェントを利用するのが良いでしょう。

  • 休職理由の伝え方が分からない
  • 自分にあった仕事を見つけたい
  • 面接のとき、どのように休職について話すか
  • 履歴書の書き方が分からない

上記のようなこと以外にも、沢山の不安がありますよね。

そのような不安を解消するためにも転職エージェントはとても活用できます。

休職について、採用にマイナスにならないためにもどのように伝えるべきか相談してみましょう。

また、自分にあった会社を見つける手助けもしてくれます。

不安なまま一人で考えていると上手くいかないこともあるでしょう。

転職エージェントのプロの目線からアドバイスをもらうことで、転職活動に大いに活かすことができます。

 
親身で丁寧なサポート
【パソナキャリア】 はこちら
 

まとめ

がんばる
休職があった場合の転職活動は、悩みを抱えている人が多くいます。

転職に不利になるのではないかと考えてしまいますよね。

転職を成功させる大きなポイントは、休職についてポジティブに考えることです。

考えを変えることで、休職に対しての自分自身の考えも変わってくるでしょう。

また面接での、休職の伝え方も重要になります。

自分で考えるよりも転職エージェントを利用し相談してみることがおすすめです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら