MRとは医薬情報担当者のことをいいます。

専門職として給料も高いMRに興味があり、転職したいと思っている方も多いかもしれません。

今回はMRの志望動機の書き方のコツを解説していきます。

MRに評価される志望動機の書き方や志望動機の例、注意点など気になるポイントが満載です。

MRへの転職を考えている方は必ず確認しておきたい内容ばかりでしょう。

職務履歴書の書き方の例もあるので、ぜひ参考にしてみてください。

MRの志望動機の書き方のコツを解説

女性,医療従事者MRの仕事は専門性も高く、時代が変わっても人気の仕事だといえるでしょう。

人気があるのでライバルが多いのも事実。

そのため、MRの仕事を志望する際にはライバルに差をつける志望動機を書くことが大切です。

希望する理由や目標をより具体的に書くことが求められるでしょう。

しっかりと準備をしておかなければ、希望する会社にも気持ちは伝わりません。

MRの志望動機の書き方にはポイントや注意点があるので、しっかりとコツをつかんでおきましょう。

これからの項目をしっかり読み込み、コツをつかんで転職を成功させてください。

MRの種類を把握

MRの仕事にはどのようなものがあるのでしょうか?

ここではメーカーMRとコントラクトMRの2種類を紹介します。

メーカーMR

医療

MRの仕事といえば、まずメーカーMRをイメージされる方が多いでしょう。

メーカーMRとは製薬会社に所属したMRで、自社の医薬品を紹介し使用してもらう仕事をする人をいいます。

病院にいる医師に対し、医薬品の情報や副作用などの説明を主に行う仕事があります。

また、使ってもらった医薬品の情報収集をするのも大切な仕事でしょう。

製薬会社に勤めている社員として働くため、給料などは所属する製薬会社から支給されます。

製薬会社の営業として働く仕事と覚えておくとわかりやすいかもしれません。

コントラクトMR

電話をする女性

製薬会社に勤めるMRに対し、コントラクトMRを聞いたことがある方もいるでしょう。

コントラクトMRとは、複数の製薬会社の薬を紹介します。

CSOという医薬品販売業務受託機関に所属し、契約している企業に派遣されて仕事を行います。

そのため、給料や仕事はCSOから支給されるのが特徴です。

転勤や異動もある製薬会社のMRに比べて、コントラクトMRでは希望勤務地を伝えられるメリットもあります。

契約社員としての形態もあり、女性が働きやすいということもコントラクトMRが人気の理由といえるでしょう。

評価される志望動機の準備の仕方

ここからはMRの仕事の志望動機の書き方を説明していきます。

まずは、評価される志望動機を書くための準備の仕方を学んでいきましょう。

MR職の魅力を理解

医療

これはどのような仕事にもいえることですが、しっかり仕事内容を理解しておくことが大切です。

MRの仕事は医師と一緒に、人の健康を維持する大切な仕事です。

もちろん、膨大な医薬品の知識をもつことも求められるでしょう。

このようなMRの仕事の魅力を学び、どういった点に魅力を感じられるのかいえるようにしてください。

単純にやってみたい、挑戦したいという言葉だけでは不十分かもしれません。

MRの仕事の「〇〇の部分に魅力を感じた」と具体的にいえるようにしましょう。

自己分析

履歴書

これもMRだけにかかわらず大切なポイントですが、自己分析をしっかりしておきましょう。

自分の長所や短所、仕事において頑張れる点などを理解しておきます。

自己分析をしておくことで、MRの仕事にどう活かせるかも説明できるでしょう。

やりたいことが明確に言えることも大切ですが、自己分析がしっかりできていることも大切です。

評価される志望動機を書くためには、自己分析を確実に行うことも忘れないでください。

志望する企業の特徴を調べる

履歴書

メーカーMRを志望する際には特に企業を知っておくことも大切です。

いくつもある製薬会社の中から、なぜその会社を選んだのかを明確にする必要があるでしょう。

そのためには志望する企業の特徴を調べ、どういった特徴があるのか知っておく必要があります。

なぜその会社なのか、なぜその会社でなければいけないのかということを明確にしましょう。

志望する理由を明確にしておくことで、企業側にもしっかり気持ちが伝わるようになります。

 

ワンポイント
・MR職の魅力を理解しておくことが大切
・自己分析や志望する会社の特徴もチェック

MRの志望動機作成のポイント

次にMRの志望動機作成のポイントを紹介していきます。

大切なポイントばかりなので、しっかり確認しておいてください。

業界を選んだ理由を明確に

看護師

MRは医薬や薬学の知識も必要で、その業界にいた方は志望理由も明確にしやすいでしょう。

看護師や薬剤師を経験していた方の場合は、なぜMRになりたいのかを明確にしておくことがおすすめです。

一方で経験がない方の場合は、業界を変更した理由を明確にする必要があります。

全く別の業界にいた方は、どうしてMRの仕事に興味をもったのか聞かれるでしょう。

仕事に興味があるのか、会社に興味があるのかなどきちんと説明できるようにしてください。

その際に業界を選んだ理由をしっかり話すことが大切なのです。

どのように活躍するか明記

女性,医療,看護師

志望動機を作成する場合は、どのように活躍するかを明記するのも大切でしょう。

どのように活躍するのかを話せるということは、目標が明確になっていることにもつながるからです。

MRになって○○をしたい、○○で活躍したいなど、内容や場所を明記するようにしましょう。

具体的に説明できればできるほど、志望動機としても充実します。

MRになって活躍している自分を想像して明記するのがコツでしょう。

より具体的に説明できるように工夫してみてください。

 

ワンポイント
・業界をなぜ選んだのかを具体的に記載
・どのように活躍するのかを必ず明記

高評価を得る志望動機の例

次に高評価を得る志望動機の例を説明します。

志望動機を書く際にぜひ参考にしてみてください。

例:薬剤師の経験がある場合

看護師

「私は薬剤師として働いています。

医薬品の知識を持つ中で、最新技術を使って医薬品の研究を行う御社に興味を持ちました。

薬剤師としての経験を活かしながら、御社の医薬品の良さを医療現場に伝えていく仕事をしていきたいです。

薬剤師の仕事では、患者様に寄り添ったコミュニケーションを大切にしています。

わかりやすい説明ができるMRを目指し、医師とのコミュニケーションもしっかり行っていきたいと考えています。」

このように、高評価の志望動機には現職の経験をどうMRに活かしていくかがしっかり明記してあります。

また現在大切にしている点を今後も活かしていきたいという記載があるため、自己分析もできているといえるでしょう。

例:別業界からの志望の場合

営業する女性

「私が御社に興味を持ったきっかけは、父親の病気です。

父の病気はこれまで手術が必要な病気でしたが、御社の○○という薬によって回復できました。

医薬品が患者にもたらす影響を経験を持って学びました。

私も御社に勤め、患者様の健康を維持できる医薬品の紹介に貢献していきたいと考えています。

患者様の未来を変える医薬品について関わり、将来は開発部門にも挑戦したいです。」

この例は経験はなくても、MRの仕事に興味をもったきっかけが明記されています。

企業に入って何をしたいか、どういったことに挑戦したいかという目標も明確だといえるでしょう。

経験はなくても、やりたいことが明確になっているので高評価を得やすいのです。

 

ワンポイント
・現職で意識していることとMRで活躍することをつなげる
・経験がなくても、挑戦したいことを明記することもできる

MRの志望動機作成の注意点

次にMRの志望動機作成の注意点をまとめていきます。

ついやりがちな書き方もあるので、必ず確認しておきましょう。

具体性が無い

打ち合わせをする女性

志望動機を作成する際には、具体性を記載することが大切です。

先ほど紹介した高評価の志望動機には、何を大切にしたいか、どんな仕事をしたいかが明確に記載されていました。

具体性が何も記載されていないまま、挑戦したいと記載があっても何がやりたいのかがわかりません。

企業側はより具体的に目標があり、しっかり自己分析している方を必要としています。

きっかけや現在の仕事で意識していること、企業に入ってやりたいことなど具体性をもつことを大切にしましょう。

情報が正確に伝わらない

代理店営業

志望動機を書く際には、自分の伝えたい情報をしっかり伝えることが大切です。

先ほどの例では、興味を持ったきっかけややりたいことが明確になっていました。

現職での仕事内容や活躍したい内容など、情報を正確に伝えるようにしましょう。

情報が正確に伝わるように記載しなければ、志望動機として記載しても企業側に伝わりません。

また、情報はだらだらと書くのではなく簡潔に記載するようにしましょう。

簡潔にわかりやすく記載することで、志望動機としての評価も高くなります。

 

ワンポイント
・簡潔に具体的に明記される志望動機が良い
・情報が正確に伝えられないとNG

MRの志望動機のNG例

次に、MRの志望動機を明記する際のNG例を紹介します。

自分がこのような記載をしていないか確認してみてください。

例:会社を希望する理由がない

女性

「私は現在営業職の仕事をしています。

営業職では、自社のもつ商品をわかりやすく説明することを意識しています。

わかりやすく説明することで、購入してもらえる可能性も大きくなります。

MRの仕事をする際にも、医薬品の紹介をわかりやすく説明できるように努めていきたいです。」

このように営業職の仕事をしており、MRでどのように仕事をしたいか記載があるケースです。

意識したいポイントは記載があるものの、希望する企業に特化した内容がないのがNG理由です。

この志望理由では希望する会社に特化した内容がなく、どの会社でも通用してしまいます。

なぜその会社に入りたいのかという理由をしっかり明記しましょう。

例:自己分析ができていない

女性,雑誌

「これまでMRの仕事に興味はありませんでしたが、御社の医薬品を使用する機会があり興味を持ちました。

薬剤師としての経験などはなく、知識もありませんが御社に入って勉強をしていきます。

しっかり勉強を行って知識を養い、会社に貢献していきたいと考えています。」

会社に興味を持つきっかけについては記載がありますが、少し受け身を感じる志望動機です。

知識はないというマイナスな内容を志望動機に書く必要はありません。

また会社に入ってから勉強する、という受け身な発言もマイナスポイントでしょう。

何ができるか明記できなくても、自分が今持っている長所を記載してみてください。

医薬品の知識はなくても、他にどういったことができるのか自己分析をしっかりしておく必要があるでしょう。

MRの職務経歴書のポイント

問題解決する女性

MRや医療業界に経験があり、職務履歴書を記載する際には下記のポイントを明記しましょう。

  • 病院名や病床数などを確実に明記する
  • 営業を担当した病院数や経歴などもわかりやすく説明
  • 採用件数や実績などがあれば明記する
  • スキルや資格などの明記も忘れずに

このように、職務履歴書を記載する場合には実績や件数を明記するようにしましょう。

医療業界の経験がない場合も、経験した業界での実績などを明記してください。

医療業界の経験がない場合でも、その業界での実績を明記すると良いでしょう。

スキルや資格はどのような場合でも忘れずに明記するのを忘れないでください。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

女性

MRの志望動機について説明しました。

ポイントや注意点を把握し、記載してみたけれどこれで良いのかと悩むこともあるかもしれません。

MRの志望動機を書いてみて、迷うことが出てきたら転職エージェントに相談してみましょう。

プロの視点からアドバイスがもらえるので、自分が書いた志望動機のチェックも依頼できます。

転職エージェントからは確実なアドバイスがもらえるでしょう。

ポイントや注意点を意識して記載しても、自分だけのチェックでは不十分なこともあります。

転職について出てきた悩みは転職エージェントに相談してみてください。

まとめ

ファイルを持つ女性

MRの志望動機で高評価を得るためには、いくつかの注意点がありました。

志望動機を記載する前には、MR職の魅力や自己分析、企業の特徴を調べておくことが大切です。

漠然と志望動機を記載するのではなく、事前準備をしておくことも必要でしょう。

志望動機を記載する際にも、会社を選んだ理由や活躍したい内容をしっかり記載してください。

その会社を選んだ理由や情報を正確に記載することで、高評価を得る志望動機になります。

ライバルに差をつける志望動機を書くためには、ポイントや注意点を押さえておくことが大切でしょう。

ここで紹介してきた内容をしっかり確認して、MRへの転職を成功させてください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら