サービス業と一口に言っても職種仕事内容はさまざまで、具体的なイメージを持ちにくいかもしれません。

また、サービス業に転職しようと考えたとき、自分に向いているのか分からず企業への応募を躊躇する人も少なくないです。

この記事ではサービス業の職種を具体的に紹介します。

また、サービス業に向いている女性の特徴やサービス業の将来性も解説しますので、転職を考える際の参考にしてください。

サービス業の職種を解説

指導する女性

サービス業の職種は多岐に渡ります。

仮にスーパーマーケットを例に考えても、店員・店舗責任者・経理担当者など多くの人が関わりあっているためです。

また、業界も情報通信業や運輸業など複数あり、業界によって職種も変化します。

そもそもサービス業とは、経済活動のうち物を生産するのではなく消費者にサービスを提供する産業を指します。

例えば、動植物を育てる農業や建物を作る建設業などは物を生産する仕事です。

一方、動植物を販売店舗まで運ぶ運輸業や建築物を売り買いする不動産業などは、生産物を利用してサービスを提供します。

 

ワンポイント
 サービス業と一口に言ってもさまざまな業界が存在するため、まず業界についての理解が大切です。

サービス業は9つの業界に分類される

転職活動をする女性

サービス業はさまざまな業界にまたがって存在しています。具体的には以下の9つの業界です。

  • 情報通信業
  • 運輸業・郵便業
  • 不動産業・物品賃貸業
  • 学術研究・専門技術サービス業
  • 宿泊業・飲食サービス業
  • 生活関連サービス業・娯楽業
  • 教育・学習支援業
  • 医療・福祉
  • サービス業(他に分類されないもの)

サービス業といえば、宿泊業・飲食や生活関連・娯楽業などの接客業だけが想像されやすいです。

しかし、接客以外の仕事も多くあります。例えばインターネット・広告制作などを提供する情報通信業もそうです。

運輸業・郵便業には、鉄道や航空機などを利用した旅客輸送や倉庫業などが含まれます。

不動産業・物品賃貸業のサービスは、例えば不動産の売買・仲介や自動車・自転車レンタルなどです。

学術研究・専門技術サービス業とは、具体的には地質調査を行う事務所や法律相談・動物病院などが該当します。

塾やレッスン教室などの教育・学習支援業や、クリニック・介護施設などの医療・福祉に関わる産業もそうです。

サービス業の代表的な職種

指さししている女性

多くの産業が該当するサービス業ですが、それぞれの産業に主に共通している職種は以下の5つです。

  • 販売職
  • 営業職
  • 事務職
  • 技術職・専門サービス職
  • クリエイティブ職

販売職

接客する女性

販売職とは、店舗で消費者に直接サービスを提供する仕事を指します。

身近な例で考えると、スーパーマーケットやコンビニエンスストアの店員が販売職です。

他にも、ホテルマンやレストランスタッフなどが当てはまります。

具体的な仕事内容は、店舗や施設に来た顧客の要望悩みを聞き、自社サービスを勧めて購入してもらうことです。

営業職

キャリアカウンセラー,活躍

営業職とは、店舗や施設、企業などに接触して自社サービスを採用してもらい、販路を拡大する仕事です。

商品を売るという点で販売職と似ているように思えるかもしれませんが、仕事内容は同じではありません。

販売職は消費者と関わる仕事ですが、営業職は複数の営業先を回って主に店舗責任者企業の担当者などを相手に交渉します。

具体的な仕事内容は、顧客との関係性を作りながら自社サービスの魅力やメリットを説明して契約を結ぶことです。

事務職

事務職

事務職は、サービスの提供を継続的に行えるようにサポートする仕事です。基本的には会社のオフィスで勤務します。

具体的な仕事内容は、経理・備品管理・電話対応・来客対応・書類作成などです。

技術職・専門サービス職

技術職の女性

技術職・専門サービス職とは、エンジニア・弁護士・獣医師など、特定の分野に精通したスキル知識を活用する仕事です。

この職種はすべてのサービス業に含まれるわけではありません。専門性の高いサービスを提供する組織や企業にある職種です。

具体的な業務内容も仕事によって変化しますが、顧客の課題を解決するという根本は変わりません。

クリエイティブ職

クリエイティブ職

クリエイティブ職とは、IT関連の業界によく見られる職種です。

具体的にはWeb制作会社のデザイナーやプログラマーなどが該当します。

具体的な業務内容は担当する仕事によってさまざまです。

しかし、顧客の要望を汲み取って一つのものを作り上げる点はクリエイティブ職全般に共通です。

 

ワンポイント
 サービス業の特徴である「顧客の要望に応える仕事」という点はすべての職種に当てはまります。

サービス業のやりがい

遠くを見る女性

サービス業の仕事に就いた場合、日常的にどのようなやりがいを感じられるのかを説明します。具体的には、以下の3つです。

  • 顧客と直接関わって仕事ができる
  • 個人のスキルが評価に直結しやすい
  • 常に変化が伴って刺激的な日々が送れる

ただし、同じ仕事をしていてもやりがいを感じられるかどうかは個人によって異なります。

「自分はこれをやりがいと思えるだろうか?」と自問しながら考えると良いでしょう。

顧客と直接関わって仕事ができる

接客

サービス業のやりがいの一つは、自社サービスを実際に利用している人と直接関われることです。

利用者は一般消費者に限らず、店舗責任者企業の担当者なども含みます。

それ以外の仕事に就いた場合は、顧客の様子を直に見れる機会は多くありません。

そのため、自分の仕事が誰の役に立っているのかいまいち想像しにくい場合もあります。

しかしサービス業なら、利用者の悩みが自社サービスによって解決される様子を直接確認することが可能です。

個人のスキルが評価に直結しやすい

接客する女性

従業員それぞれのスキルが仕事の評価に反映されやすい点も、やりがいです。

物を生産する業務であれば、仕事の評価は主に生産物の出来具合によって左右されます。

そのため、自分のスキルに関係なく天候や生産ラインの不良などの外部環境によって結果が出ないことも少なくありません。

その点、この業界は形のない商材を扱うため、自分のスキル次第で結果が大きく変わります。

スキルが高ければ高いほど顧客にも喜んでもらえ、多くの利用者を獲得することにつながるからです。

常に変化が伴って刺激的な日々が送れる

握手するビジネスウーマン

やりがいとして、変化のある毎日で刺激的な時間を過ごせる点も挙げられます。

この業界には、関わる顧客が頻繁に変わる仕事が多いです。例えば販売職の場合、店舗にやって来る人は毎日違います。

顧客によって抱えている悩みは異なるため、接客方法もおのずと変化するでしょう。

日によって仕事の内容や結果が変化し、その都度新しい発見がある仕事です。

サービス業に向いている女性の特徴

ガッツポーズを取るビジネスウーマン

向いている女性の特徴は、主に以下の3つです。

  • 人と話したり関わったりすることが好きな人
  • 臨機応変に対応できる人
  • 体力に自信がある人

サービス業は向き不向きが分かれやすい仕事です。

自分の個性をよく理解した上でこの業界の特徴と合致するか確かめておくことが必要になります。

人と話したり関わったりすることが好きな人

カフェで働く女性

人との会話交流が好きな人はサービス業に向いています。これは顧客や同僚と関わりながら業務を進める仕事です。

普段からよくいろいろな人の話を聞いたり自分から話題を提供したりする人は、自分の良さを活かせます。

臨機応変に対応できる人

女性、仕事

臨機応変に対応できる人も向いています。

仕事内容は関わる顧客によって変わることがあり、その際は状況に合わせて行動しなけれなばなりません。

マニュアルルールなどに記載されていないことを求められる場合もあります。

予期しない事態でもあたふたせずに堂々と対応できる能力があることは重要です。

体力に自信がある人

女性

自分の体力に自信がある人も向いています。

この仕事は顧客の要望に応えることが仕事です。要望に応えられるまで休む暇なく対応せざるを得ないこともあります。

シフト制の職場であれば、起床時間や就寝時間が安定せず体が疲れるケースも少なくありません。

この仕事に就く場合は体力をつけておく必要があるでしょう。

サービス業に向いていない女性の特徴

困るビジネスウーマン、スマホ

サービス業に向いていない女性の特徴は、主に以下の3つです。

  • 人と話したり関わったりするのが苦手な人
  • 規則正しい生活を送りたい人
  • 体力に自信がない人

いずれかに該当すると思った人は、これ以外の仕事のほうが向いている可能性があります。

または、同じ業界の中でも自分に合った職種を選ぶなどの工夫が必要です。

人と話したり関わったりするのが苦手な人

悩む女性

普段からあまり積極的に人と関わらないなど、コミュニケーションが得意でないと感じている人はこの仕事に向いていません。

この仕事では初対面の人と長時間話すこともあります。

プライベートでは全く関わりがないようなタイプの顧客に出会うことも珍しくありません。

人見知りであったり自分から人に話しかけられないと思っていたりする人は、この仕事に就くと苦労することもあるでしょう。

コミュニケーションに苦手意識がある人は、この仕事以外で一人で黙々と作業できる仕事を探すと良いです。

規則正しい生活を送りたい人

青空と女性

毎日決まった時間に起きるなど、規則正しい生活を送りたい人も向かないでしょう。

この仕事はシフト制で勤務することもあり、日によって勤務時間が変わるケースも少なくありません。

24時間体制で営業している店舗に配属されれば、深夜帯早朝に勤務する可能性もあります。

規則正しい生活を送りたいと考えている人は、この仕事以外の仕事を選びましょう。

またはこの業界であっても、シフト制以外の勤務形態を採用している仕事を探すと良いです。

体力に自信がない人

頭を抱える女性

日頃から疲れやすいと感じている人など、自分の体力に自信が持てない人は向いていません。

この仕事の場合、店舗勤務であれば一日中立ちっぱなしになることもあります。

また、顧客対応が長くなり休み時間が十分に取れなかったり勤務時間が長くなったりすることも考えられる仕事です。

体力に自信がない場合は、この仕事以外でオフィスワークができる仕事を探すと良いです。

またはこの仕事であっても、体力がそれほど求められない事務職クリエイティブ職などが良いでしょう。

 

ワンポイント
 上記の特徴に当てはまっても、サービス業の職種は幅広いため自分の個性に合った仕事選びをすれば問題ありません。

サービス業の転職事情は?

空とスーツ姿の女性

この業界は全業界の中でも就職する人数が毎年多く、未経験からでも挑戦できる仕事もあり転職しやすい点が特徴です。

就職者数については、宿泊業・飲食サービス業・医療・福祉などが特に多い傾向にあります。

また運輸業や飲食サービス業などでは未経験者歓迎の求人も珍しくありません。

専門的な仕事を除き、サービス業に転職するために特定のスキルや知識は必要ありません。

しかしスキルがあれば転職先の幅はさらに広がるため、資格を取得をしたり独自に勉強したりすると良いでしょう。

こういった努力は選考時の自己アピールでも役に立ちます。

 

ワンポイント
 サービス業への転職は難しくない分、どの業界のどの職種に就くかという「仕事選び」が重要です。

サービス業の将来性は?

クエスチョンマーク

この仕事は技術の進歩によってAIやロボットに代替される仕事と人間が行う仕事が大きく分かれると考えられます。

例えばデータ入力はレジ打ちなどの単純作業は既に機械が行う流れにあり、人間の仕事は奪われつつあるためです。

しかし、医療・エンターテインメント・娯楽の仕事は引き続き人間が行うと予想されます。

仕事を行うためにコミュニケーション力想像力が必要不可欠であるためです。

今後は、この仕事に従事する人に対してより一層コミュニケーション力や想像力が求められるでしょう。

また、将来的にさらに需要が高まるとされているものもあります。

例えば、少子高齢化によって利用者が増えると考えられる介護サービスなどです。

さらに製造業でも、物の生産だけでなく販売サービスや販売後のアフターケアなどサービス内容で差別化する流れがあります。

今後はサービス業がより必要とされる業界において求人が増えるでしょう。

サービス業の転職に困ったら転職エージェントに相談しよう

打ち合わせをする女性

サービス業に転職したいと思ったとき、まず何から始めたらいいのか分からず困ることもあるかもしれません。

その際はまず転職エージェントに相談しましょう。

転職エージェントは転職のプロです。希望に沿った仕事を探してくれたり、選考・面接対策に協力してくれたりします。

一般に公開されておらず転職エージェントしか知らない求人情報もありますので、自分に合った一社を見つけたい人にはぴったりです。

転職について少しでも不安や疑問があれば、まず転職エージェントに相談すると良いでしょう。

まとめ

案内

サービス業は情報通信業や運輸業など9つの業界に分類されます。

職種は販売職・営業職・事務職・技術職・専門サービス職・クリエイティブ職などが主です。

人と関わることが好きで臨機応変に対応でき、体力に自信がある人は自分の良さを活かせるでしょう。

この仕事の中には機械に代替されつつある仕事もあります。

しかし、想像力コミュニケーション力が必要な仕事はこれからも人によるサービス提供が必要となるでしょう。

サービス業に転職したいと思ったら、まずは転職のプロである転職エージェントに相談することをおすすめします。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら