仕事をしてればミスの一つや二つ毎日のように目にします。

自分自身の間違いであったり、同僚・上司・取引先・顧客の間違いに気づいたり。

大小の違いはあるものの日々の業務でミスしたことがない人などいません。

そうはいっても仕事で失敗すれば落ち込みますし辞めたいと思うこともあるでしょう。

仕事に行き詰ったと感じた時の気持ちの切り替え方対処法についてご紹介します。

Contents

仕事でミスをして辞めたい時の対処法を解説

注意される女性

大きな失敗をして大問題に発展しそうな時、仕事を続けていくことが難しいと考えることはありませんか?

小さなミスを繰り返した結果、周囲の信頼を失ってしまい居たたまれない気持ちになることもあります。

会社に損害を与えてしまった場合は出社することすら辛く感じてしまいます。

そのような時は辞めたいと思う理由が何かを考えてみてください。

辞めたい気持ちの原因を正しく把握することで対処法が見つけやすくなります。

  • 失敗したことによる自信喪失
  • 仕事が難しい・合わないと感じる
  • 周囲に失望した
  • 今の環境から離れたい

ミスしたばかりの時は自責・他責を問わず悪いことばかり考えてしまいがちです。

職場環境を変えて一日も早く忘れたいと思うかもしれませんが、考えてみてください。

環境が変わればミスは起きないのでしょうか?

あるいは職場が異なれば、そもそもそのミスは起きなかったのでしょうか?

今後のキャリアを考えるためにも、なぜ辞めたいと思うのかを冷静に考えてみましょう。

仕事でミスをすること自体は悪いことではない

悩む

仕事でミスすることがイコール悪いことではありません。

もちろん頻繁な誤字脱字やメールの誤送信連発などは褒められたことではないのは確かです。

ケアレスミスは改善できるものです。

日頃の習慣を見直し常に改善を心がけることが発生防止につながります。

ケアレスミス以外については、仕事で失敗した時のパターンを二通りに分けることができます。

一つ目はミスに気づき修正できる場合です。

これは起こるべくして起きたミスといえます。

たまたま自分が当たってしまっただけで、むしろ修正する好機ととらえるべきでしょう。

人は失敗から多くのことを学びますので悩むことはありません。

二つ目はミスに気付かず周囲や会社に迷惑をかけてしまう場合です。

この場合は気持ちも落ち込みますので対処法が必要になります。

ただしこの場合も一つ目の場合と同様です。

自分の不注意により起きたミスかもしれませんが、大切なことは失敗から学ぶことです。

 

ワンポイント
 失敗から多くを学ぼう。

仕事でミスをして辞めたい時の対処法

合わない

仕事のミスが原因で会社を辞めたいと思った時の有効な対処法についていくつかご紹介します。

同僚や先輩、友人に相談する

人によってもちろん内容は異なりますが、社会人であれば誰しもが大なり小なり失敗を経験しています。

同じような立場の同僚・友人、経験豊富な先輩に自分の状況を相談してみると良いでしょう。

その際会社関係者への相談はミスに関する内容にとどめます。

辞めたいと思っていても、会社の同僚や先輩に話すべき内容ではありませんので注意が必要です。

一旦休暇を取る

休日

失敗を引きづってしまい、仕事に集中できないと感じた時は休暇を取ることをおすすめします。

気持ちの整理がつかないまま業務を続けるとミスの連鎖を引き起こしかねません。

気持ちを切り替えるためにも一旦職場から離れて環境を変えてみましょう。

休暇を取る時期は周囲に迷惑をかけないよう事態が収拾してからが無難です。

転職を考える

失敗が原因で仕事にやりがいを感じなくなったり、職場に違和感を持つような場合は転職も対処法として考えられます。

やりたくない仕事や行きたくない職場で無理に頑張る必要はありません。

ミスの原因として仕事や環境が合わない可能性もあります。

たとえそうであっても、ミスについては最後まで対応した上で選択肢として転職を考えましょう。

失敗を理由に転職ではなく、失敗したことで別の道を選ぶことが出来るのです。

これも学びの一つといえます。

仕事でミスをして辞めたくなる理由

無関心

仕事を辞めたくなる理由はミスだけではありません。

大きな失敗をした後は自己嫌悪にも陥りますし後悔することばかりです。

そのような状況下では上司や先輩のフォロー同僚の励ましが大きく影響します。

思いがけず救いの手を差し伸べてくれる人との新たな出会いもあるかもしれません。

負けず嫌いな方は何とか挽回しようと頑張りますし、大好きな仕事の場合は失敗しても嫌いにはならないでしょう。

しかし周囲の支援がなかったら状況は全く違います。

自分のことだけで精一杯で他人の仕事にまで注意が届かない職場だったら?

一緒に頑張ってきた同僚が自分には関係ないというような素振りをみせたら?

周りの人から責め立てられたらどんなにメンタルが強くても落ち込みます。

上司や先輩に自分で解決しろと見放されたら対処法が分からず途方に暮れるかもしれません。

ミスの原因は様々ですが、その後の対応は職場環境も大きく影響するのです。

仕事でミスが多くなる原因

やりたい仕事と違う

そもそもミスの発生にはほとんどの場合原因があります。

どのような時にミスが発生するのか考えてみましょう。

仕事にまだ慣れていない

初心者

不慣れな仕事では手順が分からず間違えることがあります。

最初からできる人はいないので、新しい職場や新しい仕事上のミスはある程度許容範囲であると考えられます。

ミスを連発してしまう場合を除いて失敗をどんどん吸収していきましょう。

そして分からないことは迷わず質問することも大切です。

自己レビューが甘い

自分で入力したデータや作成した資料は最後に確認しますか?

単純作業や慣れた業務ではついつい見直しを怠ってしまいがちです。

どんなに間違えないように細心の注意を払っても、常に100%正確であることは非常に難しいのです。

数字の入力は演算、資料の作成は時間を置いてから見直すことを習慣にしましょう。

たった1度の確認作業を省いたことが大きな失敗に繋がる可能性を秘めています。

たとえ慣れた作業であってもルーチンは大切です。

会社での人間関係に問題がある

人間関係

会社の人間関係に問題があるとミスを誘発します。

必要な情報が共有されていなかったり、不明点を誰に相談すべきかわからないなど。

組織として問題がある場合と個人的な問題の両方が考えられます。

いずれにしても職場環境の改善が必要ですので、上司に相談することをおすすめします。

その際人間関係がミスに影響している場合でも他責にしないように注意しましょう。

 

ワンポイント
 ミス発生の原因を理解しよう。

仕事でミスをしてしまう人の特徴

嘆く

慎重であることはミスを防ぐ対策の一つですが、実はミスが多い人にはいくつかの共通点がみられます。

当てはまる項目がある場合は行動を見直してみましょう。

自分の仕事を理解していない

仕事は指示された通りにこなすのではなく業務内容を理解することから始まります。

自分で何をしているかわからなければミスしても気づきません。

ミスを指摘されてもピンとこないため同じ間違いを何度も繰り返します。

例えばデータ入力業務はデータを正確に入力することが仕事です。

たとえその後に確認担当者がいても、入力ミスして良いということではありません。

入力担当者が仕事内容を「データ入力」と勘違いしていると、「正確」に入力することができません。

一度のミスで落ち込んでしまう

頭を抱える女性

完璧に業務をこなそうと思うと小さなミスや一度のミスに大きなショックを受けることがあります。

ミスをして落ち込まない人も問題ですが、ひどく落ち込むことも問題です。

同じミスをしてしまうことに過敏になり過度な緊張状態に陥ります。

問題なくこなしていた業務にも自信を失くし、慎重になっているつもりが注意力散漫になります。

自信喪失により新たなミスを引き起こすことが考えられるのです。

ミスをしないことに重点をおくと学ぶ機会の損失になる可能性もあります。

一つの経験と割り切って長く引きずらないよう気持ちを切り替えましょう。

自分に対して否定的である

落ち込む

ミスをすると自分が悪いと思い込み自分を責めてしまうかもしれません。

自分の能力不足による失敗と思い込んだり、他の人の失敗さえも自分に原因があると考える人もいます。

一見ミスを認める人のようにみえますが、認めることと受け入れることは異なります。

何もかも自分のミスとして認めることでミスに慣れてしまうのです。

自分だけがミスをするなどということはありません。

それにも関わらず自分に非があると感じてしまうのはなぜでしょう。

自分に自信が持てないあるいは自分の仕事に自信が持てないことが根本原因として挙げられます。

間違いの原因は必ずありますが、ミスした人だけの責任とは限りません。

自分の力不足で仕方ないとあきらめるのではなく、改善する努力をしましょう。

困っても人に頼れない

考える

困っている時一人で悩まずすぐに相談できる相手が近くにいますか?

もし誰も頼る人がいないと思うなら、それは頼れる人がいないのではなく自分が頼らないのかもしれません。

問題が起きて困っている時、相談できずに迷っているとさらに事態が悪化する可能性があります。

人に頼れる人と頼れない人では同じミスの対応でも、全く違う結果を招くことになります。

 

ワンポイント
ミスを防ぐには行動様式の見直しから。

仕事でミスをしないために気をつけること

パソコンを持って笑っている女性

どんなに注意深い人でも全くミスをしないことはないでしょう。

だからといって何もできないわけではありません。

ミスを極力防ぐため、またミスを大きくしないためのポイントをいくつかご紹介します。

必ずメモを取って仕事をする

メモを取る

仕事をしていると様々な突発事項が発生します。

後で確認しようと思っていてもうっかり忘れてしまうことがあります。

頭に思い浮かんでもすぐに処理しない事については、覚えていようとは考えずメモを取ることを習慣づけましょう。

書くことでより確認事項を明確にできますし記憶にも刻まれます。

もちろん書くことで満足しては意味がありません。

メモは後で必ず読み返しましょう。

困った時は人に頼る

胸に手を当てる2人の女性

自分で判断に迷ったり、対応の方法がわからない場合は、誰かに頼りましょう。

問題発生時は先輩や直属の上司に相談が鉄則ですが、すぐに相談できない場合は他部署の責任者でも構いません。

親しい同僚に相談したいと考えるかもしれませんが、問題発生時は自分より経験豊富な上長に頼る方が無難です。

対応が決まり自分ひとりではカバーできない場合は同僚にもサポートを依頼しましょう。

自分ひとりで抱え込むことで事態が悪化することもあり得ます。

普段から周囲の人とコミュニケーションをとることで、適切な相談相手を見極めることができるでしょう。

チェックリストを作る

何か作業を行う際は手順書と合わせてチェックリストを作りましょう。

作業内容を最初から最後まで確認することは容易ではなく時間もかかります。

チェックリストを作成することで確認事項と要注意部分が一目瞭然です。

過去に経験したミスはリストに追加することで注意喚起および再発防止になります。

 

ワンポイント
小さな習慣が大きな効果を生む。

仕事でミスをして辞めた人のキャリアは?

悩む女性

仕事上のミスで会社を退職した場合、辞め方によってキャリアに影響する場合があります。

問題が解決しないまま逃げるように退職することはおすすめしません。

ミスが原因で会社を辞める場合は、自己の責任範疇についてはしっかり対応しておきましょう。

ただし職場環境に原因がありミスが誘発された場合、自分で事態を収拾することは難しくなります。

その場合は無理に対応しようとせずに上司に委ねます。

重要なのことはミスをトラウマにしないことです。

問題が発生してもうまく対処できれば成功体験です。

出来る限りの役割を果たすことで、一つの経験として今後のキャリアにも有益になるでしょう。

今の仕事を続けるのが辛いなら転職エージェントに相談しよう

相談

ミスの大きさにもよりますが、人間誰しも失敗はあります。

失敗から学び経験を積んでいくことで仕事にも慣れ成長していきます。

会社が揺らぐようなミスを連発しなければ会社側もある程度のミスは想定内です。

出世している企業のトップの中にもびっくりするような失敗談武勇伝を持っている方はたくさんいます。

一方で失敗をとても気にする人もいます。

ミスが多いと感じる場合は、仕事の向き不向きが関係しているのかもしれません。

仕事への興味が薄れるとミスも起こりやすくなります。

今の環境を変えたいと感じたら、転職エージェントに相談してみませんか?

転職エージェントは転職するときに登録するというイメージがあります。

実際には必ずしも転職エージェントに登録したら即転職活動という流れではありません。

転職エージェントにキャリア相談することで、自分がやりたいことや自分に合った仕事が見つかるかもしれません。

仕事を続けながらの転職活動はとても大変です。

仕事が辛いと感じる状況ではさらに厳しく感じるでしょう。

思うように希望する仕事を探せない可能性もあります。

転職エージェントは非公開求人も数多く取り扱っています。

自力では探せなかった求人に巡り合えるかもしれません。

まとめ

挑戦

ミスが起きることには必ず原因があります。

問題点を見極め対策を立てることが非常に重要です。

同時に自分の行動様式を見直しミスのサイクルを断ち切る習慣をつけましょう。

人は何かにチャレンジしたり、好きなことに夢中だと失敗しても諦めません。

そして同じミスはめったに起きません。

ミスを連発したり失敗を引きずるようなら環境を変えるのも選択肢の一つです。

今の仕事に対する適正の問題ではなく、他の事にチャレンジしたい気持ちの表れなのかもしれません。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら