マンションの住人の暮らしをサポートするマンション管理人という仕事があります。

マンションに住んでいる人にとって身近な存在ですが「男性が多いのでは?」と思う女性は多いのではないでしょうか。

しかし女性がマンション管理人になることにはメリットもあります。

今回はそんなマンション管理人に女性が転職するメリットややりがいを詳しく解説します。

Contents

マンション管理人に女性が転職するメリットを解説

ノートを持つ女性

マンションに住んでいる人にとってマンション管理人は身近な存在です。

毎日顔を合わせるという人も多いのではないでしょうか。

そんなマンション管理人は何となく男性が多いという印象を持つ女性も多いでしょう。

しかし女性だからこそマンション管理人としてできる仕事もたくさんあります。

また女性がこの仕事に就くことによるメリットもあるのです。

今回は女性がマンション管理人に転職するメリットを解説していきます。

メリット・デメリットも解説するのでぜひ転職の参考にしてください。

マンション管理人の主な仕事内容

笑顔の女性

マンション管理人は主に管理会社に所属し1棟のマンションを担当することが多いです。

それではマンション管理人はどのような仕事をしているのでしょうか。

ここではマンション管理人の仕事内容をご紹介します。

マンション内の清掃や備品管理

マンション管理人は担当するマンション内の清掃や備品管理を行います。

清掃といっても業務はたくさんあるので見ていきましょう。

  • マンションのエントランス
  • エレベーター
  • 共有スペース
  • ゴミ出し場
  • 花壇や広場

清掃業務だけでのこれだけのことを行っています。

綺麗なマンションだと住民は気持ちよく過ごすことができるでしょう。

そのため女性目線での清掃や心遣いが役立つことが多いです。

また蛍光灯をはじめその他の備品管理もマンション管理人の仕事となっています。

備品が不足すると住民に影響することがあるので備品管理も大切な仕事といえるでしょう。

住民の対応

指さしをする女性

住民への対応もマンション管理人の仕事の1つです。

マンションには多くの世帯が居住しているでしょう。

その住民が安心して暮らすことができるようにサポートするのがマンション管理人の役割です。

それでは住民の対応とはどのようなことをしているのでしょうか。

  • 住民の相談・要望を聞く
  • 住民間のトラブルの仲裁
  • 来客対応
  • 共有駐車場の管理

住民は住んでいる中で「こうしてほしい」「あれはどうすればいい?」など相談事が出てくることがあります。

また住民同士でトラブルが生じることもあるでしょう。

そんな時に住民の話を伺い解決策を考えていくのがマンション管理人なのです。

来客用の共有駐車場がある場合は予約制になることがあります。

そういったこともマンション管理人が管理することになるでしょう。

その他事務作業

マンション管理人は多くはないものの事務作業をすることがあります。

例えば管理会社からのお知らせの配布やマンションの点検結果の報告といったことです。

難しい事務作業ではなく基本的なPC作業ができれば大丈夫でしょう。

また日誌に日常業務を記録する管理会社もあります。

その管理会社によって事務作業が異なることも多いので求人の仕事内容をチェックしましょう。

 

ワンポイント
マンション管理人は住民の生活サポートのため清掃・備品管理・住民対応・事務作業を行っている。

マンション管理人になる女性が増えてきている理由

サインを出す女性

マンションの管理人というと男性のような印象を持つ人も多いのではないでしょうか。

しかし実際のところマンション管理人になる女性が増えてきています。

ここではマンション管理人になる女性が増えてきている理由をご紹介します。

マンション管理人の仕事内容の清掃や住民対応は女性目線の気遣いや優しさが活かされるでしょう。

住民が相談しやすい・話しかけやすいマンション管理人は安心感を与えることができます。

細やかな清掃や花壇の管理などは女性ならではの目線が必要です。

そのため女性のマンション管理人の需要が高まっているといえるでしょう。

女性のマンション管理人が増えている背景には需要の高まりが影響しているのです。

マンション管理人のやりがい

ガッツポーズをする女性

マンション管理人の仕事はどのようなやりがいがあるのでしょうか。

ここではマンション管理人のやりがいについてご紹介します。

やりがいを知れば女性のマンション管理人が増えてきている理由も分かるでしょう。

マンションを管理している実感が湧く

マンション管理人は基本的に1人でマンション1棟を担当します。

そのマンションの中に数十から多くて数百の家庭が暮らしているのです。

多くの家庭が暮らすマンションを1人で管理するのは大変なこともあるでしょう。

しかしその分自分がこのマンションを管理しているんだという責任感を持つことができます。

そして1つ1つ仕事をこなす中でマンションを管理しているというやりがいを感じられるでしょう。

住民の生活をサポートできる

マンションの住民と管理人

マンション管理人のやりがいには住民の生活をサポートできることがあります。

住民は安心して暮らすことができる環境を求めているでしょう。

そんな住民が暮らす環境を整えて生活をサポートするのがマンション管理人の役割です。

住民の困りごとを解決した時にはきっと達成感を味わうことができるでしょう。

「ありがとう」「助かったよ」という住民の声がマンション管理人にとっての誉め言葉です。

住民との信頼関係を築くことができる

住民との信頼関係を築くことができるのもマンション管理人のやりがいの1つといえるでしょう。

住民の生活をサポートする人として信頼関係は必要不可欠です。

マンション管理人は清掃・点検作業だけでなく住民と接する機会がたくさんあります。

そんな時に「管理人さんに頼んでよかった」「あの管理人さんなら安心」と思われるとやりがいを感じるのではないでしょうか。

 

ワンポイント
住民の生活をサポートするマンション管理人は女性にとってやりがいがある仕事。

マンション管理人に向いている女性の特徴

スーツの女性

やりがいのあるマンション管理人の仕事に興味があるという女性は多いのではないでしょうか。

そんなマンション管理人にはどのような女性が向いているのかご紹介します。

綺麗好きな人

マンション管理人は清掃業務が多いため綺麗好きな人が向いています。

エントランスや共有スペースなどが汚れていると住民はどう思うでしょうか。

マンションが綺麗なら気持ちよく暮らすことができるはずです。

また目に見える場所だけでなく細かな部分まで清掃が行き届いていると住民は嬉しいでしょう。

そのため綺麗好きな女性はマンション管理人に向いているのです。

人の役に立つのが好きな人

女性、ガッツポーズ

人の役に立つのが好きな女性もマンション管理人に向いているでしょう。

マンション管理人というと「管理」という言葉からリーダー的な印象を持つ人もいるのではないでしょうか。

しかし実際は住民の暮らしを支えるサポート役を担っています。

つまり裏方に回り人の役に立つ仕事をしているということです。

そのため誰かの役に立ちたいと思える女性はマンション管理人に向いるでしょう。

コミュニケーション力がある人

マンション管理人は住民と接することが多いです。

また来客対応など接客をする機会もあるでしょう。

そのためマンション管理人にはコミュニケーション力が必要です。

いつもムスッとして話しにくい管理人だと住民も困り事・頼み事を相談しにくいのではないでしょうか。

気さくに話かけたり挨拶ができるような雰囲気があるといいですね。

マンション管理人をやるメリット

笑顔の女性

マンション管理人の仕事はどのようなメリットがあるのでしょうか。

ここでは女性がマンション管理人になるメリットをご紹介します。

労働量が比較的少ない

労働量が比較的少ないことはマンション管理人をやるメリットといえます。

マンション管理人が日常的に行う仕事は力仕事が多いわけではありません。

また期限が迫って時間との闘いというような仕事もあまりないでしょう。

そのため自分でスケジュールを決めて仕事を進めていくことができます。

労働量が比較的少なく自分のペースで仕事をできることは嬉しいポイントですね。

残業が少なく私生活と両立しやすい

マンション管理人は定時に終業できることが多いです。

残業が少ないため終業後のスケジュールを立てやすいでしょう。

私生活との両立が可能なのは女性にとってメリットといえます。

しかし管理会社によっては夜間や早朝の対応があることを知っておいてください。

緊急時に時間外での対応があるかどうかは転職前に確認しておきましょう。

 

ワンポイント
女性がマンション管理人をやるメリットには労働量や残業の少なさがある。

マンション管理人をやるデメリット

悩む女性

マンション管理人はメリットがある一方でデメリットもあります。

転職を考える時にはメリットだけでなくデメリットも知っておくといいでしょう。

ここではマンション管理人をやるデメリットをご紹介します。

住民からの要望が多種多様

マンション管理人は住民からの困り事・頼み事を聞くことが多いです。

その住民からの要望は多種多様なので対応に悩むこともあるでしょう。

住民からの要望とはどのようなものがあるのか例をご紹介します。

  • 「上の階の物音がうるさいのでどうにかしてほしい」
  • 「ペット禁止なのに飼っている人がいるみたい」
  • 「誰かが車の前に駐車していて出られない」
  • 「ゴミ出し場をもっと広くしてくれないか」

このような要望があった時にどのような対応をするかで住民からの印象は変わるでしょう。

すぐに対応できるものもあればマンション管理人が1人で対処できないこともあります。

多種多様な要望がありストレスを感じるマンション管理人もいるのです。

住民間のトラブルやクレームに巻き込まれる場合がある

マンション管理人のデメリットにはトラブルやクレーム対応があります。

先ほどお伝えしたような要望の中には住民間のトラブルに発展することもあるでしょう。

特にマンションのルールやマナーに関することはトラブルやクレームに発展しやすいです。

その仲裁に入るのもマンション管理人の仕事といえます。

しかし間に入ったマンション管理人が辛く当たられることもあるでしょう。

 

ワンポイント
マンション管理人には住民の要望を聞くことやトラブル・クレームの対応に大変さを感じることがある。

マンション管理人は夫婦での求人も増えている

スーツ姿の男女

マンション管理人は夫婦での求人も増えています。

夫婦での求人とはどのようなものなのでしょうか。

まず一般的なマンション管理人で多いのが「マンションに通う」というスタイルです。

他に自宅があり勤務先のマンションに通います。

そして夫婦での求人は「マンション住み込み」だということを押さえておきましょう。

管理するマンションに管理人用の部屋がありそこに住みながら仕事をするのです。

そのため1人ではなく夫婦でマンション管理人をすることができます。

通勤の必要がないのはメリットですが住み込みの場合は時間外の仕事が多くなる可能性を知っておきましょう。

同じマンション内に住んでいるので夜間や早朝でも住民対応をしなければならないことがあるからです。

マンション管理人への転職に困ったら転職エージェントに相談しよう

メモをする女性

マンション管理人は住民の暮らしをサポートするやりがいのある仕事です。

そんなマンション管理人のメリットを見ていくと転職したいと思う女性もいるのではないでしょうか。

しかしマンション管理人は女性でもなれるのか、どのような求人があるのか不安な女性もいるでしょう。

そのような転職の悩みがあれば転職エージェントに相談することをおすすめします。

悩みがちな転職活動ですが転職エージェントに相談しながら成功させましょう。

まとめ

ポイント

今回はマンション管理人に女性が転職するメリットや仕事内容をご紹介しました。

マンション管理人というとこれまで男性という印象を持つ人が多かったのではないでしょうか。

しかし女性目線の心遣いやコミュニケーションが活かされる場面も多いです。

女性のマンション管理人の需要が高まっており活躍が期待されるでしょう。

そんなマンション管理人に転職するメリットは労働量や残業が少ないことです。

また住民のサポートをする仕事にやりがいを感じられることもマンション管理人のメリットですね。

マンション管理人への転職を目指すのなら転職エージェントに相談しましょう。

転職エージェントに相談しながらあなたに合ったマンション管理人の求人を探してください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら