ネイルを楽しむ女性も多く、ネイリストを目指す女性も増えてきています。

街を歩くとネイルサロンを見かける機会が増えました。

実際にネイルサロンの数も数も年々増加していて、ネイリストの活躍の場は増えてきています。

好きなことを仕事にすることは難しいかもしれませんが、やりがいのある仕事になるでしょう。

ネイリストを目指す場合にはどのような事が必要になるのでしょうか?

ネイリストを目指すための志望動機の書き方を解説

ネイル

自分自身の身体の中で一番目に留まる部分が手です。

お化粧も大事ですが、自分で見ることができる時間は限られます。

家事をする、仕事をする、歩いている、何をしていても手が視界に入ってきます。

手、そして爪がキレイだとそれだけでテンションがあがったりしませんか?

キレイな手を見て嬉しいと思わない人はいないはず!

手がキレイな人はそれだけで全身がキレイな人に見えてきます。

キレイのお手伝いができる仕事を目指したいと思い、ネイリストを目指す人は最近増えているそうです。

ネイリストになるにはどうしたら良いのか?ネイリストになるための志望動機の書き方などについてご説明していきます。

ネイリストの志望動機を書く前の準備

履歴書

実際にネイリストになるためにはネイルサロン等への就職が不可欠です。

面接時には履歴書内に志望動機を書くことが必要になりますが、志望動機を書く前に準備をすることが必要です。

ネイリストに関する知識も必要ですが、他には何が必要でしょうか?志望動機について書く前の準備を確認しましょう。

自己分析をする

オシャレ

ネイルを楽しむ女性も多く、ネイリストを目指す女性も増えてきています。

街を歩くとネイルサロンの数も年々増加しているので、ネイリストの活躍の場は多くなってきています。

好きなことを仕事にすることは難しいかもしれませんが、やりがいのある仕事になるでしょう。

ネイリストを目指す場合にはどのような事が必要になるのでしょうか?

ネイリストだけではありませんが、自己分析をすることがとても大事になります。

ネイルが好きだからネイリストを目指す、これはネイリストになるためにはとても重要なことではあります。

しかし、好きだけでは仕事ができません。

どうしてネイリストを目指すようになったのかの理由も大切になります。

ネイルを通して心が動かされた出来事、影響を受けたネイリストの存在、自分ならではのエピソードがあると相手への印象が変わります。

好きを仕事にすることはとても簡単ではありません。

情熱と共に志望動機について考えていくことが必要です。

サロン研究をする

女性

好きだけではできないネイリストであるので、ネイルについて研究していることが伝わると印象もだいぶ変わってきます。

深い研究をするのではなく、業界情報や志望するネイルサロンの情報、実際に通ってみて感じたことなど知ることが必要です。

そして、数多くのサロンから、なぜこのサロンに就職したいかという熱意を志望動機に入れることがポイントとなります。

ネイリストの志望動機に書いた方がいいこと

書く 手元

志望動機を書く際に書くべき内容がいくつかあります。

書くことによって印象も変わってきますので、書くことをおすすめします。

ネイルが好きな気持ち

ネイルが好きでネイリストを目指し就職を志望するので、ネイルに対する情熱を書くことは簡単かもしれません。

好きだけの気持ちでも大切な部分ではありますが、好きな気持ちを仕事に活かしたいという理由も大切になります。

ネイルを通して経験したこと、自分がこれからネイルを通してどのようなことをしたいかなどを伝えることも大事です。

ネイルに関する過去の経験

ネイル好きになった理由にも繋がることですが、ネイルを通して経験したことを書くことも良いと思います。

ネイルをしたことで気持ちが変わったこと、大切な人にネイルをしたこと、いろいろな思い出があるでしょう。

その中でも一番自分がネイリストを目指す理由に繋がる出来事を書くようにしてください。

気持もこもった相手に伝わる内容になるはずです。

コミュニケーションが得意なこと

ネイリストはただネイルを施すだけの仕事ではありません。

ネイルを通じていろいろな人と接する仕事ですので、コミュニケーション能力は高いほうが良いです。

ネイルサロンに行くと分かりますが、ネイリストはにこやかで話し上手で聞き上手な人が多いです。

癒しを求めたり、愚痴を聞いてもらうためにネイルサロンに通う人もいるほどなので、コミュニケーションを必須でしょう。

コミュニケーションが得意であること、人と話したり接することが好きな事をアピールしていくようにしましょう。

 

ワンポイント
得意な事、ネイルを好きな事、プラスになる内容は志望動機にどんどん書いていきましょう。

ネイリストの志望動機を書く時のポイント

ポイント

志望動機にはご紹介した以外の書くポイントがあります。

書くことによって志望動機が分かりやすくなります。

サロンを選んだ理由を書く

ネイルサロンの数は年々増えています。

どのネイルサロンでも良いのでは、採用する側にネイリストとして働きたいという気持ちが伝わりません。

どうしてこのネイルサロンを選んだのか、明確な理由を伝えるようにしましょう。

実際にネイルサロンへ通ってみて自分が感じた良さなどを伝えることも良いアピールになります。

ネイリストに適性があることをアピールする

ネイリストになりたい、ネイリストを目指す理由には十分ですが、採用側としてはネイリストとしての技術があるかが分かりません。

自分にネイリストとしての適性があることをアピールする必要があります。

ネイルの専門学校に通っている、自学でネイルの勉強をしている、技術があっての志望であることを伝えましょう。

ネイリストの面接対策

面接 

実際に面接を受ける際に必要な事はどのような事でしょうか?

気をつけるべき点についてご紹介します。

  • 清潔感がある髪型・メイク
  • ネイルサロンの雰囲気などに合わせた華美にならない服装
  • サロンにあったネイル
  • 手荒れなどのない手元にする

通常の面接の際も清潔であることは面接を受ける際の最低限のマナーです。

ネイリストはオシャレですが、面接のときには清潔感を大事にした髪型やナチュラルなメイクをしましょう。

清潔感の中に流行を取り入れる上級者の着こなしであれば印象も変わります。

通常のスーツでも問題ありませんが、スーツで面接に行かない場合は、ネイルサロンにあったような服装でも構いません。

きっちりとした格好の中に流行を取り入れるなどすると印象が良くなります。

ネイリストですので、手入れの行き届いている爪やサロンの雰囲気に合ったネイルにしましょう。

自分の手が荒れている状態やささくれなどがあるようなネイリストではネイルをお願いしたいとは思えません。

自分の手元もに対しても手入れをしてこそプロですので、ハンドケアはしっかりとして、面接に向かうようにしましょう。

志望動機の例文

履歴書、パソコン、デスク

志望動機に書くべき内容についてご紹介してきました。

実際にどのように書くべきか例文をご紹介します

内容を参考にして自分らしい志望動機を書くようにしましょう。

ネイリスト経験者の場合

前職では3年間、ネイリストとして働いていました。

社内研修で基礎スキルを身につけ、実際の業務を行っております。

丁寧でお客様の満足するネイルをすることを常に気をつけ、お客様からもお褒めの言葉をいただくようになりました。

自分自身のスキルアップと、お客様とより丁寧に向き合える環境を求めて御社のネイリストスタッフ募集に応募しました。

これまでの実績を活かしながら、さらに技術を磨き、お客様からも御社スタッフにも愛される存在になれるように努力いたします。

未経験(自学にて技術がある)の場合

笑う女性以前より美容業界に興味があり、特にネイルに関しては自主的に研究や技術の取得のための勉強などを独学ですが行っています。

最初は趣味としてのスタートではありますが、ネイルのをした人が喜ぶ様子やネイルの奥深さなどに触れて魅力を感じています。

自分自身もネイルをすることで幸せになれるので、同じような経験をたくさんの人にしてほしい、強く思うようになりました。

「ネイリストを仕事を通して人々に同じような気持ちになってほしい」と思い、今回応募させていただきました。

未経験の場合

指先が変わり、手先がキレイになることで気持ちがウキウキしてしまう。

ネイルは爪に施すものですので、とても小さな場所の変化ではありますが、こんなにも気持ちが変わるのかと驚きました。

メイクは自分で見ることができませんが、ネイルはどんなときにも見ることができます。

お客様が「またこの人にお願いしたい」と思ってもらえるような接客をしたいと思い応募いたしました。

 

ワンポイント
ネイルの魅力、自分がネイリストとして行いたいことを伝えることが大切です。

志望動機のNG例文と改善点

NG

志望動機のNG例文についてもご紹介します。

改善点もお伝えしますので、参考にして、自分が書いた時にこのような文章にならないように気をつけましょう。

「将来性」

私はネイルなどのオシャレに関することに興味があり、ネイルサロンなので働きたいと思っております。

御社の求人を今回見て、将来性に魅力を感じて応募をしました。

改善点

将来性はどの企業、どの会社においても使える万能な言葉です。

万能がゆえに、この会社でなくても良かったのかもしれないと思われてしまいます。

自分の将来性について書くことは問題ありませんが、会社の将来性については書かない方が良いです。

「自分を成長させてほしい」

昔からオシャレに興味があり、最近はネイルなどの手先の美しさに興味を持つようになりました。

実務経験はありませんが、自分でネイルをすることが大好きなので御社に入社して、自分を成長させていただきたいと思います。

改善点

成長させてもらいたい、他人任せは印象が良くありません

教えてもらいながら成長していきたいことを伝えるのであれば、自分自身に成長する意欲があることをアピールしましょう。

技術を身につけて成長する必要がある場合には「勉強しながらスキルを身につけて、業務に活かすようにしたいです」などにしましょう。

 

ワンポイント
言葉の使い方次第で印象は大きく変わるので、気をつけて志望動機を書きましょう。

志望動機をうまく書けない時はどうすればいい?

悩む女性

ネイリストに対する情熱はあるのですが、志望動機にうまく書けないこともあるかと思います。

就職活動での志望動機になれば難しさのレベルも上がったような気がします。

その場合は一旦書くことを止めて、どうして書けないかを考えてみましょう。

書けない理由はいろいろありますが、大きく3つの理由があります。

  • 自己分析不足
  • 業界・企業研究不足
  • 志望度が低い

志望動機が書けない理由としては自己分析の不足がほとんどです。

志望動機は自分をアピールする必要があります。

自分がどのような人間であるか、どうしてこの職業を志望したのか、再確認してみましょう。

そして業界・企業への研究不足志望度の低さも志望動機を書けなくする理由になります。

興味が薄い業界や企業であれば、研究したりすることはしないでしょう。

給与面であったり、急成長している企業などの理由だけでは魅力を感じられず、志望動機にに繋がる文面を書くことは難しいです。

自分が就職する会社や業界なのですから、深堀して企業に魅力を感じる部分を見つけましょう。

興味がないと感じていても深堀していくことで、魅力を感じて働きたいという気持ちが高まっていくはずです。

 

ワンポイント
自分・業界・企業などを分析し、魅力などを発見することで志望動機を書き進められます。

ネイリストに転職するなら転職エージェントに相談しよう

エージェント

ネイリストの志望動機を書くことは難しいかもしれません。

その場合は転職エージェントを利用してみることをおすすめします。

履歴書や職務経歴書、もちろん志望動機についても、経験豊富な担当者がご相談に乗ります

難しいと思われた志望動機も一緒になって考えることで、相手に伝わる志望動機を書くことができます

書けないと悩んでいる場合はぜひ相談してみましょう。

まとめ

エージェント

ネイリストを目指すための志望動機の書き方を解説いたしましたが、参考になりましたでしょうか?

女性がネイリストを目指す場合の志望動機のポイントや、面接時の対策についてもご紹介しました。

志望動機の例文なども紹介していますので、実際に志望動機を書く時の参考にしてください。

ネイリストには技術も必要ですが、その人となりが分からなければ採用することもできません。

あなたという人がきちんと伝わる志望動機であり、履歴書や経歴書を書くことが必要になります。

何を書いてよいか分からない、そんな時には転職エージェントを利用してください

あなたの魅力を伝える志望動機を書くお手伝いをしてくれます。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら