企業や施設の入り口で笑顔で接客をする受付嬢に憧れる女性は多いのではないでしょうか。

転職を考える時に受付嬢の給料事情はどのようになっているか気になる女性は多いでしょう。

今回は受付嬢の給料や年収アップの方法を詳しくご紹介します。

受付嬢に転職することのメリット・デメリットも必見です。

受付嬢の給料を転職エージェントが解説

案内をする白いスーツを着た女性

受付嬢の働き方はパート・派遣社員・正社員と多様な選択肢があります。

企業によっては正社員ではなくパートの求人を出すこともあるでしょう。

ここでは雇用形態別に受付嬢の給料をご紹介します。

パートの平均時給

受付嬢の平均時給は950~1000円程度です。

パート・アルバイトの時給は地域によって幅があるので首都圏で高い傾向にあります。

また受付嬢のパートは勤務先によっても時給が異なるので注意しましょう。

交通費支給や制服貸与など他の条件も含めて時給を見てみることをおすすめします。

派遣社員の平均時給

企業は直接雇用ではなく派遣社員を受付嬢として置いていることもあります。

一般的にパートよりも派遣社員の方が時給が高い印象を持つ女性も多いのではないでしょうか。

そんな派遣社員の平均時給は1200円程度となっています。

パートよりも数百円程高いのがわかりますね。

しかし派遣社員の給料や待遇は派遣会社によって異なるのが特徴です。

そのため正社員だけでなく直接雇用のパートとも待遇が違う可能性があることを押さえておきましょう。

交通費が支給されないということもあるので総合的にはパートの給料と変わらない場合があります。

正社員の平均時給

企業にいる受付嬢の中にはもちろん正社員もいます。

正社員として雇用されれば安定した収入が得られそうですね。

受付嬢の正社員の平均年収は約320万円となっています。

月給・時給に換算するとどうなるのでしょうか。

  • 月給:約27万円
  • 時給:1600~1700円(実働8時間として計算)

時給で比較するとやはりパートや派遣社員よりも高くなります。

受付嬢として安定した収入を目指すなら正社員を目指したい女性が多いでしょう。

年収や月給は賞与や手当によって大きく変動するものです。

しかし受付嬢は定時で終業できることが多いため残業代はほとんどないと思っておきましょう。

受付嬢の給料は他の職種に比べて安い?

悩む女性

受付嬢の給料を見ると「他の職種よりも安い?」と思う女性もいるのではないでしょうか。

ここでは受付嬢と他の職種の給料を比較してご紹介します。

まずは受付嬢と比較されやすい事務職の年収を見ていきましょう。

  • 一般事務:約330万円
  • 総務事務:約330万円
  • 営業事務:約320万円
  • 秘書:約340万円
  • 医療事務:約290万円

年収をチェックしてみると受付嬢の方がやや低いか同じくらいなのが分かります。

しかし日本の平均年収は約420万円とされているのでそれと比べると安いと思う女性もいるでしょう。

医療事務も受付嬢の一種ですがこの職種だけ年収が低いのが特徴です。

 
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

受付嬢が年収をアップさせる方法

オフィスにいる女性

受付嬢が年収をアップさせるにはどうすればいいのでしょうか。

他の職種より給料が安い傾向にある受付嬢ですがもちろん年収アップを目指すこともできます。

スキルを身に付ける

受付嬢が年収アップを目指す方法にはスキルを身に付けるのがおすすめです。

スキルを身に付けることで受付嬢として仕事の幅が広がるからです。

また来客対応や社員への対応で評判が良ければ仕事の評価も上がるでしょう。

企業の受付嬢は外国人への対応をすることがあります。

そのため英会話スキルがあれば来客対応で活躍することができるでしょう。

資格を取得する

勉強する女性

資格を取得すると受付嬢が年収アップを目指せる可能性があります。

先ほどお伝えしたようにスキルを身に付けることは仕事の幅が広がり評価が上がるでしょう。

しかし受付嬢が身に付けたいスキルは目に見えないものなのでアピールが難しいです。

そんな時に資格を取得すれば一定のスキルを身に付けた証明になります。

受付嬢におすすめの資格はこちらを参考にしてください。

  • 秘書検定
  • サービス接遇検定
  • ビジネス実務マナー検定

受付嬢の仕事をする上で必ず取得しなければならない資格はありません。

それでも資格を取得することでスキルの証明と仕事への熱意のアピールになるでしょう。

また医療事務の場合は資格を取得することで手当てがつくなど年収アップにつながる可能性が高いです。

大手企業へ転職する

大手企業への転職は受付嬢の年収アップへの近道といえるでしょう。

受付嬢の給料はそれぞれの企業や施設によって異なります。

そのためこれまでよりも高い給料の企業へ転職すれば年収アップを目指すことができます。

年収アップを目指すなら大手企業への転職を視野に入れてみてはいかがでしょうか。

 

ワンポイント
スキルアップ・資格取得や大手企業への転職を目指して受付嬢の年収アップを目指そう。

受付嬢の給料が高い業界

笑顔の女性

ここまでは受付嬢の給料や年収アップの方法についてご紹介しました。

それでは受付嬢の中でも年収が高い業界はあるのでしょうか。

業界に関わらず大企業の受付嬢の年収は高い傾向にあります。

また外資系企業ではより高いスキルが求められるため年収も高くなるでしょう。

中小企業よりも大企業の方が福利厚生が手厚くなるのもポイントです。

パートや派遣社員として働いている女性なら正社員を目指すのもいいでしょう。

受付嬢に転職するメリット

案内をする女性

企業の受付で接客をする受付嬢は華やかで憧れる女性は多いでしょう。

そんな受付嬢に転職するメリットをご紹介します。

残業がない

残業がほとんどないことは受付嬢のメリットの1つです。

企業の受付の案内時間は多くの場合決められています。

また来客の多くは予定が組まれていることも多いでしょう。

そのため終業時間ギリギリになってイレギュラーな業務が発生することはほとんどありません。

残業がないため仕事の後の予定が立てやすくワイフワークバランスを保つことができます。

仕事内容は難しくない

受付嬢

受付嬢の仕事内容は基本的に難しいものではありません。

主な仕事内容をチェックしてみましょう。

  • 来客対応
  • 電話・メール対応
  • 会議室の予約やスケジュール管理
  • 備品管理
  • 事務作業

これらが受付嬢の主な仕事内容です。

ビジネスマナーは必要なものの専門的な知識やスキルがなくても大丈夫なのが分かるでしょう。

仕事内容があまり難しくないため未経験でも挑戦しやすい仕事です。

様々な人と関わることができる

様々な人と関わることができるのは受付嬢に転職するメリットといえるでしょう。

受付嬢は1日に大勢の来客と接する仕事です。

中には受付にいなければ接する機会のないような相手もいるでしょう。

大勢の人と接することで自分自身の経験値が上がります。

突発的なトラブルが生じても冷静に対応するスキルも身に付いてくるのです。

 

ワンポイント
受付嬢の仕事は残業が少なく仕事内容が難しくないので未経験でも転職しやすい。

受付嬢に転職するデメリット

嘆く女性

どのような仕事にもメリットがあればデメリットもあるものです。

いつも笑顔で来客対応をする受付嬢ですがその裏では大変なことも多いでしょう。

ここでは受付嬢に転職するデメリットをご紹介します。

業務量が多い

受付嬢のデメリットには業務量が多いことがあります。

先ほどメリットのところで仕事内容は難しくないとお伝えしました。

難しくはないものの業務量自体は多いということは押さえておきましょう。

事務職の少ない企業では他の事務職の仕事を兼任することがあります。

その場合は来客対応に加えて事務作業が増えるので業務量が多くなるでしょう。

一度に複数の仕事をこなす必要がある

受付嬢は一度に複数の仕事をこなす必要があります。

業務量が多い時には来客対応を行いながら他の業務を行うことになるでしょう。

来客対応の合間に資料作成や入力作業といった業務を行うのは大変なことです。

それと並行して電話対応やメール対応をしなければならないこともあるでしょう。

華やかで輝いているように見える受付嬢ですがその裏では多くの仕事をこなしているのです。

人間関係が辛い時がある

悩む女性

受付嬢は受付事務とも呼ばれる事務職の1つです。

しかし他の一般事務や総務事務との圧倒的な違いは「女性社会」だということでしょう。

また部署の中に大勢の従業員がいるわけではありません。

企業の受付を見ると2~3人位の受付嬢が並んでいるのを見たことがあるでしょう。

少人数の女性で長時間仕事をするので人間関係が辛いと大変な思いをする可能性があります。

受付嬢は人間関係に左右されやすい職種という面がデメリットといえるでしょう。

 

ワンポイント
受付嬢は複数の仕事を並行して行うことや人間関係に左右されやすいことを押さえておこう。

 
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

受付嬢は会社の顔

オフィスの受付

企業や施設に入ると受付のところで案内するのが受付嬢の仕事です。

そのため受付嬢は会社の顔といっても過言ではありません。

受付嬢の仕事内容は難しくなくても会社の顔ということを意識して仕事をする必要があります。

仕事をする上でビジネスマナーや接遇はしっかりと身に付けておきましょう。

また常に誰かが見ているということを意識して笑顔でいることも大切です。

会社の顔であるという自覚が受付嬢にとってのやりがいとなるでしょう。

受付嬢に求められるスキル

ビジネスマナー

受付嬢の仕事内容は難しくないものの身に付けておきたいスキルがあります。

そんな受付嬢に求められるスキルを見ていきましょう。

コミュニケーションスキル

受付嬢は人と接する仕事なのでコミュニケーションスキルは必要不可欠です。

相手がどのようなことを伝えようとしているのかを察する力も求められるでしょう。

そして相手が分かりやすいように丁寧な説明を心がける必要があります。

受付嬢として必要なコミュニケーションスキルとしてビジネスマナーを身に付けておくことをおすすめします。

事務処理能力

PC作業をする女性

受付嬢は受付の仕事の合間に事務作業を行うことがあります。

そのため事務処理能力があれば受付嬢としての仕事の幅が広がるでしょう。

事務処理能力といっても難しく考える必要はありません。

基本的なWord・Excelの操作ができれば大丈夫です。

受付事務としてスキルアップを目指すのならさらにPCスキルを身に付けるといいでしょう。

仕事の幅が広がればそれだけ年収アップにつながる可能性が出てきます。

 

ワンポイント
受付嬢として活躍するためにはコミュニケーションスキルと事務処理能力を身に付けておこう。

受付嬢への転職相談は転職エージェントを活用しよう

メモをとる女性

受付嬢は仕事内容が難しくなく残業が少ないためライフワークバランスを保ちやすいです。

会社の顔として笑顔で接客する姿は女性から見ても魅力的ではないでしょうか。

しかし受付嬢の年収は日本人の平均と比較すると低い傾向にあります。

また他の事務職と比較しても同じかやや低いのが特徴です。

その理由は受付嬢の仕事は残業がほとんどないことも影響するでしょう。

受付嬢として年収アップを目指す時に大手企業への転職を検討するという方法があります。

またパートや派遣社員として働いている女性は転職して正社員になることで年収アップを目指すことができるでしょう。

そんな受付嬢の転職は求人で仕事内容や給料面をしっかりとチェックしておくことをおすすめします。

受付嬢の仕事は企業や施設によって異なることも多いからです。

転職活動では不安や悩みを抱える女性も多いのではないでしょうか。

受付嬢の転職で悩んだら1人で悩まず転職エージェントに相談してください。

悩みがちな転職活動も転職エージェントに相談すれば解決の糸口が見えてくるはずです。
 
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

まとめ

ガッツポーズをする女性

今回は受付嬢の給料や年収アップの方法について解説しました。

受付嬢の雇用形態はパート・派遣社員・正社員と様々です。

派遣社員を受付嬢として置いている企業も多いですが年収や福利厚生を考えると正社員を目指したい女性は多いのではないでしょうか。

受付嬢が年収アップを目指すのならスキルアップや資格の取得を目指しましょう。

そして年収が高い傾向にある大手企業への転職を目指すことも検討してみてください。

受付嬢は仕事内容が難しくないため未経験でも転職しやすいのがメリットです。

もし受付嬢の転職で不安や悩みがあれば転職相談に登録することをおすすめします。

転職エージェントに相談しながら転職を成功させましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら