事務職や飲食業など、ノルマがない仕事はたくさんあります。

ノルマがない仕事は、ノルマをこなさなければならないという精神的な負担がありません。

仕事に対するストレスを少しでも減らしたいから、ノルマがない仕事を選ぶという人も多いでしょう。

数字にとらわれず自分のペースで仕事をしたい、という人にもノルマのない仕事はおすすめです。

この記事ではノルマがない仕事の見つけ方だけでなく、ノルマがあることのメリット・デメリットについてもご紹介しています。

ぜひ参考にして、自分に合った仕事を見つけてください。

Contents

ノルマがない仕事の見つけ方を解説

植木と女性ノルマがない仕事は、総務や経理、社内SEなどの裏方の仕事に絞って探すと見つかることが多いです。

仕事内容が売り上げに直結するかどうかを基準に探してみましょう。

教育やインフラ関係など、営業の必要がない仕事もノルマがない仕事である可能性が高いです。

専門的な資格やスキルを持っているのであれば、検討してみるといいでしょう。

また、営業職でも会社の方針でノルマが設けられていない場合もあります。

ノルマがないことで営業成績に縛られず、顧客とより良い関係を築けるということがメリットです。

求人情報を検索するときに、「ノルマなし」などの条件で絞り込んでみましょう。

ノルマはなぜ存在する?

はてな「ノルマ」という言葉に良いイメージを持つ人は少ないかもしれません。

そもそもノルマはなぜ存在するのでしょうか。それは、ノルマによって会社は社員の仕事を管理することができるからです。

例えば、営業の外回り中に寄り道をしても、実際に寄り道したと証明することは難しいでしょう。

会社が勤務時間内の社員の行動すべてに目を配ることは、実質的に不可能です。

しかし、ノルマを設定することによって仕事内容をある程度可視化できますし、業務の進捗状況もわかりやすくなります。

会社での評価の指標にするため

ガッツ!ノルマを設定するのは、会社での評価の指標にするためです。

会社によっては、実績に応じたインセンティブ制度があったり、定期的に給与査定を実施しているところもあります。

社員を評価するうえで、ノルマを達成しているかどうかはとてもわかりやすく、明確な判断基準です。

社員にとっても自分の働きが収入につながることになるので、仕事にも意欲的に取り組むことができます。

仕事の達成度合いを測るため

ノルマとはもともと個人がこなすべき仕事の量という意味で、会社が仕事の達成度合いを測るための有効な手段です。

個人や部署に対してのノルマは、会社の営業目標に応じて設定されていることがほとんどでしょう。

割り当てられたノルマをこなせているかどうかは、営業目標をあとどのくらいで達成できるかという指標にもなります。

 

ワンポイント
 ノルマは、会社が仕事の達成度合いを測るための有効な手段。

ノルマがない仕事の見分け方

ワンポイントノルマがない仕事の見分け方は、営業職・販売職であるかどうかをまずチェックすることがポイントです。

販売職の中でも、コンビニやスーパーであればノルマはありません。

アパレルショップの販売員であれば、ショップごとに売り上げの目標金額が設定されている場合もあります。

ノルマという形でなくても、販売促進に関しては個人の努力が求められるでしょう。

ファーストフード店やレストランなどの飲食店も、ホールスタッフや調理スタッフであればノルマとは関係ない仕事です。

しかし、いずれの職種も管理職を目指す場合は経営戦略を考えることも業務内容に含まれます。

営業目標としてのノルマが発生することになるでしょう。

仕事の成果を数字で評価するか否か

売り上げや顧客数など、仕事の成果を数字で評価する仕事はノルマが設定されている可能性が高いです。

代表的な職種は、金融関係や保険会社・住宅・不動産などの営業職など。

同じ営業職でもルート営業であれば既存の顧客との取引がメインになるので、ノルマがあることは少ないです。

インセンティブによる収入アップは見込めませんが、その分ノルマへのストレスは軽減されるでしょう。

裏方の仕事か否か

お客様と直接会うことが少ない裏方の仕事であるかどうかも、ノルマがない仕事の判断材料となります。

例えば、事務や清掃・倉庫管理・飲食店の調理担当などは、与えられた仕事をこなせれば大丈夫です。

業績を上げなければというプレッシャーを感じることは少ないでしょう。

ノルマがある仕事のメリット

ファイルとガッツノルマがある仕事のメリットはたくさんあります。

ノルマがあれば、たいていの人はノルマを達成するために努力するでしょう。

努力目標があるからこそ、社員のやる気を引き出すことができます。

やる気を持って仕事することにより、仕事のクオリティを高めることが可能です。

仕事のクオリティを高めることで、会社のさらなる業績につながることでしょう。

ノルマがあることでさまざまな相乗効果が生まれ、会社や社員が恩恵を受けることができるのです。

仕事の達成度合いが目に見えてわかる

ノルマは仕事量がはっきりと数字に表れますので、仕事の達成度合いが目に見えてわかります。

会社が社員の仕事を管理しやすいのも魅力です。

営業する件数が多い、または会社の規模が大きい場合は特にノルマを設定するメリットが大きいでしょう。

達成するとインセンティブが入る場合が多い

ボーナスノルマがある仕事は、ノルマを達成するとインセンティブ(報奨金)が入る場合が多いです。

自分の頑張り次第で給料アップが見込めるので、仕事に対するやりがいを感じられるでしょう。

実績に応じてインセンティブが入れば、社員にとって大きな励みになります。

ノルマを達成するために効率よく仕事をこなすようになるので、自分のスキルアップにもつながるでしょう。

モチベーションアップにつながる

ノルマがあることは、モチベーションアップにもつながります。

長期にわたる営業目標やプロジェクトでは、短期的な目標としてノルマが設定されることが多いです。

短期のノルマをこなしていくことにより、途中で気が緩むことなく仕事に取り組むことができます。

 

ワンポイント
 ノルマを達成すればインセンティブが入ることが多い。

ノルマがある仕事のデメリット

考える女性ノルマがある仕事のデメリットは、社員がストレスを抱えてしまう危険があることです。

あまりにきついノルマを課されてしまうと、肉体的な負担も大きくなります。

ノルマをこなさなければならないというプレッシャーがかかることで、仕事の効率が落ちてしまうこともあるでしょう。

ノルマがデメリットとならないためには、社員それぞれの能力に応じて適切なノルマを設定する必要があります。

未達成の場合モチベーションがさがる

ノルマが未達成の場合、社員のモチベーションがさがってしまうことがあります。

設定されているノルマが簡単にこなせるということは少ないでしょう。

決められた期間内に、努力して達成できる目標であることがほとんどです。

頑張ってもノルマを達成できないことが続くと、社員はどんどんやる気をなくしていってしまいます。

チームワークが崩れる場合がある

チームに課されたノルマが達成できないとなると、チームワークが崩れてしまう場合もあります。

ノルマが達成できないということはチーム全体の士気を下げます。

結果を出せない・思うように動いてくれない社員に対する風当たりはどうしても強くなるでしょう。

人間関係がうまくいかなくなり、全体のパフォーマンスが落ちてしまうことも考えられます。

日頃からチームワークを大切にし、チーム内のメンバーがお互いをフォローできる環境をつくっておくことが大切です。

ノルマがない仕事の特徴

にっこりノルマがない仕事の特徴は、営業活動がない職種といえます。

代表的な職種は下記の通りです。

  • 事務職
  • 公務員
  • 医療
  • 教育
  • インフラ関係
  • 警備
  • 旅館・ホテル
  • 飲食店
  • 製造業

ノルマがない仕事と聞いて真っ先に思い浮かぶのは事務職かもしれません。その他にもノルマがない仕事はたくさんあります。

ただし、医療教育はノルマがないからといって、ストレスがまったくない職種というわけではありません。

思いがけないトラブルも多いですし、人間関係にとても気を使う職場もあるでしょう。

医療などは夜間勤務になることもあるので、体力も必要となります。

公務員の中でも図書館の司書や美術館・博物館のスタッフであれば身体的な負担も少ないです。

専門の資格がなくても働けることがありますので、興味がある人は探してみましょう。

仕事の達成度合いが数字で測れないもの

女性労働者仕事の達成度合いが数字で測れない仕事は、基本的にノルマがありません。

主な職種は清掃や警備、工場や倉庫の在庫管理や検品作業など。就業時間内に決められた仕事をするだけなので、残業も少ないです。

旅館・ホテルなどのサービス業もノルマの心配がない仕事です。

人と接することが好きという人であればフロント業務など、接客がメインの仕事を選ぶといいでしょう。

裏方の仕事はノルマがない場合が多い

裏方の仕事、つまりノルマがある仕事のサポートを担当する仕事はノルマがない場合が多いです。

例えば、総務や経理などの事務職社内SEといった仕事において、売り上げや顧客などの具体的な数字が目標となることはありません。

ただし、会社の業務がスムーズ行われるよう、一定の仕事量はこなすことが前提となります。

経理などは決算時期になると仕事量がどうしても増えてしまいますので、応募前に条件を確認しておきましょう。

 

ワンポイント
ノルマがない仕事の特徴は、営業活動がないということ。

自分に合った仕事を探すポイント

相談中自分に合った仕事を探すポイントは、次の2つです。

  • 自分が好き、もしくは楽しいと思える仕事である
  • 自分の持っているスキルを活かせる

これまでの経験を振り返って、次の仕事に活かせる自分のスキルや長所を探してみましょう。

成功体験だけでなく、失敗したことも含めて自己分析することが大切です。

面接でノルマがあるか確認したい場合は?

面接面接でノルマがあるか確認したい場合は、質問内容に気をつけましょう。

ノルマがあるかどうかということだけを端的に聞いてしまうのはNGです。

ノルマがない仕事を探しているということは、仕事に対して努力する気がないと判断されてしまうこともあります。

面接担当者にマイナスイメージを持たれないためにも、ノルマが嫌ということは決して言わないようにしましょう。

ポジティブなニュアンスに言い換えて聞く

面接でノルマがあるかどうか確認するときは、ポジティブなニュアンスに言い換えて聞くことがポイントです。

例えば、「御社の将来的な営業目標はどのくらいでしょうか?」と会社の営業目標について質問してみましょう。

会社の営業目標から個人のノルマの検討がつくかもしれません。

もっと踏み込んだ内容を知りたいのであれば、売り上げに協力したい、会社の役に立ちたいという姿勢で訊ねるのがポイントです。

不安な場合は内定後に確認する

本当にノルマがないかどうか不安な場合は、内定後にもう一度確認しましょう。

内定後は、書面にてさまざまな事項を確認することが可能です。

疑問に思うことに関しても、ある程度包み隠さず質問できるというメリットもあります。

実際に働き始める前に、労働条件については細かくチェックしておきましょう。

 

ワンポイント
 ノルマを確認したいときは、ポジティブな言い方に変えて質問するようにしよう。

ノルマがない仕事への転職なら転職エージェントを活用しよう

頼れる先輩ノルマがない仕事に転職したいのであれば、転職エージェントを活用することをおすすめします。

ノルマや仕事内容など、企業に直接聞きづらいことも転職エージェントに相談することが可能です。

キャリアアドバイザーが希望条件を細かくヒアリングしてくれるので、採用後のミスマッチの心配も少なくなります。

本当にノルマがないかどうか不安になったときも、企業との間に立って労働条件の確認をしてくれるので安心です。

まずは転職エージェントに登録してみましょう。

まとめ

笑顔ノルマがない仕事は、事務職をはじめとして、社内SEや清掃・警備・インフラ関係などたくさんあります。

ノルマを達成することで得られるインセンティブなどはとても魅力的です。

しかし、数字に縛られずのびのびと仕事をしたいという人はノルマがない仕事を見つけましょう。

ノルマがない仕事を探すのであれば、転職エージェントを活用するのがおすすめです。

転職エージェントには、非公開の求人情報もたくさんあります。

模擬面接など転職活動のサポートも充実していますので、積極的に活用しましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら