成人式や結婚式などで、着物を着たことがある人も多いのではないでしょうか?

そのときにお世話になるのが着付け師です。

お世話になる機会は少ないですが、着付け師に憧れを持っている女性も多いことでしょう。

今回は、着付け師の仕事内容・働き方・向いている人の特徴などを解説していきます。

着付け師の仕事内容を解説

着付け

着物を着る機会は多くないので、着付けをしてもらうだけで気分が上がるという人も多いと思います。

非日常の楽しみを与えるためのお手伝いをするのが、着付け師です。

着付け師は女性が多い業界でもあるので、目指している女性も多いでしょう。

しかし、着付け師を目指していても未経験だと就職先がないのではないかと不安に思っている人もいるはずです。

そこで、着付け師の仕事について解説していきます。着付け師を目指している人は、これからの転職活動の参考にしてください。

着付け師の業務内容

着付け師

着付け師の仕事は、着物を着せるだけだと思っている人もいるのではないでしょうか?

実は、着付け師の仕事はそれだけではありません。それでは、着付け師がどのような業務内容なのか見ていきましょう。

お客様に着物や衣装を正しく着付ける

着付け師の最も重要な仕事は、お客様に着物や衣装を正しく着付けることです。

着物は、このような手順に沿って着付けを行わなければなりません。

  1. 足袋を履く
  2. 肌着を着ける
  3. 補正をする
  4. 長襦袢を着る
  5. 着物を着る
  6. 伊達締めを締める
  7. 帯を締める

上記の着付けの段階を踏みながら、正しい基準で着付けを行っていきます。そのため、着付け師は着付けの知識が必須です。

この手順の中にも、長襦袢の着方や着物の着方など、細かく分けると覚えなければならないことも多くあります。

着物を着慣れていない人にとっては、手順を覚えることがまず最初のハードルとなるでしょう。

式中のお直し

慣れない着物を着たお客様は、時間が経つに連れて着付けが崩れてしまいます。

そのような場面でも着付け師の出番です。特に結婚式では、式中のお直しは大切になるでしょう。

お客様が常に綺麗な姿でいられるようにサポートすることも、着付け師の大切な役目です。

そして、式中は式の邪魔にならないタイミングでお直しをしなければなりません。

お直しの時間が取られている場合もありますが、それ以外の時間でもお直しが必要になる場合もあるでしょう。

そんなときは、式の進行の妨げにならないように迅速な対応が要求されます。

正確さはもちろん、スピードも着付け師になる上で大切な要素です。

 

ワンポイント
 着付け師の業務内容は大きく分けて2つ
・着物や衣装を正しく着付けする
・式中のお直し

着付け師の働くシーン

長襦袢着付け

着付け師として働くためには、どのような場所があるのでしょうか?

ここでは着付け師が働く上で、おすすめの場所をご紹介します。

美容院

美容院では、美容師として働きながら着付師としても活躍している人が多いです。

美容院で着付け師が活躍する場面が、成人式です。美容院に着付け師がいれば、ヘアメイクと一緒に着付けも行うことができます。

着付けだけ別の場所に行かなくて良いので、お客様にとっても嬉しいでしょう。

ただ、美容院では着付けだけができても、あまり需要がありません。

美容師としても働けないと、美容院で働くことは難しいでしょう。

もし美容師免許を持っていたり、美容師として既に働いている人は、着付けのスキルも身につけると幅が広がります。

写真館

成人式や結婚式の前撮り・家族写真を扱っている写真館でも、着付け師の需要はあります。

着付け師が写真館に常駐していれば、わざわざ別のところに頼む必要がありません。

お客様にとってだけではなく、写真館にとっても大きなメリットです。

もし写真館で務めるのであれば、カメラの知識も多少はあった方が良いでしょう。

着付け師だけではなくカメラマンとしても働ければ、仕事の幅も広がります。

結婚式場

結婚式の和装

結婚式場で着付け師として働いたら、主に新婦さんの着付けを担当することになるでしょう。

和装をする人も多いので、結婚式場からの需要がなくなる可能性は非常に低いです。

もし結婚式場で働くなら、男性の着物の着付けについての知識もあれば尚良いでしょう。

結婚式は新郎・新婦だけではなく、訪れる人たちにとっても特別な瞬間です。

その特別な瞬間を1番綺麗な状態で送ってもらえるよう、着付け師はサポートします。

着付け師のやりがい

成人式

着付け師は、他の仕事では得られないようなやりがいが得られます。

それでは、一体どのようなやりがいが得られるのか見ていきましょう。

お客様の大切な日に寄り添える

振袖姿の女性たち

着付け師の出番は、お客様にとって大切な日であることがほとんどです。

一生に1度の晴れ舞台に携わるという経験は、なかなかありません。

さらに、お客様が着付けをした姿は、一生写真や映像として残ることがほとんどです。

自分が着付けたお客様の姿が一生残ると思うと、ひとつひとつの仕事にまっすぐ向き合いたくなります。

お客様にとって忘れられない大切な1日となるよう、精一杯サポートをしましょう。

人の役に立てる

着付け師は、人の役に立っているということを実感しながら働ける仕事です。

着付け師が着付けを行うということは、お客様は自分で着付けができないことがほとんどでしょう。

「着物を着たいけど自分では着られない」といったお客様の悩みを解決できるのは着付け師だけです。

着物を着て嬉しそうにされるお客様を間近で見ることもできるので、貢献できているということが実感できます。

お客様に感謝される

着付け師は、お客様と直接接することができる仕事です。

そのため、面と向かって「ありがとう」と言われる機会も多いでしょう。

お客様にとって、着付けをするということは一大イベントです。

綺麗に着付けをしてあげることができれば、お客様の喜びもそれだけ増えます。

お客様の笑顔や感謝の言葉は、着付け師になった際のやりがいにつながることでしょう。

 

ワンポイント
 着付け師のやりがいは大きく分けて3つ
・お客様の大切な1日に寄り添うことができる
・人の役に立っていることを実感できる
・お客様から感謝の言葉をもらうことができる

着付け師に未経験でもなれる?

振袖

着付け師は、経験者しか目指せない仕事というわけではありません。

未経験者でも頑張り次第で、着付け師として活躍することができます。

しかし、全く知識がないという場合には着付け師を目指すことができないでしょう。

もしも未経験から着付け師を目指す場合は、着付けについて学ぶことが必須です。

着付けについて学ぶには、着付け教室に通われることをおすすめします。

着付け教室なら着付けのプロから直接教えてもらうことができるので、独学で学ぶよりも頭に入りやすいです。

まずは初心者クラスから基本を学び、慣れるに連れて上級クラスを受講すると良いでしょう。

着付けはすぐにできるようになるものではありません。練習を怠ってしまうと、着付けの仕方を忘れてしまう可能性もあります。

何度も繰り返し練習をしながら、着付け師のプロになれるよう頑張りましょう。

 

ワンポイント
 着付け師を未経験から目指す場合は、着付け教室に通うと良い。

着付け師に向いている女性の特徴

着物の女性

着付け師は未経験でも、頑張り次第で目指せる仕事であることがわかったと思います。

続いて、着付け師に向いている女性の特徴について見ていきましょう。

着付け師を目指している人は、自分が下記の項目に当てはまっているかどうかチェックしてみてください。

コミュニケーション力がある人

着付け師はお客様と接する仕事でもあるので、コミュニケーション力が必要です。

どんなに完璧な着付けをしたとしても、着付け中無言だったら良い印象は持たれません。

着付け中もお客様とコミュニケーションを取ることが大切です。そのため、人と話すことが好きな人は、着付け師に向いています。

コミュニケーションを取ることも大切にしながら、お客様に素敵な時間を過ごしてもらえるようにしましょう。

気遣いができる人

お客様には、着物を着慣れていない人も多くいらっしゃいます。

そのため、着物を着ていると苦しくなってしまわれる場合もあるでしょう。

お客様の苦しそうな様子をすぐに察し、サポートできる力があれば着付け師としてワンランクアップします。

特に結婚式場のように、着付けた後も見守ることが多い場所で働く際は気遣いが重要です。

体力に自信がある人

意外に思う人もいるかもしれませんが、着付け師は体力が必要です。

帯を締めるときは、中途半端な力だと解けてしまうかもしれません。

途中で帯が解けたり、着付けが崩れたりしてしまうと、お客様のテンションも一気に下がってしまうでしょう。

力を入れる部分は力をしっかり入れることで、時間が経っても崩れない着付けができます。

体全体を使って着付けることになるので、普段生活しているだけでは使わない筋肉も使うでしょう。

繁忙期にはなかなか休みが取れない場合もあるので、体力はしっかりつけておくことをおすすめします。

着付け師の年収

通帳を見る女性

着付け師として就職した場合の年収は、250万円前後が相場です。

しかし、着付け師としての経験を積めば、年収400万円を超えることもあります。

働いている企業や着付け以外のスキルによって年収は異なるので、一概にはいえません。

着付け師には、フリーランスとして働いている人もいます。

フリーランスであれば自分が働いた分だけが給料になるので、高収入も期待できるでしょう。

ただ、フリーランスとして働いていくには技術だけではなく、知名度や人脈も必要です。

まずは、企業に入って着付けの知識や技術を身につけることから始めることをおすすめします。

 

ワンポイント
 着付け師の年収の相場は、250万円前後。経験を積めば400万円以上も目指せる。

着付け師の将来性

着物の帯

仕事をする上で気になるのが、働く業界の将来性でしょう。

着付け師を目指している人の中にも、将来性が気になるという人も多いのではないでしょうか?

結論からいうと、着付け師は将来性がある仕事です。

それでは、着付け師にはどのような将来性が期待できるのか見ていきましょう。

観光客に対しての着付け

外国人着物

成人式や結婚式といったイベントだけではなく、観光客に対しての着付けも需要があります。

着物は日本ならではの文化でもあるため、外国人観光客からの需要は大きいです。

日本に観光に来たら、着物を着てみたいと思っている外国人も多いでしょう。

しかし、外国人観光客をお客様として迎えるには、言語のハードルがあります。

もし観光客に対しての着付けも視野に入れるのであれば、最低でも英語はマスターしておきましょう。

着付け教室の開講

ただ単に着付けを行うだけではなく、着付けを教えるという道も着付け師にはあります。

着物が好きな人や着る機会が多い人の中には、自分で着付けをしたいと思っている人も多いはずです。

もしかしたら、あなたのように着付けを仕事にしたいと考えている人もいるかもしれません。

そのような着付けの技術を身につけたいという人のために、着付け教室を開講するのも良いでしょう。

通われている人の成長を見ることができるのも、着付け師としてのやりがいにつながります。

着付け師の転職に困ったら転職エージェントに相談しよう

転職エージェント

着付け師への転職を考えている人の中には、どのように転職活動を進めれば良いか悩んでいる人も多いでしょう。

そのような人におすすめしたいのが、転職エージェントに相談することです。

転職エージェントに登録すれば、あなたにぴったりの求人情報を紹介してもらうことができます。

履歴書や面接のサポートもしてくれるので、転職活動をスムーズに進められるでしょう。

転職エージェントを活用して、あなたの転職活動を成功させましょう。

まとめ

着物後ろ姿

今回は、着付け師の仕事についてご紹介しました。着付け師を目指している人は参考になりましたか?

着付け師はお客様の大切な瞬間に寄り添う仕事です。

特別な瞬間だからこそ、お客様には最も綺麗な姿でいてほしいと思われることでしょう。

そのためには、着付けの技術はもちろん、人間性も必要となります。

未経験からでも目指せる業界なので、まずは着付けの基本を学ぶことから始めましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら