「旅行が好き!」という熱い気持ちを持って、旅行業界を目指す人は多いかもしれません。

しかし実際に働き始めて理想と現実のギャップに直面し、異業種への転職を決める人もたくさんいます。

この記事では旅行業界から異業種に転職する際の転職理由の伝え方や注意点などを解説していきます。

旅行業界から異業種へ転職する方法を解説

笑顔の女性

自分も旅行が好きで、旅行のお手伝いをしたいという熱意を持って旅行業界に飛び込む人は数多くいます。

一方で実際に働いてみて旅行業界で仕事を続けることに疑問や不安を感じ、転職する人も多いのです。

旅行業界から異業種へ転職するケースは珍しくないといえるでしょう。

とはいえ、旅行業界に限らず経験のない業種への転職は若いほうが選択肢は増えるものです。

旅行業界から転職を検討している場合、まずは情報収集など具体的な行動を起こすことをおすすめします。

旅行業界からの異業種転職に役立つ情報を詳しく解説していきますので、一緒に見ていきましょう。

 

無料転職相談をして異業種転職を成功させよう

 

旅行業界から転職したい理由

電話対応する女性

旅行業界は、新卒後の就職先として人気の業界のひとつです。

しかし入社3年以内の離職率が50%を超えることも旅行業界の特徴といえます。

つまり就職をしても短期間で辞めてしまう人が、半数はいるということです。

なぜせっかく旅行業界で仕事ができたのに転職してしまうのか、その大きな理由を2つご紹介します。

営業が激務だから

旅行業界から転職してしまう理由の1つめは、営業が非常に激務なためです。

旅行会社は競合他社が多く存在しています。

お客様を獲得するために激しい競争が繰り広げられているのです。

カウンターでの接客の他にも、お客様や関係先との電話やメールのやり取りもたくさん必要となります。

またその合間には、日程表の作成やチケットの発券処理など事務作業も行わなければなりません。

また長期休暇前は繁忙期で接客や電話・メール対応に追われ、残業や休日出勤も増えてしまいます。

そのような旅行業界の過酷な状況に体力的にも精神的にも疲れ、転職するきっかけとなるようです。

昇給が見込めないから

お金イメージ

旅行業界から異業種へ転職する理由の2つめは、昇給の見込みが薄いからということです。

旅行業界は、仕事量も多く忙しい職場や企業が多いという傾向があります。

そもそもの給与が平均より少なかったり、昇給もほとんどなかったりするケースもよくあるのです。

どれだけやりがいを感じられる仕事でも、給料や昇給面で不安があれば続けるのは難しくなります。

給与は将来の計画を考えるうえで大切な要素です。

収入面の不安は、旅行業界からの転職を考えるきっかけに充分なり得るといえるでしょう。

 

ワンポイント
旅行業界から転職する大きなきっかけは激務であることと昇給の少なさの2つです。

旅行業界から異業種へ転職するためのポイント

ガッツポーズの女性

旅行業界から異業種への転職を成功させるには、おさえるべき4つのポイントがあります。

転職を検討するなら早めの行動が大切ですが、計画を立てずに行動するのはおすすめしません。

これからご紹介するポイントをおさえて、転職を計画的にすすめられるようにしましょう。

転職理由を明確にする

まず、自分がなぜ転職したいのかという理由をハッキリさせましょう。

実際の転職面接においては、「なぜ転職しようと思ったか」を聞かれることがよくあります。

もちろん現在の職場で実現できないことがあるからこそ転職することは応募先企業も想定内です。

旅行業界への不満などネガティブな理由とならないことがポイントになります。

自分が転職することによって、実現したい事をしっかりと言葉で表現できるようにしましょう。

本当にやりたい仕事を見つける

「旅行が好き」という気持ちから、旅行業界で働くことを選んだという人もいらっしゃるかと思います。

旅行業界から異業種へ転職を考える際は、仕事として自分が本当にやりたい事を見つけることが大切です。

旅行業界では接客や電話対応、パンフレット制作や添乗業務、事務など多様な経験を積んだでしょう。

それらの経験を振り返って、本当にやりたい事を見つけるヒントとしてみてください。

活かせるスキルがあるか考える

説明する女性

旅行業界である程度経験を積んだ方であれば、様々なスキルが身に付きます。

身に付けたスキルを活かした業種であれば、経験が無駄にならず、転職成功に繋がる可能性が高いです。

たとえば、窓口での接客ではコミュニケーション力が磨かれますし、語学スキルも身に付く事があります。

中途採用で求められるのは、即戦力です。アピールできるスキルは積極的に伝えましょう。

旅行業界における実績をアピールする

旅行業界から異業種への転職に限った事ではありませんが、転職では前職での実績を問われます。

そのため、旅行業界で得た実績や評価は具体的に説明できるように準備しておくことが大切です。

営業成績や社内での受賞経験は具体的な数字で伝えたほうが応募先企業にとっても分かりやすくなります。

客観的にわかる実績は能力の高さの強いアピールとなりますから、転職活動の役に立つといえるでしょう。

 

ワンポイント
転職成功のポイントは、転職理由を明確にしてスキルと実績をアピールすることです。
 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


旅行業界から異業種へ転職するメリット

オフィスにいる女性

旅行業界から異業種へ転職を決断するメリットとはどのようなものがあるのでしょうか。

主なメリットとしては以下の2点が考えられます。

  • 給与がアップする可能性があること
  • 自分のスキルや経験の幅を広げられること

旅行業界は給与や昇給などの待遇面で、平均を下回る傾向があるとお話ししました。

そのため、異業種への転職によって給与などがアップし、待遇面の改善が期待できます。

また旅行業界の経験を活かせる異業種への転職であれば、新しい経験やスキルを身に付けられるでしょう。

異業種を経験することで視野が広がり、ビジネスパーソンとしての価値も高まる可能性があります。

 

無料転職相談をして転職活動を計画的にすすめよう

 

旅行業界から転職するおすすめの業種

打ち合わせする女性

旅行業界から異業種への転職する際は、異業種ならどの業種でも良いわけではありません。

やはり旅行業界での経験やスキルを少しでも活かせる業界のほうが、転職成功の可能性は高いでしょう。

ここでは、旅行業界からの転職におすすめの業種についてご紹介していきます。

人材会社

旅行業界からの転職に、人材会社は適している業種といえます。

人材派遣や人材紹介会社は市場規模が拡大傾向です。将来性があるため給与アップも狙えるでしょう。

また、人材会社ではスタッフや取引企業など対人コミュニケーションがたくさん必要です。

そのため旅行業界の接客で培ったコミュニケーション力がしっかり活かせる可能性があります。

広告業界

広告業界も旅行業界からの転職におすすめです。

広告業界の仕事ではクライアントと関係を築き要望を汲み取って実現する力が求められます。

また広告を企画する力プレゼンテーションスキルが必要な場面も多いです。

旅行業界でのコミュニケーションスキルの他、ツアー企画を経験した方は評価が高い可能性があります。

不動産業界

不動産業界へ転職するというのも1つの選択肢です。

旅行業界と不動産業界は仕事内容に共通点があるため、転職先として相性が良いといえます。

不動産業では、お客様の要望や条件をヒアリングして適した物件を紹介します。

取り扱う商品の金額は大きくなるものの、旅行商品を販売する流れと似ている点も多いでしょう。

旅行業界で接客経験がある方であれば、不動産の営業職などにも馴染みやすいと考えられます。

Women's Worksの非公開求人ご紹介
人材系|東京

【キャリアコンサルタント】マーケからキャリアコンサルティングまで女性学生向け支援サービスに関わる業務

350万円 ~ 600万円

人材事業

キャリアコンサルタント

年間休日124日 社保完備 無料保育支援
この非公開求人に興味がある

上記以外でおすすめの業種

OKサインの女性

上記でお伝えした業種以外にも旅行業界から転職する場合の、おすすめの業種をご紹介します。

旅行業界で得た経験やスキルを活かすのであれば、人と接する仕事がおすすめです。

一例を挙げると、以下のような業種があります。

  • イベント企画会社
  • 旅行関連の出版社
  • 航空会社

ただしこれらの業種は旅行業と同じく景気の影響を受けやすく、企業によって待遇の差が大きいため慎重に応募先を選びましょう。

また、語学力に自信がある方はそうした能力を活かすという選択もできるでしょう。

たとえば、語学学校の営業職や講師になるという道も考えられます。

接客から少し離れてデスクワークでできる仕事に関心があれば事務職やWeb業界もおすすめです。

Web系の企業はフレックスタイム制や在宅勤務など柔軟な働き方ができる企業も多数あります。

オンライントラベルエージェント(OTA)として、他業種が旅行業界に参入するパターンも増加傾向です。

そうした企業であれば、旅行業界の経験を直接活かしながら、PCスキルも高めていける可能性があります。

Women's Worksの非公開求人ご紹介
営業|東京

【企画営業(未経験歓迎)】女性による営業支援サービスを提供/豊富な研修で立ち上がりをサポート!

300万円 ~ 500万円

営業支援・営業提案

法人の新規開拓の営業支援

年間休日120日 社保完備 インセンティブ制度
この非公開求人に興味がある

旅行業界から異業種への転職理由の伝え方

面談する女性

旅行業界から異業種へ転職する際は、転職理由の伝え方に2つのポイントがあります。

応募先の企業に効果的にアピールし、転職を成功させる可能性を高めましょう。

旅行業界で身に付けたスキルをアピールする

旅行業界で得たスキルは具体的かつ分かりやすくアピールすることが大切です。

業界特有のスキルもありますが、異業種で活かせるスキルもたくさんあります。

たとえば以下のようなスキルは活かせる可能性が高いため、自信を持ってアピールしましょう。

  • コミュニケーション力
  • お客様のニーズをつかむ力
  • クレーム対応力
  • PCスキル(Webサイト運営含む)

応募企業に適性があることを伝える

ポーズをとる女性

転職を考える際は、「自分が転職先でしたい事」に目が向いてしまいがちです。

しかし、転職する理由を伝える時には「応募先の企業が求める事」も考慮する必要があります。

応募先の企業が中途採用を通じて、どのような事をしたいのかという点を把握する事が大切です。

そのうえで自分に適性があり、採用するメリットがあるとアピールすると魅力が伝わりやすいといえます。

 

ワンポイント
転職理由を伝える時はスキルとともに応募先企業への適性を具体的にアピールしましょう。
 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


転職理由を伝える時の注意点

面接を受ける女性

転職面接などでは、必ず「なぜ転職をしようと思ったか」を聞かれるでしょう。

その理由を答える際には、企業からマイナス評価とならないために注意すべき点が2つあります。

旅行業界の不満は言わない

まず旅行業界不満を言わないという事がとても重要です。

「昇給が少ない」「激務がつらい」などの漠然とした不満を転職理由とするのは避けましょう。

待遇や勤務状況に不満を感じたら、すぐ辞めてしまうと思われ、マイナス評価となりかねません。

応募先企業であれば実現できる事を転職理由として伝えるのがポイントです。

待遇などの不満を転職理由とする場合は、具体的な数字で客観的な判断ができる事実を伝えるにとどめてください。

さらに現職での環境を改善するために行動を起こしたのであれば、課題解決力のアピールともなりますので盛り込んでも良いでしょう。

前向きな表現に言い換える

現職で何らかの不満や不安を感じたために転職を検討する方がほとんどです。

しかし実際の転職面接で不満などをそのまま伝えることはおすすめしません。

収入や待遇などの理由でも簡単に説明したうえで、できるだけ前向きな表現に言い換えましょう。

転職理由と応募先企業に繋がりがあるようにきちんと下調べをして、効果的にアピールをしてください。

 

ワンポイント
転職理由が単なる不満になったり消極的な姿勢に見えたりしないよう注意してください。

旅行業界から異業種へ転職する時は転職エージェントに相談しよう

カウンセリング

旅行業界から異業種への転職を検討したいと考え始めたら、一度転職エージェントに相談するのがおすすめです。

転職エージェントでは業界に詳しいプロのキャリアアドバイザーがカウンセリングを行ってくれます。

キャリアプランのモヤモヤした悩みにも、親身なアドバイスを受けることが可能です。

転職にもリスクがありますので、転職がベストな選択肢かどうかプロの視点から意見を聞く事ができます。

また、非公開求人も含めた豊富な求人紹介や書類作成・面接対策で徹底的なサポートがあり安心です。

転職に関する相談はなかなか周囲の方には打ち明けにくいケースがよくあります。

転職エージェントではプロのサポートが基本的に無料で利用可能です。

まずは気軽にキャリアについて相談してみてはいかがでしょうか。

 

無料転職相談をして転職成功に繋げよう

 

まとめ

デスク マウス

今回は、旅行業界から異業種へ転職する際の転職理由の伝え方やおすすめの業種などを解説してきました。

旅行業界は就職先として人気も高く、旅行が好きな人にとってはやりがいも大きい仕事です。

しかし営業が激務というケース昇給が少ないケースも珍しくありません。

そのため早期に転職を検討または決断する方も数多く存在します。

今回ご紹介したように旅行業界で得た対人スキルなどは幅広い業界で役に立つものです。

旅行が好きという気持ちがあっても、将来に不安があっては仕事を続けるのは難しいでしょう。

本当にやりたい仕事を見つけ、旅行業界以外に挑戦する事も選択肢のひとつといえます。

この記事が旅行業界からの転職を検討中の方に、参考になりましたら幸いです。

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために以下のサポートを全て無料で実施いたします。

  • 非公開求人紹介
  • 職務経歴書のフルオーダー作成
  • 応募企業への推薦
  • 面接のフィードバック
  • 模擬面接の実施
  • 内定後の労働条件確認

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!

 

非公開求人紹介

転職エージェントに相談すると、一般に公開されていない非公開求人への紹介が可能です。

非公開求人には大手企業優良企業が多いと言われています。

条件が良い仕事だったり募集人数が少ない場合があるので、一般募集で応募が殺到しないように非公開としているのです。

この非公開求人はエージェントの紹介でしか応募することが出来ません。

キャリアアドバイザーによるヒアリングであなたにピッタリの求人をご紹介いたします。

職務経歴書のフルオーダー作成

応募したい企業が見つかったら先方に提出する職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい職務経歴書の作成を目指しています。

応募企業への推薦

フルオーダーの職務経歴書とともに応募企業への推薦状を作成いたします。

応募推薦状はエージェントに相談した人にしか受けられないサポートです。

模擬面接の実施

コールセンター

ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。

面接のフィードバック

面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

また内定した場合でもフィードバックいたしますので自分がどこを評価されたのかが分かり、入社後のモチベーションにも繋がります。

内定後の労働条件確認

事務

 

企業内定後には労働条件の確認給与の交渉をさせていただきます。

内定承諾書を提出する前に確認しておきたい雇用形態の調整を代わりに行います。

納得して仕事を始めていただけるように最後まで徹底サポートさせていただきます。

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!