転職活動をする際、準備に力を入れたほうが良いものは志望動機応募書類の作成です。

プロパティマネージャーとして転職活動をする場合、志望動機としてどんなことを書いたら良いのでしょうか。

また応募書類は何に気を付けて作成したら良いかも迷う方が多いと思います。

経験やスキルはあるのに、応募書類や面接でそれらをアピールできていない方は意外と多いです。

そのようなことがないよう、こちらでは志望動機の書き方・応募書類のポイントをお伝えしていきます。

これからプロパティマネージャーとして転職活動を始められる方はこちらの内容を参考にしてみてください。

また既に応募書類は完成していたり、面接を受けていたりする方もポイントを抑えられているか確認してみると良いでしょう。

Contents

プロパティマネージャーの志望動機の書き方を解説

書類書き方
志望動機を考える際には以下のポイントを抑えることが重要です。

  • 業界の志望理由
  • 会社の志望理由
  • 職種の志望理由

それぞれ詳しく解説していきます。

なぜ不動産業界なのか

考える女性
まずなぜ不動産業界を志望するのか、について述べる必要があります。

不動産業界への志望理由として多いのが、人々の生活や暮らしに関わる仕事なのでやりがいを感じるという内容です。

この理由だけでも良いのですが、志望理由として多い内容なので他の候補者との差別化が難しいです。

またこれまでのプロパティマネジメントや不動産業界での経験から具体的例を付け加えて、オリジナリティを出すこと求められます。

なぜこの会社なのか

次になぜその会社を志望するのか、についてです。

不動産業界にはたくさんの会社があります。

その中でどうしてその企業を志望するのか、という点を伝えることが大切です。

この点が抜けてしまうと、不動産業界だったらどこでもいいのでは?と企業の方に思われてしまいます。

一括りに不動産業界の企業といっても、それぞれの企業に強みがあります。

その会社の強み・特徴・理念などを把握した上で、自身の経験や価値観から、どのような点に惹かれているのかを伝えましょう。

なぜこの職種なのか

職種についての志望理由も重要です。

これまでもプロパティマネジメントをしてきた方は、これまでのご経験からプロパティマネージャーを続けていきたい理由を伝えると良いでしょう。

また職種チェンジでプロパティマネージャーを志望する場合には以下2点を意識して志望理由を作ると、相手に伝わりやすいです。

  • なぜプロパティマネジメントに興味を持ったか
  • 他の職種での経験がどのようにプロパティマネジメントで活かせそうか

志望動機のポイント

オフィスにいる女性
上記のようにプロパティマネージャーについての志望動機をまとめたら、次はご自身のことについて考えていきます。

自分のことは、わかっているようでわかっていないことも多いです。

また面接の中で話せると思っていても、いざその時になると上手にまとまらないこともあります。

事前に整理をして面接に望むことが大切です。

経験の整理

ガッツポーズする女性
まずはこれまでの経験について整理していきます。

やってきた業務を1つ1つ思い出しながら、志望する企業のプロパティマネージャーとして活かせそうな経験を洗い出していきます。

数字を用いて表現できる実績については、達成率や改善率などを具体的にすると良いでしょう。

またなぜその実績を出すことができたのかを明確に話せるように、その時の状況を整理することも大切です。

成功した理由が「ラッキーだったから」「なんとなく」では再現性がないと感じられてしまいます。

「〜という課題に対して〜という対策をした結果、〜という成果が出ました」というように具体的に説明するようにしましょう。

自分の強みの把握

女性、ひらめき
志望理由を伝える際に重要なのが、強みは何か・入社したらその強みを活かして何ができるか、という点です。

求職者の中には「入社したら〜がしたいです」ということだけ伝える人がいます。

しかし、入社後にやりたいことだけ伝えられても応募企業の担当者からするとなぜそれをしたいのか、どうしてできるのかが分かりません。

これまでの仕事の中で「どのようなことが得意だったのか」「その強みを活かして何をどのような成果を出したのか」を伝えられるようにします。

またその成果を出した経験を活かして、志望企業ではどんなことができるのか・したいと思っているのかを明確にしましょう。

企業研究

また志望動機をよりブラッシュアップするためには企業研究が欠かせません。

企業のホームページと採用サイトを見ながら、その企業の他社とは違う魅力・特徴・理念などの情報をインプットしていきます。

企業の事業内容や今後の方向性を理解していないと、的外れな志望動機になってしまう可能性があります。

情報収集にも時間をかけて、企業研究を念入りにするようにしましょう。

自己分析をしっかりしよう

スッキリした表情の女性
学生時代の就活ではエントリーシートを作成する前に、自己分析を行います。

転職活動でも自己分析はとても重要です。

自己分析をすることで、興味のある分野や強みに気づいたり、仕事で大切にしたいことが分かったりします。

自身の価値観と企業のどのような理念がマッチしているのかを分かりやすく伝えることができると説得力のある志望理由になるでしょう。

 

ワンポイント
志望動機のポイント
・経験の整理
・自分の強みの把握
・企業研究

プロパティマネージャーの志望動機例文

履歴書
ここまでまとめてきた志望動機の要素を合わせると以下のような志望動機が書けます。

ご自身でも2つの例文をベースに、これまでのご経験や具体的なエピソードを用いてオリジナリティのある志望動機を作ってみてください。

営業からプロパティマネージャーへ転職する場合

私が貴社を志望する理由はプロパティマネージャーとしてオーナーの方々と長期的な信頼関係を築きたいと考えたからです。

現在の担当は賃貸物件の営業です。

人々の暮らしを支える不動産の営業の仕事にはとてもやりがいを感じています。

しかし担当しているお客さまの物件が決定した後は、他の担当者に引き継ぎを行わなくてはなりません。

1人1人のお客様との関係が継続的でないため、住んでいただいてからの課題や問題があった場合にサポートできないことを歯がゆく感じています。

プロパティマネージャーでは、物件のオーナーさんと物件の収益向上のために課題解決を実施します。

また管理計画を立案できたりする点で長期的かつ様々な手法でオーナーさんの役に立てると思い興味を持ちました。

貴社は各現場の担当者に裁量権があると聞きました。

またお客様のために速く行動ができるような組織体制を整えていると知り、お客様目線で仕事をしてきた私の価値観とも一致すると感じています。

これまで営業としてお客様の要望を細かくヒアリングし、物件の提案を行ってきました。

その経験を活かして貴社でもオーナーの方々と収益最大化のために信頼関係を築きたいと考えています。

他社のプロパティマネージャーへ転職する場合

私は収益性の高い建物のマネジメントをすることで、更にたくさんの方の生活や人生を豊かにしたいと考え、貴社を志望しました。

これまでは個人オーナーの所有するアパートのプロパティマネージャーを行ってきました。

オーナーの方々と二人三脚のチームで物件管理をすることにやりがいを感じています。

しかし、この仕事で影響を及ぼすことができるのはオーナーの方々や住居者のみのため影響力が狭いです。

自身の今後のキャリアについて考えた時に、より利用者数が多く収益性の高いビルや商業施設のプロパティマネジメントをしたいと思いました。

貴社は都心のオフィス街や観光地に国内有数の商業施設を保有しています。

現職ではプロパティマネージャーとして、物件の価値をあげることを意識して仕事をしてきました。

この経験は貴社の物件においても活かせるものだと感じています。

プロパティマネージャーの志望動機NG例文

合わない
またNGの志望動機例は以下のようなものです。

希望条件のみの志望理由や具体的なエピソードがない志望理由は説得力がなくなってしまいます。

もしご自身で作成した志望動機に該当する箇所があれば修正してみてください。

回答をブラッシュアップすることができます。

就業環境メインの志望理由になってしまう場合

貴社を志望する理由は長期的に働くことが可能そうだからです。

現職では社員数が少なく、1人1人の業務量が過多です。

また残業も多く、ワークライフバランスが悪いので、より就業環境の良い貴社に転職したいと考えています。

具体例が欠けてしまっている場合

貴社は不動産業界の中でも収益性の高い物件を扱っています。

私もこれまでアパートのプロパティマネジメントをしてきたので、その経験を活かせると感じています。

また貴社で経験を積むことで成長したいです。

 

ワンポイント
希望条件のみを伝えたり、具体的なエピソードがなかったりする志望理由は説得力がありません。

プロパティマネージャーの職務経歴書の書き方

笑顔の女性
ここまでは志望動機について解説してきました。

プロパティマネージャーの求人に応募する際には職務経歴書も必要です。

以下では職務経歴書で記載したほうが良いポイントについてお伝えしていきます。

担当物件の数や職場人数

まず担当していた物件の数、規模、種類を詳細に記載します。

また会社には何人在籍しているのか、所属部署やチームは何人構成なのかについても詳しく書くようにしましょう。

成功事例

成功事例
成功事例を記載する際には「実績」「なぜその結果を出すことができたか」をなるべく具体的に記載することが大事です。

業務内容を明確に

業務内容は箇条書きにすると読み手が分かりやすいです。

また単語だけでは内容がわかりづらい業務については、補足説明をつけるなどの工夫をします。

ご自身の経験が応募した企業の担当者に伝わるような職務経歴書づくりを心がけてください。

 

ワンポイント
プロパティマネージャーの職務経歴書のポイント
・担当物件の数や職場人数
・成功事例
・業務内容を明確に

プロパティマネージャーのアピールポイント

プロパティマネージャーとしてアピールすべきポイントは信頼関係構築力正確性です。

信頼関係構築は、テナントやオーナーから要望や報告を受けるためにとても重要なことです。

また報告書や書類を作成する際には数値の細かいチェックを正確に実行する必要があります。

ご自身の具体的なエピソードを交えてアピールすることができれば高い評価をもらえるかもしれません。

アピールポイントが浮かばない時の対処法

困った女性
上記のようなアピールポイントがない時には、業務の中で何か工夫したことやお客様や上司に褒められた時のことなどを書くようにします。

成果が出ていなくてもどのような問題があり、それに対して何をしたかを伝えられるようにします。

こちらもなるべく具体的に、読んでいる人にその場面がイメージしてもらえるように記載してください。

応募資料の書き方を転職エージェントに相談しよう

転職エージェント
ここまでプロパティマネージャーの志望理由と職務経歴書の書き方について説明しました。

それぞれ抑えなくてはいけないポイントがたくさんあります。

現職を続けながら転職活動をしたい、と思っている方や初めて転職活動をする、という方にとっては少し難しいかもしれません。

そんな時は是非転職エージェントの利用を検討してみてください。

転職エージェントは求職者へ求人の紹介を行うだけでなく、応募書類の作成のサポートや添削をしてくれます。

また転職エージェントに紹介された求人へ応募する場合、書類選考で見られているポイントなども教えてもらえます。

このアドバイスをもとに、書類の修正ができるので書類選考通過の可能性が上がるでしょう。

更に書類選考通過後も、面接にて質問される内容を事前に教えてくれたり、模擬面接を実施してくれたりします。

面接後は企業からフィードバックを聞いてくれるので、面接の度に反省や振り返りを実施できるのもメリットです。

また内定獲得後もオファー面談の設定や待遇調整を実施してくれることもあります。

転職エージェントのサービスは全て無料です。

忙しくて書類の作成にあまり時間をかけられない方や、誰かに書類を添削してほしい、という方にはオススメのサービスです。

 

ワンポイント
転職エージェントを利用すると応募資料の作成だけでなく、面接対策や待遇調整を実施してくれます。

まとめ

ガッツポーズをする女性
いかがだったでしょうか。

プロパティマネージャーとして転職活動をする際に重要な志望動機書類作成のポイントが分かったと思います。

ご紹介したポイントを意識して回答を作成した後は第三者にそれを見てもらったり、聞いてもらったりするとより良い内容になると思います。

また転職エージェントを利用すると書類の作成だけでなく、選考中も様々なサービスを受けることができます。

プロパティマネージャーとして転職活動をする際には、転職エージェントを上手く活用してみてください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら