アイリストの仕事内容をご存知でしょうか。女性のまつ毛や目元のケアを専門的に行うアイリストは近年、急速に需要が伸びている業種です。

その背景には「まつ毛エクステ」「まつ毛パーマ」などの技術が急速に進化している現状があり、美容師から転職する女性も増えています。

まつ毛や目元は顔の印象を大きく変えることから、女性が最も神経を使う部分であるため、今後ますます需要は伸びるでしょう。

この記事ではアイリストの仕事内容や将来性、またアイリストとして活躍できる女性の特徴などを解説します。

アイリストの仕事内容を解説

アイリスト,仕事内容

アイリストとはまつ毛や目元のケアを専門的に施す美容関連の職種であり、近年急速に需要が伸びています。

具体的には以下の施術を施すのがアイリストの仕事内容です。

  • まつ毛エクステ
  • まつ毛パーマ
  • まつ毛カール

日々まつ毛や目元をキレイにする施術方法は飛躍的に進化しており、アイリストの需要は高まり続けています。

その一方で、未熟なスキルで施術したことによるトラブルが頻発し、アイリストになるには国家資格「美容師免許」が必要となりました。

美容師免許が必要となったおかげでハードルは高くなったものの、その分給与はアップしており転職先の条件としては申し分ありません。

アイリストの業務内容

アイリスト,業務内容

アイリストへの転職を考えるなら、事前に業務内容を具体的に把握しておくことが大切です。

アイリストの業務内容を把握せず転職してしまうと、現実とのギャップに苦しむことも少なくありません。

なお、アイリストの基本的な業務内容は目元のケア・施術です。しかし単にケア・施術だけを施せば良いというものではありません。

お客様に満足していただくことが何より大切です。この点を踏まえながらアイリストの業務内容を見ていきましょう。

お客様のカウンセリング

カウンセリング

アイリストの業務内容において、非常に重要な位置を占めるのがお客様へのカウンセリングです。

アイリストは単にケア・施術を行えば良いわけではありません。お客様に満足していたけるケア・施術を施すことが大切だといえるでしょう。

お客様に満足していただく施術を行うには、カウンセリングによって現状で困っている点や要望を聞き出すことが不可欠です。

また、日頃のまつ毛や目元の状態・悩みをカウンセリングすることで、お客様の要望にマッチした施術をおすすめすることもできます。

まつげパーマの施術

まつ毛パーマはアイリストの施術内容において、基本的なメニューの1つです。

ビューラーで挟んだまつ毛を希望のカールまで巻き上げ、まつ毛パーマ用のパーマ液を流し込んだ後、しばらくしてビューラーを取り外します。

施術内容としては非常にシンプルなものですが、巻き上げ方1つでカールの角度や大きさが異なるので細心の注意が必要です。

また、パーマ液を扱うことから事故が起きないよう、細心の注意を払わなければなりません。

したがって、理想のまつ毛に仕上げるには、アイリストのスキルとこれまでの経験値にかかっているともいえるでしょう。

まつげエクステの施術

まつ毛エクステ

まつ毛エクステは自毛の間に、人工のまつ毛(エクステ)を専用の接着剤で貼り付ける施術方法です。

ひたすらエクステを貼り付ける作業であることから、集中力に加え忍耐が必要な施術方法だといえます。

また、サロンによって施術方法が若干異なる場合もあるので、経験者であっても転職の際には戸惑うことも少なくありません。

なお、まつ毛エクステはスキルによって仕上がり具合が異なることから、アイリストの技術や経験値が試される施術方法ともいえるでしょう。

その他事務作業

アイリストの業務はカウンセリングや施術だけではありません。事務作業もアイリストの立派な仕事です。

アイリストが働くサロンの多くは小人数で運営していることから、お客様の受付業務や会計業務はアイリストが分担して行います。

また、お客様にサロンに来店いただくためのマーケティングや宣伝活動もアイリストの仕事です。

したがって、アイリストに転職するためには、一般的な事務のやり方をマスターしておくと有利に転職活動を進められるでしょう。

 

ワンポイント
 アイリストの業務内容は各種施術に加え、カウンセリングや事務作業があります。

アイリストが働く場所は?

アイリスト,就職先

アイリストになるには国家試験「美容師免許」を取得することが条件ですが、勤務先が決まらなければ働くことはできません。

アイリストの働く場所は「専門型美容サロン」もしくは「美容室併設型サロン」のいずれかが一般的です。

したがって、アイリストへの転職を検討する際には、双方の特徴を把握しておくことが大切だといえるでしょう。

専門型美容サロン

専門型美容サロンとは美容室を併設せず、美容サロンに特化して運営している運営形態を指します。

さらに専門型美容サロンは、目元・まつ毛などパーツに特化したサロンと美容全般を網羅するサロンに区別することが可能です。

パーツに特化するサロンは専門スタッフを複数人雇用し、より高度な施術を施すのが特徴になります。

一方、美容全般を網羅するサロンは、目元・まつ毛に限らず様々なパーツに対して施錠を施すのが特徴です。

転職にあたって大きな差はありませんが、将来アイリストとして独立するなら、パーツに特化したサロンが良いでしょう。

美容室併設型サロン

美容室併設型サロンとは文字どおり、美容室を併設した美容サロンのことを指します。

施術方法に大きな差はなものの、あくまでも美容室経営が主体となるのが特徴です。

したがって、アイリストとして専門的な技術を習得したいなら、美容室併設型サロンでは少し物足りなさが残るでしょう。

ただし、美容師経験がある場合は、美容師としてのスキル・経験が活かせるといったメリットもあります。

アイリストのやりがい

アイリスト,やりがい

アイリストとして働く人はどんな「やりがい」を感じているのでしょうか。

転職前にその仕事のやりがいを把握しておくことは、ミスマッチを防ぐためにも有効です。未経験の職種であればなおさらでしょう。

ここでは、転職に失敗しないためにもアイリストのやりがいについて考えてみましょう。

美容の知識や技術がつく

アイリストとして仕事を行う上で、新たな美容の知識や技術が身につくことにやりがいを感じる人は少なくありません。

美容の技術は日々進化しており、勉強を怠れば瞬く間に美容業界のトレンドに取り残されるでしょう。

反対に新たな技術を身に付けることで、これまで不可能であった施術が可能となるなど、仕事の幅は大きく広がります。

その結果、お客様に感謝されることにもつながり、アイリストの仕事にやりがいを感じる人は多いでしょう。

女性の美容をサポートできる

女性の多くは美容に強い関心をもっており、自分だけでなく周囲の人にもキレイになって欲しいと願っています。

アイリストを転職先に選ぶ人であればなおさらでしょう。とりわけ目元への施術・ケアは顔の印象を大きく変えます。

自らが施した施術やケアによってお客様がキレイになることは、アイリストにとって大きな喜びであり、やりがいを感じる瞬間です。

つまりアイリストとして働く人は女性の美容をサポートすることにやりがいを感じており、長く仕事を続けられるといえるでしょう。

カウンセリングから施術まで一貫してできる

アイリスト,接客

アイリストはカウンセリングから施術までを一貫して行うのが一般的です。

1人のアイリストが最後まで担当することで、お客様の要望を的確に把握することが可能となります。

また、相性が良ければリピーターとして指名してもらえることも少なくありません。

アイリストにとって、自分の顧客を持つことは大きな喜びであり、やりがいにもつながるといえるでしょう。

 

ワンポイント
 アイリストは美容の技術や知識が身につくだけでなく、女性の美容をサポートするやりがいのある仕事です。

アイリストで活躍する女性の特徴

アイリスト,特徴

アイリストは美容系の仕事に転職したい人におすすめの職種ですが、活躍できる人と活躍できない人がいるのも事実です。

アイリストはその業務内容から、活躍するためには兼ね備えておきたい資質があることを見逃してはなりません。

したがって、アイリストで活躍できる人の特徴を事前に知っておくことで、転職後のミスマッチを防ぐことができるといえます。

何となくイメージだけで転職してしまうと、早期退職にもなりかねません。ここではアイリストで活躍する女性の特徴を具体的に紹介します。

最新の美容について情報感度が高い人

アイリストとして活躍できる人は、最新の美容技術やトレンドについて情報感度が高いといった特徴をもっています。

美容の世界は日進月歩です。情報に対する感度が低ければ、瞬く間に取り残されてしまうでしょう。

アイリストとして活躍するには、美容の技術・アイメイクやまつ毛のスタイルに関するトレンドの両方に情報感度が高いことが求められます。

したがって、常にアンテナを高くすることを意識するとともに、自分なりの情報源を持っておくことが大切です。

美意識が高い人

アイリストに限らず美容系の職種に転職する人には、高い美意識が求められます。

アイリストは「キレイになりたい」「目元を美しくしたい」と思っている女性の願いを叶える職業です。

そのアイリストの美意識が低いと、お客様に美しくなるためのアドバイスや仕上がりの美しい施術を望むべくもありません。

美意識を高くするには、業界誌やファッション誌などをチェックすることに加え、絵画や写真など視覚に訴える芸術に触れることも有効です。

コミュニケーション力がある人

高いコミュニケーション力があることも、アイリストとして活躍できる人の特徴です。

アイリストはお客様の要望を聞きながら、お客様が納得できる最適な施術方法を選ばなくてはなりません。

そのためには、どんなお客様にもフレンドリーな雰囲気を醸し出せる、高いコミュニケーション力が不可欠です。

アイリストが一方的に話すだけでも、反対にお客様の要望を聞くだけでも満足な施術はできません。

満足できる施術はアイリストとお客様のコミュニケーションによって、初めて生まれることを理解しておきましょう。

手先が器用な人

まつ毛パーマやエクステは極めて細かい作業であり、アイリストとして活躍できる人は手先が器用であることが不可欠です。

お客様のまつ毛をビューラーで巻き上げたりピンセットで植毛する作業は、ちょっとしたミスでも怪我につながることもあります。

そのため高い技術力が求められるのは必然であり、基本的に手先が器用な人でなければアイリストとして活躍できないといえるでしょう。

また土日・祝日ともなるとたくさんのお客様が来店されるため、細かな作業を長時間にわたって行うことも少なくありません。

したがって、手先が器用であることに加え、集中力を持続できる人であることも活躍できるアイリストの特徴です。

 

ワンポイント
 アイリストで活躍する人は手先が器用なだけではなく、コミュニケーション力にも長けています。

アイリストの給与平均は?

アイリスト,年収

アイリストの給与平均は経験値やスキルによっても異なりますが、18万円前後からスタートし20代では20~40万円が平均になります。

美容師やネイリストと比較するとやや高い印象であり、その後は経験年数や技術力によって給与はアップするのが一般的です。

指名数に応じた歩合給を採用しているサロンも多く、技術力があれば高給も夢ではありません。

さらに給与をアップさせるには、サロン内で役職者になるほか以下の民間資格を取得するのも1つの方法です。

  • アイデザイナー技能検定試験(JLA日本まつげエクステンション協会)
  • レベルチェックテスト(JWA日本ウィングエクステンション協会)
  • JEAまつ毛エクステンション技能検定(JEA日本アイリスト協会)
  • アイラッシュリスト技能検定試験(EBA日本まつげ美容協会)
  • プロアイリスト検定(NEAまつげエクステ協会)

また、さらなるキャリアアップを求め、技術力に加え人脈を広げて独立するアイリストも少なくありません。

アイリストの将来性

アイリスト,将来性

アイリストは美容業界において比較的新しい職種であることから、未経験の人であってもチャレンジしやすいといえるでしょう。

兎角美容業界は流行に左右されがちですが、目元のケアは女性にとって非常に重要度が高く、将来性においても問題はありません。

ただし目元ケアにかかる技術は日進月歩であることから、常に新しい技術を学び取り入れる姿勢が大切です。

さらにアイメイクに関しては流行に大きく左右するため、常に美的センスを磨くことを意識しなければなりません。

いずれにせよ、アイリストは将来性豊かな職種ですが、日々の努力が必要であることを心得ておきましょう。

 

ワンポイント
 アイリストは将来性の豊かな職種ですが、日々の努力も大切であることを心得ておきましょう。

未経験からアイリストになるためには

受験勉強

未経験からアイリストになることは可能ですが、最大の難関は国家資格である「美容師免許」を取得しなければならない点です。

美容師免許を取得するには、高等学校を卒業していることが条件であり、高卒認定でも問題ありません。

その後、厚生労働大臣が指定する美容師養成施設に入所し、2〜3年の修行期間を過ごします。

美容師養成施設は昼間課程のほか夜間課程や通信課程もあり、サロンでバイトをしながら勉強する人も少なくありません。

全てのカリキュラムを修了し、国家試験をパスして美容師名簿に登録されれば、アイリストとして働くことが可能です。

未経験であれば、仕事に慣れるためにも美容サロンなどでアルバイトをしながら、国家資格を取得するパターンがおすすめだといえます。

アイリストの転職に困ったら転職エージェントに相談しよう

転職エージェント

アイリストは「手に職をつける」ことができる将来性豊かな職種であり、美容系の転職を希望する人から注目を集めています。

しかし、国家資格である美容師免許が必要であることから、ハードルが高い職種であることも事実です。

そのため、転職活動に不安を感じる人も少なくありません。そこでおすすめなのが転職エージェントとなります。

転職エージェントでは、アイリストの求人案件を数多く取り扱っており、美容師免許取得後のサポートも万全です。

アイリストへの転職活動に不安を感じたり、悩んでしまった場合には、迷わず転職エージェントを活用してみましょう。

まとめ

アイリスト,やる気

美容系の職種に転職を希望する人におすすめなのが「アイリスト」です。

女性にとって目元ケアはとても大切なものであり、「まつ毛パーマ」「まつ毛エクステ」などの技術は日進月歩だといえます。

それだけにアイリストは非常に将来性が豊かであり、今が狙い目の職種だといえるでしょう。

ただし、アイリストになるには国家資格「美容師免許」が必要であり、美容師養成施設を修了し試験にパスしなければなりません。

また、アイリストは非常に細かな作業を行うため、手先が器用であることが求められます。

さらに、お客様の目元の悩みに応えるためには、高いコミュニケーション力も必要です。

いずれにしても、アイリストになるためには事前にしっかりと準備することが不可欠だといえるでしょう。

そこで利用したいのが転職エージェントです。転職エージェントでは蓄積されたノウハウを基にした、的確なサポートが期待できます。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら